現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2017年04月
2017.04.30.21:37
チラシも手に入って
神奈川芸術劇場(KAAT)での
公演スケジュールもわかって
真琴さん 壮さんの Wキャスト。
アンサンブルさんに照井さんもいる。

一方 禅さんご出演の
『レディ・ベス』のスケジュールも
判って え~~~
アダムス  KAAT
10月28日から11月12日
レディベス 帝劇
10月8日から11月18日と
上演期間が 見事に
重なり・・・

やっぱ 禅さん出る『レディ・ベス』は
優先順位はたかい。

どこに入れる?と省エネスケをね。
ちょっと 考えてみた(笑)

マチネ KAAT 
ソワレ 帝劇も出来なくはない?
逆は帰宅が遅くなリキツイから
この順なんだけど

アダムス・・・初演では
2時間30分くらいの作品だったと思う

横浜から有楽町
移動が上手く行けば
5時30分頃には有楽町に
着けるっぽいよ。

ベスのソワレって 土日17:00
平日18:00開演のペースなので
平日 KAAT14:00からの
マチ ソワ帝劇は どうよ。

食事とかの余裕は全くないけど。
これで無理して一回がやっとかなぁ?
Wキャスト 両方見たかったけどなぁ~

・・・って これ
ゴールデン・ウィークに
悩む事なのでしょうか?


GWに観劇予定が
少な目なので、ついネ 
余計なことまで考える(笑)

2017.04.29.21:13
 @四季劇場 自由
      13:00開演
休憩なしの 1時間30分
うすぼんやりとした照明の中。

恋人の二人
プリンズリーとキャロルの会話から,


出演
ブリンズリー・ミラー・・・・ 萩原隆匡
キャロル・メルケット・・・・ 三平果歩
ミス・ファーニヴァル・・・ 中野今日子
メルケット大佐・・・・・・・・ 志村 要
ハロルド・ゴリンジ・・・・・ 牧野公昭
シュパンツィッヒ・・・・・・・ 神保幸由
クレア・・・・・・・・・・・・・・ 高倉恵美
ゲオルク・バンベルガー・ 勅使瓦武志
              (敬称略)

今日は、キャロルの父
厳格な軍人メルケット大佐が
この部屋を訪ねて来る。
二人の結婚は認めて
貰えるだろうか。

なにもない部屋を誤魔化そうと
二人は お隣の部屋のハロルドが
留守なのを良い事に
ハロルドの部屋の家具や
装飾品を勝手にこの部屋に
持ち込んでしまった。

美術蒐集が趣味の大富豪
バンベルガ-氏も
プリンズリーの彫刻作品を
見るためにそろそろ
訪ねて来る時間なのだ。

と 突然の停電!
いきなり 薄暗かった部屋が
明るくなる。

停電時の部屋の様子は
観客の目にさらされるという訳だ。
この部屋だけでなく
この建物全体の配電盤故障らしい。

中野・ファーニヴァル
牧野・ハロルド 
神保・電気工事人

出落ちの勅使河原さん(笑)
皆を撒きこんで話は
意外な方向に転がってゆく。

高倉クレアが思いのほか
この役が似合う(笑)

牧野ハロルド
ゲイ風味の隣人
プリンズリーの裏切り?に
ラストシーン・・
怖いですよ~(笑)

どこか 勘違いのまま
芸術について一家言をもつ
神保・電気工事人の台詞にも
クスリと笑いが起こる。


何年ぶりの再演だっけ?
2008年 
その前は 2006年

これ8年ぶりくらいですか?
一回 上演予定リスト(2012年頃)に
上がったのに、立ち消えになった事も
ある演目。

流石にキャスト一新!
かと思ったら、 
メルケット大佐とバンベルガー氏
続投でした。(笑)
プリンズリーを演じた荒川さん
スーパーバイザーにお名前が
ありました。




またまた来てしまった日生劇城!
今日はあとから見切れ席として
発売になった最前端っこ席

8789.jpg


横から見る感じではあるけれど
前の方の頭が邪魔になる事はない!
これ大事・・・そして当たり前だけど
役者さんが近いので
表情が良くわかる。

身軽なカッキー
下手階段の所で
歌ってくれると目の前状態。
横顔だったけどネ

歌うエマ・フィービーを乗せて
木馬シーソーを押さえるカッキー
背中が良く見えた(笑)

阿部さん 照井さん
小原さん 安福さんも
いろいろ演ってらっしゃる。(笑)
理子ちゃんのツアー・コンダクターも
いい味出してます。

ミス・シングルの動きも
ちょっと角度の違う場所から
観られて新鮮(笑)
春風さん 上手い!

突然 訪ねてきたミス・シングル
モンティがダイスクイス家の血を引いていると
知らされる大事なシーン
とても楽しいシーンに仕上がってます。

お茶をいいかしら?
ついでにビスケットもあると
有り難いんだけど・・・
カップにお茶を持ってくるモンティ

話ながら・・・今日は食べたビスケットを
カッキーの顔めがけて吹き出す
ミス・シングル?(笑)
カッキー顔についたビスケットを
手に取って見て さぁ どうする?!

 口に運んだ。

  ・・すこし素に戻って笑いがらも
お芝居はちゃんと続いてるよ(笑)


モンティの恋人
ミス・ピンク、シベラ
魅力的で色っぽくて
モンティより 
だいぶお姉さまに見える。

ミス・フィービー
こちら お嬢様ですが
ちょっと変わってるキャラ。

伯爵家の人々も
まぁ 変人だらけだし。

曲が特にキャッチ―でもないし。
歌詞も説明調だし・・(笑)

だけど歌うのは難しそう

今回のメンバーで
ストレス・フリー
そして生オケが嬉しい舞台。

8人の爵位継承者が
亡くなって行きますが
モンティの企み通りに
転落事故・スケート中の水死
ピストル自殺 バーベル
蜂に刺されて・・

それは ないデショ?(笑)

ストーリーのバカバカしさ
それをがっちりと作り上げる
キャストの面々。
市村さんの8役!

