現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2015年01月
2015.01.31.23:12


帝国劇場の『エリザベート』よりも
ある意味 とっても楽しみな
『貴婦人の訪問』 

石川禅さんが出演という
ピン・ポイントな見る気満々の
舞台ですが、シアタークリエで
『貴婦人の訪問』の上演前に
8月9日まで『ソングライターズ』の予定が
発表されました。


とすると 『貴婦人の訪問』
10日までは開演しない。
さらに、次の演目までに
インターバルは絶対必要だよね。

お盆の行きにくい
厳しい時に充ててこなくても・・・(爆)

8月って発表のあった時点で
お盆時期の上演は予想はついてましたが
クリエの上演回数 思ったより
短い気がする。 
シアター1010での
プレヴュー公演はあるし
日程から見ると 大阪が先だし。 

禅さんの舞台だし、
思いっきり通いたいけど
クリエ上演
ちょっとだけ 観劇数減っちゃうかな。

あわただしく駆けつけ、開演に間に合った
長いタイトルのこの作品
見ることが出来てよかった~。
IMG_20150131_0001.jpg


皆が知っているあのメロディ

おぼろ月夜♪
荒城の月♪
ゆきやコンコン
などなど 歌い継がれている
あの曲をさりげなく歌う

原田クン 和音さんの
歌声が澄んでいてとても
心地よい響きです。
その原田クンの演じる
岡野役
憎めないまっすぐな人物が
見えてきます。


和音さんの落ち着いた
幸田幸役も素敵!

兼崎・廉太郎は 神経質そうな
廉太郎ですが・・・おっきい!


佐野さん演じる野口のキャラも
文部省の役人っぽくない?・・(笑)
人懐こいキャラに見えます。

その野口の通訳と言う割に
ドジ子ぶりを発揮する岡野は
滝廉太郎の同級生にして友人

その他諸々になるという
フク 甚吉のエピソードも
なかなか面白くて
フクちゃん つよ~~い。(笑)

前方サイド 通路席だったので
なんと 舞台にセットされた
廉太郎の部屋から見下ろす街路は
席の真横になるらしく
すぐ近くで舞台の窓のあたる部分に向かって
手を振る野口と甚吉のお二人です。

さらには フクの様子を窺う甚吉が
ひったくりに間違われての
捕り物騒動は 客席通路で
演じられたので これも目の前。

ファイティング・ポーズ!を
しながら逃げ越の原田クン。
でも声だけは威勢がいいのよね(笑)

病に侵され 音楽学校を辞め
国の期待を裏切ったと
尋常唱歌の依頼も白紙に・・・。
帰国後の音楽活動の道も
閉ざされてしまった廉太郎に
それでも曲を作ろうと訴える
岡野。
ともに曲を生み出すシーンは
二人の絆を感じさせてくれます。

滝廉太郎の留学時代
史実とは少し違う部分があっても
触れ合う友情を描き出し
伝えてくれる。

短い上演時間ですが
素敵な作品に出会えました。

本日は トーク・ショーもあり
楽屋そのまま という
柴崎・廉太郎
佐野・野口&
白又・甚吉に演出家さんの
4人がご登場

佐野さんと白又さんのコントのような
会話が日常で
頭の上を聞き流している
兼崎さん・・そんな図式らしいです。
兼崎さん、トーク・ショーでは
ゴリラって言われてました。(爆)

暴露話もた~くさん(笑) 
ゆとり世代だという
話題も振られた白又くんを
佐野さんがめっちゃかまってました。

良い雰囲気のカンパニーですと
まとめ 
そしてそんなカンパニーの
演じる 良い作品
是非 もっともっと
お越しくださいって。

時間的に許せば
リピートしたかった作品でした。
2015.01.31.00:21
『四季フェス』~扉の向こうへ 
の筈でしたが・・
急な家族の入院さわぎ、

大事を取ってと言う事で
大きな手術などではありませんが
やはり病院での診察や手続きには
おもわぬ時間がかかり
当然ながら 四季フェス
開演時間には無理。

かなりの前方 センター
ぽっかりと空席・・
ゴメンなさ~い。

それでも夕方には何とか
落ち着きソワレの時間が迫っています。

音楽劇
『瀧廉太郎の友人、と知人とその他の諸々』

なんとか間に合ったゾ~
      @草月ホール



出演

岡野貞一・・・・・・・・・・原田優一
幸田幸・・・・・・・・・・・和音美桜
フク・・・・・・・・・・・・・・新垣里沙
甚吉・・・・・・・・・・・・・白又敦
滝廉太郎・・・・・・・・・兼崎健太郎
野口貞夫・・・・・・・・・佐野瑞樹

  (敬称略)


 感想は 明日に続く・・・ (汗)


2015.01.29.23:08
気になる公演 1月編

気になる公演・・
『サンセット大通り』
Wキャスト トークショーの日
2公演 確保出来ました。

安蘭さん 濱めぐさんの回を
それぞれ見たいと思っていたので
一安心。

シアターオーブ
コルム・ウイルキンソン・CONCERT
手数料はしっかり取られるけれど
プログラム付き。
出遅れたかとおもったけど
まぁまぁなお席。

そうそう 『レ・ミゼラブル』も
貸切公演を申し込んでいて、
プログラム付きだった。
忘れて買ってしまいそうだ~。(笑)


