現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 『トラブル・ショー』1・18マチネ
名古屋遠征から無事帰宅
翌日! 起きたら真っ白の銀世界。
まだまだ降っている!

確かに雪予報だったけれど
こんなに降るとは・・・!

予想によるとこれから
雨に代わり回復傾向 

でも 積雪でまだ雨の中
車の運転 怖いなぁ

ミュージカル座公演
『トラブル・ショー』の後には
『濱めぐ』さん SPCONCERTの
チケットもあるのよ。
出掛けるのは変わりないなら
兎に角動いてみる(笑)

車も おっかなびっくり
ゆっくりとなんとか・最寄駅に
付いたら 運転見合わせか?
いや遅延の放送中で
遅れていた列車が ちょうどの到着

 なんてラッキー! 
 (まだVが抜けてないっ?(笑)

メトロは通常運転
なんとか目的地に時間前に着いたと
思ったら、開演も遅らせてくれていて
余裕で席に付く事が出来ました。

キャスト
田辺一星・・・・・・・・・・菊地まさはる
【うだつの上がらない劇作家】

玉木太郎・・・・・・・・・・一和洋輔 
 (Wキャスト 白石拓也)
【演出助手】

仙石丈二・・・・・・・・・宮川 浩
【リアリズムを追求する大物俳優】

大村光代・・・・・・・・寿ひずる
 【シェイクスピアかぶれの大物女優】

青空 葵・・・・・・・・・・木村花代
【パッパラパー女優】

日影のりお・・・・・・・・・金すんら
【影の薄いアングラ俳優】

火野 竜・・・・・・・・・・小林遼介
【尻軽イケメン俳優】
小松茂雄・・・・・・・・・・岡 智
【適当プロデューサー】

大熊寿三郎・・・・・・・・森山大輔
【成金スポンサー】

リッキー吉野・・・・・・・・・平山 透
【完璧主義の作曲家】

山寺修司・・・・・・・・・・・今村洋一
【人情派の舞台監督】

鮎川 瞳・・・・・・・・・・・・谷口あかり
  Wキャスト 小林日奈子)
【演技派女優】

栗原あけみ ・・・・・・・・・児玉愛里
(Wキャスト井上陽子)
【お色気女優】

早見よし子・・・・・・・・・・川田真由美
(Wキャスト 会川彩子)
【ステージママ】

早見木の葉・・・・・・・・本田真彩
 (Wキャスト 坂本愛奈)
【ベテラン子役】

安奈・・・・・・・・・・・・平栗ひろみ
 (Wキャスト 梅沢明恵)
【頼れる振付家】

南 マコ・・・・・・・・・・井坂 茜
 (Wキャスト 内田莉紗)
【大村光代の付き人の新人女優】

宮本 進・・・・・・・・・・・佐野眞介
【舞台監督助手】

泉 信弥・・・・・・・・・・久道成光
【アクション俳優】

城 隼人・・・・・・・・・・宮本聖也
【アクション俳優】

ポピー小池・・・・・・・・鈴奈けい
【アクション俳優

加藤数男・・・・・・・・・・野田優也
【照明家/俳優】

加藤数男・・・・・・・・・・松田直樹
加藤数男【俳優】

亀山 保・・・・・・・・・・小城祐介
【俳優】   (敬称略)

他にも こんな役が。

【東の魔女パンタローネ】
【西の魔女ベルボトーレ】
【衣裳デザイナー】
【蕎麦屋の看板娘】
【コーラス・ガール】

脚本家 ナベさん
スポンサーの言いなりに
なるのが我慢できず
切れてしまう脚本家

一緒に仕事をしている
元・俳優 親友?
仲間の玉木がそんな
ナベさんに仕事を持って来る

こけら落とし公演の
新作を書けという。
但し期間が あまりに短い

ある程度進んでいたものの
脚本家が事故で倒れたり
辞退したりと なにか事情が
ありそうだ。

俳優たちは決まっているし
脚本さえあれば なんとか
初日を迎えたいと頑張る

しかし この俳優たち
そして現場の人もなかなかな
人物揃いで 其々が自分の
思いをぶつけて来る。

キャラがはっきりしたドタバタコメディ。

菊池さん演じるナベさん
ちょっと頼りない 演出家
トラブル続きのこの舞台の
幕をなんとか開幕にこぎつけようと
する
玉木さんとの同級生に
笑いが起こる(笑)