意外なラストに 
それもないデショ?

結局のところ3回も観ちゃった
『紳士のための愛と殺人の手引き』

楽しゅうございました(笑)





27日と言うと 演劇雑誌の発売

その中の一冊 
『STAGE・SQUARE』
『パレード』関連の記事が
あるらしいとチェックに走る(笑)

カコミ取材は
石丸さん 岡本さん
武田さん 新納さんの
4人でした。

残念! 禅さんいなかったか!

でも~と一応ページを
追ってみると
製作発表の様子が
少しだけ掲載されているじゃ
ありませんか。

ネットなどで 既に見かけた
図ですが・・雑誌に載ってるなら

やはり買っちゃおうか。

この号には グレート・ギャツビーで
井上くん×万里生っち対談も乗ってるし~


2017.04.27.22:25
またまた落選メール!

あのよく見る落選メール!

開かないままごみ箱行きにしたい
あのメール (爆)

宝塚公演 まず一通受信してしまった。
日程をずらして 申し込んだ分は
結果発表が明日。


そしてホリプロさんで落選だった
『デス・ノート』が 
ローチケでも落選メール来ていました。

エプラとぴあにも
申し込みしてあるけどこちらに望みを託す。(笑)

2017.04.27.22:08

      @東京宝塚劇場

後半は スーパー・レヴュー
 『VIVA!・FESTA!』

8763.jpg

ルイ14世のお城
今は高級ホテルだが
経営難!


主な出演
☆光ツアー
北白川右京・・・・・・・・・・・・・ 朝夏 まなと

下田浩治・・・・・・・・・・・・・・ 寿 つかさ
下田ふさ子・・・・・・・・・・・・・ 美風 舞良
早見リツ子・・・・・・・・・・・・・ 純矢 ちとせ
金沢貫一・・・・・・・・・・・・・・・ 愛月 ひかる
ミチル・・・・・・・・・・・・・・・・・ 星風 まどか

☆パン・ワールド・ツアー・エンタープライズ
桜井玲子・・・・・・・・・・・・・・・ 実咲 凜音
戸川光男・・・・・・・・・・・・・・・ 桜木 みなと

☆シャトー・ラ・レーヌ
ルイ14世・・・・・・・・・・・・・・・真風 涼帆
ディアナ・・・・・・・・・・・・・・・・ 伶美 うらら

☆影ツアー
岩波・・・・・・・・・・・・・・・・・・一樹 千尋
岩波正枝・・・・・・・・・・・・・・・ 花音 舞
近藤誠・・・・・・・・・・・・・・・・・ 澄輝 さやと
丹野二八・・・・・・・・・・・・・・・ 凛城 きら
クレヨン[黒岩源太郎]・・・・・・蒼羽 りく
丹野真夜[二八の妻]・・・・・・ 彩花 まり
        他の皆さま (敬称略)

体調不良のため 休演の方が
いる様子です。


高級ホテル シャトー・ラ・レーヌ
この危機を乗り越えるにはと
画期的なツアーを企画、
パン・ワールド・ツアーズ・エンタープライズ
桜井玲子と手を組む 

光ツアーと 影ツアー 
意識的な Wブッキングを企てる
影ツアーの客は 昼間しか部屋を
利用できないのだ
ツアーコンダクターの案内で
夜遊びに連れ回し・・・・
上手く行くのか?!

人気作家の北白川右京は
作品執筆に このホテルに
宿泊したいとこのツアーに参加
もともと 目的があるので
ツアー・コンダクターの
指示なんて 上の空。
部屋に入ると ホテルの最近の
様子を憂いて
ルイ14世の亡霊が現る。(笑)
作家の北白川は 亡霊ルイ14世から
若き日の恋を語ってもらい
作品にしようと躍起になるが
そこはWブッキングの部屋
ドタバタとね。
でも途中で集中力切れた!

ルイ14世と 北白川の
台詞の応酬がかなり面白かったけど。

桜井玲子の ブチ切れ度もかなり高い

そして独特のファッションセンスの
桜井玲子

・・・だけじゃないな
北白川さんもだし・・
ツアー客 全般が独創的かも。


ルイ14世のほうが 違和感ない?(笑)

後半のショー
ソーラン♪ あれ 他の組で
見たようなシーン。
曲が同じだからかなぁ

宝塚のショーというだけで
共通な雰囲気があるし
相変わらず煌びやかで
美しい世界に浸って来ました。

そうそう 指揮は
西野っちでした。

2017.04.26.23:50
明日 一公演
明後日 一公演
抽選先行 結果待ち。

メールは来るけど
別口のはがきによる結果連絡は
落選だと何も来ないっ!

いままでの抽選申し込みページも
落選が並んでいるし~Orz

運よく当選しても
後方限定で 壁友席が
殆どなんだけど
取れないよりは
良いんだろうなぁ。

ほんと ズカ公演は
厳しいっす。

そんな中 運よく当選した
ズカ公演 

宙組『王妃の館』
明日 行って来ま~す。

2017.04.25.20:43
『化粧』4・25マチネ

  @紀伊国屋ホール

平淑恵さんの一人芝居!
 本日 初日、
8738.jpg



舞台中央 鏡前。
まわりには 五月洋子一座の
幟端がはためく。

一人芝居で
前回公演も拝見させて
頂き そう こういった
舞台セットだった と
思い出す。

今回でfinal公演との事。

舞台で布団に包まっていた
五月洋子
ムクリと起き上がり・・・
一人舞台開演!

