現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2014年12月
2014.12.31.18:51
今年もついに 大晦日。
遊びに来てくださった皆様

 有難うございました!

禅さんのM・Gで観劇納めという
願ってもない年末で
そして新しい年を心新たに迎える
事が出来そうです。

そのM・Gの開場となった
『ムジカーザ』 
ちょうど当日が、開館20周年だったと
禅さんのお話にありましたが・・・。

そうか~ 10周年記念の会に
行かせてもらったけれど
あれから 10年!も経つのねと
思わず驚いてしまった。

10周年の時
禅さんの『イノック・アーデン』を
聞かせてくれたっけ。
懐かしい~♪

これからも 禅さんの応援つづけながら
このBlogも続けられたらいいな。

これからもよろしくお願いいたします。

皆さま、 よいお年をお迎えください。




2014.12.30.21:34
2015年1月の観劇予定
年明けの予定は だいぶ以前から
決まっています。

とにかく~この世界
チケ売出しがメチャ早いのが普通、
一番先の観劇予定は7月ってくらいなので
予定ははたぶん確定。
 
   いまのところは・・。(笑)

 
1月の観劇予定
■『Ernest In Love』
■『むかしむかしぞうがきた』
■『真田十勇士』
■『シューズ・オン』
■『いやおうなしに』
■『PLUTO』
■『SAMURAUAI 7』
■『スタンド・バイ・ユー』
■『ハムレット』
■『四季festival』
■『滝廉太郎の友人 とその他の諸々』

先ずは宝塚からスタート
ちょっと珍しいスタートかも(笑)
花組公演@国際フォーラム
チケット取れたと思ったら
やはりA席だったので3Fの後方でした。

再度チャンスが有ったのでS席申し込んだら
当選したけど・やはり2F席。
相変わらず・・宝塚さんはチケ取り厳しい。

他にもBunkamuraコクーンや
四季の定期演目がなかったけれど
四季フェスはある(笑)

新しい年 気合入れて
観劇ライフのスタートです。

禅さん祭りで締めくくったので
ちょっと落ち着いた出足ですが、
またこれも良し!

3月には きっとエンジン全開になる!
 ・・・でしょうから。(笑)



2014.12.29.23:23
舞台放送関連!
こいつぁ~春から嬉しい放送が
ドンっと来た。 (笑)
録画しようと狙ってる作品たちです。


1月 5日 月
NHKBSプレミアム
午前0時00分~午前4時00分

「木の上の軍隊」「テンペスト」
2本 ガッツリと放送です。

藤原竜也 山西惇 片平なぎさ 他 
          (敬称略)
テンペストは再放送

まとめて録画することになって
後で 分割編集しなくてはいけないのが
面倒ですが・・(汗)


そして 演劇ジャンル
頑張ってくれてるWOWOWさん
元旦から来ました~!

WOWOW ライブ
三谷幸喜
「君となら」&「ショーガール」
1/1(木・祝)よる7:00


バレンタインにはこちらの放送。

WOWOW ライブ
有村架純主演・東山紀之
「ジャンヌ・ダルク」

2/14(土)よる8:30

CS 衛星劇場さんでは 12月から
『VAMP』
~魔性のダンサー ローラ・モンテス~
こちらは再放送が 
放送日
1月 4日(日) 後 4:00

出演:黒木メイサ 中川晃教 水田航生 
    新納慎也 中河内雅貴 早乙女太一(友情出演) 
    橋本さとし(敬称略)



こちらも再放送ですが スカイ・ロケット公演
第1回公演「旅猫リポート」
1月 9日(金) 前 7:30

出演: 細見大輔 菅野良一 岡田さつき 
     大原研二 石原善暢 前田綾 
     坂口理恵(敬称略)

スカイロケット公演
第2弾「ヒア・カムズ・ザ・サン」
放送日
1月 16日(金) 前 7:30
出演:阿部丈二 西川浩幸 岡内美喜子 
    大森美紀子 三浦剛 小林千恵 
    小多田直樹 渡邊安理 (敬称略)

・・・とここまでは 既に 忘れず録画済み。
再放送だけだら・・契約他のチャンネルに
変えようかと思っていたのですが、


2月予定に・・・こんなん来ました!
井上芳雄による「夜と霧」
~苦しみの果て、それでも人生に然りと云う~
日時はまだ掲載なしですが、
どんな放送形態なんだろう~?

衛星劇場オリジナル番組
「井上芳雄の毎日がプルミエール」ってあるけど
短い インタ番組なのかな?
それとも 朗読劇 まるまる収録かな。

新潟りゅうとぴあ 能楽堂の
公演だったので観られなかった作品.。
放送決定は とても嬉しい。

これ演ってくれちゃうなら
契約 切れないわ~。 (笑)

2014.12.28.23:52
急に決まったような年末のメンバーズ・ギャザリングでしたが
、嬉しい悲鳴のスケジュール調整
参加確認カードは、当日のチケットが兼ねています♪

行って良かった♪心からそう思えるイベント。
素敵な一年の観劇ライフの締めくくりになりました。

期待を裏切らない禅さんワールドを思い切り満喫。 
『アリス・・・』からの素敵な歌のプレゼントもありました♪

そして会場でお会い出来たマイミク様 多数。
これも嬉しい出来事
イベント終了後も、メンバーズに集まった方の中の
有志で かつてに納会w
本当に充実した 禅さん祭り開催ばかりだった
一年を打ち上げ・・
やっと今帰宅の途中です。

