現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル
FC2ブログ

『シラノ・ド・ベルジュラック』5・19ソワレ

禅ラグノーお写真目当ての
追加してしまった公演
クリスチャンは 白洲クリスチャンで
クリア・ファイル プレゼント回でした。

チラシとともに封入され
誰のかは見えない包装。
A4ではなく
すこし小さいサイズで
黒木ロクサーヌ様が
伏目がちに微笑んでいました。

この日同じ回を見たという禅友さん
自分を含めて 4名お会いしたけれど
全員 黒木ロクサーヌ
何故か めっちゃ偏っってた。(笑)

開幕
清塚さん演奏の印象的な
ピアノ曲で始まる舞台、
音楽は、あと パーカツの
お二人だけです。

ガヤ言いながら 舞台を横切る人々

舞台の主役を気に入らないと
追い出すシラノ
シラノの言葉は 数字遊び
123 と 45678~
ラグノーの説明が入る(笑)

ド・ギッシュ伯爵の甥とは決闘騒ぎ
ヴァルヴァーニ子爵を
演じるのは、 平野さん
こちらも クリスチャンに
似てるタイプ?

鋼太郎さんシラノ 自由闊達。
本当に生き生きと舞台で生きてる。

決闘シーンで 投げ上げるマントを
空で受け取るラグノー

丁寧に整え腕にかけて 大事に
持ってます。
決闘が終わったシラノに
預かった剣を渡そうとする
ロクサーヌに手渡します。
細かい動き。


鋼太郎シラノ
ル・ブレに 恋をしていると
気取られるシーン

『舞台から あの人を・・』
というところ 客席からって
言ってしまいさりげなく
言い直す。
この辺も 動じないなぁ~。


そこへ飛び出してくるラグノー
ドギッシュ伯をからかうような詩を書き
待ち伏せされてお店に帰れないと
泣きついてきた。

さっ 100人斬りです。
同じ刺客が何人も
入れ替わり立ち代わり(笑)
何度か斬られないと 100人に
ならないから~。

ここで 花王さんの剣客。
おもむろに登場・・
剣を構えて・・御免ッと
前を通り きゃ~~~っと
逃げ出す。

やらんのかいっ!(爆)

セット2F部分でも 殺陣が
繰り広げられます。


ここでも 花王さん
また逃げたっ!
強そうなのに~(笑)

数を数え 敵を倒してゆくシラノ
2F部分からの二人落下アクション

シラノ

静かに 100!と暗転。


そして翌朝
ラグノーのお店
パンを練る職人ダンス。(笑)

ラグノーさん 白い帽子をかぶり
・・・あれ スルっと後ろへ
もう一度被り直し
エプロンを付けます。

手にもったボールを叩き
リズムを取り 踊り出す?(笑)

奥では安田さん演じる おかみさん
詩を書いた紙で 菓子を包み・・

イヤ~~~~っと叫び声をあげる
ラグノーさん
何事かと思いました。

そんな バタバタの中
シラノが顔を出し
ロクサーヌが訪ねて来る。

侍女に 菓子をたくさん手渡し
食べ終わるまでかえって来るなの
エピソードも ミュー版と同じく
ありました。

あちこちで 笑い声が
聞こえて来る 舞台。
シラノの詠む
詩の調べは 美しく
クリスチャンの話す言葉は
ほぼ現代調

というか シラノにも
時々
マジで?!とか言わせている
この『シラノ・ド・ベルジュラック』です。

クリスチャンの純粋で
語彙の少ない放っておけない
キャラ。

シラノと ガスコン青年隊に
配属されてきたクリスチャンとの
出会いも面白可笑しく
描かれ 笑いが絶えません。

Wクリスチャンで見比べたく
なるなぁ~

敵役の ド・ギッシュ伯も
鋼太郎シラノに
ロクサーヌとクリスチャンの
5分で済ませてもらう
結婚式の時間稼ぎに
クイズとか出されてますし

客席に答えを聞いて来る
シラノに 客席のリアクションは
どうすれば?(笑)

直ぐ ド・ギッシュ伯が
そちらに 誰かいるの?
誰もいないって。(笑)

恋が成就したと思ったら
直ぐに 戦地に

怒涛の2幕(笑)

隊長も仲間も 亡くなり
クリスチャンも命を落とす。

修道院で暮らすロクサーヌの
もとを14年も訪ね続けるシラノ

ある日 初めて決まった時間に
おくれるシラノ
大けがを負ったにも
かかわらず 修道院に。

ラストは ハンカチを手に
身構えてしまう

ル・ブレとラグノー
ロクサーヌに シラノの
怪我を伝えるラグノーは
子どものように 声をあげ
泣き出す。

ロクサーヌに看取られ
落ち葉の中、月に旅立つシラノ
美しい シーンを魅せてくれます。

休憩時間を含み
3時間 5分だった上演時間

今は 3時間 10分になってる。
これで落ち着いたようですね。

早くも3回(爆)
でもまだ手元にチケット
何気に残ってますよ~(笑)


クリア・ファイルと缶バッジが
貰える回も持ってるし~

楽しみは続く!









関連記事

2018/05/20(日) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5922-7a7b235c
 |  HOME  |