現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『十二夜』4・12 千穐楽

大阪の地で 無事に千穐楽、
早朝から 都内 JR線が
線路支障のため運転見合わせ。

時間の新感線にのれるのか
心配したのですが、7時ちょっと過ぎには
家を出て正解。無事予定の新感線に乗車。
時間30分前には 梅芸に到着する事が
出来たので、5分前からの楽師たちの演奏から
しっかり見られました。

サー・トービー!と両手を広げ
駆け寄ってくる 禅・アンドルーとの

気持は こちらも客席から
サー・アンドルー!
・・・・・と両手を広げたい気分でした。(笑)

アンドルーの衣装 
髪型(どうやら 地毛に長い部分を
足した状態らしく
帽子を被った時に気を使いますって
おっしゃってましたね。

ヘナチョコ決闘
息が切れてるらしい~
壁に寄りかかり気味だったり

アントーニオとサー・トービーの戦いで
剣を3回振り回した後に
剣の下を潜り抜けるのも
持っていた剣を叩かれ
壁に剣が刺さって必死でとるのもお約束
日生では 壁の手前側になった回も
あったなぁ(笑)

役人の姿に 剣を収める事になる
シーンでも 時に上手くおさまらずに
慌てる回もかなりあったけど・・
今日はおさめる直前から
めっちゃ笑顔
上手く出来そうと確信ありな
その笑顔の嬉しそうな事。(笑)

千穐楽では 成功!

黙れ 悪党め 黙っていろ♪
3バカ大将のあの行進が
劇場仕様のせいか 大きい動きで
騒ぎ 踊り・・
マライヤに気がつかず
最後まで騒ぐアンドルー
ここもかなり大げさだった気が・・・。(笑)

今まで見た舞台を思い出しながらの
観劇  これも千穐楽だから余計に
考えてしまうのかも。

舞台の世界にしっかりと連れていって
くれるこの作品

言葉の持つ力を存分に使い
言葉を遊び ある意味
言葉に翻弄された感がある。(笑)

道化フェステの立ち位置の大きさ
アンドルー アントーニオ
マルヴォーリオ 輪から弾かれた

人々にも同じように 

・・いつもいつも、雨が降る♪

大好きになったラスト・シーンを
うなだれた寒さに耐えるように
足取りも重く去ってゆく
3人をじっと見つめながら・・
 
道化フェステの歌声
 
   いつも あなたのため♪

これで 終演です。

千穐楽公演
笑顔の出演者さま 勢ぞろいでのカテコ

今日は フェステのヒラヒラ
オーシーノ侯爵さま。
楽のご挨拶も兼ねてセンターに
押し出されます。

音月さんがいつも太陽のように
明るくて・とカンパニーの
魅力を語り

最後に僕の決め台詞?
素っ頓狂なあの オで始まる・・・(笑)

会場も一緒に~


合唱のように 

    おっと?

オリヴィアからも一言ご挨拶

そして オーシーノが言ったことだしと
一言

まぁ~不思議~。


ここで終わるかと言う雰囲気になりかけた時
音月さん マルヴォーリオにも声を掛け
ヒラヒラを付けるけど・・落ちてしまった。
拾い上げつけようとしていたら
後ろから禅アンドルー 優しく
付けてあげていた。(笑)

そして 同じく 決め台詞は

 お~~ シアワセ!

拍手の中一旦捌けますが
鳴り止まない拍手に 再びの登場
・・・・あっと禅アンドルーを
組体操のように抱えて出てきた
アンサンブルさん二人。
後ろで支えてたのは 成河フェステ?

とても和気藹々なメンバーの
笑顔 笑顔 笑顔が並びます。
素敵な作品の 素敵な幕切れ。

一期一会の舞台

出会えた感動は 宝物です。
だから 劇場に何度も足を運んで
しまうのです。

その思いを新たにさせてくれた
『十二夜』でした。


関連記事

2015/04/13(月) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4526-52ee666c
 |  HOME  |