現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2015年12月
2015.12.31.20:40
2015年 大晦日!
いろいろの舞台に出会いました。
応援中の 石川禅さんの舞台も
悔いのないように思い切り 
通ってしまいました。
観劇納めが 禅さんの舞台という幸せ。

このBlogも2005年に 
石川禅さん応援中~と
立ち上げていたのでした。

ご来訪頂いた皆さま
有難うございます。
皆さまに遊びに来ていただいて
飽きもせず 10年過ぎました!(笑)

今更ですが・・おまえ 相当しつこいっ!(爆)
そんな声が聞こえて来そうです。

でも、生舞台の臨場感や
伝わって来るエネルギーが
元気の素です。

観劇趣味なんて 
お金はかかるわ 
時間はかかるわ
チケット取るの大変だわ
何か品物が残る訳でもない。
遠征までしちゃうとさらにさらに・・って
ほんとうにメンドイんですけどね。

形には残らなくても
それ以上の満ち足りた思いが残るので
まだまだ 年が明けても
劇場通いは続けて行きたい。

皆さま 良いお年をお迎えくださいませ。



2015.12.31.14:59

翌月分は前月末に書こうかな~
と言う感じの 観劇予定

新年明けて 1月は
こんなスタートになります。

2016年1月の観劇予定
■『エルコスの祈り』
■『リトル・マーメイド』
■『花より男子』
■『濱田めぐみコンサート』
■『星の王子様』
■『ダンス・オブ・ヴァンパイア』大阪
■『ライオン・キング』
■『アラジン』
■『ダンス・オブ・ヴァンパイア』名古屋
■『トラブル・ショー』
■『濱田めぐみコンサート』追加公演
■『THE LOVE Bugs』
■『元禄港歌』
■『DNA-SHARAKU』
■『七つの秘密』
■『舞音~マノン~』
■『サウンド・オブ・ミュージック』
■『石川禅メンバーズ・ギャザリング』
■『手紙』
■『スパークリング・ヴォイス』

なぜか 四季公演が 豊作(笑)
エルコス 
リトル・マーメイド
ライオンキング
アラジン 
サウンドオブ・ミュージックと
5公演もあるゾ。

禅さん出演の
『ダンス・オブ・ヴァンパイア』
プロフェッサー役との別れを惜しんで
ラスト公演見届けに関西まで 

 2回も飛びま~す。(笑)

そして月末には 禅さんのFC
メンバーズ・ギャザリング。
チケットも送って頂来ました。

素敵な一月になる予感がします。(笑)






2015.12.31.00:55

NHKEテレ1
午後5時00分~午後7時40分

Eテレシアターで
こまつ座さん 『きらめく星座』が
大晦日の夕方5時からの放送

紅白歌合戦ではおこたに入って・・となるかもですが
この時間 まだバタバタしているかもしれませんね

予約録画をおすすめです。(笑)

。【作】井上ひさし
【演出】栗山民也

【出演】秋山菜津子、山西惇、久保酎吉、
峰崎亮介、木場勝己 ほか (敬称略)

2015.12.30.20:45
今日 到着って早いっ!

いついつ着いたよ~って
到着日をBlogネタにしてしまってますが・・
これで、安心して年越し出来るわ~(笑)

なんせ表紙が
2016年公演のラインアップですからね
ロングラン中のライオン・キング
アラジン  リトル・マーメイド

アラジンなんて 2017年の分の
先行発売の掲載号ですから~
やはり早めに送って頂けると
計画が立てやすい。(笑)

早速来月のチケ発売は 
3演目と 浅利演出事務所さんの分と
忙しい年明けになりそうだ。

東京で見られる作品は
この他 ウエストサイド物語
人間になりたがった猫
コーラス・ラインあたりは
ロングラン公演と合わせ
チケットもすでに確保済ですが 

これからの ガンバの冒険
久しぶりの エクウス
マンマ・ミーア 壁抜け男
暮れには新作も予定されているようで
チケットの確保に向けて
しっかりと準備できますからね。

そうは言っても手元のスケジュール帖
10月頃から早めに使い始めて
2016年12月のアラジン予定が
書き込まれていて驚かれたので(笑)
けっこう切り替えは早い方だと思うのですが
さすがに2017年は1月分しか
記入出来な~い(爆)

2013年の公演予定でラ・アルプに
掲載され 『泥棒たちの舞踏会』でしたっけ?
ライン・アップはされたけど結局
上演されず・・の事例もあるので
あくまでも予定ですが・・・。(笑)

さぁ 来年はどんな一年に
なりますか。

浅利演出事務所の
『思い出を売る男』の公演。
こちらも年明けにチケット発売
もあるし~

四季さん
Blog・partsは減ってしまったけど
ラ・アルプのチェックを欠かさず
チケッ鳥に励みますので
来年もよろしくお願いしま~す。(笑)



2015.12.28.20:56
ソワレと言っても 16:30開演
早いっす!(笑)

マチネ後 禅友さん団体で
お茶or食事 あるお店に
一気に傾れ込む
予約のない団体客だよん(笑)

楽しい時間は 過ぎるのが早い
CONCERTでも万里生っちや
禅さんが言ってたじゃないですか?

ほんと 皆でだべりながらだと
ほんとあっという間の開場時間。

ソワレのセットリスト見て
オオ~ッとなる(笑)

キタ~~~っていう感じ
レミゼ・コーナー
禅さんの歌ったカフェ・ソングが
Stars♪ 

スリル・ミー 優しい炎が
スリル・ミー♪
贅沢な変更だ
聞きたくても聞けなくなって
しまった禅さんの 
マリウスのカフェ・ソング
ジャベールのStars

一日で 両方聞けるなんて!

