現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『Twelev』9・6マチネ

@青山円形劇場
前回公演を観て再演決定を聞いた時
すぐに 観よう!と決めた作品。

チケット発売開始当日
システム・エラ-があったりで
チョットもたつきましたが予約。

すると前席自由席
そっか 早めに行かないとダメかなぁ~
並ばなきゃいけないと 昼食をとる時間が
無いしなぁ~

地元駅出るのも早めにして
パンをかじり昼食おしまい。
劇場内のお席はいつもの円形劇場よりも
ちょっと少な目設定?
そんな気がしましたが・・・
最前席に陣取る。(笑)

見覚えのある長テーブル。
陪審員の審判の始まりです。

守衛の女性
本日傍聴の皆さま~と
二人で声を揃えて開演アナウンス。
これも守衛のお仕事なのね(笑)



本日のキャスト
陪審員1号・・・・・・松原剛志
陪審員2号・・・・・・神田敦士 
陪審員3号・・・・・・山口馬木也
陪審員4号・・・・・・今拓哉
陪審員5号・・・・・・澤魁士
陪審員6号・・・・・・青木結矢
陪審員7号・・・・・・エリザベス・マリー
陪審員8号・・・・・・土居裕子
陪審員9号・・・・・・井口恭子
陪審員10号・・・・・村井國夫
陪審員11号・・・・・キムスンラ
陪審員12号・・・・・池田有希子


少年・・・・・・・・櫛田祥光

守衛・・・・・・・塚越眞夏
         堀さやか
         菊池千花 
         谷須美子

盆人・・・・・・・内田弦輝 
        大村崇人
        橋本薫
        町田大和
    (敬称略)

守衛と盆人は 一公演お二人
 Wキャストのようです。

陪審員12名が ひとり・・
二人と現れる

様々な様子・・・

審議される事件は
19歳の少年が殴られ
逆上 事前に手に入れていた
飛び出しナイフで父親を
刺殺したと言う事件

目撃者の証言
凶器となったナイフの所持
すべて少年が犯人である事を
物語る。

始まった審判
充分の審議がされている
有罪は間違いないのではないか
そんな空気の中 決をとると
ただ一人 陪審員8号だけが
無罪を唱える。

”怒れる12人”をモチーフにした
作品で ただ一人の疑義から
あらゆる審議が尽くされてゆく。

その中から浮かび上がる
陪審員たちのプライベートな
価値観 差別 孤独などの
感情が露わにされてゆく。

面白い原作から 芝居として
真正面から立ち向かった感を受ける。

少年の審議を通して
陪審員達の 心のありようが
透けて来る
そして揺れ動く


前回よりも歌にしたシーンが増えていたが
役者さんたちのぶつかり合いは
白熱したもの。

陪審員8号は 土居裕子さんが演じる
事件のあらゆる可能性を突き詰めて
心裏を読み解こうをするので
台詞量が特に多い

漫画ジャンプを持ち込む青年
印刷所?経営の男
冷静で事務的な男
作業員ふうな男
アロハシャツの自由業
老婦人 頑固そうな老人
在日韓国人 水商売の若い女
などが陪審員として審議に加わっている

陪審員1号
望んでいないまま
陪審委員長を勤めるのは
松原さん 

感情を荒げ 最後まで
有罪を叫ぶのは馬木也さん。

昔の体験から
在日韓国人を目の敵に
する老人役は村井さん
前作の光枝さんとはタイプ違い
でも村井さんらしい役作りでした。

キャリア・ウーマン風の
池田さん 語気荒く問い詰められ
意見が変わってしまう女性
とてもリアル!

時間を取られることに
イラつきを見せる社会の裏側で
生きる女 ある意味
このタイプの女性の代弁者
になっていそう。

在日韓国人として
差別と対峙して生きて来た
陪審員11号には
少年の立場を理解して
こうだったのではないかと
語らせる。

陪審員の経験などから
少年の無罪への糸口がほつれ 
11対1の有罪対無罪は 
だんだんと逆転してゆくのだ。

そうそう 盆人というのは
舞台が盆を使っていて
その大きな盆を 役者さん乗せたまま
シーンによって 人力で回す人です。
ちょっとお客様に絡んで
もう一人の盆人さんに
怒られたりのお役もあるようです。(笑)



この舞台の皆さん
緊張して 楽しんでいて
力いっぱいのものを
受け取れた気がする。

キャストが変わり 
生まれ変わった 『Towlev』に
出会えました。

でもでも 開場で売っていた
前回のDVDも思わず
買ってしまった。
光枝さんとか 栗原さんとか
吉沢さんとか・・出ていたのよね~

いかんっ 情動買いだわ!(爆)

カテコも終り 振り向くと
ナナメ後ろの席には
西岡徳馬さん ご観劇でした。

 お疲れ様でした~♪

 





関連記事

2014/09/06(土) | その他 演劇 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4239-7bbe062c
 |  HOME  |