現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『デス・トラップ』7・18マチネ

@東京芸術劇場プレイハウス


出演
シドニー・ブルール・・・・・・・片岡愛之助
クリフォード・アンダーソン・・橋本良亮
マイラ・ブルール・・・・・・・・・高岡早紀
ヘルガ・テン・ドープ・・・・・・佐藤仁美
ポーターミルグラム・・・・・・・坂田聡
(敬称略)

作家 シドニー・ブルールは
最近ヒット作に恵まれず 落ち込む日々
妻のマイラも 慰め励ますのだが…

ある日 若い弟子にあたるクリフォードから
作品を見て欲しいと
原稿が送られて来る。

完成度の高い作品
若い才能に・・この作品を
奪い取る決心をする シドニー。

こんな幕開け

舞台セットは 作家・ シドニーの仕事机
応接用のソファ
奥にカウンター・バー

部屋の壁には 武器が
装飾品として飾られている。

幾種類かの 長剣 短剣

弓 ・ 銃 斧 鎖玉もあったかな?
手錠 鞭…これば 劇中でも
使用される。

シリアスな会話
隙間に福田さんっぽい
アドリブとも台詞とも判断に
難しい言葉が・・

う~~ん どっちなだろ(笑)

佐藤さん演じる 占い師は
コメディ寄りな役作り
笑いも取っている。

坂田さん かなり自由奔放で
いらっしゃる(笑)
たぶんアドリブ?
シーンが長い (笑)


出ずっぱりの愛之助さん
若い橋本さん
二人の台詞の発声の対比が面白い。
やはりこれだけ違うのね。

ラブリンの声
かなり老けて聞こえる気が
するけど・・

ドンデン返しも 一回じゃなく
これでもかって (笑)

叫び声 乱れたピアノ音
稲妻 吹き荒ぶ風の音も。
大きな銃声!

盛り上げは十分!

でも目新しいものではない感じで
はめ込まれたコメディっ部分に
会場では時々笑い声が起きたし
クスクス笑いも来るから
わざとらしく内輪ネタっ?
中途半端な印象を
持ってしまったのは
自分だけかも。

カテコ、スタンディングも出たけれど。

リピートは…いいか(爆)

関連記事

2017/07/18(火) | その他 演劇 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

BEE

『No title』

映画は好きだったなぁ…。

2017/07/18(火) 22:35:04 | URL | [ 編集]

hatti

『コメントありがとう』

>BEEさん
映画は見ていないのですが、 もっとサスペンス色の
強い作品を期待していったので 入り込めなかった感じでした。今度映画版見てみようかな?w

2017/07/19(水) 09:47:08 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5568-71254b88
 |  HOME  |