『ダブル』も気になる!
ミュージカル・コメディ
『ダブル』 @シアター1010
出演:いっこく堂 愛華みれ 
      内海光司 宮川浩 ほか

2015/06/18(木)〜21(日)
そろそろチケ先行  動き始めます。



『エリザベート』 クレカ系
案内が来ました。
両トート 一応見たいので、
ちょっと優待のあるクレカ系で
狙ってみましょう。



四季『アラジン』
抽選方式で会員先行の扱い開始です。
勿論 参戦! (笑)

さらにこちら
しんゆりシアター ミュージカルカンパニー公演
音楽劇「母さん」 
~サトウハチローの詩と母のものがたり~
4月25日(土)~5月2日(土)

出演 土居裕子 阿部裕 
    柳瀬大輔 福沢良一
    今村洋一、中村つむぎ
     鈴木英恵、湊 陽奈 (敬称略)

川崎しんゆり芸術祭の参加作品で
チケットは3800円 前席指定とのHp情報。

ちょっと遠いのと この公演期間に
別演目の予定がある為 考え中

本当にいろいろな公演があるので
取捨選択が大変です。


2015.01.28.23:40
 @彩の国さいたま芸術劇場大ホール

藤原くん2度目の蜷川演出『ハムレット』
最年少ハムレットと言われた前回から
12年目だって。
最年長は市村さんでしたね(笑)

今回 ワールドツアーの予定もあり
台湾・ロンドン公演!

蜷川さん 近年の傾向
和の世界を取り入れていた。

今回は まず舞台上に現れた
セットは19世紀の貧しい民家
長屋風で破れ障子
スクリーンの説明がうつしだされて
いるのです。

舞台袖ちかくには 井戸水を組むポンプ
しめ縄が張ってあるのが見えます。

出演者
ハムレット・・・・・・・・・・・・藤原竜也
オフィーリア・・・・・・・・・満島ひかり
ガートルード・・・・・・・・・鳳 蘭
クローディアス・・・・・・・平幹二朗
レア-ティーズ・・・・・・・・満島真之介
ホレイシオ・・・・・・・・・・・横田栄司

フォーティンブラス
/役者・・・・・・・・・・・・・内田健司*
ボローニアス・・・・・・・・たかお鷹

墓堀り/重臣/役者・・・山谷初男
座長/墓堀相棒
/重臣・・・・・・・・・・・・大門伍朗
コーネリアス/重臣
/司祭・・・・・・・・・・・塾 一久
隊長/重臣・・・・・・・・廣田高志
ローゼンクランツ
/重臣・・・・・・・・・・・・・間宮啓行
ウォルティマンド
/前口上/役者/重臣・・妹尾正文
オズリック/重臣・・・・・・岡田 正
ギルデンスターン
/重臣・・・・・・・・・・・・・清家栄一
フランシスコ/重臣/役者
/黙劇の王/従者/市民・・新川將人
マーセラス/従者/重臣・・星 智也
使者/重臣・・・・・・・・・・・野口和彦
紳士/重臣/役者
/黙劇の王妃/兵士・・・・浦野真介*
船乗り/重臣/役者/黙劇の暗殺者
/従者/兵士・・・・・・・・・・手打隆盛*
ルシエーナス/重臣/役者
/従者/兵士/市民・・・・・堀 源起*
バーナードー/市民/従者
/重臣・・・・・・・・・・・・・・・松田慎也*
劇中王妃/重臣/役者
/市民/兵士・・・・・・・・・・砂原健佑*
劇中王/重臣/役者
/市民/兵士・・・・・・・・・・竹田和哲* 
          (敬称略)
  *印 : さいたまネクスト・シアター

衣裳もお得意の赤と黒
色彩が飛び込んで来るかと
思えば オフィーリアは やはり白。
攻めて来る対立国ホーティンフブラス
兵士たちは旗も衣装も濃いブルー

ハムレットを訪ねて来る
旅役者たち
客席通路から登場
背負っているのが 神棚や
花を飾っておかめの面を
あしらったものたっだり
不思議な役者たち。

劇中劇では
歌舞伎幕が切って落とされると
雛壇が出て来た!

王・王妃 夫婦雛
三人官女に 大門さんが
扮していたり 五人囃しに
星さんがいたり、


藤原ハムレット
×満島オフィーリア

オフィーリアは台詞が硬くて
ちょっと異質な感じを受ける
ハムレットに対する言葉も
石を弾き返すような強さを
感じて・・・
この二人 あまり恋人っぽくないなぁ。


横田ホレイシオ
眼鏡っ子ホレイシオでした。(笑)
包容力のある信頼できる友人
温かみのあるホレイシオ。

平 クローディアス
ご高齢にもかかわらず
凄い気迫。
台詞はビンビン飛んで来るし
なんと今回 水まで被る
懺悔のシーンにビックリ。

井戸水を汲むポンプは
伊達じゃなかった。
本当に水が出て来る。

鳳ガートルード
ハムレットに責め立てられ
嘆くシーン
ハムレットが ボローニアスを
殺してしまう
ガートルードには見えない
父王の亡霊を見るシーン
べっドの上からつりさげられたのは
蚊帳でしょうか。 緑だし・・・。

