現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『夜が私を待っている』10・22 マチネ
2016.10.22.22:21
      @紀伊国屋サザンシアター
 

PARCOプロデュース公演
パルコ劇場 休館中のため
こちらの劇場での上演でした。

出演者
ダン・・・・・・・・・・・・・・・入江甚儀
オリヴィエ・・・・・・・・・・ 秋元才加

テレンス夫人・・・・・・・・・ 明星真由美
ベルサイズ警部・・・・・・・ 久ヶ沢徹
ヒューバート・ローリー・・・ 岡部たかし
リピー看護婦・・・・・・・・・・弘中麻紀
ドーラ・バーコー・・・・・・・ 白勢未生

ブラムソン夫人・・・・・・・・ 前田美波里
              (敬称略)


あらすじ
森のはずれの館に暮らす
未亡人ブラムソン夫人とその
姪オリヴィエ。

夫人は体の不調を訴え
車椅子で過ごしている。
オリヴィエも叔母の相手をして過ごす。

通いの看護婦や
テレンス夫人、
失敗ばかりしている
メイドのドーラ―。
プレムソン夫人は彼女を叱りつけ
解雇すると言い出すが・・
実は妊娠し首にされると困ると
懇願する。

夫人は 相手を問い詰め
責任を取らせ結婚させてやろうと
相手と会う手筈を整えさせる。

そこに現れるのは、好青年ダン
夫人の気にいる会話・・・・
身のこなし 夫人をすっかり
凋落してしまう。

そこに現れる スコットヤードの警部
近所で行方不明になった女性に
ついての聞き込みに現れたのだ。

そして、森の中では、死体が発見された…
ニュースになり新聞記事にもなり
森の中の一軒家は 大騒ぎになる。

そんな騒ぎや不安をよそに
ダンは 叔母のお気入りとなり 
ドーラと結婚をすると言いながら 
上手く取り繕い叔母の傍を
離れないダンに、
オリヴィエは、不信感を拭えない。

しかし反面 彼の言動が気になり
戸惑いながらも惹かれていく・・・・

次第に明らかにされてゆく
失踪事件の謎。
そしてさらに次の事件が起こる!

サスペンス心理劇
『夜が私を待っている』

入江さん演じるダンは、人当りが良く
相手の気持ちを読んだ
会話の出来る青年

あっという間に 気難しい
プラムソン夫人に取り入って、
ドーラは勿論のこと
レテンス夫人も
オリヴィエにプロポーズしている
ヒューバートにも
気に入られているようだ。

オリヴィエ一人が彼の姿に
演技を見てしまう
オリヴィエは 大人しいのか
気が強いのか
優柔不断なのか 
芯の強さを見せるシーンもあり
複雑で判り難い人物に
思えました。


気難しい叔母役
前田さんは もう役にピッタリ!(笑)
口うるさいところも その物言いも
嵌っています。

明星さん演じる テレンズ夫人との
やり取りは絶妙な間。
言いたい放題を言い合って
気の置けない間柄という感じ。


入江さん ちょっと
デフォルメしたかのような
演技に オリヴィエの
疑いを招いてしまうのは
わかるお芝居。

どこまでがダンの本当の姿なのか?
難しい役ですね。

ラストまでの 流れ
休憩は10分の 
3時間近い長いお芝居でした。

12:00開演と 早い時間に
菓子パン一個はかじったけど・・・

 昼食を取り損ねました(爆)




関連記事

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5263-8d46d0be