現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『8月の家族たち』5・17マチネ

再びの『8月の家族たち』

濃い~~この家族に
またまた逢いに来てしまった。

ウェストン家。
この家族のキャラがね
尋常ではないのです。
薬中 アル中  
不倫原因で離婚直前の夫婦も
いるし 叔母夫婦にも
秘密があり 仲の良いと見えた
姉妹にも確執があって
子どもたちをも巻き込んでゆく。

このメンバーの中にいると
常盤アイビーが大人しく見えてしまうが、
三人姉妹の その大人しい次女が
両親と共に家に残り 
自由になりたいともがいていて
従弟との愛に夢を見つける
50直前の年齢設定のようですが・・
そんなには見えないっ!(笑)

弾けっぷりがさらに激しく
なっていた三女カレン
自由奔放のような見かけの裏で
傷を負って生きて来た過去をみせる。
信じていると思い込みたい?
許嫁スティーブの本性を
見せつけられ・・それでも
二人で共に生きる道を選ぶのか。

まだ14歳 舞台では15歳!って
言うジーンまで マリファナ娘って
逞しいというか 主張してると言うか。(笑) 

犬山マティ・フェイ
さりげなく 遠慮のない叔母さんキャラ
でも一番の罪を背負って
生きているのかもしれない。

ベバリーの行方不明事件を機に
実家に家族が集まった夏の暑い日。
バイオレットを軸に
女たちの生きる様を語らせる。

ベバリー
ビル
チャーリー 
リトル・チャールズ
スティーブ ディオンまでが
添え物っぽいポジなのに
なんて存在感あるんだろう。(爆)

一緒に暮らしていた
ベバリーが亡くなり
アイビーが家を出てゆく。

そして 一人 二人と
家を出て行き 
残されたのは
バイオレット一人
いや ベバリーが生前雇った
手伝いのジョナがいた。

残されたバイオレットは
ジョナの膝に泣き崩れるラスト。

これからどう生きて行けばいいのだろうか。
そんなバイオレットの声が
聞こえて来る。

舞台に組まれた大きな家
そこでみせられるのは
家族が壊れて行く様
交わされる会話は
笑いを含んだもの。
会場にも笑い声が聞こえて
来るシーンが多い。

それでも生きて行く
人たちの生命力の強さも
一緒に見せてくれた気がした。


関連記事

2016/05/18(水) | その他 演劇 | トラックバック(1) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5049-700fb298

-

管理人の承認後に表示されます

2016/06/06(月) 18:17:59 |

 |  HOME  |