スリル・ミーからの曲も
万里生ッち 入り込んでて
カッキーペアは初めてというのに
凄い迫力

これがばれたら・・新納さんに
殺される~って(笑)
浮気じゃなくて 
公開不倫って ちょっとちょっと(爆)

基本 構成はマチネとおなじ

3人で歌う民衆の歌♪
禅アンジョももう一度見られたし

3人いるんだし
アリスからの曲は 絶対来ると
思っていたのに~
万里生ッちうさぎの怖がり
カッキーガトちゃんの
ジャンプ!無かったのが残念。

そうそう ヘドヴィクの曲で
高いジャンプをしたんだけど
ガトちゃん 思い出しだよ。
あの 白のナイトと
仲間たちのおバカ炸裂の
チームワーク また見たいわ~

禅ナイトは 言わずもがなです(笑)
やるなら 早い方がいいよ~(爆)

皆さん 自分の役だった曲
入り込みが違う 
役者さんなんですね~
舞台で沁み込んだ役は
すぐ再現出来るんです。

歌えてさらに上を行く
表現力
それでいて持ち味は違い
お互いが際立つ
3人とも素晴らしい~

その辺の 3人組には負けない!
次は武道館だ @カッキー
えーー  @万里生っち
ちょっと~@禅さん
そんな感じの3人

緊張でお弁当食べられなかった
       @カッキー
でもさっき チャチャって
 食べてたじゃん(笑)
       @万里生ッち

今年を漢字一文字で言うと?
そんなトーク・コーナーもあり
禅さんは このエンタメに厳しい時代
有り難い事にお仕事が続いている
感謝の意味もあって 『続』

カッキー 
海外作品サンセット大通り 
そして 海辺のカフカの
海外公演 と 海にご縁があった年
なので 『海』

万里生ッち
舞台で怪我をして降板
皆様に迷惑をかけてしまい
自分でもとても悔しい思いをした。
怪我のないよう 丁寧に
丁寧に・・という事でなんとか
頑張ってきた という事で
丁寧の 『寧』

クリスマスは終ったけれど
クリスマスプレゼント。
一緒にお年玉まで頂いたような
素敵な時間でした。

 ブラボー!

2015.12.28.20:00
待ちに待っていた今日27日!

遠征される もしくは昨火から
されている・・
禅友さんも多数(笑)

負けずに早めのお出かけ~
そうでなくても気もそぞろ
一刻も早く現地へと・・・
 (はじまる時間は変わらんよ(爆)

戦闘態勢に入る前の
会場近くには、禅友さん集結で
食事のため 入ったお店でも
ご挨拶が飛び交いの図 (笑)

戦いじゃないけど・・まぁそんなもん
終演後は あの歌声に
撃ち抜かれているのは 必至なので
せめて準備をしておかないとね(笑)

入場 ロビーごった返してます。
パンフはなく セットリストが用意され
入場時に手渡されます。

印刷サイン入りの3人の写真のカードで
裏に今日の予定曲目が載っています。

一言とサイン なぜか禅さんだけ
縦書き!(笑)

お化粧室行列 特典引き換え所
グッズ売り場、全部の行列が交錯
行きたい方向に勧めない~(笑)
もっとスムーズに流れるよう
出来ないのか?
この劇場に来るたびに思います。

いつもはパンフのみ購入が
多いのですが 
パンフは無しだったので
珍しく 記念になるフェイス・タオル
真っ赤な地に 白抜き文字で
ミュージカルボックス
開催日と 出演の方のお名前が並ぶ




Zen Ishikawa の名前があると
ポイント高い(笑)


さぁ幕開けです。
オープニング曲
3人で 『RENT』より
♪Season OF love

マイ・フェア・レディより
♪君住む街角 禅さん

エニシング・ゴーズより
♪なんてラブリー 万里生っち

ヘドウィグ・・・・より
♪Wig in a Box カッキー

ディズニー作品へ

ヘラクレスより
♪ゴー・ザ・ディスタンス
 万里生ッち

アラジンより
♪自慢の息子 カッキー

ピノキオより
♪When You Wish Upon A Star

そして不屈の名作 レミゼ
♪夢破れて 万里生ッち&カッキー

♪カフェ・ソング 禅さん
 
♪民衆の歌  3人で!
ここに 禅さんアンジョが降臨
合わせる二人も
素晴らしく素晴らしい(笑)

あっという間の一幕でした。

休憩中も 余韻に浸って
暫く席を立てず。

2幕は 明るい曲
キャッツより
♪スキンブルシャンクス
 ~夜行列車のアイドル~~♪
って万里生っちの歌声
自然と手拍子が起こる
そして曲の転調に合わせ
静かになったり 始まったりの
タイミングも良い会場の皆さん
四季の舞台も 見慣れていそう(笑)

一転 ラブ・ネバー・ダイより
♪君の歌をもう一度 禅さん
悲哀をにじませる怪人
愛は消えない~♪
本舞台で見たくなる。

次は 二人
万里生ッち&カッキーの
スリル・ミーから
♪優しい炎

スリル・ミーは何度か
再演されていますが
その都度 ”私”と”彼”
組み合わせは決まっています。

この日のトークで明かされた
お稽古すら合わせたことないのだと。

そんなお二人ですが・・
やっちゃう?(笑)と
顔を見合わせて

本舞台での相手役だった
松下洸平くんや 松也さん
そして 新納さんや伊礼さんには
くれぐれも内緒でって言われてもねぇ~(笑) 

ピアノ音が響くと
二人とも スっとあの世界へ
カッキー”彼”
視線が冷たくなる。
万里生ッち ”私”
彼だけをみつめる


暗い作品 殺人事件を扱い
事件を起こした二人の心情に
迫った作品 これも組む合わせ次第で
色々な表情が見える作品です。
この二人の組み合わせ・・
万里生っちの一途さの方が勝るかな?

