現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『ブロッケンの妖怪』11・23マチネ


 @シアタ―クリエ
お城は近いから後で行く。(笑)

マチネはこちらです。

『ブロッケンの妖怪』
出演
打越秋次郎・・・・竹中直人
黒柳藤夫・・・・・・生瀬勝久

日ノ原小真代・・佐々木希
稲井貴一・・・・・大貫勇輔
弓田桃・・・・・・・安藤聖
泊精三・・・・・・・田口浩正
日ノ原虹子・・・・高橋惠子
       (敬称略)

絵本作家・打越と
担当編集者黒柳
打越の恋人 桃は
打越の仕事のイマジネーションが
浮かぶよう手助けにと
ある孤島に来る。

日ノ原家の別荘だが
日ノ原虹子 小真代
使用人の稲井が住む
そして家に出入りする
船乗りの泊、

この島には 霧の深い日
ブロッケン現象がみられると
聞いて一週間の滞在予定だが

家族のようすに屈託したものを
感じる黒柳たち

到着した時には 晴れていた島
突然の霧が・・

映像で見せるのは
窓の外に 虹に囲まれ、
湖の上に浮かぶこの屋敷の
残像のようなもの。

映り出した屋敷の中には
こちらの家と対になったように
自分たちがいた。

秘密がありそうな日ノ原夫人
会話のテンポは良い。

長い付き合いの作家と編集者
この二人の会話が軸で
恋人や 訳のわからない船乗り
あの家族への関わり方が謎
ここにも謎があった(笑)

ブロッケン現象で見えた
屋敷の中には 自分たちがいた。
あちらの世界とこちらの世界では
あれは俺か?

人格が違う!?

ムリクリなシチュエーションを
ムリクリな会話で繋ぐ(爆)
だからこその笑いが
ここそこから聞こえて来る
爆笑はないけどネ

そういう自分も 何度も
クスっとしました。(笑)

竹中さんがあの軽さって何?
すごい身軽 (笑)

生瀬さん 豹変し過ぎで
あっちのキャラ
出て来ただけで笑いが・・

大貫さんのキャラも
どうなってるの?
あちらの世界のキャラ
あまり凄味は効いてないけど
嵐に吹き飛ばされないための
動きにダンスを入れてる
入れ過ぎたら芝居を壊すのは
分かってはいるけれど
ここ もっと見たい!(笑)

安藤さん
キャラとして薄いかも
しれない。

あっ 田口さんは納得です。(爆)

初舞台の佐々木さん
ぎごちなさも感じるけど
それを生かしたお嬢様役かな?

高橋さん 舞台映えの
される方と改めて思う

この舞台だと人物描写を深く
しなくても大丈夫そうだし
あっちの世界の虹子は
不在。 それでも 華のある存在感

不思議な体験をした人々は
日常に戻るけれど
ちょっとだけ影響をうけて
何かが変わる。

2時間弱の 休憩なし
『ブロッケンの妖怪』

あっと言う間に 終演となりました。








関連記事

2015/11/24(火) | その他 演劇 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4830-727635dd
 |  HOME  |