現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2014年11月
 ついに本日!
『アリス・イン・ワンダーランド』
東京公演 千穐楽を迎えます。

お目出度うございます。

なんとも深みのある
謎解きゲームのような作品でした。

~へんな歌ばかり続いて
すみません。
でもこれって意外と重要・・・~

だったのですね。

笑って泣いて・・
元気になろうって思える作品。


千穐楽公演
アリス・カンパニーと共に 千穐楽です。

    行ってきま~す♪













ついに前楽の日になってしまった。
お疲れも見えるキャストさん達、
でも舞台はそれを吹き飛ばす熱さ、

テンポのよいナンバーが
多い『アリス・・』ですが
2時間50分がますます
あっと言う間に終わる気がする。

アドリブもアチコチ
でも芝居の上に しっかりと乗った
アドリブです。

お茶会で椅子がないから帰ると
言うアリスに 椅子を探す
芋虫 自分のとナイトの椅子
どちらを出そうか迷う(笑)
結局自分の椅子を出すと

嫌、それ芋ちゃんのだし・・と
言われてました。(笑)


鏡の国に行く方法
不安消去マシーンとは何?と
考えるシーン
芋虫クン 考えすぎて
テンポがズレてきた感じだったのが
禅ナイトが芋虫に声を掛ける
付いてきてるか?みたいな?
そして ギリ 踏み外さずに戻る(笑)

エル・ガト猫くん
動きが良くなってきて
オクターブ上げもやってくれて
牢屋では あんた口だけだなと
尻尾で禅ナイトの足に
ブンブンして叩いてます、
随分弾けられるように
なったみたい。

4番扉に注目して
君のヒーローからお茶会
ハートの女王さまの登場から
一人でいい♪まで 一気に
掛け抜ける禅ナイト

息が切れても 
汗でシャツの色が変わっても
歌って踊って・・・
アリスの あんたなんか嫌いよ
この言葉を聞いた禅ナイトの
表情が哀しくて 
アリス・・の呼びかけが声になりません。
気が付けば 舞台が滲んで
見えているのです。

今日は ふうかちゃんクロエの
アリスの取り戻したーいの歌を聞いている
表情にも泣けて仕方がなかった。

細かい乱れがあっても
そんなのは些細な事
最後までワンダーランドの世界を
楽しませて頂きました。

熱気を感じる言い舞台、
カテコも盛り上がる。

また 駆け抜けるバージョン、
今日は上手袖まで
ほんとに駆け込んで
行っちゃいました(笑)

いつもなら手前で止めるけど
 間に合わにゃ~い(笑)
すぐに戻って 有難うございましたの
ご挨拶に 大きな拍手に包まれました。

ペガサス君には 顎をチョンと(笑)
禅ナイトはペガサスくんと一緒に
捌けながらちょっとだけリアクション。

2回目のカテコからは
禅ナイトたちは アリスと一緒に
上手に捌けるのがデフォ?
今日は アリスと帽子屋さま
腕組みだったかな。

禅ナイトたちも そのまま素直に
捌けられるかと
思ったら 安蘭アリス
やっぱり最後には押し戻すのね(笑)

やはり前楽 客席も拍手が大きく
スタンディングも出ました。

 さっ あと一公演!

ちょっと軽食・・後、ワンダーランドに戻る!(笑)
あの世界観 大好きです。

アリスの頭の中のワンダーランド

守ろう 捨てよう 司令塔はお前だ♪
すべてはアリス次第、

朝を迎える直前

帽子屋さまはジャックを
ウサギを 芋虫を…
ナイフが光り 最後にはクロエまでも
その刃の犠牲になってしまう。

アリスの中のジャックは
多分 自分の中の愛情。
ウサギは感性 芋虫は慎重さ
エルガト猫は楽しむ心
クロエはそのまま アリスの母性。

帽子屋が最初に手に掛けるのは
ジャックというのは 意味があるのか。

アリスの心の中で一番最初に
切り捨てられたのが愛する心だったのなら
とても悲しい。


今日も ジャックが訪ねて来る
8ーA号室からワンダーーランドへ
2度目の旅立ちです。(笑)