満島レアティーズ
素直で明るくて陽のイメージ
長台詞のシェイクスピアですが
今回の舞台 決め台詞は生かして
かなり要約された
判りやすいものになっています。

役者で登場した大門さん
荒武者ピラスの台詞から
演じるシーン
歌舞伎風にまとめ ここはやっぱり
長台詞(笑)
傍では、ツケのように音を出す。

そういえば、 残念な事がひとつ。
ラストに出て来る、内田ホーティンブラス
まったくセリフが聞き取れない!
若き統率者役なのに
覇気も感じられないんですが~(汗)

台詞が通らないと 
芝居は成り立たないよ~。


前回の藤原『ハムレット』は
4方向から見ることの出来る舞台で
なぜか檻のようなものに囲まれて
いて周りを走ったりしていたっけ。
あれは もう12年も前なのか~

より蜷川色の強い『ハムレット』
そんな印象の舞台でした。



2015.01.27.23:26
歌舞伎で『アテルイ』

新橋演舞場7月歌舞伎公演
『阿弖流為』

出演 市川染五郎 中村勘九郎 
    中村七之助 他 (敬称略)

あの『アテルイ』ですね

歌舞伎になっちゃう!
これは観たい!

7月公演なら あまり先の事でも
なさそうだし、しっかりチェックを欠かさないように
しないと・・・

 どうか チケット取れますように!


2015.01.26.20:16
@シアター・クリエ

『スタンド・バイ・ユー』
出演
藤沢ハルカ・・・・・・・・ミムラ
藤沢英明・・・・・・・・・戸次重幸

榊愛子・・・・・・・・・・・真飛聖
榊誠治・・・・・・・・・・・勝村政信

大和田三郎・・・・・・モト冬樹
大和田里子・・・・・・広岡由里子

町田くん・・・・・・・・馬場良馬

声の出演
山寺宏一 犬山イヌ子

音は ピアノとクラのお二人


藤沢夫妻 榊夫妻は知り合いで
二組で貸別荘に来る

貸別荘の管理人夫妻が
大和田夫婦で
町田くんはアルバイト
バク転の出来る 若もので
大和田さんの妻と怪しい関係。

藤沢夫と 榊妻も
元恋人・・・で肉食系。

藤沢妻と 榊夫は
いつも いつでもダメダメと
言われ続ける 草食系。

貸別荘から 買い物に出て
遭難しかける 草食系コンビ
ホテルに避難して この場で知る
二人の共通点になぜ妖しい流れに・・・。

一方 貸別荘に残った肉食系な二人も
停電 帰って来ない草食系の二人に
いつしか 昔のノリが戻って来る。

貸別荘の管理人も 
管理人の妻と町田くんも
からみ浮気話しに
てんやわんやの大騒動!

勝村さんの 汗かき熱演
思う事の半分も 妻に言えない
頼りない夫役
でんぐり返しなど体を使った
舞台・あっけにとられるほどでした。(笑)

戸次さんの軽~~い
ウソつきで見栄っ張りな
藤沢も可笑しいし 

ミムラさん 舞台では お初で
お目にかかりましたが
おタク気質の すみませんとばかり
言っている気弱な妻の筈なんですが 
夫の浮気に切れっぷりは怖い~
でも 結局なんでも知っていて
夫を泳がせている妻だったよう。(笑)

真飛さん愛子も
気の強い美人妻
でも~ちょっと抜けていて
愛嬌のあるところが見せ場。
悔し紛れに 壁にキックを
お見舞いするというシーン
綺麗に足が上がってます。
ダンスのようで
あれなら・・・痛くはなさそうだ。(笑)

真似して同じようなポーズを
勝村さんもやるけど
こちらも きれいに足が上がる。
回転したりも多いし 

MUSICALじゃないけど
ちょっとお歌もありまして・・(笑)

動きが・・と書いて来ましたが
無理なく笑わせてくれました。

戸次さん 勝村さんがいるので
その辺がチケ取の決めてだったような
気がしますが 期待を裏切らない
お二人

そして 広岡さんも
あの雰囲気は面白い。

夫婦とは 愛情とは
そんな難題をなげかけて
盛大なオチが待ってる(笑)

ラストに向って超特急。
休憩なしの 2時間10分
飽きさせません。

面白かった~♪


2015.01.25.19:58
『アラジン』@四季

劇団四季で5月開幕の
話題作 『アラジン』

チケット発売の詳細が発表されました。
四季会員先行で 抽選方式。
その後 会員先行 一般発売のようです。

電話もネットも繋がらず
ほぼ一日をチケット取りに費やす事は
避けられそうですが、これで当選しなければ
チケットが買えない結果になりそう。

◎5月24日(日)初日公演は
「すべて」のお席を抽選販売。

◎5月27日(水)~6月28日(日)公演
「S席の一部」を抽選販売。

初日以外の公演日 S席は抽選に外れても
買えるのかな?