ロミオとジュリエットより
♪世界の王 若いロミオや
マーキューシオ 
ベンボーリオたちが歌うこの曲に
ジュリパパ禅さんも登場
一緒に唄う この舞台。
最高!(笑)


エリザベートより
♪父と息子
久しぶりの父と子が
すれ違い様に 
私を批判する新聞
お前は記事を書いたそうな♪

お前に政治が分かるはずがない
世界は動いている
町中渦巻いてる 憎しみが~♪

あのシーンが 旧演出で・・(笑)
亀裂の生じた親子関係
愛情を秘めた父フランツ
やはり好きだ。

お~~っと 闇が広がるに
ゆっくりと階段を上がったその先には
皇帝フランツだった禅さん
万里生ッちルドルフを
見下ろすその顔は
トート閣下になっていて。
闇がひろがったよ~。

今のエリザは 
過去公演でルドルフだった
万里生ッちが フランツを演じて
いますが・・万里生ッちフランツは
禅フランツに似た雰囲気が
ちょっとあるなぁ
万里生ッちのフランツ舞台を
見に行き 楽屋で帝劇の閉館ギリまで
話していたらしい禅さんエピも
万里生ッちから公開されました。(笑)

デス・ノートより
♪デス・ノート カッキー

カッキーヴァージョンも
WOWOWで放送され
しっかかりと捕獲したのですが
やはり 生舞台は 良いっ!
本舞台で演じてきた役の曲は
役を掴んているだけに
入り込みが違う。

スゥイニートッドより
♪チルドレン・ウイル・リッスン
    これは次回公演の
出演が決まっている万里生ッち

コーラス・ライン
♪愛した日々に悔いはない 禅さん
役者の 舞台にすべてをかけてきた
生き方を歌い 後悔はないと
歌うこの歌 禅さんが歌うと
禅さんの歌になって本当に
いろいろな思いを抱かせる曲になる。

モーツァルトより
♪僕こそミュージック カッキー
合ってる! 凄い合ってる!
本舞台で見たい 
やんちゃで自由で 世界に
飛び出して行きたいとわかる
ヴォルフだった。

ウーマン・イン・ホワイトより
♪すべては幻 
禅さんが出演した初演で
通いまくり 再演は・・
万里生ッち出てたけど見たのは一回だけ
ハートライトのこの曲は別所さんの
イメージが強くて新鮮だったという(爆)
万里生ッち上手い。

オペラ座の怪人より
♪The music Of The night

禅さん怪人来た~~!
劇団四季で ず~~~っと
歴代怪人さまにお会いしてるけど
タイプの違う怪人
強めの低い声で ラブネバーの
怪人とは 別人。
哀しみより クリスを自分の世界に
連れて行こうとする感の方が強いかも。

歌に心配がないのは もち・の・ろん(笑)
あっと言う間に ラストの曲

ラ・カージュ・オ・・フォールより
♪今この時

今この時を 大事に生きて愛して~♪

このコンサートの
伝えたかったメッセージが
込められていたかのような曲でした。

舞台下り演出もあったりの
明るく 温かいコンサート、
鳴り止まぬ拍手に もう一度
幕が上がり・・・

3人とも 真っ赤なジャケットに
衣装替え

アンコール曲
ジャージー・ボーイより
一曲  

最後まで歌い踊る3人でした。
一生懸命すぎて
上演時間 押してませんか?(笑)

こちらは取っても嬉しいけど
ほんわかトークに笑わされ
歌に泣かされ
気分 ジェットコースター(笑)
極上のエンターテイメント!

どうやら ソワレでは
日替わり曲があるらしい

ますます とっても メチャ
 
  楽しみだ!

2015.12.27.23:56

石川禅・田代万里生・柿澤勇人
 ~珠玉の名曲をあなたに~

ベスト・ミュージカル・コンサートです。
マチネ ソワレ
日替わり曲がありました。
まだ同日だけど~ 回が違うと
ちょっとだけ曲の入れ替えがあったのね。
両方見られてよかった!

個別の記事はまた書くとして・・・(笑)
名曲の 溢れるミュージカルボックスでした。
ただ一つ 残念だったのは
3人が共演した『アリス・イン・ワンダーランド』
からの曲がなかった事。

MCでも この作品で共演してから
なんと3年ぶりに一緒のお仕事って
言っていたのに この作品からの
曲を使うのは難しかったのかな?

禅さん出演とあらば・・
チケの手配にも余念がありません。

即日 完売のチケッとですが
マチソワとも 拝見することが
出来て 大満足。

ソワレのトークに
また やっちゃう? と
笑顔で顔を見合わせる3人
良いなぁ~。

もし 次があったら 皆さん
御来場いただけますか?

会場からもすぐに拍手が起こる。
ほんと 実現したら嬉しいな。


ミュージカル・ボックス 
  イン・サマー!!! (笑)


次回の開催は 夏頃
いかがでしょう 
  ホリプロさま。

でも この3人 売れっ子だし
スケジュール合わせが大変か。

このCONCERTで
今年の エンタメ納め
良い年が迎えられま~す。


2015.12.26.23:54
クリスマス・カードが届きました。
差出人は吉原光夫さん
実際は 響人さんだけどね(笑)

メンフィス レミゼと
舞台があると Wキャストでも
吉原さん出演回をお願いする
hattiです。(笑)

『手紙』もお願いした所だし
今度は『ジャージーボーイ』かな?

アーティストカンパニー響人
メール会員に登録してのご縁です。

響人公演にも
APOCシアターまで行き
息使いのわかるほどの距離で
『署名人』も『楽屋』も
『ダウト』も『夜の来訪者』も
『橋からの眺め』も・・・。

前回の『金魚鉢』
行ける日がなくて
見られなかったのが残念。

クリスマス・カード 頂いて
今まで見た公演思い出した。

APOCシアター
また行きたい!


