現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『ジキルとハイド』3・13マチネ

オケの音だしにワクワク
今日も『ジキ・ハイ』

2005年再演時の鹿賀版CDも
かなり聞いたので 
音楽は聞き覚えている。

違いは歌い方(笑)

鹿賀さんと石丸さんの違い
石丸ジキル再演の今回
歌がかなり芝居寄りになった気がする。
ハイドの悪の部分では、
まだ優し気だけで
狂気のシーンもかなり
明るい印象を受けるけれど。(笑)

ビーコンズフィールド侯爵夫人
花束を咥えさせるのも
静かで優しい~石丸ハイド。


今日は禅・ションの
シルクハットが落ちる日。
”どん底”から帰り研究に没頭する
ヘンリー・ジキル
誰とも会おうもせず 一週間も
研究室に篭りきり。
訊ねてきた エマとジョン 

ソファの上に置いたジョンの
シルクハットが床に転がり落ちる。
さりげなくエマと話しながら
拾いあげて芝居は切れる事無く
自然だったなぁ。

ステッキと帽子を使い
薬の包 銃 手紙と
小道具使いの多い舞台。
アクシデントの起こる
頻度は高いようです。

事件 事件
皆と共に 街の人々と
街を行き交う最中
何か当たったのか
シルクハットが落ちてしまい
胸元で受け止める。
動きながら被り直します。
次のシーンまで、充分間に合って
何事もなかったように
舞台袖に去る禅ジョンでした。

パーティのサベージ卿や
司教にジキルとの間を
とりなすように話すジョンは
かなり早口。

畠中サイモン
本当に癖の強い書記官
審議中の笑いといい
ヘンリーへの悪態といい
嫌味な奴を体現してます。
そしてよく動くサイモン。

結婚式を迎えたパーティでは
嫌味を言いに行きそうな
サイモンを禅ジョンが
ガシっと捕まえ 後ろから
抱え込む。

押さえられ 悔しそうな表情の
サイモンと
押さえこみニコヤカな表情の
ジョンの対比が
面白いシーンになってます。
パーティには 皆さんがいらっしゃるのに
ここに目が釘付け(笑)


濱田ルーシー
店でのショーのルーシーと
ジキルの自宅を訪ねて来る
ルーシー
ますます意地らしい感じの
ルーシーになってゆく。

悪のハイド
殺人は 審議会で研究を
認めなかった人から狙い始め
司教 将軍 弁護士
侯爵夫人 
逃げ足の速い
サベージ卿 その後
何故 ルーシーが
ハイドに殺されるのか?
ジキルを苦しめるため?

禅友さんとも話たのですが、
この辺から ちょっとずつ
クエスチョンマークが飛び始める・・・。(笑)

ルーシーを刺したのは左手でした。
明らかにハイドの仕業

結婚式には ついにエマを狙う!
でも 右手で首を締め上げます。

地獄に封じ込められる事を
嫌ったハイドに乗っ取られた
ジキル?

右手は・・ジキル
左手がハイドでしたね。

自らの実験の際
記録を書くジキルは右手
薬を飲んだ後のハイドが
記録を書こうとする右手を
叩き書かせない。
そして左手でこう書く

思いもしなった成果あり!

左手が ハイドの意志で動く手
右手は ジキルの意志で。

ジョンの構える銃の前で
俺を自由にしてくれ!
そう叫ぶのは ハイド?
プログラムのコメントで
あのシーンはハイドだと
触れているのですが・・・・・。

何度も見てもどっち?
と考えてしまうのです。

新しい薬の調合で
地獄で朽ち果てるがいいと
願い もうたハイドが
事もあろうに結婚式で現れ
エマを殺そうとする。
しかもエマの首に掛かっているのは
右手です。
苦しい息のしたから
ジキルの頬に触れるエマに
一瞬表情が和らぎ
だがまた両手で締める・・
そして手を変えて 今度は左手で。

その左手を 右手が懸命に
エマの首からふり解こうとする。

ジキルとハイドの葛藤。

ジキルの中のハイド
切り離す事は出来ない。
ハイドを殺す事はジキルを殺す事

俺を自由にしてくれ!

僕には出来ない!と
子どものようにしゃくり上げ
構えた銃を下ろしてしまう。

ほんの一瞬 再び
ハイドはエマに沿いかかろうとする。
響く銃声 

ジョンはエマを助けるために
反射的に撃ったのか
ハイドの願いに応える発砲だったのか。

舞台袖はセンターの
ジキルとエマにピンスポ
下手に立ちすくむような
ジョンの表情は読み取る事は
出来ません。

どう受け取るのか
その日の舞台が伝える思いが
舞台から受け取れた思いが
すべてなのかも。
カテコのスタンディングも多くの方が
立ち上がる!

 熱気に包まれた舞台でした。





関連記事

2016/03/13(日) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4969-59c7836a
 |  HOME  |