ありがとーございました。

此処からも一言
良いお年をお迎え下さい。



2014.12.27.23:00
まぁソワレと言っても 17:00開演は
子役ちゃんの多い公演ならではの
時間設定かも。

left_bnr_rhythmic2014.jpg


    @新国立劇場 小劇場

この作品をみて
『スクルージ』を思い出しました。
クリスマスの奇跡が共通点

妖精 妖精たち・・は皆子役ちゃん。
そして メイもテールも
子役ちゃんです。
メイ役の木村青空ちゃんは
リトコゼちゃんだったんですね。

ダンスも頑張ってかなりレベル高い
ほんとに小さな子もいる。

出演 
リン・・・・・・姿月あさと
メイ・・・・・・木村 青空
ダボ・・・・・・下條アトム

カーナ・・・・秋本奈緒美
ハンス・・・・・今拓哉
マウンキン・・水谷あつし

ラオ・・・・・・・渡辺和貴

カイ・・・・・・黒羽麻璃央
ロック・・・・・山本一慶
トナ・・・・・・吉田萌美

テール・・・・・川口 和宥

妖精
ピース・・・・・池上愛未  
アイ・・・・・・岡田カレン
キキ・・・・・・加藤綾香
ケイ・・・・・・鷲見心花
チュチュ・・・竹村心優  
ピッピ・・・・・森杏奈

妖精たち
明野響香 井次かなみ 稲葉蘭奈
植木彩乃 河合陽子 北山和奏
木原夏海  木原桃海 工藤安奈
國澤菜々香 郡司茉莉愛 小林光
佐々木琴花  徳永純子 徳永遥
南雲凜 萩原苺香 畠山芽唯
細井瑞希 横川小夜 (50音順)


リンとメイの親子が暮らす街
だれもが思いやりを持って
心豊かに暮らす街

そんな街でも 皆がハッピーなわけじゃない
誰もが 傷つき 哀しい思い 
苦しい思いを抱えながら
生きているのだ。

姿月リン
歌のステージシーン ソロあり
メイとの親子シーン
クールに見える。

今・秋本夫妻って意外なカップル(笑)
夫婦喧嘩 今さんフットワーク軽い。
何気に人影でジャンピングターンを
決めていたりするんですよね。
喧嘩ばかりで離婚の危機の
夫婦も息子の病気に昔の気持ちを
取り戻す

下条さん 役は老けてる雰囲気なのに
歌声は若い。

絡み合う 人の絆
親子 夫婦 孤児たち
助け合う街にクリスマスの日

サンタクロースのプレゼントは何?

こちらの舞台も客席通路を
妖精ちゃんたちが行ったり来たり・・
でした。


お決まりのホロリときちゃう
ストーリー運びだけど 
判っているけど・・
ここは素直になりましょう

 ホロっと来ました(笑)

こんな街があったらいいね。




2014.12.27.22:18
         @日生劇場

舞台センターのスクリーンの
公演でのフラッシュモブ

フリーハグのボードを持って
歌い始めた~♪

歌いながら走り出し
映像は日生劇場入口へ!

すると 客席後方扉から
映像の中にいたキャストが
実際に飛び込んで来る。

ごくごく普通の衣装
公園にいてスマホを覗き込んでる
若者たち
そんな雰囲気のまま
舞台に駈け上がって来るのです。
menu_logo.png

出演
プロテュース・・・・・・・西川貴教 
ジュリア・・・・・・・・・・・島袋寛子
ヴェレンタイン・・・・・・ 堂珍嘉邦 
シルヴィア・・・・・・・・・霧矢大夢

チューリオ・・・・・・・・・ 武田真治
スピード・・・・・・・・・・・ 伊礼彼方
エグラモー・・・・・・・・ 上原理生
ラーンス・・・・・・・・・・・ 坂口涼太郎
アントーニオ/宿屋の主人・・斉藤暁
閣下(ミラノ大公)・・・・・・・ブラザートム
ルーセッタ・・・・・・・・・・・保坂知寿

岩室由実 エリアンナ 小比企まり
花菜 小林日奈子 菅谷真理恵
塚本直 富田亜希 生島翔 ICHI
岡本悠紀 川口竜也 佐久間雄生
堀江慎也 (敬称略)


この公演は 客席通路を
使う演出が多くて
通路席のお客さま 
キャストさんとハグしたり・・(笑)
 
休憩中も 2幕の開演ちょっと前
キャストさんたち 通路をうろうろしたり

チェーリオ役の武田さんは
天使キューピッド役もあり
これ 反則だろっ!って言いたい。(笑)
サックスを駆使して
ブラザートムさんと音の掛け合いも
あって 今日はちょっと暴走気味だったらしい。
聴き応えありました!
チェーリオは 喧嘩弱いのに 
筋肉自慢(爆)
なかなか美味しい役かも・・ネ(笑)

斉藤パパもペット吹くし~
守銭奴な宿屋の主人も
やけに軽快で某シーンでも
リズムをとる足の動きに目が離せなかったりと
見せ場はいろいろあるんですが・・

主役のお二人
キャラが違うのは見えていますが
あまり共感出来ないキャラ。

西川・ 堂珍のお二人
頑張っていますが・・
何か足りない。 (そうー冒険?!)

龍退治とかいろいろなシーンが
あるじゃありませんか?