その玉木さん
一和さんが演じます。
四季『春のめざめ』以降
『リトル・マーメイド』では フロットサム
メイクがすごいローラースケーター(笑)
昨年の夏には
 『ブロードウェイ・ミュージカルライブ2015』
こちらにもご出演でした。
これだけ 台詞の多い
メインの役ところでお目にかかるのは
久しぶり。
シャープな印象の玉木

宮川さん演じる
リアリティに拘りのある大物俳優
大物俳優なのに上着だけで
なぜか踊ったり歌ったり (笑)
そしてなぜか 楽屋では
背中に仙石の文字が見える和服
劇中劇があるのですが
これシェークスピア系らしいので
王冠を被った舞台衣装なのに
あっちこち ツッコミところは
あるある(笑)


大物女優の 寿さん
なぜか雷鳴が聞こえる
登場シーン

あたしはいいのよ
でも皆さんが・・ねぇ
そんな台詞を言いいながらの
表情はナベさん押されっぱなし。
そりゃそうだ。 (笑) 
大物女優 まさに適役です。

すんらさん
アングラ俳優
それも影の薄い?(笑)

面白い居方してましたね。
決して影は薄くない。
根暗系で目を惹く~
劇中劇の役は・・
ノートルダムのせむし男系

ベテラン子役
ベテランの風格さえ見せる
母親の方がオタオタする
親子に見せています。

本番 高熱をだし
舞台に出る事は出来ない役ですが
マッチ売りの少女がモデル。

そして あれって誰だ?と
思ったら 花代さんではないですか
パッパラパー女優(笑)
いつもテンション高めで
ピョンピョン飛び跳ねている感じ
こんな花代さん初めて視たかも。

今村さん 
『ordinary Days』ウォレン役
『紫陽花河原恋顛末』や
もっと前にも『ファンファーレ』で
お目にかかっている役者さん
柳瀬さんライブでもご活躍だった。

熱い気風の良い ブカン(笑)
そう言わないでって言っていた
見ていて気持ちの良い
舞台監督でした。
良い役だね~。

シチェーション・コメディー
トラブルが休む暇なく襲ってくる。

今度はなんだ?
どうした! この台詞が
行き交う舞台でした。

リハーサルのような形で
客に劇中劇を見せて演じるシーンと
劇中劇を上手袖で
演じているように見せて
実際の舞台は舞台袖の様子で
役者がスタンばったり
進行さんが舞台を見ながら
キューを出したり
役者が衣裳を替えたり
スタッフが出入りする様子なども
描く 舞台裏舞台になる。

熱血 人情家ブカン
カッコ良かったよ(笑)

2F部分でスペースが取ってあり
そこがメインになるのは楽屋。

脚本家とこだわり俳優の
ラスト決め対決(笑)もあり
シリアスシーン
この台詞がもっていっちゃった。
 
  おせんべいかが?(爆)

雪の中 見に行った甲斐があった

面白い舞台でした。
終演後のロビーは
出演者さんもお見送りに出たり
人が入り乱れています。

金すんらさんも
ご自分のCDを手ずから販売 (笑)
会場特典サイン入り!
個人ライブのお知らせも
皆さまに渡されていました。

この公演で共演だった
木村花代さんのライブと
同じ日だったような?

予定がいっぱいいっぱいで
行けそうもないのが・・残念
皆さま お疲れ様でした。

後の予定もあり急ぎ渋谷まで移動です。

これから 『濱田めぐみ20周年記念コン』
ゲスト 鹿賀さん&万里生っち
楽しみは続くよ~♪
関連記事

TrackBackURL
→http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4908-fc74977d
Secret