現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『手紙』 1・29マチネ


ちょうど一年前
2016年1月29日 
この劇場で『手紙』を観ていました。
偶然な事に 今期も全く同日の
1月29日!

早い 再演が実現しました。
ロングランではない公演で
一年後に見られるなんて
なかなかない事なのです。


『手紙』本日の出演者
武島直貴・・・・・・・・・・・・柳下大
   (太田基裕・Wキャスト)
武島剛志・・・・・・・・・・・・吉原光夫

寺尾祐輔/引越屋/
囚人/新星電気店員/コロス・・藤田玲

コータ/引越屋バイト仲間
店長/囚人/新星電気店員
/保育士/コロス・・・・・・・・・・・加藤良輔

平野/引越屋/裁判官/大家
/新星電気社長/囚人/コロス・・川口竜也

孝文/忠夫/囚人/
新星電気同僚/コロス・・・・・・・染谷洸太

アツシ/引越屋/ 看守
囚人/刑務官/新星電位店員
/前山繁和/主治医/コロス
・・・・・・・・GOH・IRIS・WATANABE

緒方敏江/囚人/新星電気店員
/人事部長/前山の母/コロス・・五十嵐可絵

朝美/囚人/先生電気店員
/同級生/コロス・・・・・・・・・・・・和田清香

由実子/同級生/コロス・・・・・・・小此木まり
検事/担任/囚人/先生電気店員
/主婦/コロス・・・・・・・・・・・・・・山本紗也加
            (敬称略)


再演 直貴役が
 三浦クンから Wキャストの
柳下クン&太田クン

日程が詰まっていて
柳下Verの本日 観に行けた~♪


重いテーマ
兄は犯罪者
弟はたった一人の
その家族

家族が 犯罪者になるかも
しれない
これは誰にも起こりうる事なのです。

学校にいても
普通 転校するよね~
進学には 難しい顔の教師
家主からも出て行ってくれと
なんとか就職した工場でも
片隅で一人過ごす弟
でも僅かな友情の絆は
救いだ。

罪を犯してしまった
家族に罪はない
けれど 犯罪者の家族という烙印が
押され 目に見えない差別
偏見 理不尽な扱い
進学も諦め 音楽も道も絶たれ
希望を持ち 歩き出そうとすると
その思いをくじかれる。
結婚をして幼い我が子が
また 犯罪者の家族と影口され
保育園にも行けない。

ついに兄との縁を切って
新天地で生きる選択を
する弟

新たな職場・新星電気 
売り出し特価の
呼び込み作戦は
客席通路から店員さんが
登場・・売り出しチラシ
配ってます。(笑)
一枚 頂きましたっ!
直貴がデビュー前に
事件の所為でやめたバンド
スぺシウム・トーク&ミニライブの
お知らせまで印刷されてる。
芸が細かい

幼い子が 怪我をさせられ
被害者としての思いが・・
家族の謝罪の言葉にも
許せないという思いが
沸き上がり愕然とする弟

兄と弟の交わす手紙
兄の 被害者の家族への
月に一度の謝罪の手紙
10年の間休むことなかった手紙。

兄に幼い子の 受ける
差別 迫害を伝え
もう手紙は書かないと
決意を伝えます。

手紙を書き続ける事は
何年経っても事件が
目の前に突き付けられると
いう事。
やりきれない思いが
目の前に迫って来ます。

兄弟は、どう生きて行ったら
良いのか?

イマジン 夢見る理想の世界は
直ぐ来る事はない・・
自分はそれでも懸命に
生きてゆこう。

またまた 泣かされました。
直ぐには 動けない。
皆さん同じ様だったのか
静かな幕切れに 
会場からの拍手も
直ぐには起こってこない。

再びのライトに 
キャストさんがこちらを
向いてから
沸き起こる大きな拍手。

前回公演では DVD化され
公演時に予約・・・
つい先日届いたような(笑)

今季VerもWキャスト分 2種
予約受付しておりましたので、
幕間に 予約に走ってしまいました。
現物の到着は、かなり待つだろう事は
予測はつくけど 買わずにいられない。

大劇場のように
歓声が飛んだり
スタンディングは出ないけど
大きな感動を受け取りました。
関連記事

2017/01/29(日) | その他 ミュージカル | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5381-f19cd55d
 |  HOME  |