ところで 禅さんFCは
こんな感じのご連絡はないなぁ(笑)
上手く 会報のタイミングがあって
年賀になったりはあったけど
バースディ・カードとか
クリスマス・カードとか
あったら嬉しいけどなぁ~(笑)

さぁ 明日は 観劇納め
『MUSICAL・BOX』

禅さん出演の舞台で締めくくれるって
なんか嬉しいね。 


2015.12.26.23:38
 @シアタークリエ



出演者

エディ・バードレイス・・・・・・・・・・屋良 朝幸
ローズ・フェニー・・・・・・・・・・・・・・ラフルアー宮澤エマ
ラルフィー・ボーランド・・・・・・・・中河内 雅貴
ディッキー・バーンンスタイン・・・矢崎 広

フェクター・・・・・・・・・・・・・・・・浜中 文一
(関西ジャニーズJr.)
スティーブンス・・・・・・・・・・・・・末澤 誠也
(関西ジャニーズJr.)
ギブス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・新井 俊一

ルース・ドゥ・ベアーズ他・・・・・・・まりゑ

ローズのママ他・・・・・・・・・・・・・春風 ひとみ
ラウンジ・シンガー他・・・・・・・・・・戸井 勝海
マーシー他・・・・・・・・・・・・・・・・・保坂 知寿
       (敬称略)

エディ ラルフィー ディッキーは
海兵隊員 気が合い 名前に3人とも
”B”が付く事から スリーービーズと
言うほどだ。

明日はベトナムに立つその日
海兵隊の伝統のパーティが開かれる。

それは イケてない彼女を連れて来ること
パーティの相手を探しに町に繰り出し
エディはある店で ギターを弾いている彼女に
出会い パーティに誘う。

本当の目的を言えないまま
彼女に惹かれ始めたエディ・・・


一幕ではこの辺まで。
戸井さんの七変化が 見どころ(笑)
刺青師では 顔をオペラグラスで
確認しちゃったし
上官も 旅の途中に
声を賭けて来る老人も
セレブ御用達のお店の
支配人も似会い過ぎ(笑)

ロイヤルブルーの
スパンールキラキラの
歌手ももちろん ピッタリで
役者だ!

保坂さんもチラチラと出番があるけれど
ちょっと勿体ないかな。

春風さん すっかりママ役
でもピンクのドレスが
とても可愛い (笑)

まりゑさんも
起用に多くの役をこなしています。

若い三人が メインで
ダンス・シーンも見せ場

矢崎さんのポジションが
ちょっとボケ系(笑)

中河内さんが 兄貴風で
リーダーっぽい感じで

屋良君とのバランスも良く
男っぽい荒々しさも見える
舞台でした。

でも ピュアーなローズ
絶対イケてない女の子じゃないな (笑)




2015.12.25.20:06
世は クリスマス・イブで
盛り上がっていますが こちらは
宝塚で盛り上がっています(笑)

絢爛たる 宮中の王朝絵巻
 恋絵巻
現実を忘れる美しい世界。
これが宝塚の宝塚らしさなんだろうなぁ
明日海・源氏の君は 儚な気な印象が
あって ふっとどこかに消えて
行きそうて 本当に絵巻から
抜け出て来たような。
そして 周りには色があふれ
女御達の衣装は 花のように
咲き乱れ こぼれんばかり。

出演
光源氏・・・・・・・・・・明日海 りお
藤壺の女御・・・・・・花乃 まりあ
弘徽殿の女御・・・・京 三紗
桐壺帝・・・・・・・・・ 汝鳥 伶
尼君/朱雀院・・・・高翔 みず希
左大臣・・・・・・・・・ 紫峰 七海
葵の上・・・・・・・・・ 花野 じゅりあ
明石の入道・・・・・・ 夕霧 らい
王命婦・・・・・・・・・ 芽吹 幸奈
少納言の君・・・・・・ 梅咲 衣舞
頭中将・・・・・・・・・ 瀬戸 かずや
藤少将・・・・・・・・・・冴月 瑠那
左馬頭 ・・・・・・・・・ 鳳 真由
衛門督・・・・・・・・・・白姫 あかり
中務の君・・・・・・・ 鞠花 ゆめ
右大臣・・・・・・・・・・天真 みちる
夕霧・・・・・・・・・・・・ 鳳月 杏
惟光・・・・・・・・・・・ 芹香 斗亜
中納言の君・・・・・・ 菜那 くらら
蔵人介・・・・・・・・・・・真輝 いづみ
紫の上・・・・・・・・・・・ 桜咲 彩花
頭の弁・・・・・・・・・・・航琉 ひびき
式部 ・・・・・・・・・・・・ 美花 梨乃
冷泉帝・・・・・・・・・・ 舞月 なぎさ
朧月夜・・・・・・・・・・ 仙名 彩世
兵部大輔・・・・・・・・ 和海 しょう
中将の君 ・・・・・・・・華雅 りりか
栗丸・・・・・・・・・・・・ 羽立 光来
藤式部之丞・・・・・・・水美 舞斗
六条御息所/柏木・・ 柚香 光
良清・・・・・・・・・・・・・ 優波 慧
女三の宮・・・・・・・・・ 朝月 希和
犬君・・・・・・・・・・・・ 矢吹 世奈
雲井の雁・・・・・・・・・ 城妃 美伶
若紫・・・・・・・・・・・・・ 春妃 うらら
臼杵・・・・・・・・・・・・ 綺城 ひか理
蟹郎・・・・・・・・・・・・・ 飛龍 つかさ
つくし・・・・・・・・・・・・ 茉玲 さや那
蜂丸・・・・・・・・・・・・・ 亜蓮 冬馬
あきつ・・・・・・・・・・・・音 くり寿
          (敬称略)

こう書いて見ましたが
お顔と名前が一致しているのは
ほんの一部の方のみ(汗)

