現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『ジキルとハイド』3・7ソワレ
2016.03.08.23:37
軽く食事を済ませ
戻って参りました 国際フォーラムC!

ジキルとハイド ソワレ公演です。

舞台は生ものとは よく言ったものです。
本日は 今期初の2回公演
大休憩を入れて 2度目の公演
お疲れだろうなぁ~と思いつつ
客席に・・

でもオケの皆さんも
キャストの皆さんも
力いっぱいの舞台 

満足度の高い舞台は
見ていてエネルギーを貰える、
この舞台もそんな感じ。

街角から 病院
評議会 ダンバース邸のパーティ
どん底と舞台は進みます。

え~~とこのソワレだったか
マチネだったか 
混同して来ましたが
司教を追い詰め 火を放つシーン
火の動きが遅れたのか
宮川司教が早かったのか
叫びながら消えるシーン
タイミングが微妙にずれていたような?
こんなこともあるのね

クロソップ将軍の お口からは
ステッキの先っぽは またまた飛んで
いってしまいました。
挿し貫いたように見えないけど
マチネでもそうだった
これでいいのかな?

ジキルの実験に使う薬は
毒々しい蛍光色、
本当に鮮やか過ぎる。
ハイドを封じ込める事が出来なくなって
しまったジキル

結婚式でハイドになってしまう。
エマの命をも奪おうとするハイドは
ジョンに 俺を撃て!
俺を自由にしてくれっ!と

銃を構えていたジョンは
親友をどうしても撃てない、
このシーンの 泣き顔の禅ションに
ロック・オンしてしまうのですが。(爆)

しかし 今日は 事件 事件!
構えた銃 
撃てないのではなく
撃っても発砲しない。

慌てて何度撃っても
音がしない。

エマを守る為 ハイドの足を撃つ
俺を撃てと言われ 撃てずに銃を
降ろす。
再びエマに襲い掛かろうとする
ハイドに 二発 三発と撃つ
けど 音がない。
初見の方はどう見えたのか、
ハプニングに気が付いたのか
気になりますが、
音がしないまま、ハイドは倒れ込み
芝居は次のシーンへ

撃ってしまった自分に
茫然とするションなのですが
今日は 別の意味で
呆然としたかもしれません。

見ているこちらも
思わず えっ!
声が出てしまいました。

銃はハプニングが起きやすい
小道具らしい。
関係ないシーンで暴発とか
今回の様に まるで発砲しないとか。
でもこんなシーンが見られるのも
生舞台ならでは。
キャストさん 何事もなかったように
エンディング カテコ

ルーシーとエマの
ハイタッチ 

下手から出てきた
禅ジョンとルーシーも
ハイタッチ(笑)

ラスト・カテコでは
ジョンがルーシーを
エスコートして 捌けて行きました。

でもちょっと心臓に悪い(笑)

関連記事

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4962-8f22b4d0