現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル
FC2ブログ

『シラノ・ド・ベルジュラック』5・29マチネ


本日、白洲クリスチャン
劇場のロビーに入ると
何か張り紙がしてあります。
15872.jpg



映像収録があるのですね。
張り紙があっても 単なる記録用と
いう事もあり・・

さぁ どうなんでしょ。(笑)

客席 前方サイド席
一部黒いシートが被せられ
大型カメラがセッティングされ
いつものアナウンスの他
移動の際は ご注意くださいと
付け加えられていました。

本格的なカメラも黒い布で
覆われていて・・
これは DVDかTV放送が
期待出来そう・・・
後から聞いたところ
前記事にも書きましたが
NHKさんらしい。

放送日時は未定、
NHKさんHP 要チェックですね。

本舞台
清塚さんピアノ
舞台に寄り添っているのに
音が際立つ。

音がうるさく感じがちな
パーカッションも
飛び出す感はありません。

モンフルリ-への
脅しの音や
戦場での起床の音は
かなり大きいけど。(笑)

鋼太郎・シラノ
心意気に生きる
シラノ・ド・ベルジュラックは、
不器用で純粋な魂を持った
詩と剣の達人

シラノの信頼出来る友人
ル・ブレ

シラノに親友と言わせる
詩人御用達カフェ
主人のラグノー


ロクサーヌとクリスチャンの恋の
行方は、 ド・ギッシュ伯爵の
横恋慕も絡み
命を落とすクリスチャン
詩の才には恵まれず
シラノの助けを得て
ロクサーヌとの恋を成就させるが
この作品のクリスチャンは
なかなかいいお役。

シラノへの鼻尽くしのヤジ
詩を代筆してやろうという
シラノへの疑問の持ち方は
けっこう鋭い(笑)

戦場での ド・ギッシュ伯との
対峙は 骨太の男だし。


ラグノーの店
ラグノーさんの
ボゥルと泡だて器のダンスが
かなり軽快で、楽しそう~~♪

怒りモードの リズさんへ
シラノの一言

いい女だね
可愛いよ
ちょっと太った?

初期は 言葉をかけて
なかったけど
後半 なにか 一言
これにラグノーが
まぜっかえしたりしてる。

侍女末次さんを
遠ざける為に
持たせる パン&菓子
どんどん多めになってるし。

木陰の告白シーンは
笑い声が 会場に溢れる。


2幕 ロクサーヌと
クリスチャンの 5分で済ませる
結婚式(笑)

訪ねてきた ド・ギッシュ伯を
ロクサーヌに会わせないための
シラノの時間稼ぎは
インプロ形式をとり
さらにクイズ形式で 日替わり?

ド・ギッシュ伯に答えさせ
お月さまと言わせるまでに
既に 幾つかのパターンが。

今日は 畳みかけの布団?
お月さまとは かけ離れてませんか?(笑)

六角さん ド・ギッシュ伯
いいキャラ創ってるわ。

シラノのロクサーヌへの思いを
確信したクリスチャン
戦場にまで 追って来た
ロクサーヌのそれ程の思いを
呼び起こしたのが
シラノの手紙だと悟ったクリスチャンは
シラノに思いを告げろと言う。

このあたりから 各登場キャラの
心情が これでもか・・と伝わって来て

クリスチャンの死から 14年
修道院で喪に伏すロクサーヌ

プラタナスの落ち葉の中
瀕死の重傷のシラノは
週一度の約束の訪問
怪我を隠しロクサーヌを
訪ねる

笑いから 泣きモードへ パチンっと
スイッチ切替え

表舞台には立たない
立てない人生だったが
その心意気だけは
誰にも汚せない。

滲み一つない
皺日一つない
心意気は 死神にも
奪えはしない。

誇り高き 鋼太郎シラノ
最後を見送る
ロクサーヌ
涙のル・ブレとラグノー


舞台 暗転


個人的感想だけど
リピートに耐える舞台(笑)

お歌のない 舞台だけど
芝居好きさんの好みに合うと
思うんだなぁ~




関連記事

2018/05/31(木) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5939-eef72be6
 |  HOME  |