この場合 そういう事じゃないの~

あ~まだアリスの世界から
戻れていないのか (爆)

上原クン カッコいいのか悪いのか
召し使役の伊礼くん 
リーゼント風の髪で
・・やる気なさそうな召使だし
この役もちょっと微妙

ご出演メンバーを見ると
ジャンルいろいろな方々で
ちょっとかみ合わない感じも
受けた部分もありました。

島袋さんジュリアも
健気なのか そうでないのか
キャラとして微妙な感じ
吹っ切れた演技と言えば
 ・・・・言えなくもない(爆)

アンサンブルに 川口さんいたのに
気がついて無かったし。

霧矢さんシルヴィア
ダンスシーン キレイ!
惜しいのは主役オーラが
あり過ぎて・・・
お嬢さまにみるのは ちょとキツイ。

保坂ルーセッタ
こちらの歯切れのいい
台詞回し 啖呵を聞いてるような
気がして来ます。
侍女だったよね(笑) 
そんなこんなだけど~
ハッピーなミュージカル

ラスト たくさんのカップル誕生で
ハッピーなミュージカル。

 いいんじゃない?(笑)






2014.12.27.21:28
ミュージカル雑誌 
その名も『ミュージカル』 2015年1・2月号

ステージフォトに 『モーツァルト!』、『ルードウィヒ・B』、
『familia』、『アリス・イン・ワンダーランド』
『CHICAGO』、『ファースト・デート』、『スリル・ミー』他が
予定されている。

アリスのステージフォトに ジャック姿の禅さんが、
載っていますように!
白のナイトがいますように!

サンタさんにお願いする日は過ぎちゃったけど 
 祈ろう~~~♪(ジャックの歌声で)


新年明けて 5日の発売予定ですが
この雑誌を置いている本屋さんもしくは
劇場だけど  
新春早々の観劇予定の場所にはなさそう。

  そんな時こそ ネット予約の出番。

  ポチっとな! しちゃいました~ (汗)


2014.12.26.20:59
やった~!
会報が届いた~♪

最近の禅さんの 語り口
ちょっと変わって来てるかな?(笑)

でも 変わらずに 舞台の裏話とか・・
熱く語ってくださいます。
基本語るの好きだものね(笑)

そしてなかなか最近の公演の
お話にたどり着かないのも
いつもの事だったりして。(爆)

ほっこり気分で読ませて頂いて
よいお正月が迎えられそう。

 って きっとまだ語り足りないんだ~
 その前に メンバーズ・ギャザリング
 強引に企画してくれたもの。

年末の忙しい時期だけど
思う存分語ってくれるのを楽しみに
しています、
 
禅さんお気に入りの某会場へ
行ける事になりました。
会場があまり大きくないので
抽選なのよ。

そうだ まだ禅さんへの質問
考えてなかった。

聞きたい事はあるんだけど
質問用紙に書くとなるとね。
なかなか難しい (笑)
 

2014.12.25.22:34
@四季劇場 夏
四季定期演目の一つ
『リトル・マーメイド』にやって来ました。

クリスマス・・こちらの会場でも
こんな飾り付けが!

DSCF4472 (2)

アリエルには谷原さんが戻っています。
セバスチャンは お初の赤間さん
前回 奥田さんで慣れないうちに
また新キャストきた~!(笑)



本日の出演

アリエル・・・・・・・・・・・・・・・・ 谷原志音
エリック・・・・・・・・・・・・・・・・ 竹内一樹
アースラ・・・・・・・・・・・・・・・・ 原田真理
トリトン・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 髙橋基史
セバスチャン・・・・・・・・・・・・・ 赤間清人
スカットル・・・・・・・・・・・・・・・ 荒川 務
グリムスビー・・・・・・・・・・・・・ 松下武史
フランダー・・・・・・・・・・・・・・・ 大村真佑
フロットサム・・・・・・・・・・・・・・ 町田兼一
ジェットサム・・・・・・・・・・・・・・ 中橋耕平
シェフ・ルイ/リーワード・・・・ 岩城雄太

アンサンブル
南 圭祐 成田蔵人 永田俊樹
山下啓太 宇田川 宰 劉 昌明

大森真理 松元恵美 本井亜弥
大和貴恵 三平果歩 西浦歌織
光井さや  (敬称略)

谷原さんアリエル
一番 幼さが見えるけど、
強いアリエルだなぁ~と
改めて思う。
三平さんアリエルがお姉さんっぽいし。

赤間セバスチャン
若い感じのセバスチャンだね。
飯野セバスチャンは 完全な保護者。
カニちゃんなのに~執事みたいに
アリエルの面倒を見てあげるって(笑)

赤間セバスチャンはそこまで
いってなくて まだお友達かも。

どっちのセバスチャンが正解って
訳じゃなくて どちらも有りッ(笑)

岩崎シェフ・ルイ
お子様に受けてた (笑)
今日はなんとなく落ち着いた
客席で カミスキーもスル~
クスっと来るところもスルー気味。(爆)
でも シェフ・ルイの所では
お子様の笑い声が聞こえて来た。

繰り返し 繰り返し見てしまうので
見るところが段々と変わって来て
ちょっとナナメ視線になって
しまうのが 辛いけど・・・
まあ仕方ない(笑)

竹内エリック
今日は親しみやすい雰囲気の
王子さまに感じた。
気取りが無くなったように
見えたけれど、観方の問題かな?

原田さんアースラが続きます。
あまり怖くないと思ってしまうんだけど、
このリトル・マーメイドの世界の中では
良い感じなのかもね。

そんなこんなでクリスマス
『リトル・マーメイド』を楽しんで来ました(笑)

ケーキもないし 御馳走もない
クリスマスだけど・・

『リトル・マーメイド』を観てくれば
充分なイベントで~す。(笑)
2014.12.24.21:53
3人だけの舞台
@紀伊国屋ホール
今日が千穐楽でした。

会場に入るのに行列。
階段下まで並ぶって
この劇場で初めての経験だ~。
さすが千穐楽!
混みあっていますね。


出演者
ドラ・・・・・・・・ 一路真希
ケビン・・・・・・・・大澄賢也
スワン(ビル)・・・細貝圭
     (敬称略)

看護婦の衣装のドラ
疲れた様子で椅子に座りこんで
寝ているかのような姿。

そのドラの部屋の窓に
大きな音!
飛び出してみると白鳥が
傷つき倒れていた。

部屋で傷の手当をし・・
数日が過ぎた頃
突然ハクチョウは若い男に
姿を変えた。

恋人 ケビンを
愛していても ケビンは
妻子がいて 複雑な仲。

姿を変えた白鳥にビルと名をつけ
世話をするドラ。
ハクチョウは、ドラに心を許し
言葉を話し始める。

部屋にはソファが置かれ
隣は台所。
冷蔵庫の上に座るビル
2階と思われるテラスのような
部分もあり 舞台を広く使う。

言い争いになり 出て行くケビン
牛乳配達のケビン
車のライト 響くエンジンの音

ケビンとの恋にも
疲れを覚えていそうなドラ。

妻子を捨てられず
あいまいなケビンだが
ドラとビルを見て、
ドラへの思いに変化が起こる
ドラを連れて町を出て行くと
いうケビン。

突然に姿を消すビル

ドラの選択は!
 
