現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『ラブ・レターズ』6・6マチネ

一応マチネw
15:00のゆっくり目開演でした。

坂元健児×吉澤梨絵
      (敬称略)

サカケンさん
四季時代の ライオンキング
シンバから…見ているし
吉澤さんも ソフィーやアン
そして二人のロッテの舞台と
おなじみのお二人
最近では 
コンテ・クリスト伯で
ダングラールのサカケンさん
レディベスの女王さまが記憶に新しい
お二人

『ラブ・レターズ』は 
いままでご縁がなかったのですが
このお二人の出演ときいて
チケットを取っていました。

実は浦井クン×中島さんもチケ取ろうと
おもったのに取れなかった~。
しかもあとからトークショー決定!?
チケット完売してるんだから
行けないし!


まぁ そこは置いといて
本日の舞台

舞台には ソファ椅子が2脚と
真ん中のテーブルには
水差しとコップ
本をもったお二人が語る
静かな静かな舞台。

アンディとメリッサの
50年にわたり交わされた
手紙を読み上げる朗読劇
動きは有りません。



アンディは父親の影響も
あって手紙を書くのが大好き

メリッサの手紙は、
病気の時は返信がない時もあり

手紙を絶やすことなく
それぞれに結婚をするのですね。

アンディは静かにメリッサを
見守り続ける。

メリッサは アンディに
毒ついたり 感情を
ぶつける時もありますが
アンディはただ静かに
見守り続ける感じがする。


アンディは着実に
堅実に人生を歩んでゆく
その人生に中に深く深く
メリッサは生きていた。

アンディがメリッサを
失って感情を吐露する
シーン 感きわまって
涙するサカケンさん。

メリッサも感情をぶつける時は
やはり…涙が見える。

静かな中に熱い感情の交流が
見えました。

この舞台 キャストの力
キャストの人間性などを
とても強く反映する舞台だと思う

今までご出演の方々の舞台が
改めて気になって来る。


でも~~~~
公演プログラム販売は
今までの公演のもので

今回のは 次回 以降の販売って?
今までのパンフを購入した方には
リーフレットをお付けするって
次回必ず来られるとは限らないのです。

今回見たから今回のパンフを
購入しようと思ったのに
パンフが買えないって
よくわからん?(爆)

次回公演があるなら
 やはり出演者次第かな(笑)


 
関連記事

2015/06/07(日) | その他 演劇 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4595-2ef83c83
 |  HOME  |