暗転のなか 照明が入ると
皆が勢ぞろいの圧巻なシーン

一気に平安帖の世界に
誘ってくれます。

源氏が登場すると 大きな拍手が
起こるのはいつもの舞台と一緒で
時代物でも やはり夢の世界が
そこにある感じです。

よく御存じの 光源氏の
恋の遍歴

父帝の女性と情を交わし
幼い姫宮を引き取り
成長すると妻としてめとり
秘めた危険な恋もある。
帝の前に 皆が顔をそろえる
シーンも壮観
黒の直垂詩型の男衆
十二一重の女衆が
並ぶさまは ため息が出ます。

ひと時の夢物語
愛の世界をお楽しみあれ。

2幕 メロディア
絢爛たる世界は続きます(笑)
和の世界から ショーへ!
スペインが舞台のようです

ショーなので ただ華やかな
世界を見る 刹那的に楽しむ。

個人的には 後に残るものは
ないのかもしれません。

現実離れした舞台に 誘われて・・・
現実に戻るのが・・ちょっと辛くなる(笑)




2015.12.25.12:00
特典付き 第○彈?(笑)

指定期限内に 特典チケの
申し込み枠から チケットを購入
すると スタッフTシャツがついてくる
全員に って書いてある。

エプラスさん 東宝さん
ホリプロさんからメールが来てたなぁ~

デザインが変更することもあるかもと
但し書きがありますが
出演キャストの名前が入ってるって。


禅さんの名前もあるのね~
禅さんFCで 行ける日のチケットは
複数枚 お願いしてあるのに
もう一枚 チケット追加。
連日 フォーラム通いだわ

お菓子つきチケ 
豪華ディナー付チケは
華麗にスルー出来るのに~(笑)

某公演の 大阪 生写真つきにも
マジ悩んだものなぁ~

行く日がすでに決まっていて
チケ&新幹線も手配済で
中一日開けて遠征って
さすがに 追加は出来なかったけど
ご贔屓さん絡みの誘惑には
めっちゃ弱いの(笑)

いつもなら たぶんチョイスしない
演目ですが・・
キャラメルボックスの
多田さんが出られるというので
ぴあごん使って申込み。

当選メールきました!
当選は嬉しいけど
お席が微妙なのよね !?

チケットぴあさんのシステムを使っての
抽選先行 
良席のお約束は ありません。
当選すれば チケット確保で
問題は無い筈なのです。

でも 一言だけ
一言じゃなくなってるけど(笑)

出演者枠っぽい それも抽選先行で
サンシャイン劇場での2F席が来たのって (爆)

2F席 初めてとは言いませんが
早め早めにチケットの手配をしていると 
あまり座る事のないお席。

別ルートで取ってみたら
1F席 取れそうな気もします。

上手く探せは 割り引きチケにも
出そうな感じもあるし
割引なら このお席でも
耐えます。(笑)

リセール出そうにも 手数料は戻って
来ないしなぁ~

ほんと チケ取は難しい。

2015.12.24.21:53
 @神奈川芸術劇場

遠い~よ
でもなぁ 考えてみたら
四季『CATs』の時
横浜まで 普通に通ってたし・・(笑)

横浜から さらに乗り換えて
みなとみらい線乗り継ぎ4駅です。


大阪まで、日帰りとか考えたら
もう全然大丈夫じゃん(爆)
・・・・って比較対象が違うって!
兎にも角にも やって参りました。
『フロッグとトード』

DSCF4446.jpg

出演
ガマガエルのガマくん
「フロッグ」・・・・・川平慈英 

アマガエルのカエルくん
「トード」・・・・・・・鈴木壮麻

トリ・トカゲ・モグラ
パパカエル・・・・・中山昇

ネズミ・トリ・リス
チビカエル・モグラ・・宮菜穂子

カタツムリ・トリ
バケカエル・・・・・・・天野翔太

カメ・トリ・リス
ママガエル・モグラ・・樹里咲穂
         (敬称略)

絵本から抜け出した
ガマガエルとアマガエルの春夏秋冬

はるだよ~~~と 
ベッドで気持ち良さ気に
寝ているガマ君を起こしに
来たカエルくん

もうはるなの~?
もっと寝ていたいと
目覚まし時計を壊してしまうガマくん

我儘ながまくんに
やさしく ほらほらと
カレンダーをめくり
おっと 本当は一枚ずつの筈?
2枚一緒にはがれてしまった。
ハプニングっぽいね(笑)
でも自然に繋いだ カエルくん(笑)

なんとか起きたがまくん
今度はお花を育てると
言い出します。

種をまいて お水をあげて
でも種は なかなか芽を出しません
そんな がまくんに 辛抱しないと。
すぐだよ もうすぐだよ~と
カエルくん。
僕が君をまもってあげると
ガマくん 

鳥さん 様子を見に来て
あら 種をついばんじゃ
駄目駄目よ(笑)
樹里・鳥さん!


今何時? 時計壊れてしまったから~
自分でこわしたのに~(笑)
時間を聞いて 10時だよと聞くと
ちょっと寂しそうな ガマくん

気になったカエルくんが訳を聞くと
10時 には郵便が来るけれど
自分は一度も手紙を
貰った事がないと

ちょっとわがまま がまくん(川平さん)
大人で優しくがまくんが大好きな
カエルくん(壮麻さん)
 あっ 綜馬ならすぐ変換するのに・・(汗)
 再変換 (笑)
ちょっと用事があるんだ~と家に帰り
ガマくんに当てて手紙を書きました。
 
その手紙を 託した相手は
カタツムリくん 
必死に手紙を届けに走ります。
でも~~とっても遅い。(笑)

さて ガマくんとカエルくん
二人はいつも仲良しで
季節はいつの間にか夏
川で泳いだり・・
クッキーを焼いたり

とっても美味しく出来たクッキー
味見をしたら 止まらなくなって
しまいました(笑

鳥さん ネズミさん モグラさんとも
時々は遊んだり・・
川で泳いで
変な水着のガマくんを
からかってみたり。

クッキー 鳥さんたちにも
おすそ分け 
あら~ 箱が倒れて
クッキーがこぼれてしまった。
慌てて皆で群がる鳥さんたち。

実は箱からこぼれたのも
ハプニングらしい。

群がるように見えて
クッキーを拾って
箱に戻していたもの(笑)