ハクチョウが男に姿を変える
舞台や映画ならではのシチェーション

だんだんと変わってゆくドラを
一路さん 好演です。
骨太なケビンを演じた
大澄さんも ガッチリと受けの演技。

白鳥という難しい役の
細貝くんも怪演かも (笑)

笑いが起こるシーンもあって
サスペンス・ファンタジーっぽい
この作品の息抜きのような感じ(笑)で
内容は・・・
ちょっと不思議な作品でした。
ラスト 白い羽が ふわふわと
舞い落ちる。


千穐楽なので一言ずつ
挨拶もあり 

細貝クン 一路さんが
変な人で良かった~(笑)
なんて面白発言

大澄さんにも 持ち上げられ
カーテンの影に隠れてしまったり
照れてる一路さん

ラストの挨拶になって
ちょっと涙ぐみ
手を振りながら捌けていった
一路さんでした。

会場で販売されていたのは
パンフレットじゃなく
『スワン』のリーフレットが
挟まったスワン特製カレンダー?
というかスケジュール帖になって
いました。

ちょっと変わってる~(笑)



2014.12.23.22:38

シャークスピア
~夏の夜の夢~より 

有楽町 『M!』 終わって
会場で会えたマイミクさんと
淋しいとちょっとだけ余韻に浸る
お茶会(笑)

そして @アウルスポットへ。
ロビーに入ると


まずパンフ売り場へ向ったら
コング桑田さん 売り子さん
やってます~(笑)

お勧めの 花組芝居のDVDまで
買っちゃったわ


ここは 
女ばかりの妖かしの森
蝶の舞う深い森。


おのこはひとり
おのこはひとりだけ。


出演者
神門/威詞蠣・・・・・・北沢洋
麝香・・・・・・・・・・・加納幸和
緒菜香・・・・・・・・・・八代進一
香螺巣・・・・・・・・・植本潤
城飫肥・・・・・・・・・溝口健二
凪依・・・・・・・・・・・・美斉津恵友
薄羽・・・・・・・・・・・堀越涼
都万木・・・・・・・・・・桂憲一
杉渓・・・・・・・・・・・・小林大介
亜紗木・・・・・・・・・・大井靖彦
温羅波・・・・・・・・・・丸川敬之
帆詩・・・・・・・・・・・・秋葉陽司
檎斑・・・・・・・・・・・原川浩明
濃紫・・・・・・・・・・・谷山知宏
聖樹・・・・・・・・・・・山下禎啓
山樹・・・・・・・・・・・・横道毅
姫樹・・・・・・・・・・・・松原綾央
狗侶・・・・・・・・・・・・磯村智彦
木舞・・・・・・・・・・・・宮内秀也
          (敬称略)


まず・・名前が難しい

ちょっとだけ振り仮名を(笑)

神門(みかど)
威詞蠣 (いしがき)
香螺巣(からす)
温羅波 (うらなみ)
杉渓 (すぎたに)
凪依 (なみえ)

 こんな感じです。

蝶が舞うと 深い森に
誘われ 夢うつつ。

美斉津さん演じる
凪依(なみえ)
女であり 男でもある役
裾の割れた衣装
赤襦袢・・お似合いで
カワイイめのこでした。

植本さん 矢代さんあたりは
もういつもの女形で
加納さん 貫禄のこわ~い麝香。

北沢さんの神門と
普通の男の威詞蠣(いしがき)役も
当たり前だけど、まったく
違うキャラ。

神楽のような音楽が
さらに摩訶不思議な世界へ
誘う。
ジェークスピアから・・となっていても
そこは 花組芝居さんの世界です。

そんな中 ふと思ったのは
舞台セットに木の枠だけれど
檻が使われている。

つい最近 こんな檻みた!
まずは『アリス・イン・ワンダーランド』
鏡の国で囚われた 白のナイト&
芋虫・エルガトちゃんが黒い鉄檻の中。

次は 『ショーシャンクの空に』
こちらも刑務所が舞台なので
思い切り 鉄の檻しか無いと
言いたくなるほどの檻を見たし。

鉄格子・・今流行りなんですか?(笑)
って誰に聞いてるわけでもないけど
面白いね。


ひと時の夢、 『夢邪想』でした。
2014.12.23.22:01

もう昨日になってしまいました。
今期 3度目の 『M!』
  My楽でした。
 
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
初演から ヴォルフを演じて来た
井上クンの日。
DSC_0168.jpg

今期で ファイナル。
育くんと Wキャストで
熱いヴォルフを見せてくれています。
パンフも購入済み 
DVDも予約済み ・・・でゆったりと
こんなものも写メって
DSC_0170.jpg
DSC_0169.jpg


早めの着席。
でも~ ロビーのうろうろがなかったせいで
今日会場にいらしてたマイミクなんとは 
逢えずじまい。 
でも ひとりじゃない~♪(笑)
もう一人のマイミクさんとはバッタリ。
申し合わせたわけでもなく会えるって凄いわ。


本編、今日の舞台は
アマデは前回と同じく柿原りんかちゃん
全員は観られなかったなぁ~。
今期 My楽の 『モーツァルト』でした。


井上ヴォルフ
熱い熱い ヴォルフガングでした。
吉野シカネーダーとの並びも
もう見納め。
命を削ってメロディを生み出す
ヴォルフ。
コンスに恋するヴォルフ

残酷な人生♪
僕こそミュージック♪
並みの男じゃない♪

聴かせてくれる!