やはり一番気になるのは 4番扉
マチネ公演で 禅さんナイトの
君のヒーロー♪
ちょっと声の調子が変だったので・・・・。

あ~ マチネととまったく同じ処で
同じような状況

マイク・トラブル?
禅さんの声がお疲れで出にくいのか?
心配してしまいましたが、
他のソロも歌の部分は 問題なしのように
歌い上げていました。
一体どうしたのでしょうか。

ハードな舞台だけに 気になります。

さてさてお茶会シーン
モリス~ 今日は欠点書けない
芋虫くんの 
ナメクジ遅いっ!でした。(笑)

そして グズ グズがいま~す。
叫んでましたよ。(笑)

不安消去マシーンのシーンでは
大事な話をしている帽子屋様の前で
思わず叫んでしまい
バカ お前の不安を先に消して
しまうよと言いつつ
ペチペチ たくさん叩くので
あとから 腕をさすっていました。

日々変化です。

禅ナイトも アリスの傍に居ようとして
帽子屋さまに 輪に並べられた
椅子の方に押し戻されています。

帽子屋さまとはあまり絡むシーンのない
禅ナイトがこんなところで帽子屋さまと
遊ぶとは 思いませんでした。

カテコは 駆け足で手を振りながら
出て来た安蘭アリス
そのまま勢いよく下手袖まで・・(笑)
下手の水色アリスが止めて
センターに戻るパターン

禅ナイトと 帽子屋さまが
笑いながら見守る感じ。
今日は 禅ナイトが持つペガサス君を
受け取る感じ そのままヒラリ(笑)
禅ナイトもその後ろに ヒラリ
二人でペガサス君に乗ったように
上手袖まで・・そこで安蘭アリス
禅ナイトを 押し戻す(笑)

やっぱり?と言う笑顔で
下手袖まで走る禅ナイトでした。

いろいろパターンを考えて来るものだ(笑)

本編 禅ナイトの君のヒーローの
一瞬の乱れた歌声が気になって
最後まで気になって・・・。

公演もあと少し  頑張れ~!

前楽 楽
まだ青山劇場に通います。

素敵なワンダーランドの住人たちに
会いに行きますね~。
2014.11.29.00:34
『アリス・イン・ワンダーランド』から
ワンダーランドから全く違う世界(笑)

シアター・クリーンで初日を迎えた
『紫陽花河原恋顛末』
あじさいがわらこいのてんまつ
記事のUPが遅れました。


出演

柳瀬大輔
治平・・・・・・・・・・・・・・今村洋一
小春・・・・・・・・・・・・・・上田亜希子
お三・・・・・・・・・・・・・・五十嵐可絵
米八・・・・・・・・・・・・・・田村耕一
久平次・・・・・・・・・・・・岡田基哉
あ光・・・・・・・・・・・・・・浜田えり子
吉兵衛・・・・・・・・・・・小川信太郎
お雪・・・・・・・・・・・・・上田郁代
徳兵衛・・・・・・・・・・・高畑岬

高田亜矢子 山田志保 原真礼
千葉ミハル  大部恭平 熊澤沙穂
鎌田淳一  星達也  (敬称略)


遊女小春と 治平の真実の恋を軸に
いい人ばかりの人情話?


あっ ひとり悪い人がいた!(爆)
放蕩息子で 人をだまし窮地に
陥れるという・・九平治(笑)

悪い役回りなんですが・・
この劇の中では
悪いというよりもどうしようもない奴です。
憎めない何かを感じさせてくれる。

治平は 小春との恋をあきらめ
恩ある育ての親の娘
お三との祝言を決める。

そんな折 
幼馴染の久平次に
治平に祝言の費用をだまし取られ、
祝言は破談になってしまう。

とお決まりの展開ですが、
ちょっとだけ物足りない感じが残ります。

占い師の登場が唐突な印象で
おふざけキャラ、
テンション高すぎて浮いて感じます。
あの役柄は微妙。(爆)
場内は笑い声が聞こえてきて
受けているようでしたが・・・。