樹里さん 宮さん
鳥の衣装が可愛くて
動きがコミカル
二人はリスくんにもなります。
仲良し双子のような
リスくんたち。

樹里さんはカラフルな
カメさんにもなります。
カメさん どこかのお笑いの方?
と思うような 良いノリです。

天野さんカタツムリも
元気いっぱいで健気だし
膝立ちのまま 舞台を横切る時
手拍子で客席からも応援が飛んでた~
がんばれ~!(笑)

秋になっても 冬になっても
お手紙とどかない。

仲良し二人が 大喧嘩
その時やっとお手紙が
届くよ。


中山さん
トリさんでもモグラさんでも
ダンディで決めるとこは決めて
ダンスもシャープ

壮麻・カエルくんの歌声は・・
贅沢な本格派。

川平さんと壮麻さん
タップシューズは履いては
いないのにタップ・ステップもあるし

秋には お互いの家の前の
落ち葉を内緒で掃除して
あげようと でも
ぐちゃぐちゃにしちゃえ~と
リスくんたちに悪戯されて 
お掃除する前と
同じに散らかったまま(笑)
自分の家に帰ってきて
こっちの掃除もしなきゃ~って(笑)

川平さんも役にはまって
二人の友情が
相手を思い遣る暖かい心が
舞台一杯に広がるのです。

秋の落ち葉のシーンでも
冬のそりのシーンでも
雪がちらついても
暖かさが消えない。

もちろん お子様も多くて
見易く演出されている作品だけど

底に流れる暖かさを
伝えてくれるのは素敵な出演者たち。

本物のミュージカル
これは贅沢な時間だ~
笑顔と笑い声が溢れる劇場っていいな。
帰りに ロビーにおりたら
こんな飾りがありました。

DSCF4450.jpg



遠くても来て良かった。

そう思える作品でした。



2015.12.23.23:44
サンシャイン辺りをウロツキ(笑)
時間にはしっかりと戻って来ました
 @あうるすぽっと


花組芝居さん 今度は
梅組キャストです。


出演
毛皮のマリー ・・・・・・・・谷山知宏
欣也・・・・・・・・・・・・・・・丸川敬之
紋白・・・・・・・・・・・・・・・堀越涼
下男・・・・・・・・・・・・・・・原川浩明
鏡の精・・・・・・・・・・・・・松原綾央
名もない水夫・・・・・・・・・押田健史
金城かつ子・・・・・・・・・・大井靖彦
鶏姦詩人/兄梅之丞・・・・山下禎啓
鶏姦詩人/弟梅之助・・・・二瓶拓也

五人悪婦女
大井靖彦 北沢洋 横道毅
磯村智彦 小林大介 (敬称略)

やはり不思議・・
マチネで もの哀しさを
感じたのは欣也だったのに
この回では マリーの
生き様がとても哀しかった。

台詞回しは谷山さん独自の
すぐわかるようなあの言い回しで
でもしっくり来たなぁ。

その分 丸川・欣也に
注意が届かず 存在が
美斉津欣也より薄目な
存在感。でもそんな
欣也も きっとあり。

後ろの方で
ちょこちょこ動く
北沢さんに目が行ったり
梅組では西太后とか
やっていたけど
食堂の女店員の一人
エプロンかけたり
赤い襦袢だったり
衣裳が刺激的だった。(笑)

この演目だからの
もっと激的なシーンも
ありますが・・・
それは 置いといて
書かなくてもいいかな(笑)


梅組さん 谷山マリーが
一番印象に残った。
タイトルロールが印象に
残ったそんな舞台でした。

二組見せてもらって
面白かったわ~

拍手~~~!



2015.12.23.23:18
 @あうるすぽっと

DSCF4442.jpg

梅組 菊組とある
キャスティングの

まずは・・菊組から

出演
毛皮のマリー・・・・・・ 秋葉陽司
欣也・・・・・・・・・・・・ 美斉津恵友
紋白・・・・・・・・・・・・ 加納幸和
下男・・・・・・・・・・・・ 山下禎啓
鏡の精・・・・・・・・・・・ 北沢洋
名もない水夫・・・・・・ 押田健史
金城かつ子 ・・・・・・ 二瓶拓也
鶏姦詩人/兄梅之丞
 ・・・・・・・・・・・・・・・・横道毅
鶏姦詩人/弟梅之助
 ・・・・・・・・・・・・・・・ 松原綾央
五人悪婦女
原川浩明 二瓶拓也 大井靖彦
磯村智彦  小林大介 (敬称略)

『毛皮のマリー』 この作品を
見るのが初めて・・で花組芝居さん(笑)

マリー役の秋葉さん
 ゴメン マツコを思い出して
しまって 集中出来ない部分が・・
修行不足だわ~自分!(爆)

美斉津・欣也
純な欣也
衝撃の経ち聞きしてしまった事実
生みの母もころして標本にすると
言う狂気がなぜか哀れ

下男・山下さん
白塗りで表情わかり難いのに
視線を奪うお方。
大仰な衣装の北澤さん
鏡の精も ちと ボケツッコミ(笑)
花組さんのノリだなこれ。

二瓶・かつ子も
一連の心情変化が
判り易い。

加納・紋白
余裕の紋白で
貫禄が見えてしまって
バランス悪く感じてしまうで
惜しい。

何となく 異質な世界を
感じて 今まで避けてしまった
この舞台
思いの外。さらっと見てしまったのは
花組芝居さんの舞台作りの
所為なのかな?

