現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『頭痛肩こり樋口一葉』8・12マチネ
2016.08.12.22:23
        @シアタークリエ
パンフレットが クリエ仕様(笑)
こまつ座さんの THE座ではありません。
価格も ちょっとお高いシアター・クリエ仕様。


『頭痛肩こり樋口一葉』
出演
樋口多喜・・・・・・・・・・・三田和代
樋口夏子・・・・・・・・・・・永作博美
樋口邦子・・・・・・・・・・・深谷美歩
稲葉鑛・・・・・・・・・・・・・愛華みれ
中野八重・・・・・・・・・・・熊谷真実
花蛍・・・・・・・・・・・・・・若村麻由美
       (敬称略)

舞台は 夏子たち家族の
借家がほぼメイン
時は決まって 7月16日の盆

母と妹
貧しい暮らしの中

知人の 旗本のお嬢様だった

お鑛やお八重は 盆の挨拶に
訪れるが・・お金の相談ばかり

少しでも楽に鳴ればと
夏子(一葉)は小説を書き始める。

そんな夏子には 盆になると
幽霊・花蛍が見えるようになる。

恨みをもち成仏出来ないが
恨みの相手が判らない
自分が何者だったのかも
思い出せないと言う.


死を身近に捉えていたらしい
一葉だけに 見える花蛍
一年ぶりの盆の出出会いの
会話が 井上作品らしく
演じる 若村さんの軽いお芝居が
笑いを生んでいる。

前回公演よりも 花蛍 
愛嬌が増して幽霊だけど愛おしい(笑)

熊谷・お八重さん
愛華・お鑛さん 二人の対比する
人物像も面白い。

当時の世間と戦う二人
命を落とし 盆ごとに
花蛍の仲間が増えてゆく(笑)

現世に残るのは邦子一人になり
家を出てひとりで生きて行くため 
仏壇を背負い
舞台奥に消える邦子を
見守る 花蛍たち幽霊の
視線は温かい。

6人の女性陣、
力いっぱいの舞台!

お疲れ様でしたと声を
掛けたくなる舞台でした。 



関連記事

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5171-6076ba95