取り敢えずは申し込んでみるけど
多分 落選だよなぁ

一日 ネット申し込みしても
獲れない事には変わりないから
これも一つの方法で
いいんじゃない (笑)
今までの千穐楽公演だって
当たった事ないもの。

最近は 千穐楽公演は 観れらないものと
諦めが先に立つ。

いいんだ 他の公演観に行くんから!
と 負け惜しみ。(笑)

結果がわかるのは 2月27日か。
ところで さりげなく チケット代
値上げしてる~(爆)
2015.01.24.21:01
いい男 7人!(笑)
ホリプロ先行でプレミア・シートの申し込み
端っこだったので 最初の説明の文字
端っこセットの影になって残念でしたが
プレミア・シート特典のポストカードは
全員・7人の侍ソロショット
に加えて ウキョウとヒョーゴも
いました。

クリアファイルのような出来の
SAMURAI 7のロゴの入った
ケースに収まって
10枚セットの大判振る舞い?(笑)

さらにさらに 本日
○24日(土)12時公演終演後の
トークショー付だったよ~♪

出演 大澄賢也 入来茉里 
    根本正勝 市瀬秀和
   
  MC:杉崎真宏


『SAMURAI 7』

出演者
カンベェ・・・・・・別所哲也
カツシロウ・・・・・矢崎広
キュウゾウ・・・・・・古川雄大
シチロージ・・・・・野島直人
ヘイハチ・・・・・・永山たかし
ゴロベェ・・・・・・・黒須洋壬 
キクチヨ・・・・・・・大澄賢也

キララ・・・・・・・・入来茉里
ウキョウ・・・・・・・根本正勝
ヒョーゴ・・・・・・・市瀬秀和

リキチ・・・・・・・・杉崎真宏 
マンゾウ・・・・・・西海健二郎 
マサムネ・・・・・・下道純一 

ユキノ/サナエ・・香月彩里 

浅川文也 石橋大将 石丸隆義
長部 努 菅野勇城 岸本康太 
北村 毅 仲井真徹 西田直樹
林田航平 東 慶介 弓田速未 
大野朱美 大泰司桃子 山崎里紗
       (敬称略)


悟ったような素浪人風 
別所カンベェ

遮二無二に侍に
憧れを持つ若者
矢崎カツシロウ

クール(ヘッドとつけたら別作品(爆)
・・な腕のたつ二刀使いの
古川キュウゾウ
すらっとしてて金髪で赤い衣装で
人形みたいだ~
そのまま フィギアかなんかになって
ペットボトルに付いてたら・・買うよ!(笑)

命を助けられたユキノと別れ
再びカンベェと共に立ち上がる
野島シチロージ

斜に構えたこちらもクール・ガイ
剣を使って薪を割る
永山ヘイハチ


剣の腕を芸にかえて
生きる黒須ゴロベェ
自分のソロでも
ゴロベェ連呼ですから~(笑) 


ハッタリで生きて来たような
それでいてコミカルさも見せる
大澄キクチヨ


映画 『七人の侍』 から 想を得た
アニメからのミュージカル化
なんかややこしいけど(笑)

それっぽい流れ
戦いで世は荒れ 野武士となった
侍は 百姓を襲い コメを奪う

生きることも難しくなった
百姓たちは立ち上がる

侍を頼んで 野武士たちの
暴挙と戦おうと。


村の不思議な力を持つ娘
キララと 妻を野武士に連れ去られた
リキチは街まで手を貸してくれる
侍を探しに旅立つ。

街には 百姓上がりの武士
侍に憧れる若者 カツシロウや
威勢のいいキクチヨなどと
出会うが キララの持つ不思議な力
水晶に反応が見えたのは 
カンベェだった・・・・。

一旦は断るカンベェだが
運命の出会い

再び キララたちの危ないところに
通りかかり 助けたのはカンベェだった。

それから 7人の仲間を探してね。
アニメによくあるように
悪代官ならぬ 悪商人が出て来るの。
野武士たちを集め 悪行三昧な
ウキョウ。

ウキョウ&野武士軍団
   Vs
7人のサムライ &村人たち

7人とも テーマソングのような
メロディがあって歌う

まぁ台詞が圧倒的に
多い感じだけど。

殺陣の多い舞台です。
殺陣を振りつけたのは
ヒョーゴ役の市瀬さんとの事

トークショーでさりげなく
MC 杉村さんがご紹介。 

大澄さんが 体調不良で
初日やっと復活で
舞台稽古が出来ないまま
本番だったとか
稽古場で ウキョウ役の
根本さんに絡むとか

裏話がいくつか
飛び出して来ました。

殺陣を担当した市瀬さん
陽を追って 殺陣が熟成して来る
そんなお話しでした。
主演の方々もそうですが
動きを作り上げている
アンサンブルの方々に
目を向けて欲しいそうです。

マキの入る時間になって
お知らせ音も SAMURAI 7
の音を使うこだわり

あと3公演と皆が言う
一言ずつのご挨拶に
あっという間のお時間でした。


2015.01.23.23:31
いつも なんとか当選のご連絡を
頂いていた Parco劇場さんから
衝撃の落選メール!でした。
やっとショックから立ち直ったので
記事にかいてみた・・・って
 ちょっとオーバーか?(笑)


見たい演目は、ほぼParco劇場さんの
先行で申し込み ご用意頂く事が
ほとんどだったのですが
井上クン出演のコレは 例外なのかな。
久しぶりのご用意出来ませんメールを
受け取ってしまいました。

以前 こまつ座さんでも
井上クンが出る公演は お断りだった事が
あったなぁ~と思い出してしまいました。

もしかして…落選もありうると
他のルートで 6日からの扱いがあったのを
様子見していたのですが 
見る間に残席数▽になっていったので
リピート覚悟で 慌てて ポチっとな。
これが正解だった模様。


一公演は見られる~♪
ほんと 演劇の世界 先読みが難しい。

2015.01.22.23:47
なんか ホリプロさんから
販促メール?(笑)
カンパニー席解放~とかあったので
つい残席情報を確認にいって・
つい ポチっとな!