キャスト違いで演じられる
次にソワレ公演
さて どうなりますやら
またまた楽しみに
ソワレまでの時間を
どこかでやり過ごしてきま~す。





2015.12.23.22:39

終演後 真っ直ぐに
お隣の駅 恵比寿へ
ソワレの予定~~~(笑)

まだ早すぎるんだけど
ちょっと久しぶりのエコー劇場なので
場所が心配 
前もって確認しおこうと思って。

人の流れについて
アトレの中に行ってしまい
ちょっと ここはどこ?状態に(爆)
以前の記憶と違い過ぎる~(汗)

駅の反対口へ回り込み
記憶を頼りに
到着しましたよ。(笑)

DSCF4438.jpg


さてと確認出来た所で
腹ごしらえをしておきましょうかね。
観劇中にお腹鳴ると恥ずかしいものね。

さて準備 整え 開城時間
出演者様にお願いしてあった
当日受け取りのお席は
前方センター
近くて迫力の舞台を魅せて頂きました。

お話は ちょっと古いかも
人種問題もチラッと覗かせたり
街の経済状況 破綻など
社会的な面も盛り込んで
その中の若い二人の
loveもある(笑)

ブロードウエィ・ミュージカル
『口笛は誰でも吹ける』
登場人物も 一癖も二癖も
あるらしい(笑)

キャスト
コーラ・フーヴァー・フーパー
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・旺なつき 
フェイ・アップル・・・・・・・宮内理恵 
J・ボウデン・ハップグッド・柳瀬大輔 
シューブ・・・・・・・・・・・・・治田敦 
クーリー・・・・・・・・・・・・・・石鍋多加史 
マグルーダー・・・・・・・・・福沢良一

上野哲也 宇部洋之 大嶋奈緒美 
奥山寛 梶野稔 久代侑果
櫻井太郎 清水隆伍 長尾愛 
難波真里 沼舘美央
福田あり紗 本田宗
村國守平 萬谷法英 
荒木里佳 天宮菜生 (敬称略)

荒木理佳さん
別の舞台でみた感じの
お母さん姿で すぐわかった(笑)

開演前には演出家さんから

作品についてのちょっとした
レクチャーと開演前の諸注意が
ありましたよ。

そしてバンドさんメンバー
客席通路から
登場 生なんだ!
舞台上のアナから
奈落へともぐり
スタンバイOKだそうです(笑)


女性市長のコーラが
市長の体面を守ろう
自分が一番大事 
そんな市長役
派手な衣装。
マッサージシーンまであるのは
セクシーな見せ場をサービスか?(笑)
歌い踊り大活躍な旺市長さまでした。


側近の会計監査官だったかな
治田さん演じるシューブ
これが次々と悪巧みというか
抜け道 奇抜な作戦を考えては
実践・・ダンスシーンもあって
はるパパ 元四季だもんねと
変なとこで納得(笑)

石鍋さん司教さまかな
これも一緒になって
でも悪そうじゃなくて・・(笑)
立派な一味!
人寄せのために 一計を案じ
奇跡の泉
 ルルドの奇跡
なんてね
台詞にもあった(笑)

宮内さん演じるフェイ
カチコチの思想に凝り固まった
看護婦さんといったところか
街にある精神病院で患者の
世話をしている

ふらりと現れたハップグッド
タイミング良いのか悪いのか
医師と間違えられる。

が彼も とんでもない経歴を
もつ 精神病患者?(笑)

奇跡の泉の噂に
その恵を受けようと
患者(クッキー)たちを
連れて来るが

市長やシューブ達の
作り出した偽の奇跡なので・・

クッキーたちも
フェイとハップグッドの恋も
あまりロマンチックじゃなく
思えるのは 何故だ?(笑)

旺市長が かなりの弾け演技で
はるパパも 嫌味な役が
お似合いで
柳瀬ハップグッドは 二枚目役
久しぶりに・・見たような (笑)

張り切ってるキャストさんの
熱は伝って来たけど

タイムスリップしては見たけれど
ちょっと時代を間違えて
その時代には行けなかった
そんな気分 

いろいろ 深いものが
隠されていそうだけど
一回じゃぁ無理か?
2015.12.23.21:39

@シアターコクーン
i入口にあった繰りますツリーも
一緒にUP(笑)
DSCF4435_201512230130151e6.jpg


DSCF4436_20151223013016a02.jpg

全部に
漂流する芸人/主に・・・とついていて
主に マシンガン・ダンディを
演じる・・・・・・・・・・・井上芳雄
こういった具合のキャスト表記です。

ですが略で(爆)
サンデー先生・・・・・・安蘭けい
博士・・・・・・・・・・・・山下リオ
テケ・・・・・・・・・・・・小松和重
プリン・・・・・・・・・・・山田真歩

海賊ドタバタ・・・・・・一色洋平
チャッピ・・・・・・・・・・久保田磨希
ダンプ・・・・・・・・・・・内田紳一郎
海賊トウヘンボク・・・真那胡敬二
海賊ガラクータ・・・・大森博史
海賊ヤッホー・・・・・・中村まこと
国際警官らしき男・・・串田和美
トラヒゲ・・・・・・・・・・・小松政夫
ドン・ガバチョ・・・・・・白石加代子
        (敬称略)

昔のNHKで放送されていた
人形劇が舞台に!

主題歌がすぐ出てくるのはかなりの
年配の方と思われます(笑)

そして マシンガン・ダンディに
井上くんがキャスティング

ドン・ガバチョに
なんと女性の白石加代子さん
ただストーリーは雲のかなた(笑)

人形のキャラだけが
次々と思い浮かぶ

子どもっぽくない博士とか
色っぽいサンデー先生とか
ニヒルなマシンガン・ダンディ(笑)

このキャスティングで
どうなるの?