心中を決意した二人と
リンクした心中もの 二人
芝居仕立てで登場しますが、
本筋から意識を分散させられたような
気がしてならない。

あと、ふと現実に戻されたのが
着物の着付け方、
おはしょりが浮いていたり
裾が乱れていたように見えました。

道行の時の 小春の衣装の裾が
乱れているなぁと見ていたら
褄を取り歩き始めて
初めて そうなのかと思う事もあり

衣装が その演目用に
オリジナルにデザインされてもので
和のテイストを感じさせるような
使われ方なら それはそのように
見せていただくのですが

歌舞伎のように 型の美しさも
同時に味わいたい欲張り派なので
目についてしまうと気になって仕方ない。(爆)
小春 お三 治平 長吉
米八 久平次 お光など
人物像はわかり易く熱演されていただけに
その辺は残念なところでした。




ニューヨークのジャック
別居中のパパと
クロエとのコンタクトが
だんだんと濃くなる方向(笑)

アリスのちょっとくらい飲んだっていいでしょ?!
を受けて
クロエのところにいってからの
呟きが 大きくなり
クロエにやめなさいってば~言われてる。
初日頃にはなかった絡み
日を追ってはっきり見せてくるように
なっています。
安蘭アリスのイライラ度も上がってる?(笑)

夢の国に迷い込み
ウサギの後を追いかけたクロエを
追いかけ夢の国へ・・

イモちゃん ガトちゃん
白のナイトと順番に 
なにかジグゾーパスルの紙片のように
順番に現れる

今日は禅さんナイトの
君のヒーロー♪で あら 珍しや、
歌詞が飛んでしまったか?
急に小さくなったようで
あれっと思っていたら
その後のロングトーンでは
なぜかざらざら声になっててびっくり。

 禅ナイト どうした?

でもおかしかったのは
そこだけで ナイトの美声は復活
大丈夫そう。


お茶会では モリスが
カード集めの時

毛虫遅い!
芋虫クン 散々な言われようです。

アリスのお茶のみシーン
招待されたけれど
お暇するわ 席もないことだし、
席ならございますって
芋虫クンが
椅子を向きをかえて薦めると
それ イモちゃんの席だし~て
今日も言ったアリス。

何茶?にお答えする禅ナイト
本日の日替わりは
 黒クーロン茶 でした。(笑)

一人でいい♪

君の手助けをさせてくれ
ジュワッチ!
ここは禅ナイトの言い方を
ウサギ・ネコ ナイト軍団が
同じ言い方をするのがデフォに
なってきた
芋虫一歩遅れて 猫に促され
同じく後をおう。

テーブルにのって捌けるとき
昨日は バイナーラっだったけど
今日は バッハハ~イに戻る。
ここも日替わりなのか?(笑)

あちこち 観るところが多すぎて
結局見逃したり
これだけリピートしているのに
まったく飽きません。

なんだろうね この作品
確かに禅ナイトの吸引力はそりゃ強い。

けど それだけじゃない
何かが見える舞台
今までより明らかに多い観劇数。

千穐楽が近づいて来るのは
仕方ないけど 淋しいな。


この日のトークショーは
出演 安蘭けい
    濱田めぐみ
    渡辺美里 (敬称略)
終わったばかりの皆さま
衣裳もそのままの登場です。

ハートの女王さま
高めのスツール椅子。
あの衣装zじゃ 普通の椅子
絶対座れないと思う(笑)

塩田さん司会で
質問からいろいろなお話が
飛び出して来ます。

楽屋をとびだすのが 早い濱めぐさんとか
喉のケアはと聞かれて
何もしてないとか
アロマはお好きのようですが

女王さまの事は
楽屋でも陛下~♪と
呼んでいるとか

女王さまの発声練習が
自分の曲なので 
ついつい聞き耳を立てて
しまうとか。

他の人の曲も歌うよと
帽子屋さまの曲をちょっと歌ってくれたり
宝塚の曲も(笑)

宝塚フォーエバー♪
美里さん さすがです。
安蘭さんも続いて 同じところを
歌ってくれたり・・楽しい~

女王陛下は キャッツが好きで
帽子屋様に 教えてとお願いしたけど
教えてくれない・・と言うと

だって 忘れた~ との事(笑)