一公演だけの予定だったのに
リピート決定。
この演目好きだし まぁいいか。(爆)

まだ 禅さん祭り前なので
なんとかなる(笑)


2015.01.21.22:17

@シアターコクーン
原作:「PLUTO」
(鉄腕アトム「地上最大のロボット」より)

ロボットと人間の共存する未来
ロボットの中でも世界最強と言われる
ロボットが破壊される事件が続く

大量破壊兵器となりうる
7体を狙ったと睨む ロボット刑事
ゲジヒトは 日本にわたり
アトムと共に謎を追う。

内戦で家族を失った科学者アブラーと
接触し 謎の核心に迫ってゆく。


出演
アトム・・・・・・・・・・・ 森山未來
ウラン/ヘレナ・・・・・永作博美
天馬博士
/ブラウ1589・・・・・・・柄本明
御茶ノ水博士
/Drルーズベルト・・・ 吉見一豊
アブラー博士/刑事・・・松重豊
ゲジヒト・・・・・・・・・・・・寺脇康文


上月一臣・大植木真太郎 
原田みのる 池島優
大宮大大奨 渋谷亘宏 
鈴木竜 AYUMI(敬称略)

劇画の世界
一コマ一コマをめくるかのような・・・
映像が使われ原画が投影される。

舞台前方に瓦礫のように積まれたもの
ロボットの残骸のようだ。

手が・・頭が見える。
乾燥した世界 
永作さんゲジヒト妻が良い感じでした。
二役でウランにも。
えっ? ウランなのって思ったけど
こちらも意外に嵌る(笑)

アトム とびおと天馬博士の
エピソードもちょっと入っています。

花売りロボットもいたなぁ
青いランプの目が光って
文楽人形のように人が動かしている。

・・・と一生けんめいにお話に
ついて行こうと思ったのですが、
途中挫折してしまいました。
記憶が抜けているゾ (爆)

途中とばして・・・(汗)

刑事が追い詰めて行く先に
プルートゥ
花を愛した
砂漠に花を溢れさせようと
研究に没頭した若者が

家族を失った悲しみに
やり過ごす術を知らない
ゲジヒトの妻
人間は・・泣く事で
哀しみを癒そうとする

真似でもいい 泣いてごらん。
不器用に泣いてみせるヘレナが
愛おしかった。

Dr・ルーズベルト
先を見通す天才
してその実態は、テディベア(笑)
余裕たっぷりの高慢な彼の
声は吉見さん担当でした。
Dr・ルーズベルトのラストも
コミック調。(笑)


森山アトムは、
やはり身体能力が凄い
そして今日のアンサンブルさんたちの
動きも半端ないっ!

プルトニウム爆弾を作り出す
数式というか暗号のような
文字を書き出してゆく
シーンが刻みつけられた。

寺脇ゲジヒトは アニメっぽい(笑)
コマ割りの中で動くのが
見えるような感じでした。

途中の記憶欠落の。個人的アクシデント?
(爆)は、有りましたが、
人間に限りなく近くなったロボットの方が
より人間的だったりする
ちょっと皮肉っぽい内容も
手塚さんの作だからこそなのか

不思議な異空間を
体験してきた気分です。



2015.01.20.20:33
やっと発表になりましたね。
東宝『エリザベート』
2次キャスト・アンサンブルさんが
発表になりました。

新しい星なのか?
ルドルフに京本さん (誰?)
古川ルヂルフは続投です。
ゾフィに 剣さんと香寿さん

ルドヴィカとマダム・ヴォルフが
兼役とは・・・
未来さん、どんな扱いになるんだろ。


マックスに 大谷さん
エルマーには角川さん

そして ずっと演じてきた
小笠原さんもかわり 
リヒテンシュタインに
秋園さんですね。

演出も変わるらしく まさしく一新ですね。
今までの『エリザベートの』世界観が
好きだったし 禅フランツの卒業。
それと一緒に 超リピートで
定期券欲しいなんて事態はなくなる?(笑)

劇場がクリエに変わるだけという
声も聞こえて来そうな気もしますが・・(爆)
あちらで手一杯になりそうだし。

キャスト:スケジュールも 発表になって
いるので 観たいキャストの組み合わせを
ちょっと考えてみた。

自分予想ってまったくあてにはなりませんが、
行って2回から 3回かなと予想。

あくまでも・・・予想ネ (笑)


2015.01.19.13:28

石川禅さん ご出演予定の
『貴婦人の訪問』
シアター・クリエの他の
公演予定が発表になりました。

7月プレビュー公演
  北千住 シアター1010
8月上旬
  大阪 シアターBRAVA!
9月上旬
  福岡 キャナルシティ劇場
9月中旬
   名古屋 中日劇場

※その他公演に関しましては、
決まり次第随時掲載との東宝さん公式での
お知らせです。

シアター1010でプレビュー公演か、
梅芸メインホールじゃなく シアターBRAVA!

