現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『グレイト・ギャツビー』7・7ソワレ
2016.07.08.13:37
今日は 池袋攻略!(笑)
マチネのシアターウエストから
歩いても移動可能な
サンシャイン劇場。

歩くの疲れるので・・メトロに
乗っちゃいましたが。(笑)


出演者
ジェイ・ギャツビー・・・・・・・・・・・・内 博貴
ニック・キャラウェイ・・・・・・・・・・・相葉裕樹
デイジー・ブキャナン・・・・・・・・・愛原実花
ジョーダン・ベイカー・・・・・・・・・・大湖せしる
トム・ブキャナン・・・・・・・・・・・・・山口馬木也

ミカエル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高田翔
             (ジャニーズJr.)
マイヤー・ウルフシャイム・・・・・・・・岡本悠紀
キャサリン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・RiRiKA
マートル・ウィルソン・・・・・・・・・・・・木村花代
ジョージ・ウィルソン・・・・・・・・・・・・コング桑田
ヘンリー・ギャッツ・・・・・・・・・・・・・・岸田敏志

人物相関図が欲しい作品(笑)

なかなかに 複雑な人間模様です。
相葉クン演じる ニックの視点から
物語は進んで行きます。


田舎から 夢を追って N・Yに
出てきた若者ニック
N・Yには 従妹のディジーもいる。

彼が借りたアパートの隣は
謎の富豪 ギャッツビーのお屋敷だった。
そのギャッツビーが マジ恋していたのが
ディジー

デイジー 主体性のないキャラ
流されて生きてる

恋は本物でも 思うとおりには
ならないね。


ディジーの友人 ベイカー
大湖さんも強いキャラの筈が
クールなだけに見えるかも。

ディジーの夫トムにはマッキーが!
    (山口馬木也さん)

これミュージカル!(笑)
 歌うマッキー 見られます。


コング桑田さん マーテルの夫
修理工の役 
さらには 黒人歌手になって
歌うシーンもあるし


ギャッツビーの父として
ラスト ちょっとの出番だけど
岸田敏志さん やはり上手い。


花代さんマーテル
迫力もあるし 愛人だけを希望に
貧しい暮らしから逃げ出そうとする
人妻役 熱演です。
作品の流れから 少し浮き出すかも
そのギリギリ感。

哀しいラストの作品なのですが
軽めの仕上がり。


内クン 相葉クン
二人の見せ場が多く
その二人の演技が シリアスな
場面でもどこか軽いノリ。
それが 全体の作品の色合いを
決めていように思う。

キャスティング次第では
まるで別物が出来ただろうと思う作品

ちょっと違うキャスティングで
見た見たくなった(笑)
関連記事

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5121-814bd51b