そうそう 禅さんの事も話題に出た。
濱めぐ帽子屋さま

お茶会のシーンで
かなりナイトに苛つくそうで(笑)
塩田さんそれを受けて
によっては石川禅ショーにナッテルと。

アリスの他の役で
やってみたい役あるかと聞かれて

ニューヨークのジャックと言ったのは
たしか帽子屋さま。
ナイトは?と 塩タクターに
聞かれ・・ 
それはいいや みたいな
反応が笑えた。(笑)


次から次 話してくれたけど
覚えきれない~。 (爆)

  

『アリス・イン・ワンダーランド』
当初から 禅さんのとこにチケットを
お願いして 見られるだけ見る!の予定だったので
ある程度の枚数は手持ちがあったところに
石川禅さんの写真が付くとか
石川禅さんのトークショーがある日とか
制作発表の参加権つきとか
ほんとにいろいろな釣り餌(笑)に
見事につられてどんどん増えてしまった
『アリス・・・』公演チケット。

まだまだ連続で青山劇場に来てしまいました。
青いシャドウの厚化粧・・・。(笑)

白のナイトがお呼びだ~♪
雪の降り始めたニューヨークシーン
8のA号室

クロエと尋ねて来た
別居中のパパ。
唯月クロエ 
甘え方と淋しさと反抗心の
ごっちゃになったクロエが
分かりやすい・・
パパジャックとのうるさく感じる時と
一緒に入れ欲しい時の
入れ替えの激しい心。
この舞台では ウサギさんを
追いかけ始めてからは
かけっこばかり。
帽子屋さんとは 散歩がありますが。
 

この作品・・見てふと思った事
ちょっただけ ジグソーパズルの
ようなところがあるなぁ~と。

芋虫さんも エルガトくんも
白のナイトも 帽子屋さま

其々の色を持った
独立したパーツのようで
帽子屋さまもダークな色をもつ
パーツの一部

アリスと言う フレームを
埋めて行く
パランスが大事 (笑)
色の近いパーツ同志を合わせ
埋めて行く。

そして最後の 1ピース
埋めるのは・・客席で見ている
観客なんじゃないかな・・なんて。

新納芋虫くんは
安定の一言
高音も張り上げていて
劇場の隅々まで届く
凄い~。

ご本人 トークショーで
客席が埋まっていると
もっと届くと・・おっしゃてました。(笑)


小野田エル・ガトクン
ワンダーランド~~♪
ラスト オクターブ上げして
くれるようになった。
ここは上がった方が気持ちがいいな。


禅さん 白のナイト
ハイヨー ハイヨーとテンション高い。
ヒラリ シュタッ!
ない訳がないっ ミュージック!(笑)


お茶会の招待状も無事に
渡す事が出来て お茶会。
アリスの席がない・・
やはり私お暇するわ~
席もないし~

芋虫くん ここにある~と自分の
椅子を用意・・

それは~芋ちゃんにだし~とアリス
芋ちゃんのって 可愛い過ぎです。(笑)

動く椅子がでて来て
お茶をどうぞ。
何茶と聞かれたジャック
アドリブ出て来ました。
よく聞き取れなかったけど
フラバン茶って言ったのか?

ハートの女王さまのお言葉に
後ろに控えている帽子屋さまの
女王様の言葉への反応が
毎回違って面白い。

女王様の口真似をしたり
うぇ~とした顔を見せたり
女王様が振り返ると
急にニコヤカになったり
指遊びをしてみたり。
それでこそ帽子屋さま~♪
怖可愛い~(笑)


ひとりでいい~♪の前

 高めの声で 
キミの手助けをさせてくれ。
白のナイト ウェーイ!(笑)
当然のように皆が続きます。

チームワークがいいッ
アリスに却下!と置いて行かれるナイト
最近は膝をついてから・・
立ち上がると平方ウサギに背中を押されて
アリスを追いかけます。


鏡の国への行き方を探る
アリスと白のナイトたち
ここの芝居は 芋虫さん
ちょっと遅れスギじゃありませんか?
もう少し頑張りましょう。(笑)

帽子屋の不安消去マシーンの前
モリスに飛び蹴りするジャック
かなりのジャンプキック!
頑張る白のナイト。

お約束で囚われの身
あれ この日 おかちめんこ3連発だったような
久しぶりに聞いた(笑)