博多じゃなく キャナルシティね
 でもって大楽は名古屋、

どこに行こうか どこまで行こうか。(笑)


2015.01.18.22:12
@埼玉会館
否応なしに埼玉

珍しい会場での上演
PARCO抽選先行で当選したお席ですが
20列・・・後方席だ~。

でも高低差のある会場でストレスなく
観られました。
必携グッズでオペラグラスも大活躍では
有りましたが・・(笑)

会場に到着したら
なぜか 派手にPARCOカードの
入会勧誘が・・・クレジットだから
審査あるけどね。
今、ご入会手続きで 『いやおうなしに』の
パンフがもらえちゃうって、いいの?

テレ玉の キャラも遊びに来ていました。
テレ玉ちゃん

テレ玉キャラ



【出演】
真壁太一・・・・・・・ 古田新太
真壁奈美子・・・・・ 小泉今日子

真壁芳奈・・・・・・・ 高畑充希
堂崎万蔵・・・・・・・ 三宅弘城
堂崎一穂・・・・・・・ 高田聖子
富田林三郎太・・・ 山中崇

球児・・・・・・・・・・政岡泰志
球児・・・・・・・・・・駒木根隆輔
球児・・・・・・・・・・三浦俊輔

アイリーン・・・・・・・高山のえみ

藤岡大輝・・・・・・・・ 田口トモロヲ

コーラス
西村史子 照屋薫 
田中まゆ美 入山和代(敬称略)


舞台は ”ララほるもん”って言ったっけ
開店前らしい カウンターと 客用のテーブルが
周り舞台で回って出て来る

客かと思った古田さん
店長で店員 最終実地テストか?(笑)

球児とは、甲子園を目指す球児です。

歌謡ファンク喜劇!
これ 喜劇かぁ~
グラック系・・・予想はしたけど・・・。

歌謡、歌います。
そして ラップもどきもある
そして・・とんでもなく
長いタイトルの歌もある。(笑)

この内容で笑えと言われても
キツイものがあるなぁ~(爆)

古田さん 聖子姐さん 
三宅さん トモロヲさんもいるし。

キョンキョン そして充希ちゃん
意外な存在感を見せる
高山さん

富田林役の中山さん
誰かに似ている気がするんだけど・・
誰だったかなぁ~

ホルモンを食べさせる店
パチンコ店 
平行して学校の野球部のエピ
でも爽やかじゃない!(爆)

高校生役充希ちゃんも
ぶっ飛んでますから~。
演出・・河原さんで納得しちゃう(笑)

アイドル風衣装の小泉さん
充希ちゃん 可愛らしい(笑)

希望を探すため
面倒を抱え込むって
よくわからん思考感覚

観劇した後 ちょっと不思議な感覚に
襲われる作品でした。

この会場での席が後方だったので
もっと近くで見たいな~と
PARCO劇場でもう一回
予定を入れちゃったんだけど
好み的には・・・微妙かな?(爆)


2015.01.17.21:02
@博品館劇場

エレベーターを下りれば
エントランス入口
『シューズ・オン』へのご招待!
やって来ました。

ノン・ストップ
走り続ける エンタメショー、

これ パンフの上部だけ (笑)


川平さん 本間さんとくれば・・ねぇ(笑)
タップをメインに ミュージカルナンバーが
繰り出されます。

繰り返しますが
エンタテインメント・ショー
『Shoes On!(シューズ・オン!)』です。

出演:川平慈英 北村岳子 本間憲一
藤浦功一 シルビア・グラブ
平澤智 HIDEBOH
野田久美子 吉井一肇 (敬称略)


オール・ザッツ・ジャズ♪
ステッピン・アウト・・・♪
アイ・ガット・マーマン♪もあった。

モップをマイク代わりにしたり
煙突掃除・・・・?と思うと
やっぱネ メリーポピンズ♪

とにかく 息つく暇もないくらい
歌い 踊る!


若手で参加の
吉井くん 15歳中学三年と
紹介されてましたが
舞台経験豊富だし。(笑)

『レ・ミゼ』のガブくん役を初めとして
『ジェーン・エア』とか
『ニューヨークに行きたい』とか
あら 全部 拝見してますね。
でも15歳は、大きくなってた~。

川平さんと 平沢さんのコント?(笑)
イングリッシュ・・物まね
ホースの物まね・・ヒヒーンBy平沢
全然だめ と川平さんは
会場から拍手、

豚・・ブヒー
ノンノン ピッグ・サウンド
と続きます。 

アヒル クワクワッ 平沢さん
 
それ つまらない
ダック・サウンド
 ・・・アフラックッ! By川平(笑)

フナッシーも出てきた。
平沢さん かなりハイテンションでマネ
さらに上を行く川平さん(笑)
ジャンプでキャー キャー
 めっちゃ疲れるんだ これっ (笑)
との事でした。

HIDEBHOもタップはさすが。
山手線ゲームで一人テンポに
乗れなくて・結局×ゲームは
ジャス・ダンス・・ラテン風
笑いに包まれた一時でした。

ジャ-ジ・ボーイズ
カラフル・シャージ着ての
コーラス。

北村さんも芸達者だわ~。
おばあちゃんが42ストリートに
来て 有名人に遭うという。
メモリーが流れると昔話
猫ばっかり演ってたっけ
人間に戻りたくて・・辞めたとか
暴露話も飛び出しましたが

メンバーに囲まれて一瞬で
コートを着てスカーフだったおばあちゃんから
マリリン・モンロー風 例の白のドレス姿に変身

白いドレス 風にあおられ
翻るスカート
掃除機で下から風を送る
川平さん(笑)

シルビア・・・ビアさんも
歌って 踊って
華やかな雰囲気。
個々に書いているけれど
全員 個々に見せてくれる
力を持った方々の集合で
人文字も 必死になってるのが
透けて見える・・(笑)

本間さん その一生懸命な
顔が面白いって
ビアさんに言われた!(笑)

野田さん ラスト担当

 ドット! 小さく屈みこむ。

いや~ 楽しい時間でした。



2015.01.16.23:57
明日は チケっ獲り!