羽二重をつけ
化粧をしながら
衣裳をつけながら
帯を結びながら
楽屋を訪ねて来る
人に受け答え。
周りにいる座員に
劇をyとばし
声を掛ける。

台詞は休む事はない。
白塗りから 眉を描き
出番を前に化粧が
仕上がって行く。

それを見ている客席も 
舞台の世界へと誘ってくれる。


手甲・脚絆をつけ
ズラをつけて
かかっていた着物
フワっと投げあげ
両手で受けたと思うと
袖を通しています。。
もう 一つの技!

股旅衆の出来上がり。
生き別れた息子との
再会をのせての
大芝居。

自分の生き様も語る
宙吊りもありましたね~。

ちょっと 早めに観劇を決めて
こまつ座さん先行でチケを
お願いしたけど・・・
かなり後方のお席だったのが
残念 
オペラグラスを使っての観劇
直ぐ前の方の少し前のめり
横の方も前のめり気味で
更に上演中に飴包を カサカサ(爆)

一人芝居なので
この舞台 いつも以上に
台詞が命、
聞こえなくなるじゃん

 やめて~!


上演時間 決して長くない
8737.jpg

せめて開演前に お口にいれておいて~

心の中で叫びました。
ちょっと座席運は
 良くなかったかも。(汗)




 @日生劇場
 
 マスクケース?の特典付き
チケットケースにも使えます(笑)
早速引き換えてからの入場。

物販は先日 パンフは購入済みと
思ったけど・ カッキーの公演日限定で
カッキー直筆サイン入りの
ポップカードが販売らしい。

物販コーナーで確認すると
幕間からの販売開始だそうで
さらに数量限定 
いち早く並ぶ必要がありそう~

 よし!(笑)
幕間頑張ろう~♪
 (無事GET!)

そいう訳でポップカードの
販売がある今日は
 柿澤モンティ

8725.jpg

どことなく悪戯っ子モンティだった。
爵位継承者を順に殺すという
お話ですが バカバカしい
殺人方法に笑いが絶えません。

爵位継承権がある事を
伝えにくる ミス・シングルが
さらにオーバーリアクション(笑)

市村さん 8役は
みーんな どう見ても
市村さん(笑)

二人のモンティとの
絡みも微妙に違って
カッキーモンティ
アドリプ入れて来た~。(笑)

宮澤エマさん 
シルビアさん
ちょっと天然ぽいお嬢様と
年上の色っぽいお姉さんの図

モンティのお部屋で
あわや鉢合わせ
モンティ アタフタ
ピ~~ンチ!なんて
大人のシーンもあるし(笑)

どちらのモンティで見ても
楽しい~。

アンサンブルさんたちも
楽しい~
 
伯爵邸ツアーが今日も
開催されて
ツアーコンダクターは
折井理子ちゃん

皆を引き連れ サイドの扉から
アンサンブルさん もとい 
伯爵城の見学客を引気連れて
登場して来ます。

客席のお客さまを捕まえ
由緒ある岩でございますと説明を
始める・・・
本日捕まったお客様は
自分のすぐ前に座った男性。

何度も 岩!でございますって
言われてた。(笑)

上手サイドで
めぼしいお客さまを探すのかな?
前回は最前席の方
今日は 2列目 優路側の方。

もし 捕まったら
どう 反応しればいいんだ?(笑)

次々と亡くなってしまう
爵位継承者。
自分を受け入れてくれた
銀行家も手に欠けなければと
考え始めた時に
心臓発作で急死

残るは伯爵本人だけ!

毒殺を図るが失敗
けれど 彼は殺人容疑で
逮捕されてしまう。

なぜ?  どうして?

ばかばかしさと
ちょっとした謎解きと
恋の手練&ドタバタ

伯爵家の御先祖さまの
肖像画が顔出しパネル式

アンサンブルさんが
担当 額縁から
顔を出して 歌ったり
踊ったり

この時の衣装が
男性群が白の短パン
子どもみたいで
可愛い~~(笑)

カテコ
市村さん 春風さん
シルビアさん 下手へ

カッキーとエマちゃんが上手へと
捌けるような演出なのですが・・
3度目だったかな

カッキーが  上手に
別れて捌けて行くシルビアさんに
投げキス 
それを見た エマちゃん
腕を組んでいたカッキーから
離れて 上手に行っちゃった。(笑)

シルビアさんたち
呼んでるし~

一人残されたカッキー
え~~~って感じで
俺も~~とそそくさと
上手に移動

仲間に入れてもらって
全員が 仲良く上手に
捌けて行ったのでした。(笑)

もう一回予定があるのが
楽しみだ~♪


 
2017.04.23.22:20
・・ミュージカル『パレード』と
タイトルは続きます。(笑)

講師 石川禅 坂元健児 (敬称略)

2017年5月8日 19:00
朝日カルチャー新宿校にて
 一回講座


お二人がご出演の
ミュージカルについての
お話が伺えそう。

朝日カルチャー新宿校で 
開講です。

講座のみ と
パレードの公演チケットも
一緒に買えてしまうコースも
あるそうです。

会員にはなっていないけど
ミュージカル関連の講座だと
なぜかチェックが入るのよね。

講師 石川禅
 
  響きが良いっ! (笑)



2017.04.23.22:19
 本日 此方のキャスト

8718.jpg

某クレカ系の貸切公演
先行で押さえましたが
S席だけど すぐ後ろに補助席
その後ろは 少しお安いA席(笑)

前の方のお席が欲しくて
つい先行抽選に手を出しちゃうけど
いい加減 チケの取り方
考え直した方が良いのでは?
そう思った今回でした。

S席で少し割引があるとはいえ
3F最前席が来たことのある
最前ゆえに 前の仕切りで
舞台見えないお席だった
某クレカ系サイトは 
それがトラウマとなり
その後の利用が ガクンっと
減りました!