そしたら・・手錠は外れていませんでした。
一回の時が振り向きすぎて
片方の手錠がとれてるのは
毎回だったから あっ今日は
ちょっとだけ違うと思ったものです(笑)

ハートの女王さま癒しの歌声
ホホッホゥ~~♪

アンコールと言ってる 芋虫くんに
両手上げて同意しま~~す♪

白のナイトたちを助けようと
戦うアリス 

真剣白羽取り が聞こえて来ない。

アリスの応援に 牢屋の中では
ジャックたち ジャンプで手拍子

シオタクターも 煽ってるしなぁ~(笑)

やっぱり僕は君なしでは
やってけないよ。
アリスに両手を広げ・・
アリス そんな事よりとクロエの方に

勢い余った禅ナイトは
アリスの先にいたウサギくんに
抱きついてしまうのですが
時々ウサギクンまでちゃっかりと
逃げてしまい 犠牲になるのは 
エル・ガトくんでした。


そんな事よりって(笑)
アリス~(笑)

ハッピーエンドを予感させる
ラストまで、元気に公演終りました。

カテコも相変わらず楽しい終りですが
本日は これから
アリス 帽子屋様
ハートの女王のトークショーが
あるので準備の都合もあり さっさと終りで~す

お疲れさまで~~す。


2014.11.27.10:33
マチ・ソワ~続き
昨日今日と 『アリス・・・』祭りです。
もっとも昨日の夜は 別の
演目でしたが。

また 感想を書く前に
忘れそうな予感(爆)

昨日の夜はi石川禅さん出演の
『アメスタ』もあったしね~。
リアルでは見られなかったので
一日遅れで ・・・観られるかな?
今日もソワレあるのに~(汗)


さぁ ちょっとお疲れ気味だけど
 頑張ろう~!


 本日を乗り切れば・・・・休演日(笑)
何回も見ていると ごっちゃになってきますから~
覚えているうちに書いとこう


まずは禅ナイト
呼ばれて飛び出した♪
前の扉から顔を出すペガサスくん可愛いっ(笑)

ナイト軍団のお馬さんたちも
これは舞台の袖横高いところから顔を出す。

ハイテンションでペガサスくんと一緒に
飛び出して来た禅ナイト

君のヒーロー♪を歌いだす前
シュタッ!とか言ってたので
 塩田さんに向けての 
 ミュージック!がなかった(笑)

階段か~と自分で言い聞かせる感じ。
初演では 
階段だ~ 気をつけろ~って
ペガサスくんに言ってのがちょっと懐かしい 

階段下りてからの
よ~しよし・・も言わなかったなぁ
代わりの シュタっ!だった!(笑)

ペガサス乗り降りの時の ひらりひらりも
ぱかぱぁか~も シュタっ!
擬音アドリブが多い 
・・・というかだんだん増えてる~。

アリスに何の役にも立たないと
ペガサスくんたたかれて
どうすりゃいいんだよ~と
ナイト軍団に相談しても頼りない感じが
増幅中ですが 招待状を渡す提案が
出てくる。(笑)

招待状を渡すシーン
昨日の公演で クルクルを頑張りすぎて
位置を見失いふらついたところなので
別のアクションを?(笑)

襟を ピシッとやってみたりで
回転は無理して回らず・・だったのに
安蘭アリスに小声で
苦しくない? 大丈夫?
と心配そうに言われて 素で吹きそうになり
芝居崩壊気味(爆)

平方クンが普通にこりゃ驚いたが、
と飛び出すまでの微妙な間でした。


お茶会シーン
そろそろ ではじめました。
アリスがお茶を飲むところ
これ何茶?

マテ茶だったり プーーアール茶
黒ウーロンもありましたか?(笑)

欠点を書き上げるシーン
お約束で 何も駆けない芋虫くん

本日はついに、モリスに”なめくじ”
言われてました。
面白かったけど・・
芋虫となめくじって 違うぞ~(笑)

一人でいい♪
ちょっと禅ナイト苦しそうなんだなぁ~
と思うこのシーン
テーブルの上では立ったまま動かされるんじゃなく
お祈りポーズになって安定したし
このポーズの方が合ってる気はするけど
それでも 苦しそうに思ってしまう。

安蘭アリスじゃないけど
  苦しくない?大丈夫?と
禅ナイトに問いかけたいシーンです。

アリスに手助けを却下されるシーン
本日のバージョン

僕たちに手助けをさせてくれ。
手を広げポーズ。
ジョワッチッ! 

