現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『石井一孝』ミュージカル高座8・28
2016.08.29.10:11

マチネ13:00
ソワレ 16:30 2回公演

 @濱離宮朝日ホール 小ホール

今回はSPゲストに石川禅さん
これは~行かねばなるまい (笑)

『天使にラブ・ソングを』で
本当に久しぶりの共演となり
旅公演もご一緒の二人

この旅先でどうやら今回の
ゲスト出演の話もまとまったようで
急なご案内でした。

嬉しいけれど・・こう急なお話は、
チケットの手配が大変(笑)
なんとかお友達の力もお借りして
チケットも確保

楽しみにしていた公演
期待どおりの素晴らしい時間を
作り出してくれたお二人でした。


カズさん 
以前のご自身のライブ公演に
~ミュージカル講座~
とタイトルをつけた事があったそうで 
それをご覧になったファンの方から
~ミュージカル高座~と言った方がピッタリ?
そんな感想をいただいた事があるとか(笑)

このタイトルに決定した理由だそうで(笑)
高座なら それらしいお名前が必要と
凝った高座名をつけて笑点のタイトル・メロディが
流れる中 緑のハッピを羽織ってご登場でした。
進行も 落語のようなめくりの形
時にはご自分もめくり
ろんぐとーく 
こんなコーナーも作ってくれて とにかく楽しい!

歌ももちろん聴かせてくれます。
これがメイン!忘れてはいません。(笑)

CHESS♪
Concertバージョンも
舞台バージョンも
蜘蛛女のキス♪ 浦井くんとの舞台
うん 舞台見てる。(笑)
ブルックリン♪

スカーレット・ピンパーネル♪
お自身もこれから上演が予定されている
『スカ・ピン』 ご出演なのですが
また歌詞などはこの回には間に合わなくて
宝塚版での貴重な回とご説明つき。

すぺしゃるゲストの禅さんとのコーナーも
たっぷり取ってくれて
出会いはとても古いサイゴン初演時な
お二人だけに ちょっと同窓会?

ピョンと跳び跳ねて見せたり
歩きながらくるりとまわってみせたりする
禅さん

中学時代の友人に会うと
一瞬にしてその時代に戻れる気がするけど
そんな感じの二人になってる。

旅行したよね?
覚えてる? 
え~ そうだっけ
あ~思い出した
こんな事が・・・
え~ そうだっけ?
ねぇ あれは覚えてる?

こんな会話が飛び交う時間も(笑)

サイゴンに出演が決まって
タイに行こうとグループで旅行した時の
エピソード。
時間が足りなくなり
音楽の宮崎さんから合図の音。

二人で話し出す止まらないからと
宮崎さんにお願いしてあったようです(笑)

禅さんの ソロ曲は
なだそうそう♪

ミュージカルの曲じゃない。
でも 禅さんの歌だと
曲の背景が見えてくる。
TVから流れてくる曲とは別の曲を
聞いているような感覚を抱かされ 
歌詞の意味が伝わってくると云うか・・・。

カズさんとのデュエット曲は
闇が広がる♪
男二人のデュオ曲って少ないんだよ
そう言ってたカズさんでしたが
この曲チョイス嬉しい~。

ましてやこの二人
トート・ルドルフのパート
入れ替えて歌い継ぐ。
二人で 遠慮容赦なく歌い上げ
 これでもか~
素晴らしい歌声に満たされた
とても贅沢な空間

これが聞けただけでも このコンサートに
来た甲斐がありました。

カズさん 新しいアルバムのリリースを
されたばかり
そこからの曲は ピアノ弾き語りもあって
盛り沢山 飽きるなんて とんでもない
2時間を超える休憩なしの時間が
あっと言う間でした。

あんこーる コーナーに
来た来た この二人といえば
レ・ミゼ それも旧版レミ!

ダブル・マリウス
バルジャン ジャベール、

メドレ~で
群れとなりて~ アンジョルラスは
二人とも赤いベストを着たり
黒ベストに着替えるとマリウス

一旦袖口にはけて対決スーツ姿になり
迫力のある バル・ジャベ対決♪ 

ラ・マルク将軍が死んだ!のセリフ
早口で可愛く、禅さん担当(笑)

砦が目の前に浮かんで来るような
アンジョ・マリウス
ファンテーヌのベッドが
見えてくる バルジャンとジャベールでした。

でも退場時 またもやジャンプ気味の
禅さんで カズさん曰く
お茶面な 人だ~(笑)

レ・ミゼの曲を聞くと
浮かんでくるのはいつも
旧バージョンの砦 
シンプルな盆の上の
空の椅子とテーブル
後ろに一列ならぶ アンジョたち学生
三角行進・・・・。

新演出版も幾度か見てるのに
思い浮かぶのは 旧版の舞台シーン

『レ・ミゼラブル』再演が発表されていますが、
一番気になるのは SP・ウイーク。(笑)

旧版に絡みのある何かを期待しちゃ
いけませんか?(笑)

素晴らしい締めくくり。
 ほ~~ぅというため息をつきながらの
会場を後にしましたが一緒に
ワクワクもする。

ソワレもチケットがある~~~(笑)
あんな公演が もう一度見られる。
2度目が見られるの嬉しい

さて どこかでソワレまでのお時間を
過ごして戻って来ます。






関連記事

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5190-7d9488bf