現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『禁断の裸体』4・16マチネ

@シアターコクーン

前方センターブロックのお席
なんと 『禁断の裸体』が・・・
ジェニーの胸が
エルクラーノのお尻が・・
ガッツリと見えてしまうお席でした。

ショッキングなタイトルの舞台
場所は ブラジル

出演者
エルクラーノ・・・・・・・・・内野聖陽
ジェニー・・・・・・・・・・・・寺島しのぶ
パトリーシオ・・・・・・・・・・・池内博之
セルジーニオ・・・・・・・・・・野村周平
オデージオ/警察署長・・・米村亮太朗
召使い/童貞の客
/医者・・・・・・・・・・・・・・・古澤裕介
ニコラウ神父/ボリビア人・・榊原 毅
おば3・・・・・・・・・・・・・・・宍戸美和公
おば2・・・・・・・・・・・・・・池谷のぶえ
おば1・・・・・・・・・・・・・・木野 花 
         (敬称略)

作品名からして刺激的
いったいどんな話かと思ったら
予想した範囲内な部分と
まったく違う側面ももった作品、

役者さんたち 体当たり演技
体力演技

白を基調とした巨大なオブジェのようなセット
階段が両サイドに
いくつもの十字架も見えます。

なにもなかった
平らな2階部分に 気が付くと
椅子と机が置かれていた。

疲れて足取りも重く帰宅した
エルクラーノに テープが届く。
今は珍しいテープデッキ
テープはリール・テープです。
流れて来る女の声・・

エルクラーノは妻を亡くしたばかり
気落ちし 自殺も考えるが
叔母3人 弟 ひとり息子の 
家族を守るため思い止まる。
一人息子のセルジーニオは
亡くなった母のために
これからの父に女性との関わりを
絶つように求めるのだ。

弟のパトリーシオは そんな兄に
娼婦ジェニーを紹介する。

ジェニーの部屋 
酒に酔い 3日も居続ける
エルクラーノ

反発し合いながらも
なぜかまたお互い惹かれる二人

白い大きな舞台セットの前に
忽然と現れる部屋。

ジェニーの部屋
ベッドではジェニーのお仕事も・・。

そしてある時は エルクラーノの
用意したジェニーと暮らすための部屋
ここではエルクラーノとジェニーの
愛欲に溺れる生活

そんな時に 息子がある事件に
巻き込まれる。
奔走するエルクラーノ

息子セルジーニオの入院した
病院の一室にもなる。

寺島・ジェニーの
心の変遷について行けない・・・(汗)

本能的に生きている
束縛を嫌い 病気と
孤独を恐れて 生き急ぐ。

内野・エルクラーノ
息子を愛し 世間の大義を
重んじている。
けれど いつの間にか
愛慾におぼれてしまう男

しかし この作品の出演者
タイトル通りに 裸のシーンがある。

セックス描写もリアル。
寺島さん 内野さんがメインで
特に 寺島さん そこまで演る?って
思いました。
激しい生き方だなぁ

セルジーニオは・・・
よくわからん人物 (笑)
しかし 事件によって
一番 変わってしまう。
叔母たちもまわりで
騒いでいるだけ。

そんな人たちを
俯瞰して見てるように思える
パトリーシオ。

剥き出しの感情が
これでもかと放り出されるので
見ていて疲れる作品
ちょっと感性の違いもあって
理解が難しい部分もある。

そんな思いが残った作品でした。
関連記事

2015/04/16(木) | その他 演劇 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4530-547f7ac3
 |  HOME  |