でも チケット事情の変化なのか
最近 一番利用している
クレカ系の某サイトもなぁ
イマイチのお席は多い。 (汗)
人気公演の場合は
そう贅沢も言ってられないかもですが・・。

さて 本日はオペラ必須のお席、
キャロルの表情を時々みていたのですが
表情が硬いッ。
シーンにもよるけど
怖いと思うほどキツイ表情をしてる
時が多いなぁ~。

歌声は安定しなくて
後方のせいもあるのか
聞こえないよ~と思う箇所と
いきなり 太い声になって
そこは キャロルらしくない感じ。

浦井メンフィス。
原作では少年王ですが
舞台版は やはり青年王かな。(笑)

新しいミヌーエ将軍の
ほんのちょっとだけの歌声も
ガッツリ聞いて ちょっとでも良い声(笑)

濱めぐアイシス
一番哀しげなアイシスにお思えた今日。
ミタムンの従者たちを毒殺せよと
命令したり 
メンフィスにもっと逆らって
殺されてしまえとか
台詞は過激だけど
再演に舞台は より切ない。

祐さまイムホテップ
ほんと好々爺って感じで
階段を下りる姿に
手を貸したくなるリアルさ(笑)
メンフィスをニコニコを
見守っている。

平方イズミル
大きいイズミル
でも 冷静さも見えて
安定してる。

Wキャストの片方が
結構 熱いイズミルなので
このチョッピリクールなのが
惹かれます。

今期 中日(なかび)を過ぎたばかりだけれど
これで 『王家の紋章』はMy楽。
貸切公演だったので
最後に メンフィスとキャロルから
ご挨拶があり ごくごむ無難にまとめ(笑)
でもライアン兄さん 後ろから
チャチャいれてた?
平方イズミルとの
アイ・コンタクト?
やっぱ仲いい感じ。
一人残ったメンフィスの投げキス!
カテコで 終了でした。

新妻キャロル安心して聞ける歌と
平方イズミルの素直な歌声、
この組合せで映像化して欲しかったのが
本音だけど・・・太陽の神バージョン
『新妻×宮野』版を予約して来た。

平方イズミルが買えないけど・・・
 ゴメンね~(爆)






2017.04.22.21:31


10月頃の発売予定とか。
でも 既に帝劇窓口では予約可能。

Wキャストの組み合わせで
二つのバージョン

☆太陽の神
 キャロル・・・新妻聖子
 イズミル・・・宮野真守

☆ナイルの神
 キャロル・・・宮澤佐江
 イズミル・・・平方元基 

他はシングルでどちらも
メンフィス・・・浦井健治
アイシス・・・・濱田めぐみ
ライアン・・・・伊礼彼方
イムホテップ・・山口祐一郎他
     (敬称略)

聖子ちゃんキャロルと
元基君イズミルのヴァージョン
ないの?(爆)
それが欲しかったのに~。

宮・宮コンビで欲しかった方も
いらっしゃると思うんだけど~

4バージョン出して~って言ったら
贅沢な望みでしょうか?

さてと 明日は2度目の『王家・・・』
やはり好みの組み合わせに近い
片方だけににしておこう~ (爆)


2017.04.21.22:19
      
    @東京芸術劇場
         プレイハウス

8653.jpg
ジョン・ケアード版 『ハムレット』

【出演】
ハムレット
/フォーティンブラス・・・・・・・内野聖陽
オフェーリア
/オズリック・・・・・・・・・・・・・貫地谷しほり
ホレイショー・・・・・・・・・・・・北村有起哉
レアティース
/役者ルシアーナス)・・・・・・加藤和樹
ローゼンクランツ/バーナード
/役者たち/イギリス使節他・・山口馬木也
ギルデンスターン/マーセラス
/役者たち/イギリス使節2他・・今拓哉

フランシスコー他・・・・・・・・・・・・大重わたるヴォルデマンド他 ・・・・・・・・・・・村岡哲至 
貴婦人他・・・・・・・・・・・・・・・・・内堀律子  役者たち(劇中の貴婦人)他・・・深見由真 

ボローニアス/墓堀りの相棒他・・壤晴彦
墓堀李/役者たち劇中の王)
/コーネリアス/隊長・・・・・・・・村井國夫
ガートルード他・・・・・・・・・・・浅野ゆう子
クローディアス/亡霊他・・・・・國村隼
             (敬称略)

3時間20分の上演時間の長い作品
8654.jpg

ジョン・ケアードさん演出の今回

ここまで 和の世界を持ってくるんだっ!