ウルトラマンかっ!(笑)
若い世代も知ってるの?

ちゃんと平方ウサギ 拾ってつなげる
ガトちゃん ナイト軍団が続く

ガトちゃんに促された新納芋虫。
カッコつけた一味ちがう
ジョワッチっ! だったよ~(笑)

不安消去マシ?ンのシーン
不安を消されそうなクロエを助けに
飛び込んでくる 禅ナイトと
芋虫 エル・ガトちゃん
テンションと同じくらい 高い飛び蹴り。
どのくらいの高さだって?
まぁそこは置いといて・・・
無駄にカッコいいんですけど。(笑)

囚われの禅ナイトたち

祈りのシーン
帽子屋さまに呼び出され
低いゴンドラで登場の女王さま

歌声はゴンドラみたいに低くないっす。
HO~~HOHO~~♪
彼らの首をはねよ♪

女王さまの歌に
皆で聞き入る
アンコール アンコール!と
叫ぶのは 新納芋虫くん(笑)

この辺も明るい雰囲気に
演出変わったようです。

お茶会で登場して来た濱めぐ帽子屋さまも
なぜか キャラが変わって来てるかも。

帽子屋さまとしての非情な視線
一瞬でお茶目な表情になったり
表情の変化がかなり激しい。

アリスとの出会いのシーンも
改まった言い方、 ご挨拶をから
シャンパンはいかが?までの
猫をかぶったような物言いは今季から。

はなからシャンパンなどないっ!から
帽子屋さまの顔ですかね。

モリスのあの 帽子屋様万歳と
つかず離れず具合もいい感じ。

頭をかるく叩かれた日もあれば
睨まれて声もかけてもらえない日も

不安消去マシーンの
お前の不安を先に…でも
芝居崩壊?(笑)
皆さま お疲れのご様子ですね、

お茶会で 踊りたくてウズウズしてた
エル・ガトちゃん 後ろのテーブルに
乗るのでちょっとシーンがもたつく

一人で踊ってるようなシーンに
見えるところもあるけれど
わざわざ モリスたん
 あいつ どうにかしてくれー
みたいに言いつけに来る。(笑)

禅ナイトたち 迎えに行くのですが
舞台奥なので バタバタした風に
感じてしまいます。

振付変更の関係もあるんでしょうね。
カッキーのたか~~いジャンプ
これも懐かしい~(笑)

そうこう言いながらも
つい禅ナイトばかりに目が行く・・
偏ってばかりで すみません。
でもこれって 意外と重要なんです。
禅さん応援中なもので。(汗)

でもみんな~ 愛してるよ~
ワンダーランドの住人 全部が愛おしい。

カテコ 
今日は 安蘭アリス
笑顔で両手広げ・・・
そのまま速足で下手へ
抜けようとして 止められた。(笑)
笑いながらセンターに戻り
ご挨拶でした。
皆の列に並んでからは 隣の禅ジャックが
ペガサスくんの顔をアリスのほうに向ける
なにかやって欲しそう?(笑)
すると安蘭アリス ペガサスくんを取り上げ
それを濱めぐ帽子屋さまにバトンタッチしちゃいました。
帽子屋さま 颯爽とまたがって歩きはじめてけど
すぎに下りてしまい、
ペガサスくん見てパコンと叩いた~。

  やめて~(笑) 帽子屋さま~

反対側に捌けた禅ナイトには
見えてなかっただろうけど
代わりに客席でお願いしておきました(笑) 

さらに続くカテコ
ペガサスくんの登場はありません。
今度は アリスの後について 
アリスに、上手へ捌けてゆく 
平方うさぎくんたちも続きます。

この辺の流れはデフォになりつつありますね。
拍手やまず まだカテコ

今度は アリスに手で制しされる。

後ろの平方ウサギくんびぶつかりそうに
なったり 抜かれたり
ついには 禅ナイト
平方ウサギくんの背中に飛び乗る!
背負われたまま 幕の奥に
消えてゆきました。

 ほんと 親戚でもないと言われちゃったのに・・・ねぇ~(笑)