平野・コンスタンツェ
未来は暗いと言われたコンス
並みの男じゃないヴォルフを愛し
インスピレーションを与えなければと
歌うコンスの淋しさ

ダンスは止められない♪
ソニン・コンスより 弱さを見せる感じ。
二人の役作りの違いが面白い。
だから つい両方見っちゃうのね。(爆)

市村・ヴォルフパパ。
今回 なぜか父の心情が
染み入って来ます。

ヴォルフの飛び立つのを
縛る足枷のように思えた
これまでのパパから 
なにが違う? 
どこか違う。

歌が時折 走り気味だったりは
いままでもあったし 
それも含んでの市村パパだったけど(爆)
それが気にならない
言葉の重みを感じさせるシーンの連続です。

祐さまコロレド大司教
好調をキープ
ただ声質が 変わって来たのでは?
高音になると苦しそうに思える時がある。
マント・プレイはお手のもの 
ゴールドの生地が眩しいのです(笑)

吉野シカネーダー
自由自在に息をして
楽しそうに舞台に居る感じ。
あの シカネーダーは
圭吾さんならでは。
圭吾さんの発明
 ・・って まだアリスから
抜け出していないらしい。 (笑)

香寿・男爵夫人
おとぎ話の星から降る金♪
言い聞かせるような
美しい歌声が響きます。
皮肉な表情や 
仮面をつけた笑顔も見せる
男爵夫人です。

アマデ

初回 日浦アマデ
二回 三回が 柿原アマデでした。

あまり表情をみせないまま
演じ切るのは柿原アマデ
内田アマデにはお目に掛かれず・・

どうやら 発売が決まった
DVDにも全員の収録があるかどうか?

全員の収録があると嬉しいなぁ~。
とこんな場所からですが、

是非 お願いします! 

   
       東宝さま!
2014.12.23.00:32

 吉野圭吾 植本潤
 佐藤洋/舞城のどか
 保坂知寿の皆さんが
追加発表になりました。

本日 M!観劇帰りに頂いた
チラシには また
石丸幹二 野々すみ花
良知真次 の3名だけでしたが
公式HPには 全キャスト決定と
なっていますね。


公演期間 7月5日から15日で
意外と短い!

道化師と若きバレリーナの恋。
そうなのか~。
チャップリンの映画の舞台化
楽しみに開幕を待つ事にしましょう。

ってもう この書き方って 
・・・見る気になってるよね(笑)




       @シアタークリエ

映画で見たお話が舞台になる。
この作品は、舞台でサンシャイン劇場公演
成河さんアンディ 益岡さんレッドで
すでに拝見していますが
まったく違う演出 キャストになり
シアタークリエにお目見えです。 


出演
アンディ・デュフレーン 佐々木蔵之介
レッド(レディング) 國村 隼


トミー・ウィリアムズ 三浦涼介
ボグス・ダイアモンド   谷田 歩

ブルックシー・ハトレン 小林勝也

グレゴリー・スタマス   板尾創路
ヘイウッド         福田転球
アーニー          有川マコト
チェスター         細見大輔
バディ          角川裕明
ハドリー         粟野史浩
ピート           板倉チヒロ
ルースター         石田佳央
エントウィッスル       川原田 樹
リコ          斉藤 悠
ホーキンス        本井博之
ストーン氏        関 秀人

囚人・・・・・・・・・・・・ 栗原 務 (パーカッション)
 (敬称略)

鉄格子 鉄格子 
ガチャン ガチャンと鉄の触れ合う効果音
幕間も 鉄格子が緞帳のように下りてきて
閉門の声。

その鉄格子が 横に動かされて
囚人たちの庭になったり
作業場になったり 

所長室は鉄格子背景に
豪勢な椅子と机。

2階部分らしい場所も
鉄格子の上 

男ばかりの出演者
女性はといったら
アンディの部屋の リタのポスター。

無実の罪でここに送られてきたアンディ
理不尽な扱いにも希望を捨てずに
生きぬいて行く

獄内のアンデイとは
奇妙な友情さえ生まれる。
ストーリーは知っていても
舞台になるとまた違った顔を
見せる作品。

佐々木・アンディ
頬がこけて印象が変わって見えた。
実はこのアンディ
映画を見ても 人物的に
癖のある人物

判り難い人物なのですが
冷静さが前に出たアンディに
思えました。
自分の無実が証明できるかも
知れないと所長に訴えるシーンは
ちょっとだけ暑かったけど。


國村レッドも静かな男。
所長を演じる板尾さんも
冷静で嫌味な男でした。
押さえた演技で その分
声の通りが・・ちょっと残念。

長い間 獄中で暮らし
仮釈放になったブルックシーの
その後はこの舞台では
取り上げられていませんでした。

谷田ボグスの精悍な姿は
絶対的な強さを魅せます。
それなのに、圧倒的な所長の力に
アッサリと潰されてしまうのが
この作品なのですが。

声を荒げても 殴り合いになっても
なぜか静かな印象は付き纏う。

転球さんの博打打ちの軽さと
佇まいがやけに嵌ってましたが
それでも・・うるさくはない(笑)

他の囚人さん達は
あまり特徴のないままで
その他大勢。(爆)

