現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『アルカディア』4・12マチネ
2016.04.12.22:46
      @シアターコクーン
舞台は 英国ダービシャー州
    シドリー・パーク(荘園)
上演時間 ほぼ3時間、

出演
『現代チーム』
バーナード・ナイチンゲール・・・堤真一
ハンナ・ジャーヴィス・・・・・・・・寺島しのぶ
ヴァレンタイン・カヴァリー・・・・浦井健治
クロエ・カヴァリー・・・・・・・・・・初音映莉子
ガス・カヴァリー・・・・・・・・・・・安西慎太郎


対する過去からの謎を現代に運ぶ

『19世紀チーム』
セプティマス・ホッジ・・・・・・・・井上芳雄
トマシナ・カヴァリー・・・・・・・・・趣里
エズラ・チェイター・・・・・・・・・山中崇
ブライス大佐・・・・・・・・・・・・・迫田孝也
リチャード・ノークス・・・・・・・・塚本幸男
ジェラビー・・・・・・・・・・・・・・春海四方
レディ・クルーム・・・・・・・・・・・神野三鈴

オーガスタス・カヴァリー・・・・安西慎太郎
彼だけは 唯一二つの世界に登場する
  以上12名の舞台

オシャマなトマシナ
家庭教師?のセプティマスの
勉強のお時間で幕開け

執事がセプティマスに
手紙を持って来る。

19世紀組の出番
セプティマスが 妻と逢引して
いたと聞き 決闘を
申し込んで来た詩人チェイター
彼を言いくるめるセプティマス。

レディ・クルームが現れ
ブライス大佐が現れ
登場人物が揃って来る。

執事 庭園設計士もいる
この窓の外に広がる庭園の
手直しが計画されているようだ

舞台の袖近くに
庭の全景を描いた絵
そして手直し後の予想図も
見られるようになっているが
トマシナが ここに書き込みを
してしまう。

舞台一転 現代!
バーナードはシドリーパークに
逗留していたと言う
パイロンの研究のため
現代のシドリーパークで
カヴァリー家の末裔バレンタインや
クロエに話を聞いている。

そこには 同じく
パイロンの研究をしている
作家のハンナも居た。

一気に現代 
かと思うと 次のシーンでは
19世紀に逆戻りでで
現代と過去が
交錯しながら 物語は進んでいく。

出演者が 安西さん以外は
現代組 19世紀組を
はっきりわかれているので
戸惑う事はありませんが
大きな事件が起こるほどでもなし
事情の説明に追われる感じで
芝居の流れもゆっくりな印象。

すこし・・意識が怪しくなって来た(爆)

井上セプティマス
なかなかいい役どころ?(笑)
趣里ちゃん相手にワルツも踊る。

浦井くんカヴァリー
なんとせわしない役?(笑)
姿勢がず~~ッと猫背気味に見える。
騒ぎながら 部屋を横切っていったり
ペットの亀ちゃんを探してたのね(笑)

ヴァレンタイン 亀のペット
稲妻という名前らしい(笑)
亀を見つけて 床に寝転がる~(笑)

難しい長台詞を機関銃のように言う
シーンもあったね。

セプティマスも亀のペット
名前はロータス
こちらも台詞量多し!

時代が違うから もちろん
別の亀だけど 二人とも
ペットは亀なのね。

神野・レディクルーム
存在感はさすが!
いろいろな役を難なくこなして
魅せてくれます。

寺島さん 堤さん
二人の掛け合いも見所だった
なのに~ 途中がぽっかり
記憶が飛んでる!(爆)

惜しいっ!(笑)

2公演観られるように
手配してたんだけど
一公演は落選しちゃったので、
リベンジしたかったけど
日程的にも もう無理。

集中力が持たなかった自分
   反省します。
関連記事

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/5010-e3e37d88