 





もう いろいろありすぎて
時系列が乱れまくっておりますが

こうなったら 思い出した順に書くしかない(爆)

塩田さんから 山崎邦正です。
いや 塩田明弘ですの自己紹介で
始まり 登場者

上手順になるように
平方ウサギ 禅ナイト
安蘭アリス 新納芋虫
 そして小野田エル・ガトの順
とことこ歩いて
そのまま歩を緩めずに
上手袖に捌けていってしまいましたよ~

オーイ。

呼ばれて飛び出すナイト・・じゃなくて
戻ってきた皆さまです。

安蘭さん
再演だけど このミュージカル
本当に大変です。

塩田さん: 後半戦に入ってアドリブも?

満を持して・・ツッコミ?入れてます。

満を持してってw と すかさず
新納君そこに突っ込む(笑)

塩田さん; 禅さんと呼びかける
  禅さん  はいっ?
 (ちょっとだけボ~っとしてた?(笑))
だから~まだハイテンションで
もどってないんですよ(笑)

この役はテンション上げないと
やってけないので(笑)
もう 本能でやってますから
そうじゃないとあんなのにまたがって
階段上り下り出来ません~

テンション高すぎて
アリスが名乗る前に そらは名前だ~と
言っちゃったことがある。
  (うん その回みた!(笑))

毎回 なにか間違えるよね
リピーター向け?(爆)
お客様にな親切だけど 共演者には・・
と安蘭アリス 
    (ごもっともです。)

塩田:初演との違いは・・

初演はフレッシュでしたが・・
 ガトちゃん:ちょ・・ちょっと~フレッシュですけど?
新納さんも一緒に言ってる。(笑)

あの~はしっこの白い君ね
あいつ まだ23なのよ~
若いのになぜか 年期積んでる役者に見える。
でもそんなメンバーが集まって
その意味では芝居が深まったと禅さん。 

あれ 今回のメンバーは
フレッシュじゃないって言ってます?。(笑)
テンション高くて 失言に気づいてない?

芸歴長いからかな~とフォロー入るも
そばで新納クン 俺の方がキラキラしてるっ!
 嘘つけ~ってガトちゃん言ってた(笑)

そんなハナシで フレッシュなら僕もって
話に入って来てもいい平方ウサギくん
禅さんの隣で 客席をみてます。

ウサギ 聞いてる!? と声ををかけられ我に返る(笑)
いや~こうしてみてるんだなと思って
とメガネのマネっこ
客席のオペラグラスの上がり具合を
見ていたらしい。

君 これがあるからよけいな物が
見えるんだから 取っちゃいなさいと
うさぎくんのメガネを取ろうとするも失敗?
こんなやり取りをする二人

ず~と共演させていただいて
親戚みたいな禅さんと平方君が言ったら

そう思ってるのは君だけだよ・・って
これもちぃっと失言ではないですか~爆

平方くんここで やっと発言
ぼく まだ舞台ではテンパってて
うさぎなのか ルイスなのか
わからなくなるんです。
禅さんのこっちだし・・・
話が遠い?みたいに言ったら
禅さん 椅子をずっと後方に移動(笑)
戻ってくださいで戻ってきましたが

うさぎクン 汗て朦朧としてるんじゃなくて?とアリス。

熱いので 衣装の詰めものを少しぬいてもらったけど
効き目なくて背中部分にアリスノンの大きいの
入れてるらしいです。

衣装の話になって
今回参加の新納さん談

衣装合わせての通しのとき
帽子屋の衣装に驚いたって。
シーンことに違うって感じだし~
アリス・・あれは帽子屋の感情の
揺れを現してもいるらしいって。
 (うん 深い話です。)

あちこち 話は飛びながらも
思い起こせるだけで この辺で。

塩ちゃん まとめに入ります。

一言ずつは お礼と
リピートお願いでまとまりましたわ。
ぜひ またお運びくだだいって。

この後 大阪 名古屋と続きますが
回数は少ない。

このメンバーで作り上げた今回の舞台に
会えるのは あとわずか。

ワンダーランドに行けなくなるのは
 
    とっても寂しくなるなぁ~






トーク・ショー 
出演 石川禅・・・とあれば
予定になくても追加してしまいます。

禅さん出演のトーク・ショーが
あるとチケットが増える。(笑)