希望の明日に向かっての希望のラストも
静寂の中、赤い照明が
暮れゆく夕日の色に思えました。

やはり 別舞台の
『ショーシャンクの空に』とは
随分と違う仕上がり。


舞台って 面白いものですね。


まず平方ウサギくんから

覚えているとこだけ
簡単にですが・・・(爆)

ご来場有難うございます。
トランプカードを手に ご挨拶
先ずは自分から(笑)

東京 大阪 名古屋とこんなに
ほんとに出し切って 皆さまに支えて貰って・・
いろいろありますが・・あとはBlogに書きます。

続きましてメインキャストの皆さんに

次は エルガト役の小野田龍之介さん
ちょっとグダグダ気味で
皆さん エル・ガドじゃなく ガトなんです
知ってました? みな知ってるよ~という
雰囲気に あっ知ってますね(笑)

などとカード見ながら言ってたら
禅ナイトから ツッコミ

  覚えろよっ!(笑)

小野田エル・ガト
オーレーッと叫びながらのテンション高い、
1週間ぶりに公演やって楽しいいなと
おもったら 今日千穐楽で・(笑)
淋しいなと。
幸せでした~有難うございました~


松原モリス 
御来場有難うございました。
東京 大阪 名古屋と
演ってきて 時にはカレー3杯食べても
すぐお腹がすくようなエネルギーを
使う舞台だったのです。
もうすぐクリスマスですが
その頃までアリスを楽しんでいただけれはと
思います。

ふうかちゃん 
楽しかったあ有難うございましと
可愛く・・ちょっと泣き声混じりに
ご挨拶でした。

新納芋虫くん
助演のJOYくんと顔がちょっと似てると
いうだけで・・焦らずなんて事は
微塵もない新納なんですが・・(笑)
(だけじゃないよ~とアリスから声がかかる)
私事ですが 芋虫はこれからさなぎの時を
過ごして 『ラ・カージュ・オ・フォ-ル』という
作品で蝶になって戻って参ります(会場から拍手)
そして みなさん
こうして並んでみて 人数は少ないと思いませんか。
アンサンブルの皆さん 着替えて頑張って
くれたんです。と並んでいる皆を紹介、
大きな拍手でした。

禅ジャック
新納くんに先に言われてしまいましたが・・と
みんながんばったんだよねと
改めてアンサンブルさんたちに。

そして中日劇場の舞台の
客席との近さを語り始める・・と
なにやら合図。あ~巻ね はいっと。(笑)
こんなエンターティメントな役
めったにない、 皆さん ラッキーだ。
有難うございましたと〆る。

ハートの女王
初めてのミュージカルがこの作品で
再演もあって 素晴らしい作品でした
次回に もしミュージカルのお話が
あたとしても 納得の出来る作品が
難しいかも知れない 
この大きな衣裳を脱いで
通常運転の渡辺美里に戻ります。(笑)


濱めぐさん
皆さんにひとこと言いたいことがあります。

意地悪してごめんなさいっ!

パワーのいる役 傷ついてしまう役でした
皆さんに支えられて爆発できた舞台


安蘭アリス
おわっちゃうんだな~と 
朝起きて これでアリスやらなくて済む
やった~と思ったりしたんですが・・
と アリスに思う事のお話をしてくれて
今日はご来場有難うございました。

 そして  皆さん

この作品を忘れないでください!

素晴らしい千穐楽でした。
  
ワンダーランドのみんな
    きっと忘れないよ!


『アリス・イン・ワンダーランド』
ついに 名古屋の地で大千穐楽です。

初演で、初めて禅ジャックにお目にかかった時の
ものすごく頑張ってる感じ (笑)
半端ない運動量。
慣れない踊りに 頑張ってます!が
見えて・・ジャックは何処?(爆)

そんな初日から 2回 3回と観劇回が
増えて来ると あら不思議。
ジャックと中の人に 
なにか共通点が見えて来たような気が!
素で演っちゃって行けるんじゃありませんか?
今回の再演では 本能で演ってます。
なんておっしゃってたけど
口先ばかりで何の役にも立たないの!
なんて言ってませんよ~(笑)
まぁご本人の素を知ってる訳じゃありませんので
あくまで 個人の抱くイメージという事ですが(爆)

アリスを包む愛情の深さが沁みて来たんですね。

そしてともに役を生きる皆様も
突き抜けたキャラを見せてくれて
大好きな作品になりました。
ラスト公演近くに 再演発表があり
今回の再演で またジャックに会える~♪

青山劇場の閉館が決まり
ミュージカルとしてはこの劇場での
最後の公演になると。

そして 再演するなら 早くして~と
お願いが入っていた禅ジャック
御歳 50歳。

初日からジャックに会えたと
テンションあがりました。
チケットの売り上げは ちょっと厳しいものが
あったようで 後出しイベントの乱発
さらにチケット枚数の増える結果に・・・

でも後悔はしていないゾ(笑)

大阪・名古屋と回り 本日千穐楽公演でした。
ほんとに 禅ジャックとお別れなんだね。

ウサギさん 名古屋では 客席通路横から
飛び出して来ました。

アリス・・開演です。

オーヴァーチュアーから ワクワクです。
中日劇場の舞台の距離感に
凝縮されてる雰囲気がするステージ。

編集長に~なんか足んないのよね~
そう言われても、私の所為じゃない♪

クロエを追いかけ
1番のエレベーターで落ちて行く
ワンダーランド。

回を重ねる事に アリスの心の中の
様々な感情の具現化だと
鮮明に分かるようになる。


うさぎくんに娘の行方を聞いて
どこかへ~ の返答は

なんじゃ そりゃ~!でした。

白のナイト

簡単そうにみえるけど
これけっこう難しい~♪(笑)
歌ってました。

もっとも気高くは言った?
ナイト軍団に確認しても誰も
答えられない。

君たち何人いるんだよ
6人もいて だれも聞いてないのかよ~。
どうしたらいいんだよ~。

いつもここは ボソボソって言ってたのに
かなりはっきりと。
ここ 毎回違う~(笑)

無いわけが・・
ヒラリ シュタ  無い!
ミュージック!