全日程ではないらしいけれど 
音楽からして
音楽・演奏 藤原道山 ですから

衣裳も王妃様の白いドレス
片流れの帯結びを魅せる
和テイスト。
クローディアス王も
墨染めの衣を思わせるお姿
襟にかかるのは銀糸を織り込んだらしい
王らしさがあるもの。

舞台セットはほぼなし!(笑)
舞台半分弱には ステージ・シート
つまり客席は設けられています。
8655.jpg

なにもない舞台に
一時期 ベットが運ばれて来る
ハムレットが母をなじるシーン

一時 奥にカーテンのような
布がかけられた。
ボローニアスが 隠れるカーテン
せり上がりの高い台
四隅には白い百合の花が
使われていたのが目に残る。

役が済むと何気に
役者さんたちが 上手く持ち去ってゆく。

かなり和テイストの衣装なのですが、
王の絵姿のペンダントは 
王妃ガートルードもハムレットも
ちゃんとしていた。
大きくて目立つ。

台詞はかなり現代調
松岡さんの翻訳なのですね。
台本はジョン&奥様の今井さん

こう言いかえるんだ~

そして衣装も和装テイスト
さらにさらに レアティーズと
ハムレットの剣の対決は槍?
二人の対決は・・
別の意味のカッコ良さ!

とても新しい ハムレット。
墓堀り1 墓堀り2に
村井さん 壌さん使う贅沢さ(笑)
ハムレット・・・兼役がフォーティンブラス!
オフェーリアがオズリックも
兼ねているし 限られた人数で
いろいろ演じる・・
でも 間違いなく 『ハムレット』

この作品 明日は収録カメラが
入るらしい。

    TVかな? 
    DVDかな?


2017.04.20.23:05
       @日生劇場
タイトルがなが~~~いっ!(笑)
マチネ公演です。
8642.jpg


モンティはW!
今日はこちら、
8641.jpg

出演者
ハイハースト伯爵
(ダイスクイス・ファミリー)
 エゼキエル卿・聖職者
 アスクイス・ジュニア・銀行家 
 アスクイス・シニア・銀行家
 ヘンリー・趣味は養蜂
 レディ・ヒヤシンス・慈善活動家
 バーソロミュー卿・陸軍少佐
 レディ・サロメ・女優
      ・・・・・・・・・・・市村正親8役)

モンティ・ナヴァーロ ・・ウエンツ瑛士 
          Wキャスト(柿澤勇人)
シベラ・ホルワード ・・・・・シルビア・グラブ
フィービー・ダイスクイス ・・宮澤エマ
ミス・シングル・・・・・・・・・・・春風ひとみ

阿部裕 小原和彦 香取新一
神田恭兵 照井裕隆 安福毅

彩橋みゆ 折井理子 可知寛子
伽藍琳 高谷あゆみ RiRiKA
       (敬称略)

なぜか 落ち着くミュージカル
変に冒険していなくて
王道をゆくっ!(笑)

母の死後 伯爵家の血筋をひくと
母の友人 ミス・シングルから 聴かされる
モンティ
しかし その順位は 8番目
伯爵と順番の早い7人が
亡くならないと自分は
伯爵には成れないのだ。

仕事もなく困っていたモンティは
伯爵家の爵位継承者の一人に
事情を明かし援助を求めるが
けんもほろろにあしらわれてしまう。
次の爵位継承権を持つ聖職者にも
相談する。

冷淡な一族に一大決心を
するモンティ

殺人と言うけれど
塔の高い位置から
落ちそうな聖職者に手を貸さずに
見過ごしたり
スケートをするターゲットに
氷の穴に落とす策略

養蜂が趣味のヘンリーには
さぁ どうする!?

ここで会場には笑いが起こる。

復讐と言っても
ナイフで刺殺したり
絞殺したりの 殺人劇は無くて
ラストだけ 毒殺が
危険なシーン(笑)

早替えにつぐ早替えで
市村さんの8役を
楽しむことが出来ます。

レディ・サロメなんて
ザザを思い出しちゃう。
また再演されますね(笑)

お歌も心配なし(爆)
春風さんのミス・シングルも
39年お家のメイドを務める
彼女も 上品な老婦人に
ご変身・・お見事。

ウエンツくんと市村さんの
コンビも 明るく楽しそう。
モンティってどんな奴なのか
ちょっと観ていて考えて
しまうところもあるけれど
魅力的では・・・ある(笑)

カッキーと入り替わりが
ちょっと想像つかないなぁ~。


シルビアさんのピンク女子には
ちょっとビックリだけど
色っぽいシーンもお任せですね(笑)

宮澤エマちゃん
お隣でも宮澤さんいるから
フルネームで・・(笑)

天ラブ以来の舞台
メイクも衣装も違い
大富豪 伯爵家のお嬢さま
一途にモンティを信じたりして・・(笑)
いいの? 
シベラと二股モンティだよ?(爆)
ちょっと天然入ったお嬢さま役に
良い雰囲気をお持ちです。

アンサンブル男性群
此方にご出演だったのねと
御存じの方ばかり

阿部兄ィ 照さん 安福さん
小原さん 香取さん 神田さん
御屋敷の使用人から始まり
ウエイターになったり
バーの客になったり
葬儀の慰問客もそう
阿部兄ィは モンティを
逮捕する警部も演りま~す。

照井さんの使用人は眼鏡を
かけてちょっと神経質そうに
見える。
バーのシーンでは
阿部兄ィと何を話してるのか
とても 仲良さそうです。
小原さん やはり笑顔がいいな

女性たちは
高谷さん 2幕では
ハイハースト伯爵夫人でした。

Ririkaさんや 折井さん
伽藍さん 彩橋さん
でも メイクとメイド服姿では
なかなかわからんかった。
伯爵邸ツアーがあって
ツア―ガイドは理子ちゃん?
客席いじりもあります。(笑)

市村さんの8役が話題に
されていますが 
とても ミュージカルらしい
ミュージカルで 
楽しかったなぁ

カテコ 
基本 左右に捌けてゆくのは
下手 市村さん 上手がウエンツくん
女性たちと捌けて行く市村さんを
春風さんのカテコも楽しい♪

羨ましそうに振り返りながら捌けた
ウエンツくん。
次のカテコでは市村さんの方に
呼ばれて捌けてゆき 
ハグしてもらってニッコニコ。

それを見ていたシルビアさんたち
お互いの目配せ?(笑)
反対側の上手に
仲良く捌けて行きましたとさ(笑)


舞台上にはオケさんもいる
テープではありません!