ラッキーにも当選した
特S席 
頑張って凱旋公演も
チケット取っちゃったよ(笑)

シアターコクーン
いつもと様子が変わり
白木で回り舞台が作られて
いました。
そこが・・島なの?
擦りガラスのような背景に
キャストの動きが透けて見えたり。

演じられるひょうたん島・・
え~~と
なんて書いたらいいのか
エピソードを繋ぎ合わせても
物語が見えてこない。
細切れのまま 目の前に
頬り出された感じ
何が伝えたいのか
さっぱりわからないままに
舞台が進んで行く

近いお席だったので
客席下りなどは 出演者さん
近い所まで来てくれたり

台詞はおうむ返しや
ダジャレ?が多くて
時折、笑いも起こります。
 
これひょうたん島だっけ?

ドン・ガバチョは演説をする
サンディ先生は 子どもたちの
先頭に立つこともある

マシンガン・ダンディは
ちょっとニヒルに呟くシ-ンも
あるけれど

・・これじゃない
そんな空気だけが感じられる。
中村さん演じる海賊や
トラヒゲもキャラは立ってて
達者な方々さと。

でも ひょうたん島じゃないよ~

エピソードも細切れだし
海賊が来る
明日 つまり 今日
目の前に海賊 
そんなシーンが繰り広げられて
いきなりシーン転換だもの

冒険活劇にもなってないし
何が言いたいんだ?

そう思ってるうちに
終わってしまいました (爆)

2月の凱旋公演も予定
あるけど・・その時に
何かわかるかなぁ~ 


2015.12.23.00:36
またまた マチソワ~
さすがに3日目・・・疲れました。
疲れたけど・・面白かった~(笑)

Wキャスト。
マリー役 欣也役 
他のキャストも 組が違うと
別の役にまわる。

お芝居が 当然変わるので
いつも思う事ですが
この変化が見られるのが嬉しい
これが見られるからこその
この暴挙でもあります。(爆)

男娼のマリー
息子の欣也

ふたつの世界を見て来ました。
どちらも花組芝居さんの舞台だけど
役者さんが違う事で
見えるものが違うなぁ

まだ 『ひょっこりひょうたん島』も
『口笛は誰でも吹ける』も
感想を書けていないのに
 また2公演追加だぁ
忘れないでいられるかな?

そしてそして明日は
『フロッグとト~ド』 KAAT劇場
ちょっといつも以上に遠距離なので
早めに出かけないとね。

感想はもう少し時間をかけて
後程・・・・(爆)







どちらも長いタイトル(笑)
両方 書いたらはみ出す・・

『ひょっこりひょうたん島』
 13:00開演
 @シアターコクーン


『口笛は誰でも吹ける』
17:00
 @恵比寿エコー劇場

移動は楽すぎるくらい楽
一駅4分でした。
そこから劇場までも4分くらい。
ただ 久しぶりの劇場
駅も模様替えがあったらしく
以前来た時と 様子が違う

反対口へ出てしまったようで
念のため 先に劇場を探す事に
何やってるんだか?(笑)

たっぷりの時間の所為で
慌てないで 確認完了。

『ひょっこりひょうたん島』も
特設S席 前方席
これからは 凱旋公演も
予定してるけど席はうしろ~です。(笑)

両作品 それぞれに
思いだし感想を書こうと
思いますが・・・・
どちらもちょっと感想を
書き難い気がする。

自分の好みとはちょっと
外れた作品のようで
内容がすんなり入って来なかったのだ。

楽しめるところは
もちろんたくさんあるけど
手放しで感動とは
行かなかったみたい。

明日は明日で
『毛皮のマリー』 花組芝居

キャストを変えて 
梅版 菊版が上演されるので
一気に マチソワ。

こんなに連続で見てる
せいもあるか

じっくり作品と向き合えてないのかも

明日も 大丈夫だろうか
ちょっと不安になって来た~(爆)




~じゅうぶんでSHOW~
こんなサブ・タイトル・・・

 はいじゅうぶん!
御馳走さまでした(笑)

ど ど ど どっさり!ミュージカル!!な
前回の どっさり から
じゅうぶんに、なって
どこまで行くのか(笑)

 開場 : 草月ホール

『ライオン・キング』17周年記念公演
終演後 その足で駆けつけました。
17:30 開演意外と早いんです。


本日の出演

岡幸二郎 林アキラ
和音美桜・笹本玲奈・高谷あゆみ
 原田優一・光枝明彦
可知寛子・福田えり・佐々木崇・藤井凜太郎
        (敬称略)

演奏:柏木玲子(エレクトーン)・江尻憲和(ドラム)

パンフ 1500円
おとめ図鑑ついてました(笑)

おとめ図鑑・・・ってね
このショーにご出演の皆さん
宝塚風の名前とメイクで
紹介されているページなのです。


前回もあったけれど
あらっ 改名してるよ~(笑)
ちなみに 男性は娘役風
女性は男役風なのも
どなたかのこだわりでしょうか?

ミュージカルの曲をじゅうぶんに。
先ずは宝塚作品から。

前回 大好評だった
優一君オスカル 再演です!(笑)
『ベルサイユのばら』
名作は再演決定も早いのですね。

美しい脚線美
がたいの大きい方もいれて。
ロケットもありました。

ちょっと書いても ネタばれになるけど
これは実際に見た方が
絶対面白いと思う。(笑)

ディズニー作品
BW上演作品
 
レミゼ LND など
最近の国内上演作品からも
ほんとに じゅうぶんでShow
と看板に偽りなし・・かも(笑)
岡さんシシィ。
あれは エリザベール(笑)

すぐ終わっちゃうのよね~
そんな声もあった一部のシーン
細切れは仕方ない(爆)

ラストのコーナー
レミゼからチョイス

良く考えたら 今回のメンバー
レミゼにご出演だった方が
多いのね 
時期は、ずれているけれど
ジャベール アンジョルラス
司教さま  マリウス ファンテ
エポニーヌ テナ妻まで
お揃いでした。

UTA・IMA・SHOWⅢ
笑いに溢れたショー
休憩挟んで 2時間30分

と~~っても楽しかった!