現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『太陽の棘』12・14ソワレ


こちらの作品にも宮沢賢治の
『ペンネンノルデの伝記』。

アルネとノルデに
有音(あきね)と恭一を重ねて
ストーリーは進みます。
DSCF9995.jpg


恭一の弟や従妹のはるか
明音の姉 容子の思いが
いろいろな人の思いを代弁する。

~ 彼はなぜ彼女を残して旅立ったのだろう~
旅立ってしまった恭一が
どんな思いだったのか
このされた明音のやりきれない思いは
何処へ行けばいいのか。

ノルデと恭一のリンクは
ちょっと唐突な感もあるけれど
ノルデの悟ったような雰囲気がいい。

誤って恭一 亮二の親を
死なせてしまった冨家の
思いも行き場がないのかも知れない。

イーハトーブの地を訪ねて
見えて来る未来。

幸せになる事を願って
星火垂るを見上げる・・・・。

ベタと言われても 
よくあるテーマと言われても
こんな舞台が好きです。

人の思いに共感出来て
優しい気持ちになれるから。

そしてソワレのこの公演でも
カテコ 撮影 OKタイム。
20141214キャラメルボックス太陽の棘1



みなさん 良い笑顔でしたが、
スマホで どうにもピントが合わず
上手く撮れない。(汗)
関連記事

2014/12/15(月) | キャラメル・ボックス | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4394-1c955ae4
 |  HOME  |