開演前に聞こえて来る
チューニングの音が、
期待度を上げてくれる。

ミュージカルらしいミュージカルなんだけど
曲のインパクトは すこし弱いかも。

でも キラキラしてる音楽を
届けてくれたオケさんにも 
 大きな拍手!




2017.04.19.23:29
『不信』4・19マチネ
     @シアターウエスト
『不信』~彼女が嘘をつく理由~

たった4人のお芝居ですが・・
皆さん 確かなキャラを確立してる。

8619.jpg


そして皆さん
常識と非常識の間を
行ったり来たりでいます。
一度目より 振り幅は激しく
お近づきにはなりたくない
二組のご夫婦です。

引っ越して来たばかりの夫婦
段田×優香

お隣さんにご挨拶

長寿の犬を飼っている
真面目で優しいご主人と
その奥様
栗原×戸田


かなり年上の夫と
可愛い好奇心の強い妻
お隣ご夫婦のちょっと気になるところが
あってこれからのお付き合いを
考えると・・・言いだせない。
夫婦の愛犬(オサムシ)が
とってもくさいなんて!(笑)

ある日スーパーで買い物中の妻
お隣の奥様を見かけるが

上品そうな奥様がなんと万引き???

さぁ 見てしまった事を
無かった事にするか
警察のいうか
奥様にやめるよう忠告するか

この事件から
二転三転とストーリーは
物語は 転がリはじめます。

ありふれた日常のように
見せかけて~
やはり事件が続きますね これ!(笑)


でも夫婦の会話には 
あり得ない言葉が飛び出して来る。
殺人とか 盗聴器とか 
口止め料 200万。

初回より 今日の方が 
クスっと笑う箇所が増えた。

人物表現の振り幅が大きくなって
皆さん 吹っ切れて
お話の先が分かっているから
よけい安心して笑えるのかも。


客席数の少ない劇場での
あの 密閉間が また
このお芝居に合ってる!

それはないだろっ!って
ツッコミをしたくなるシーンも
含めて さすが ミタニン(笑)

これ 面白かった~♪






2017.04.18.23:10

13:00開演ですが・・・
このIHIステージ・アラウンド
まわりにお店がなにもないっ!
食事を済ませて行くか
何か持ってゆくか?
でもね 劇場外の広場の
ベンチで食べるので
お天気が悪いと・・ちょっと
考えてしまう。

キッチンカーが一台
頑張って行列を捌いています。(笑)
前回は ロングポテトだったけど
今日のキッチンカー 
メニューが前回とは違うぞ?

2回目なので 迷うことなく
ロビー開場までに
持参したサンドイッチを頬張り
案内時間には入場列に並ぶ。
突き当りには売店
グッズ売り場
そしてその横には
DSC_1155.jpg

あれ 前回こんな
髑髏さんたち
いなかったんじゃないかな?
一応 モデルをお願いしてみた。(笑)
DSC_1154.jpg

席番についている
ABCDが気になっていたのですが
これは十字で客席を分けて
つけられているのですね。

そして 芝居がはねて
出口に向かうのですが
入った口とは大方違う方です。
右に 左に回転回転
自分の位置が分からなくなる(笑)

本編
捨之介 浮世を捨て
名を捨てた男にしては
生き生きとしてる(笑)

蘭兵衛さん 
着流し姿が決まり過ぎ!
薄物をヒラヒラと舞わせての殺陣
惚れてしまいそうにカッコ良い。

成河・天魔王は
足を引き摺るリチャード三世を
彷彿とさせますが これも偽り
狂気の男。

りょうさんの極楽太夫
また 全然違う極楽太夫
聖子姉さんや 小池栄子ちゃん
いろいろな極楽太夫がいましたなぁ

そして美味しいキャラ
贋鉄斎 覚えてもらえる役?(笑)
女贋鉄斎 聖子姐さんが
忘れられないと思っていたら
古田先輩ってばずるいっ!
反則技の連発。

つかつか普通に歩いて
いきなり刀を振るう殺陣(笑)

ちょっと及び腰の
ローラースケート。
お蔭さまで 100人斬りは
大成功!? (笑)

回るステージの特徴を
上手く使っている髑髏城
映像効果も見事です。
なにせスクリーンに囲まれて
パノラマ360度。
でも実際上演中には
見えても横90度くらいまで。
真後ろは観てないので
そちらにも何か映っているかは
判りません。(笑)

ただ お化粧室が2Fにしか
ないとか 
階段のぼると貧血を
起こしそうになる自分は
階段のぼりながら 
もう動機が早くなってくる、
エスカレーターの設置が
欲しかったなぁ。

観客にはあまりやさしくないなと
思ってしまうのでした。(爆)

ロビーにもゆとりがなく
ベンチ椅子が少しあるだけ。
さっさと客席開場そうそう
お席についてしまいました。
客席の椅子もわりと固めで
肘かけは小さな仕切り程度。
観客にも 髑髏城を
感じて欲しいらしい?