明日は観劇お出かけの前に
チケット捕獲にせねば・・・(笑)

それも 2公演。
一つは先着先行の案内があったけど
抽選でしたと訂正メール
 ちょっと一安心。

先着の方に、集中できるから
これは嬉しいメールね。

そして明後日も 連続で
チケ取にチャレンジ。

がんばろう~~~♪

2015.01.15.22:35

旧約聖書の出エジプト記に登場する、
モーゼのエピソードをベースにした
アドベンチャー

 1月30日公開

何故にこの映画?って・・・(笑)
杏さんが初吹替挑戦と話題になって
いるようですが、
吹替メンバーに石川禅さんがいるのです。

エジプト側 ラメセス王の部下
ヘゲップ役でご出演との事。
公式さんから 画像を拝借して
しまったけど・・(汗)

エクソダス ヘゲップ9

いつもなら劇場で見るなら 
字幕版なんだけど 
禅さんが、声を当てている時だけは
吹替え版上映を確認してから。 (笑)

でも 劇場で見られるかな?
何気に 観劇予定 入ってるんで・・(汗)

もしDVDになるなら、その辺は
選ぶことが出来るから 良いんだけど。

劇場で見るか
DVDで見るか
 
 それとも欲張って両方・・か?


2015.01.14.23:09
赤坂ACTシアター 
自宅から乗り換えを繰り返し
やっとたどり着く劇場です。(笑)

それでも 観たいっとなれば
駈けつけてしまうのです。

駈けつけてまず購入は
公演パンフレット
大きな(2015年特製カレンダーが
折込まれています。 2,500円
けっこういいお値段 (笑)



『真田十勇士』

真田幸村・・・・・・上川隆也

猿飛佐助・・・・・・柳下 大
ハナ・花風・・・・・黒川芽以

霧隠才蔵・・・・・・葛山信吾
服部半蔵・・・・・・山口馬木也
由利鎌之助・・・・・松田賢二

真田大助・・・・・・・渡部 秀
豊臣秀頼・・・・・・・相馬圭祐

大野修理亮治長・・小須田康人
根津甚八・・・・・・・・粟根まこと
望月六郎・・・・・・・・鈴木健介
三好清海入道・・・・吉田メタル
大野治房・・・・・・・・俊藤光利
三好伊佐入道・・・・・佐藤銀平
穴山小介・・・・・・・・玉置玲央
筧十蔵・・・・・・・・・・三津谷 亮


淀の方…… 賀来千香子

徳川家康…… 里見浩太朗


兵士・侍女 町人 村人・・・・
細川真弓美 小川敏明 重見成人
加藤照男 菅村功 進藤ひろし  
前田悟 今國雅彦 稲葉俊一 
難波一宏 稲葉まどか
金山大輝 神原弘之 山崎雄介 
神田敦士 横山恒平 内海一弥 
嶋村昇次 安田昌弘 わっしょい後藤 
森野憲一 滝田明仁 (敬称略)

初演でも記憶に残った傾斜を生かした舞台
太鼓橋をイメージさせる。

赤! 色彩が目に飛び込んで来る
幸村の燃えるような生涯のイメージに
繋がるようで・・。

葛山さん 馬木也さんは言うに及ばず
粟根さんメタルさんもいる。

前回 扇で戦い抜いた(笑)
植本さんは交代してしまい
今期の望月役
植本さんと比べてしまうと・・
お堅い目立たない役作り名のかな。

三好青海にメタルさん
伊佐入道の佐藤さんと
笑いを取っています。(笑)

由利鎌之助
霧隠才蔵 服部半蔵と
渋くて押し出しのよいメンバー、

賀来さん淀君
初演の時の力んだ物言いは
影をひそめかなり自然な感じに
思えました。

里見・家康は
幸村との一騎打ち対決
ちょっと足元が心配。

殺陣も慣れたお方で
無駄のない型は綺麗ですが
キレがない。(爆)
年齢的なものを考えれば
仕方のない事ですが
その分、天下人の家康の
存在感が流石です。

柳下大くん猿飛佐助
身軽で元気よく
~しかしここのところ
柳下くん よう合会うわ~

『アダムス・ファミリー』
TSさんの『familia』を見たからだけど。(笑)

主演の上川さん
舞台にいて 絵になる幸村。
好きだ~ カッコいいもの(笑)

殺陣もあの高低の激しい舞台で
思う存分暴れまくる。
時間的にも長い舞台。
もうちょっとだけ短くても
いいかなと思わないでもない(笑)
確か3時間10分(休憩20分)と
タイム・スケジュールにはありました。

トレードマークのように
赤い陣羽織の真田幸村。
羽織がなくても 衣装には赤、
甲冑にも赤が効果的に使われる
ラスト・シーンに 赤い月。
流れる中島みゆきの歌声

赤と言っても渋めの赤
日本的な優しい色合いの赤
印象的!