あら ここの順番もちがう~(笑)

君のヒーロー♪
かなり甘い歌声で ガンガン攻めの歌。

アリス かなりいい加減に聞いて
一旦舞台袖に捌けて行くのを
ウサギくんが連れ戻しに行きます。
曲が終わっても アリスなかなか拍手して
くれず・・・いつまでも足バタバタ。

やっと拍手してくれたけど 息切れて
なんで~と言うのが やっとで
高い声~(笑)

大丈夫?ってアリスに心配されてた(笑) 

招待状シーン 
楽バージョンで ナイト軍団にも
付いてくるように動き始めたけれど
打ち合わせ無し?
真似っこするナイトは少しで
あとは ・・どうする?と様子見
してる間に ジャック 回転して
中途半場な感じに。

やろうとした事はわかるけど・・
打ち合わせはしてね~(爆)

お茶会 お暇するわ
席もない事だし・・
新納芋虫くん 
直ぐに椅子を出しても

芋ちゃんの座ったのべたべただし~
芋虫くん 傷ついてたよ~(笑)

お茶をどうぞ

芋虫くん 凄い勢いでフ-フーします。
それじゃ お茶こぼれますって。(笑)

モリス なんのお茶だ?と振るナイト

モリス:ベタベタした虫のお茶でございます。
芋虫くん : おとうさん! (ナイス アドリブ) 

虫のお茶と聞いたアリス
嫌そうな顔してたけど・・
行っちゃえみたいに一気飲み!
男前な アリス!(笑)

さてさて・・さて とアリスの欠点を言う
シーン アリスに声援を送りながら
椅子の方に移動するジャックですが
帽子屋さまに アリスの傍から離れるように
邪魔される度合が激しくなって来てます。

今日は ~お前はこネタばっかり!~
と言われてました。
確かに・・(笑)

濱めぐ帽子屋さま 最強です。

帽子屋さまの変化も ただただ
迫力の怖い帽子屋さまから 
なぜか憎めないアリスの中の帽子屋さまに
変わって来たと思います。


ハートの女王のシーン
帽子屋様は アリスにちょっかいを出す。
ジャックとアリス 二人に出す時もあるし~

ハートの女王の やるべき時は・・
後ろで聞いている 帽子屋さまの
百面相は 見ものです。(笑)
ロングトーンは4回バージョン

伸ばしながら塩タクターに 
巻合図を入れる女王さまなのでした。


庭の木はすべて同じ高さ♪
ジャックたちの寝ころび足を高く上げ
ポーズ決め!のところで
アリス ジャックの足を倒してる~(笑)
いろいろ演ってくれる皆さまです。

芋虫くんの 右の頬を・・遅れて行って
さらに女王さまに 言うとこで

アリス はっきりと 
芋ちゃんそれ意味違うからって(笑)

アリス 僕たちに
君の手助けをさせてくれと
申し込むとこも ほとんど叫び。(笑)
ウワ~~ィ!
言葉になってないですけど~。

ひとりでいい♪になだれ込み、
厳しいダンスシーンと高音の歌。
アリスも禅ナイトも 熱い、

どいたどいたっ!
バッハハ~イと 去ってゆくアリス
疲れ切って ウサギくんに背中を
押されながら後を追うナイトなのでした。(笑)

濱めぐ様と松原モリスの
散歩に誘うシーンの
二人のコンビネーション
声のハモリ具合も素敵、

ナイトとうさぎ 芋虫 エル・ガトくんたち
そしてアリスのやり取りも
遠慮がなく 思い切り良くなって
禅ナイトも思い切り転がされています(笑)
僕たちも連れていってよ~の
言い方は まるで子供のような
禅ナイトでした。

会場の受けも良かったですね~。



2幕の不安消去マシーン

モリスに向かって~
ジャック クロエを助けようと
飛び出して来てジャピング・キック
高いぞ~!

直ぐやられてしまい
帽子屋さまの 弱い!は
定番化しました。

祈りの禅ナイトたち
一人 芋虫くんだけが
シンキングポーズ。
 
ハートの女王さま 再び!ですが
ゴンドラ低い元気のない女王さま

彼らの首をはねよ~♪
後方でウキウキしてる
帽子屋さまとモリスたん

松原モリスたん なんと
階段の手すりからすべり落ちた?
クルッとうまく着地してすぐ
階段を上がり直してましたが
楽にでして 初めてみた。

アリスが囚われたナイトたちを
救い出すと
アリガト~ ありがと~

(大切なことだから・・二度言ったの?(笑)

アリスのところに抱きしめに行くジャックを
そんな事より・・と躱すアリス。

ウサギくんも今日は逃げたので
ガトちゃんにぶつかってた禅ナイト、

帽子屋さま 登場
まとわりつく化身。
帽子屋さまにまとわりつく二人
あの動き 最後まで魅せてくれました。

アリスに近づくと
懸命に庇うジャック
ここでは もうパパ・ジャックになっている。
階段の方まで突き飛ばされますが
懸命に戻りアリスとクロエを守る。

口だけではないのです。

帽子屋との決着 
帽子屋を抹殺してしまったら
アリスはアリスでなくなってしまう、

そのことを一番わかっているのが
唯一 アリスの中のキャラではない
ジャックなのかもしれません。

刃を下ろすアリスに
声にならない アリス・・・の呟き
抗うことなく 帽子屋の刃に
倒されてしまうのです。

夢が覚める時、
皆が蘇り 
~捨てよう 守ろう 司令塔はお前だ~

何一つ変わる事のない現実の世界でも
気持の持ち方一つで
未来が変わるのかも知れない。

すべての自分と仲良く
バランスよく・・生きて行こう。


『アリス・イン・ワンダーランド』
大千穐楽 終演です。

帰りたくないけれど
8番ドアは 目の前に!

