現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『カレッジ・オブ・ザ・ウインド』6・6マチネ

@サンシャイン劇場
キャラメル・ボックスさん公演

出演
高梨ほしみ・・・・・・・原田樹里
 ゝ  鉄平・・・・・・・畑中智行
 ゝ あやめ・・・・・・・渡邊安理
菊川・・・・・・・・・・・・多田直人
ギンペイ・・・・・・・・・福本伸一
       (ラッパ屋)
ナミコ・・・・・・・・・・西牟田恵
タケコ・・・・・・・・・・・真柴あずさ
ツキエ・・・・・・・・・・・小林春世
ヨウタ・・・・・・・・・・・木村玲衣
藤枝・・・・・・・・・・・・林貴子
松倉・・・・・・・・・・・・大森美紀子
萩本・・・・・・・・・・・・森めぐみ
薄田刑事・・・・・・・・・関根翔太
蒲原警部・・・・・・・・・筒井俊作
        (敬称略)

客演にラッパ屋の福本さん
そして西牟田さん 
先日の日生劇場での
た~くさん通った『十二夜』の
マライヤさまが思い出されますが
ここではまったくの別人(笑)


家族思いのほしみ
忙しさや日々の流れの
中で生まれた家族の軋みを
必死に埋めようとする
高校生

年に一度の家族揃っての
キャンプに出かけるのだが
トラックと交通事故
助かったのは、ほしみだけ

別に暮らしていたおじさんに当たる
鉄平がただ一人残る家族になって
しまったが
その鉄平が・・・

ちょっと複雑に絡み合い
母親 父親の秘密
そして鉄平とあやめ夫婦の
心のすれ違い 嫉妬も
織り交ぜて 舞台はラストへ。

ほしみはたった一人で
これからを生きてゆく。
いいえ あやめも一緒だね

声高に叫びすぎる感はあるけれど
家族の絆とか 生きる意味を
荒唐無稽な話の中からでも
真正面からぶつけてくる
作品だと思う。

分かっていてもホロっと来ます。
この辺がキャラメルさんの
持ち味なんだろうな。

生の舞台は2010年
『サンタクロースが歌ってくれた』でした。
まだまだキャラメルボックスさんの
歴史からすれば初心者マークが
外せませんが この作品の
2007年7月サマーツアー公演
DVDで拝見 役替わりが面白く
当たり前だけど
新しい『カレッジ・オブ・ウインド』でした。

西牟田さんが雰囲気のある
母親役で印象深いですね。
松倉役は前作より
なぜか老け込んでる設定? (笑)

さて ラストの大きな拍手の中
カテコで 撮影OKタ~~イム!
こんな感じでキャストの皆さま
ポーズを取ってくれました。 (笑)

前回公演でも撮影OKコーナー
あったんだけど 上手く撮れずに
UPを断念
今度は・・こんな感じ。(笑)

20150606 カレッジオブ・ウインド0

20150606 カレッジその2

皆さん笑顔で なんとなく楽しくなってくる~♪



関連記事

2015/06/07(日) | キャラメル・ボックス | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4596-d0bc0d4e
 |  HOME  |