絵図面を手にいれても
抜け道はなさそう。(笑)
2017.04.18.22:17
『パレード』製作発表から
少し時間はあったけど
禅友さんたちとお茶タ~~イム。

時間を見計らってお別れ。

手元にあるチケットは
『王家の紋章』

製作発表会場から
帝劇へは歩いて行ける
距離だったし~

本日は このキャスト

DSC_1151.jpg

前回と キャロルは変わらず
聖子ちゃん
イズミルが宮野さんです。

あっさりとした印象になったと
感じた再演・初回でしたが
少しずつ変わった演出に
舞台の流れは良くなって
サクサク進む
だからなのかなぁ~

ミヌーエ将軍 セチ
ウナス 周りの人たちの
描きこみが浅くなったと
思える 特にその印象が
強いのがルカ
目立たなくなった気がする。
メンフィスとキャロルの
心の動きの見せ方も
ちょっと物足りないかも。

3000年の時を超えた愛

今はっきりと分かった
私はあなたを愛している。
台詞で言わせてますけどね。

アイシスさま
再演では 弟への報われない
愛に哀しみばかりが見えてくる。
女王の強さ 恐ろしさも
あったアイシスさまの印象が
変わって来たかも。

宮野イズミルは あついっ!(笑)
自信満々に見えるし
歌い上げ系だったソロが
芝居歌系になって来たかも。

今日は貸切公演
おけぴ&エポスカード。
カテコ後 浦井王子
新妻キャロル お二人から
挨拶がありました。

浦井クン・・あの~(笑)

聖子ちゃんの 
コミック全巻大人買いしてね
の話題に 全館買うのは
プレミアム会員(おけぴ)でも無理?
ちゃうちゃう みなさんは
判ってると思うけど・・との
宮野イズミルに 会場爆笑
浦井くん ニコニコと
エポスカード~!と
大きな声で(笑)

それでこそ 浦井くんだわ~






2017.04.18.21:47

禅さんFCでチケットをお願して
着々と準備はしていましたが
チケット購入者には製作発表へのご招待が
あるとポリプロさんから発表
チケット追加しました。(笑)

都内ホテルの一室
オーディエンスの方々 約250名
各メディアのかた 
演劇ライターrの方
プレス関係者もたくさんいらして
登壇者のお席も
DSC_1142.jpg

座席に行くまでの通路の片側には
こんな写真パネルのお出迎えです。
DSC_1127.jpg
IMG_20170416_173422.jpg
DSC_1139.jpg

いよいよです。
入場時にはこんな非売品クリアファイルに
入った作品の紹介が渡されて
ガッツリ予習出来ますね(笑)
8564.jpg



紹介され 壇上に上がったのは
演出の森さん 禅さん 岡本さん
石丸さん 堀内さん 武田さん
そして新納さんの並びした。

用意された質問と
挙手されたプレスさんからと
この作品への取り組みや
稽古場での様子
こぼれ話?(笑)

演出の森さんへの絡みが
新納さんらしくて(笑)
いろいろ言った後で
こんなもんでよろしいでしょうか?
次回も 僕を使ってくれます?♪

そして演出の森さんが
メインキャストさんの中で
いちばん年下なのかな(笑)
新納さんあたり その辺を
ネタにして 大きな笑い。
和やかな空気が会場に流れます。
端のほうのお席だったら
壇のサイド 陰に隠れるように
武田さん スマホでパチリ
してるお姿が見えた、(笑)
インスタに上がりましたね


歌唱披露
若い兵のフランキー
小野田さん
老兵役 安崎さんの歌。
そこに いままで登壇はしなかった
他の方々が コーラスで
加わり
プロローグ♪
禅さん 武田くん 新納くんも
後ろに下がり・・・
藤木さん 坂元さん
中山さん 宮川さん
飯野さん 秋園さん
莉奈ちゃん 未来さん
石井雅登さんも 杉山さんもいたなぁ~

凄い厚みのある コーラスだっ!
そして曲は 難しいけど強烈!

新納さんと禅さんメインの歌
洪水の時 お前は?♪
迫力の強い歌。
これは 印象に残る。
代償を払わせろ~!♪
演出の森さん曰く
伴奏と合ってない歌(爆)
これで正解なこの歌は
民衆の煽りが加わり
怖いけどゾクゾク来ました。

コーラスに 藤木さん
未来さん 坂元さんたちが
並んでいるんです。
豪華な並び。

ラスト 石丸さん・堀内さん
二人の愛の歌 
無駄にした時間♪

いったん全員はけて
椅子2脚が用意され
しっとりと歌う二人。

エンタ・ステージさんが
動画をUPしてくれました。
 キャー!
禅さんの歌が 何度も聞けるわ(笑)
結局ソコ?(爆)

このメンバー 何?(笑)
芝居が基本にありきの演出
その演出法の森さんに
禅さんは 目からうろこの連続とか?(笑)

出演者全員が
舞台の核を担える方な
気がします。
これはとてつもなく面白くなりそうな予感。

実際にあった冤罪事件
群衆心理の怖さ
差別や権力に踏みにじられた愛

ドラマが見えて来ましたよ。
禅さんご出演なので
まぁ リピは決まっているのですが(爆)
歌唱披露された 三曲
・・この曲たちを聞いただけで
チケットの手配は無駄ではなかったと
確信できました。(笑)
曲を聞いただけで 
テンション 急上昇!

