現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『グレート・ギャツビー』5・11ソワレ
2017.05.12.21:27
珍しくソワレ公演でした。
でも 18:00始まりは
結構 早めの時間かも。
8904.jpg


入口には こんな看板が
出迎えてくれました。

9024.jpg

9023.jpg


半分っこの貸切のようです。
貸切公演なので、
終演後には、芳雄クンの
一言ご挨拶
半分この貸切のおけぴさんと
三菱UFJニコスさんは
相性がいいんだとか(笑)

そしてサイン入りパンフの
抽選と ちょっとお得な公演回でした。

なんと このサイン入りパンフに
当選してて ビックリという
嬉しいおまけつきの回でした。

ガウンを羽織り グラスを
傾ける 大人の男 (笑)
   ジェイ・ギャツビー

ピストルを持ったジョージに
殺される衝撃的な幕開け。

妻マートルを事故で失い
何も見えなくなった
畠中・ジョージが哀れです。

この作品だから?
1920年という時代背景だから?
男性目線での創りなのか
女性陣が 良い人がいない(爆)

まわりに流されて生きるディジー
自立していて 強すぎるジョーダン

夫を無視して
愛人にまとわりつくマートル 

キャサリンも 刹那主義者っぽいし

お金持ちの打算から
娘の恋人 ジェイを
切り捨てる ディジーの母
エリザベスまで ほぼ全員(笑)

田代・ニックが
傍観者・友人の立場で
ギャツビーを語る。
二人のデュオシーン
曲は残らないけど
やはりキレイ♪


彼のほんとうの姿は
闇の世界で 力を持ち
経歴も本当か嘘か怪しいが
でもすべてディジーのため


君は薔薇より美しい♪
花束をもって 長めのコート姿で現れ
ひざまずき・・と
絵のようなシーンを
作ってくれました。
宝塚の世界を彷彿とさせます。


怪しげな男
本間・マイヤーが 
軍から帰還した彼を拾い上げた。
闇の世界と深いつながりを持つ
本間・マイヤー
手下に囲まれ ダンス!
う~~ん 手下たち
ちょっと不揃い?
個性があるといえば言えるんだけど

四季『アイーダ』のゾーサー軍団
より ちょっと頼りなげかな?と
いろいろ 見どころはある(笑)

アンサンブルに
貴婦人組 木内くん 榎本クンは
すぐわかったけど
田中クン 二度目に確認(笑)

アンサンブルさんは
あまり目立つような演出では
ないしね。

カテコ みなさん 舞台袖から
ご挨拶に順に登場
ラストに芳雄くん
階段からの登場

羽根は背負ってないけど
登場の仕方。
ここもちょっと 宝塚っぽいかも(笑)




関連記事

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5495-592db9ec