現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『ボンベイ・ドリームス』2・4マチネ

 @交際フォーラムC

スラム街出身の映画界に憧れ
スターを夢見るアカーシュが
美人コンテストに紛れ込み
偶然TVカメラの前で歌い踊る

映画監督の目にとまり
主役の座を射止める

映画の中で出会うのは
スターのラニ
監督の娘 プリヤ

プリヤに惹かれるアカーシュだが
彼女には 婚約者の弁護士
ヴィクラムがいた。

ヴィクラムは、アカーシュ達の
住むスラム街を開発の名のもとに
追い立て蹂躙する闇の実力者 
JKの出先になっていた。

アカーシュは 映画界で成功
するとスラム街から遠のいて
新しい生活・・・。

そんな折 JKの手の者に
映画監督マダンが殺されるという
事件が。



出演  
アカーシュ・・・・・浦井健治
プリヤ・・・・・・・・すみれ
ラニ・・・・・・・・・・朝海ひかる

ヴィクラム・・・・・加藤和樹
スゥイティー・・・・川久保拓司
シャンティ・・・・・久野綾希子

マダン
/モ-ハン・グプタ・・安崎求
JK/Mrリーディ・・・阿部裕

クリケター/看守
/アナウンサー/撮影スタッフ
/ボディガード・・・・ひのあらた 
サリム/看守/アヌバム
/撮影スタッフ・・・・・小松拓也
ヒルダー/刑務所長
/ムムダス/撮影スタッフ・・五大輝一

キティ・ダ・スーザ/スラム街の住人
/囚人ほか・・・・・・・・・・・高谷あゆみ

スラム街の住人/囚人ほか
原田薫 高田亜矢子 碓井菜央
唐澤裕香 中川和泉 

スラム街の住人/ヒジュラ/囚人他
<梅棒>
伊藤今人 梅澤裕介 鶴野輝一 
塩野拓矢 櫻井竜彦 楢木和也 
           (敬称略)

耳馴染みの薄い
メロディ・ラインですが、
『SHAKALANA BABY』は
ノリの良い曲で カテコでも
使われ全員で歌ってくれます。
覚えやすい振りで リピーターの方は
一部 スタンディングで踊る方も
見受けられました。

でも全般的には、どことなく
違和感の残る旋律・・・
個人的な好みの範囲からは
ちょっとずれるような感覚でした。 

朝海さん 加藤さん 
聞いなれた音域ではない
高めの曲が多いのかな。
加藤さん 2幕めで
見せる演技はちょっと怖い。

浦井くんは
いつもヘタレキャラを出しつつ(笑)
ダンスなど張り切ってる。

すみれさん
ヒロインらしい雰囲気で
ヴィクラムがすべてをかけて
愛するのも 
アカーシャが魅了されるのも
納得させる佇まいです。

安崎さんは、いつものミュー歌唱で
あまりインドっぽくない。

阿部さんは 悪の親玉で
こういった雰囲気の阿部さんも
なかなか見られない・・かな?(笑)
歌うと二枚目!


川久保くん
女装で・・キレイっ!(笑)
メイクが映えます。
ヴィクラムの秘密を握ったため
殺されてしまう哀しい役どころ。



久野さん 歌詞はない曲だったり
印象的なメロディラインの曲を
しっかりと聞かせてくれます。
老婦人の役で小柄なんですが
なぜか目を引きます。

ひのさんの看守役
衣裳のパンツ丈が 一人だけ短い!(笑)

五大さん
お髭をつけて 気持よさげに
歌っていました

高谷さんの キティも
強烈なキャラで、こういったお役
お得意?(笑)
久本雅美さんを思いださせる(爆)

キャストさんの頑張りは感じる舞台ですが
リピートするかと言われたら・・???(爆)

曲 ストーリー 出演者
MUSICALの3要素だと
思いますが、バランスも大事、

この作品 3要素の
ちょっとバランスが良くない気がしたのは
曲調に馴染が薄いからでしょうか?

でも『SHAKALANA BABY』
帰り際 ちょっと口をついて出て来ましたけど・・(笑)

本日のカテコでは、この作品に
関わりのあるお二人の
読売演劇大賞

=▽男優賞=浦井健治
 ▽スタッフ賞=二村周作=
の受賞をされたと喜びの報告が 
朝海さんから有り 会場は
大きな拍手に包まれました。

浦井くんからも一言
お礼のご挨拶。

舞台は決してハッピーエンドでは
無いのですが カテコの歌といい
嬉しい報告といい 明るい雰囲気で
帰れるのは 良いですね♪


関連記事

2015/02/04(水) | その他 ミュージカル | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4457-8aa3c79b
 |  HOME  |