自分の世界に帰りましょう。

ちょっとウザい禅ナイトはいないけれど

帽子屋さまも時々元気になるけど
芋虫くんを思い出し 
ガトちゃんのようになんとかなるニャ~と
言いながら 毎日を元気に!(笑)

カテコのアリス
今日は 動く椅子に座ってご登場(笑)

ラストという事で
トランプ・カードをもった平方ウサギくん
司会進行で 先ずは自分からご挨拶ですが
さらに なが~くなりそうなので 

ウサギくんじゃありませんが・・

   いったん この辺で。





『アリス・イン・ワンダーランド』名古屋中日公演の大千秋楽。
走り切りました。

観る事が出来て良かった♪
ウザ可愛いジャックを目に焼き付けました。

結構 楽仕様で、グダグダな所もあったりして(笑)
そこがまたジャックらしくてね。

会場一体となったら舞台は
とても熱かったです。
未だ帰宅途中なので 帰ってから思いだしながら記事を書こうと思いま~す。
2014.12.20.10:41
初日♪ とかいたけど
今日はもう千秋楽です。
3公演しかないし。


祝 千秋楽!

さてと、名古屋に向かい新幹線の
中の人となっております。(笑)

12時開演!




『アリス・イン・ワンダーランド』
名古屋公演 

本日初日!
お目出度うございます



昨日の名古屋は大雪!
かなりの積雪でニューズにも
なりましたが~ (爆)
前ノリの方も、本日遠征の方がたも
無事名古屋入りの様子。

良かったー。

禅ナイトのラスト
明日の千穐楽公演を
見るべく 遅ればせながら
明日皆さまを追いかけます。

開演まであまり余裕のない
時間の到着なので
新感線遅れが心配なのですが
明日は・・やはり雨予報。

だよね~

某雨男さまの楽だものね


やはり 間違いない!(笑)

 先日も 『星ノ数ホド』の観劇のため
お邪魔したばかりの
@新国立劇場ですが、
今日は中劇場

森田剛さん主演
『ブエノスアイレス午前零時』


出演

「みのやホテル」 :  「ブエノスアイレスの酒場」
カザマ・・・・・・・・森田 剛・・・・ニコラス
          瀧本美織・・若き日のミツコ/マリア
竹村・・・・・・・・・・橋本じゅん・・・・マルコーニ
キクオ・・・・・・・・・・千葉哲也・・・・・ファン
サルビア会会長・・中村まこと・・酒場の客
千枝子・・・・・・・・・松永玲子・・・エマ
ヒカリ・・・・・・・・・・ 松本まりか・・ラウラ
沢木・・・・・・・・・・・村木 仁・・酒場の客
サルビア会会員・・川原正嗣・・・酒場の客、
田中・・・・・・・・・・・伊達 暁・・・レオ
兵藤・・・・・・・・・・・岡田あがさ・・パロマ
吉村・・・・・・・・・・万里紗・・・・・・リンダ
トク・・・・・・・・・・・竹口龍茶・・・・ウバルド
ミツコ/マリア・・・・・原田美枝子

YURI EMI REINA LILY
RYOTAROW KaO 礼次朗
TOMONORI (敬称略)




雪深い村にある「みのやホテル」
カザマは温泉卵をつくり掃除をして
目立つことなく働いていた。
オーナー夫妻は ダンスホールの
ある事を売りにして イベントも開き
社交ダンスツアーの客を多く受け入れていた。

そんなツアー客の中の
目の不自由な老女マリアと
カザマは出会う。

老女の記憶のなかで
カザマは ブエノスアイレスの
酒場にいた ニコラスなのだ。
その酒場でも モップで床を
掃除するニコラス。
娼婦たちに払う金は
床に投げられ それを拾う
ニコラス。

みのやホテルの姿と
重なる。
ダンゴを踊り 刹那的に
生きる人々
ミツコは そこで働きたいと言う
マルコーニに気に入られ・・
娼婦たちからは疎まれるミツコ。
そんなミツコをなぜか
庇ってしまうニコラス。

混濁した記憶の中だけの
物語なのか 
それとも現実にあった事なのか。
老女はミツコの記憶を
マリアの記憶を語り
カザマにニコラスを重ねる。

何度も何度もみのやホテルと
ブエノスアイレスの酒場の時を
言ったり来たり。

ますます 混沌として来る。
判り難い物語だ。
現実にあった話の追憶なのか
老女の見た幻影なのか。


今回のお席は
後ろから数えたほうが 早い列。
なので セリフが聞き取り難かったけれど
じゅんさん 村木さん
千葉さん 中村さん 
松永さんなど
手堅い達者な方たちが揃う。

原田さん 老女役で
こんな感じでしたっけ?と
イメージを変えて来ている。

森田さん 寡黙で
笑わない ブエノスアイレスの男
ミツコ (マリア)への思いは
何だったのだろう
恋慕とは少し違うような
どうしようもない深い思い。

千葉さんのファン役が
存在感が凄い。
カザマの兄 キクオ役は
充分に胡散臭い。
褒めてま~す。

じゅんさんマルコーニ
カッコいいんだか どうなの?
決めてるんだけどなぁ~(笑)

村木さんにしたい放題?!
お仲間なればの呼吸は
流石でした。

会場左右 センター後方には
大きなカメラ設置
記録用とは違い 本格的。
会場によくある
本日収録用カメラが入って
おりますのような張り紙には
気付きませんでしたが、

DVD用?
それとも TV放送ありか
どちらかが期待出来そうだ。