初日が待ち遠しい。




2017.04.15.23:12

  @世田谷パブリックシアター

8515.jpg


アガメムノン アポロン
アキレウス ポセイドン
アテナ ヘレネ カッサンドラ
聴いた事のある名前が
いろいろ登場して来ます。


出演
エレクトラ・・・・・・・・高畑充希
オレステス・・・・・・・村上虹郎
イピゲネイア・・・・・中嶋朋子
アイギストス/神官・横田栄司
クリュソテミス・・・・・仁村紗和

アガメムノン/老人
/アポロン/トアス王・・麿赤児
クリュタイメストラ
/アテナ・・・・・・・・・・・白石加代子
         (敬称略)

始まりの音楽~ドラム?
ギリシャ悲劇には
そぐわない雰囲気を
感じたのですが舞台は進む。
登場人物の名前は
舌を噛みそうだ。(笑)

当たり前ですが・・ギリシャ神話
台詞の塊が振って来る感じ?
その台詞に憎しみが込められて
来るから怖い(笑)

夫殺害 
赤い照明でそまる舞台
二人か三人が
入れ替わり 立ち代わり。

横田さん 客席通路からの
登場で 良いお声を響かせてくれる。
普通に話すシーンでも
台詞にピシっと芯がある。


白石さん 麿さんは、
その台詞一言一言から
発せられる人物の
思いが浮き上がるようだ。
白石さん おどろおどろしい
役柄 なぜにこうも嵌るんだろう(笑)


オレステスは若い分
やはり台詞が弱い気がした。
これはクリュソテミスにも
言えるけれど 台詞の応酬をして
いる時の 客席へに届き方が
物足りない気がしてしまう。

台詞は 現代調の言い回しで
充希エレクトラの言い回しは
現代にも そのまま通用するところも
あり そんな言い方をする。
ちゃんと届いて来るけれど
現代のエレクトラなのかも。

ギリシャ神話の題材だけに
直ぐに 生き死にに絡むし
兄弟で愛を交わす。

アイギストスは クリュタイメストラの
情夫だしネ

8516.jpg


ストーリーは原作どおりの
ギリシャ神話から。

音楽・台詞のバランスは
自分のイメージと合わなくて、
ちょっと微妙に感じたかな?










2017.04.14.22:26
     @赤坂ACTシアター

新作歌舞伎
作・演出は蓬莱竜太さん

夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし)
~赤目の転生~

配役
太郎・・・・・・・中村勘九郎
歌・・・・・・・・・中村七之助
剛太・・・・・・・市川猿弥
静・・・・・・・・・中村鶴松
末吉・・・・・・・中村いてう
源乃助・・・・・中村亀鶴
善次郎・・・・・片岡亀蔵

中村勘之丞
中村山左衛門
中村小三郎
澤村國久
中村仲之助
中村仲四郎
中村仲助
中村仲弥
中村仲侍
市川裕喜
土橋慶一
宮脇信治
後藤忍
遠藤崇之

  (敬称略)


ストーリー

幼い子ども時代の3人
大柄でガキ大将らしい鋼太 
手下のような末吉 
紅一点 静の3人

近所に住む美しい歌(七之助)に
憧れ似顔絵を書いた二人
静は・・面白くない。

そこに現れた太郎
彼も 歌に憧れ
似顔絵を書いたが
鋼太たちは 太郎をバカにして
絵を取り上げ追う回す。
苛められっ子 太郎だった。
そこへ笑われる歌
3にんの書いた絵を褒めるが
歌の兄の 源之助が現れ 
太郎の書いた絵をみて
気に入らなかったのか
太郎を痛めつけるが
成すがままの太郎

捨て台詞は 赤目はやめとけ!


バックに流れる音は・・ピアノ!
ちょっとおどろおどろしい
音が響く・・かと思うと ツケの音。

小さな小屋が サクサクと
捌けていったり あっという間に
長屋のように並ぶ。
このあたりは・・まさに歌舞伎手法。

父の看病に疲れ
借金もかさみ 歌は酒におぼれ
身を持ち崩して行く。

父が他界しても 
兄源之助は 行方知れず
借金と共に一人残される歌
そんな歌にけっして一人には
しないと太郎はプロポーズ、

けれど苛められっ子のままの太郎 
要領も悪く 稼ぎもない
歌に責められ 手を出した仕事は
後ろ暗い仕事
歌の兄 源之助の手伝いだが
これも上手く行かず
源之助の手に掛かり
太郎は命を落とす。

舞台はまた最初に戻り
3人の子どもが歌の似顔絵を
見せ合ってる原っぱ。
亡くなった太郎も生まれ変わり・・
さっきとは 別の人生を生きるが
太郎と歌は運命の絆
ここでも二人は結ばれる。
歌の父・善次郎もド派手な衣装
真っ赤な足袋で
総の付いた杖で
ゴルフの真似事
会場を笑いが包む (笑)

しかし金はあっても
歌を閉じ込め 自由を奪う太郎に
夫婦は心のすれ違い
もう も~~ういいわと
歌は出てゆく。
残された太郎 
おりしも家から出火
太郎は まだすべてを失う。

再びの 原っぱ 
子どもに戻る。

太郎はまた次の人生を
生きる事に。
今度は お隣の良い人
歌を思っても口に出さず
鋼太の思いに手をかして
二人を結びつけ
相手の幸せを願う。

三人の太郎の人生
つまり 細切れに3本の芝居を
見たと言う事ね。(笑)
おまけに 客席通路を
使われるとね 
今日のお席
2Fの後方でもS席・・・
 ではまったく見えず。
お隣の二人組
幕間後戻って来ないかった。

頑張って先行抽選で押さえても
なかなか厳しいのね。

細切れの3つの話と
見えないシーンがあったりで
一部 意識が途切れた事を
告白します(爆)


繰り返し生きても、上手くは行かない
人生のむずかしさ。

猿弥さん はまり役。
亀次郎さんは ずるいっ!(笑)

善次郎さんの衣装は 派手だったけど
芝居したいは・・割と地味かも。

歌舞伎の 入り組んだ
ちょっとご都合主義の流れを
期待していると肩透かし?(笑)

違いなく 新作歌舞伎でした。