現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『1789』 5・7ソワレ
2016.05.08(Sun):東宝ミュージカル
早め移動完了

ソワレはこちら
『1789』~バスティーユの恋人たち~

201607507 1789ソワレ

子役ちゃんは前回と同じコンビでした。


事前に発表されていないし、
今の手持ちチケの回で制覇できるかが 
少し不安になって来た~。


これまでの
加藤・神田・凰稀組
加藤・夢咲・凰稀組
小池・神田・花總組で

そして今日は
加藤・神田・花總組と
着々と組み合わせ違いの公演に
通ってしまいます。

東宝さんの罠に
まんまと嵌る自分てば ホント単純!(爆)

今日はストーリ-を追ってしまい
ダンスの印象が薄い?

見る回毎に 印象に残るポイントが
変わって感じる面白い現象が。

今日は後ろから数えた方が早い
お席だけど ドセン!

古川ロベスピエールの
俺様ビームが
オペラの中でバッチリよ(笑)

ふわっととらえどころのなかった
歌声が 今までよりも
芯が感じられる気がする
発声が変わったのか?
ソフトはソフトなんだけど~

上原ダントンより
歌い方は素直で聴き易いかも。

そして、その上原ダントン様が 
印象薄目に思えるけど 何故だろうか?
あんなに濃ゆいお方なのに~(笑)

花總マリーさま
ギャンブル・シーンの
キャピキャピ度は前回見た時よりも
抑え気味かな?

まわりをちょちょろと動き回る
赤いてんとう虫さん ミツバチさん
青虫さん 良いお仕事してる。(笑)

てんとう虫さんラマール

オランプちゃ~~ん(ハート)
と客席通路を駆け抜ける時
全力疾走だわ~

最前席のお客様イジリも
定着してます。

三部会の平民の扱いに
革命に向かって走り出す人々

二度とお会いしません!
そのオランプがいつでも
ロナンの事を考えていたのが
唐突に思えるのはこちらの
脳内補完が必要になるかも。

オープニングの曲も
含めキャッチ―な曲も多い。

俺たちは兄弟だ~♪
革命が産み落とした~♪

後のシーンの反発も
含めて何度かのリプライズ。
後々まで記憶に残るシーンに
なってるし
マリーさまのギャンブルのシーンも
華やか
三部会の 人形を使ったシーンも
面白い
マリオネットのような動きを
させるのも 時代の流れに
繰られている人
そんな面を表現してるのかも。

シークレット・チャームも良いけど
そのチャームか判らないのは
ギャンブルだわ~(笑)


あの人形のマスコットか
キー・ホルダーなんてあったら
買っちゃうかも。


パレ・ロワイヤルで
フェルゼンとマリーの逢瀬

もう私を愛していないんだわ~(泣)
どこのメロドラマ !?
しかも 夫じゃないし。

マリー王妃を庇って
ロナンに襲われたと
芝居をするオランプ

キャ~~離して~
あれ~~! 
ここ笑ってしまって・・いいんですよね(笑)

さっさとラマールの前から
姿を消すオランプ
代わりにいつの間にか
シャルロットが・・・
若返り過ぎ~♪(笑)

坂元・ラマール 
愛されキャラになってる。

悪役を極めてる岡さんペイロール
歌声も少しダミ声っぽく
歌ってますね。

吉野・アルトワ伯
華やかな毒のあるキャラ
ここも オランプを執拗に
狙うようになったのか?
そこも謎なので
そこは適当に勝手に
脳内補完

実に都合のいい観劇の仕方。(笑)
今日も楽しい3時間

今日も 満員御礼!
二度・三度と繰り返される
カテコ ラストには
3人カテコ
今日は加藤ロナン
オランプの手をとり
さらにマリーの手を取り
3人で舞台袖近くになると
二人を送り出すように手を離すと
オランプがマリーの手と取り
キャッキャっという感じで
二人先に捌けて行く

加藤ロナン もう一度
深くお辞儀をして
下手幕に捌けて 終幕。


ロナンが命を落とし
ハッピーエンドじゃないけれど
革命は成功 
けっこう笑わせてもらえるし
自由宣言を読み上げ未来に
希望を繋ぐシーンで終わる。

暗くならずに劇場を後に
出来る作品ではないかと思う。

次回 確かトークショーがある日!

関連記事

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5041-e19ebaf6
Secret