現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

『太陽2068』7・15マチネ

@シアターコク-ン
14:00開演 5分押し(笑)
15分休憩挟んで 約3時間の舞台です。

キャスト
奥寺鉄彦・・・・・・・・・・・・・・・綾野剛
森繁富士太・・・・・・・・・・・・・成宮寛貴
生田結・・・・・・・・・・・・・・・・・前田敦子
奥寺純子・・・・・・・・・・・・・・・中嶋朋子
金田洋次・・・・・・・・・・・・・・・大石継太
奥寺克哉・・・・・・・・・・・・・・・横田栄司
佐々木拓海・・・・・・・・・・・・・内田健司
曽我征治・・・・・・・・・・・・・・・山崎一
生田草一・・・・・・・・・・・・・・・六平直政
曽我玲子・・・・・・・・・・・・・・・伊藤蘭 他
     (敬称略)

蜷川さんの舞台の常ですが 他の皆さんも
すべて役名があります
沼田 平岡 榎田 甲本 海老名
水木 江崎 桜井 町田 松本
東 笠井 時枝 田宮 
村長 和田敏行 髙野 椿
橋本 有馬 嶋
中に澤魁士さんいたのね
あんなに大きいのに・・
気が付かなかったわ~。

そんな調子でアンサンブルさん
どなたが沼田さん?
よく判らないままでした。

無料の会員形式になってから
落選が多くなった チケットメイト改め
Bunkamuraオンラインチケット。
今回も落選で 先着先行は繋がらない。
結果待ちで他のルートの
出足は遅れる そして落選、
苦労して 取れたお席は・・・
忘れてた~ 手すり棒が舞台に
被ってしまうお二階前方でした。
舞台の前で演技されると
手すりの合間から こごまないと
見えないし
常に見えない部分があるのは
ほんとストレスでした。
集中出来ないし 良かった~と
思える確率が グンと低くなるのは
仕方無いかも。(爆)



*****ストーリー*******
舞台は近未来
バイオテロで使われたウイルスの為
人は全滅に近い危機を迎えるが
感染者の中で奇跡的に回復した者は
特異な体に変化していた。
ホモ・ノクセンシス = ノクスと呼ばれる彼らは
総じて頭脳明晰 若い肉体を長く維持
する事が出来、進歩的な価値観をもつ。
ただ唯一紫外線に弱く 太陽を浴びる事が
出来ない。

生き残った感染から回復した者以外は
キュリオ(骨董品)と呼ばれる彼らは
細々とノクスに依存し生きて来た。

舞台は あるキュリオの家
ノクスを陽に当て殺害してしまった男
奥寺克哉。
そしてその事実を隠そうとする
姉 純子と村人 生田草一

克哉は逃亡し 村はノクスたちから
制裁を受けてしまう。
***************


文字で書くと判り難いけれど
舞台ではわりとすんなりと頭に
入って来る。

克哉を演じる横田さん
ちょっといつもの役を違う雰囲気
村に戻って来ての
成宮君演じる富士太に対する
仕打ちは唐突に感じる
その後の村の人々に
酷い扱いを受けてましたが
どんな意味合いの役かと
ちょっと考えてしまいました。

舞台は、いつものコクーンと
ちょっと形を変えます。
床下部分を見せるようにした
カラス張りの床を支える柱
ノクスたちメインのシーンで青ネオン
思い切ったセットかも。
同じ青ネオンに光る椅子もあったり。
面白いけど見難い位置で・・残念。

ガラスの床 上で演じられると
キュリオの村になったり
奥寺の家になったり。

奥寺 生田 佐々木はキュリオ
曽我 森繁 金田は ノクス
この辺は衣装でも一見してわかる
ようになっています。

見ていてふと思ったのが
ノクスって ヴァンパイヤみたい(爆)
血は吸わないけど・・・

30歳前なら 
血が混じる事によって変身できる?
そんな設定らしい。
悩んだ結はノクスに変身する
道を選ぶ。
舞台ではそんな事言ったのか
聞き逃したのか
ノクスの曽我玲子
今は 曽我の妻だけど
生田草一の元妻で
結の母・・・・パンフ読んでわかった!


中島さん 追い詰められた感が凄い。
六平さん 山崎さんは手堅い!(笑)
大石さん 何気に頭の隅っこに
残るね~(笑)

集中出来ないせいか
ちょっと意識飛んでた
ところもあったし~(汗)
上に心持ち伸び上がったり
少し屈んで手すりバーの合間から
みたりで疲れてしまいましたが・・・
綾野君演じる鉄彦と
成宮君演じる富士太の
会話のシーンが現代にも
通じる生きる事の根源のような
事を語っていて 二人で持たせる
あのシーン 良かった!

微妙に芽生える友情から
時を過ごし、克哉の起こす
ある事件からさらに信頼が生まれる。

鉄彦:早く ノクスになりたい
富士太:焦る事はない

鉄彦:ノクスは良い暮らしをしてるじゃないか。

富士太:太陽のしたで24時間動ける 
自然を感じる事の出来る
その幸せをもっと大事にして欲しい。


お互いの欠点を補い合って
二人揃って旅をしよう。


コクーンの舞台奥を
開け放して 駐車場に
消えて行く二人。
ラストは結構 前向き

蜷川さん演出らしく 
客席降りもあったのよ。
今回 2F席で惜しい!(笑)

30分前には行列出来てるし
スタンディングも出る

立ち見もしっかり入ってますね。

   やはり人気公演だ~。
関連記事

2014/07/15(火) | その他 演劇 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://hatti82.blog21.fc2.com/tb.php/4169-9dcd7a7f
 |  HOME  |