現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『ジキルとハイド』3・11マチネ

休演日明けの『ジキルとハイド』 

今日も有楽町.
チケットはしっかり手元に・・・(笑)
禅さんFCにお願いした分でした。

そう言えば 入場時に配布される
公演チラシの中に
濱めぐさんFC案内や怜奈ちゃんFC案内も
さりげなく織り込まれているのですが
禅さんはないのねと思っていたのですが 
終演後にロビーカウンター見たら
あら? 禅さんのFC案内チラシが
おいてある~。(笑)

王家の紋章の新チラシも
インパクト大です。
それだけではありません。

2016『ジキルとハイド』
CD申し込み書も。

会場で予約受付してます。

でもホリプロさんでネット購入も出来るようだし
発売予定は 6月 
禅さん的には 6月帝国劇場で 
『天使にラブソングを』に出演予定があるので、
この演目を見に行ったときに
帝劇売店(出演者関連グッズ)の
お取扱いが 大体はあるので
送料負担なしで買えるのではと
読んでいるのですが・・(笑)

本公演 オケの練習音が
入り乱れていた会場

一瞬静まり 塩田さんのタクトの一振り
禅さんのナレーション
物語はご存じの方も多いと
思いますが『ジキルとハイド』
ミュージカル版も同じです。


1888年秋の事でした。

客席に向き合っていた禅ジョンが
舞台を振り返ると
そこには・・
紗幕があがり 年老いた精神病患者
ダンヴァース卿 そしてジキルです。

ジョンも加わり 薬の効果について
熱心に説くのですが
理解されることはない。
その患者はジキルの父
父を救いたい。
その思いも強く 研究に
没頭してきたジキルでしたが
病院の理事会でも試薬を否定され
息抜きにとジョンに連れ出されて
ドン底♪へ

一杯やろう~
酒場、実は娼館ドン底では
陽気な酒
ちゃっかり女の子と踊り 
2階へと消えて行くジョン

残される ジキルとルーシー
この出会いが 自分で新薬を
試すという冒険のきっかけになる

冒険心はあるんだろ?
ネリーに言われてますが
大いなる冒険心。

薬の成果は驚くほどだ。
自由だ~と街に飛び出してゆく
ジキルはすでにハイドと化していた。

ハイドになったジキル
病院の理事会のメンバーを
一人 また一人と
躊躇なく 殺して行く

ハイドの暴走を
コントロール出来ないジキル 
研究室にこもり
ハイドを薬によって
コントロールしようと
苦しんでいた。

秘密があると知りながら
ひたすら信じて待つエマ

ジキルは気がふれたと噂する
街の人々 
ジキルの記憶を奪い
その隙に殺人まで犯すハイド 
苦悩は続く。

苦しみながらジョンだけには 
手紙を託し薬の受け取りを頼んで
ついには秘密を明らかに
自らがハイドであると変身して
みせるのだ。

ついには ルーシーまで
手にかけてしまったハイド。

それでもなんとかハイドを抑え込み
普通の生活に戻る事が出来たかに
見えた。
待ち望んでいたエマとの
結婚式当日

エマだけには知らせないでと
願いも空しく またハイドが顔を出す。

銃を構えるジョン
響く銃声!

ドン底のルーシーたちのショー

理事会のメンバーを殺害して
シーン
見所はたくさん
というか 見どころじゃない
ところを探すのは大変(笑)

アンサンブルさんメインの
コーラスにも
メイン・キャストも加わり
厚みが感じられます。

嘘の仮面♪
歌詞はヒドいんだけど
今期キャストのみなさん
よいお声の方が揃う
宮川さん 阿部さん
林さん 杉山さんもいるし
安福さん女性群も・・・そこに
キーヨ 禅さんの声が重なるので
もう最高!ってなります。

そして 四重唱も
目を閉じて聞いてしまう。(笑)

CD化は嬉しいニュースでした。
ニュースを聞いて
収録曲チェックに走った人(笑)
四重唱 真実を追えば
嘘の仮面 の曲名を
確認して ガッツポースでした。

衝撃的で悲劇的なラスト

でも不思議と
ドーンと落ち込まなくて帰れます。

今日から 連続14公演とか?
昨日の休演が唯一の休演日だったのね
一気に楽まで 傾れ込む
『ジキルとハイド』
でも勢いが感じられる演目です

楽日まで 突っ走れ!

関連記事

2016/03/11(金) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4967-7f2bef2e
 |  HOME  |