パンフも・・・・赤だった~(笑)




某中村勘九郎さんの佐助が大活躍
松坂桃李くん出演で話題になってた、
『真田十勇士』もあるけど、

・・・まったく別物!
同じのは 演目名だけと
思ってもよろしいのでは?(笑)


2015.01.13.21:50


お正月 2演目目は
『むかしむかしぞうがきた』@自由劇場

その昔『九郎衛門』のタイトルで
公演されていた作品。
大人の都合で贈り物にされたり
珍しさに騒がれたり
世情の変化に殺せ!
九郎衛門を守ろうとする
太郎坊とおミヨ・・・・。

古いビデオがあったなぁ
長いこと 演じ続けられている
作品です。 

お楽しみの前に 
今日は『ライオン・キング』の
チケット 会員先行発売日
記念公演の日 しっかり
ゲット出来て 幸先がいい(笑)

『むかしむかしぞうがきた』
本日の出演
ひろめ屋・・・・・・・・・・飯村和也
太郎坊・・・・・・・・・・・ 島村幸大
太郎衛門・・・・・・・・・ 白倉一成
おゆき・・・・・・・・・・・ 佐和由梨
おミヨ・・・・・・・・・・・・ 山中由貴
ゴンじい・・・・・・・・・・ 菊池 正
与作・家老・・・・・・・・ 岡﨑克哉
松吉・殿様・・・・・・・・ 高井 治
七郎・・・・・・・・・・・・・ 田島康成
敵兵頭・・・・・・・・・・・ 川村 英

【アンサンブル】
高城将一 政所和行 二村誠俊
寒河江幸弘 大黒智也 玉木隆寛
光山優哉 野口雅史

森 真琴 髙田直美 熊本梨沙
森田真代 中里美喜 高木美千子


【九郎衛門】
佐藤幸治・寺尾聡馬  (敬称略)
ぞうさんの中の人です。


自由劇場 歌舞伎幕になる!(笑)
前方サイドにも幕が張られて
時代を表現。

ひろめ屋 後の時代で言えば
かわら版屋でしょうか?

ひろめ屋の言葉を通じて
唐の国 カッコ今の中国カッコ閉じ なんて
説明でお芝居が進みます。

親善の証として唐の国から
送られた 九郎衛門
 九郎とは よく食らうからと
付けられた名前

生まれたインドの様子
中国に渡り 芸をしながら過ごしたりと
回想の語りで芝居に取り入れられています。

中でも 人形を使い
太郎坊とおゆき親子の
山越えシーンは

飯村ひろめ屋・
後方に 岡崎 田島のおふたりの
謡は人形浄瑠璃の世界です。

この役の 飯村ひろめ屋
二枚目担当!(笑)

客席下りも幾度かあって
ファミリー・ミュージカルといっても
ラストの一緒に歌いましょうもないし
ちょっと違うテイストの作品かも
しれません。

戦が始まり 村の人々が
食糧が乏しくなく中
殿さまの命令にさからい
九郎衛門を助けるために
立ち上がる。

さらに襲い掛かる敵の兵
残念だったのがこの敵兵たち

ダンスで戦を魅せるのは四季・・ですが
この兵隊さんたち
短いながら少しずつセリフがあります。

これが…なにかイントネーションが変?
短い一言 二言だけなのに、
これまで、せっかく会場の幕や 
いろいろな登場人物によって
作られた世界から 一瞬、
現実に引き戻されてしまうのです。

それぞれのシーンで使われている
ダンスも インド風 唐風と
工夫が凝らされ面白いシーンです。

メインで魅せる方々の
ダンス力はお見事!

吹雪も白衣装のダンスで表現
忍者の動きも面白い、
そんな中 後方で踊る方々に
なんと言うか・・
決めのタイミングは合うけれど
途中が微妙に違うシーンが合って
回転などがきれいに見えないのが
惜しい

太郎坊役の 島村さん
男の子っぽい
太郎坊で、年齢不詳
子供でも大人でもない感じがする。(笑)

ひろめ屋、二枚目で攻めるか
決めポーズも多くて様になる。

ウィキのフィェロ王子より似合うと
言ったら言い過ぎか(笑)

高井の殿様のちょっと
天然の入ったKY加減も
ツボに入ったし・・。

菊池さん ゴンじい役
白いお髭をつけていて
一瞬、吉屋さんかと思いました。 (笑)

ゴンじい役なので、踊れる方なので
そんな動きが 可垣間見えるの一興

高井さん やけに声のいい殿様も
憎まれ役なのにちょっとヘタレ感のある
松吉も、親しみが持てます。
村人に交じって踊るシーンはやはり
省エネでしたが・・ (爆)
やはり歌の人ですね

お正月 四季初めは
和の演目『九郎衛門』でした。

九郎衛門
カテコでは黒子さん姿で出てきて
お顔も見えます。
その背中には 二人合わせて
九郎 衛門の文字。
拍手も起こります~♪

ラストの一緒に歌おうコーナーは
なかったけれど、カテコ終わると
~ロビーでお待ちしていま~す~
・・と出演者客席通路をとおり
元気に駆け出してゆきます。


本日の握手~!(笑)

岡崎さん(ご家老)
山中さん(おミヨ)
菊池さん(ゴンじぃ)

・・・・・・・・・が、いらっしゃる列でした。

  うん 良い四季初めだ!