東京公演 
折り返し地点を超え
マチネ・マチソワ マチソワ(トークショー)
マチネと6公演連続のきつい
公演スケジュール中の
トーク・ショー お疲れさまです。

まず本公演
いつものように ジャック・パパ
白のナイトの4番扉に注目の
公演の始まりです。


『アリス・イン・ワンダーランド』
帽子屋さまも ウサギ・芋虫
ガトちゃんも愛しいけれど 

愛でずにいられない
ウザ可愛いジャックと白のナイトから
目が離せない。

ペガサス君と階段を
パカパカ言いながら下りて来て
アリスに膝まづきながら
けっこう難しいんだよ・・とアドリブ(笑)
 
招待状渡しのシーンで
カッコつけの回転を 増やして
よろけ気味。オケボックスの方に
ふらつき あっと言わせてくれた。

これじゃ心配してしまうじゃないか。

ジャンピングキックも高かったよ。
濡れて衣裳の色が変わるほどの汗。

安蘭アリスのアドリブも
いろいろ 手を替え品を替えて
進化中 (笑)

帽子屋さま&モリスの
コンビネーションも日に日に
濃くなって来てる。

帽子屋さま 邪魔なところに
顔を出すモリスたんの頭を軽く叩いてた。

ハートの女王
ロング・トーンは 4回。
4回目はずいぶんと巻きが入って
オケが飛ばしてましたが・・・・・。(笑)

帽子屋さまが
何気にダンスしてる(笑)
松原モリスの動きがもう
ピッタンコはまり
もしモリスがだれか他の?と
考えても思い浮かばないくらい。


カテコは  ペガサスを連れて来る
ジャックパパから ペガサス君を
奪い取り ペガサス君に乗って
捌けて行きました。(笑)

禅さんジャックはそれを見送り
反対側へ軽やかに駆け足気味に
捌ける。 

ここでもテンション高く
元気な禅さんジャックだけど
クルーダウンしたら
ドっと疲れが出そうな気がして
明日も公演あるのに~って。
まだトークショーあるのよね。
嬉しいけど(笑)
余計な心配もしてしまうファン心。

だから 明日も見届けに行こう。(爆)



あっ トークショーは覚えてるところだけでも
別記事でまとめま~す。

早くしないと・・だんだん忘れていっちゃう。(笑)



2014.11.24.09:49


 @四季劇場 自由

久し振りの再演『コンタクト』です。
3篇のストーリーから成る
ダンスで魅せる作品


出演者

Part 1 SWINGING

     ブランコに乗る女・・・・・ 相馬杏奈
     貴族
     ・・・・・・・・・・・・ ツェザリモゼレフスキー
     召使い・・・・・・・・・・・・ 松島勇気


Part 2 DID YOU MOVE?
     妻・・・・・・・・・・・・・・・ 坂田加奈子
     夫・・・・・・・・・・・・・・・ 牧野公昭
     ウェイター長・・・・・・・ 金久 烈

岩崎晋也  松島勇気  加藤久美子  
宮田 愛 西尾健治 水原 俊  村上今日子
加島 茜  新庄真一   ツェザリモゼレフスキー




Part 3 CONTACT
   マイケル・ワイリー・・・ 田邊真也
   バーテンダー・・・・・・ 牧野公昭
   黄色いドレスの女・・・・井上佳奈

岩崎晋也  松島勇気 加藤久美子
宮田 愛 大森瑞樹  西尾健治
相馬杏奈 村上今日子 水原 俊
新庄真一 加島 茜  森佐和子
ツェザリモゼレフスキー (敬称略)



小気味よいダンスが見どころ。
3人の女性のエピソード


ブランコ遊びをする貴族と
ピンク・ドレスの女性
それに従う召使

 だが実は! というオチが付きます。
今回のキャスト
ツェザリモゼレフスキーさん
ダンスに乱れが見えたような?
ラストのオチがちょっと違和感。
松島召使がワイルドな雰囲気で
入れ替わるのに・・・ 
う~~ん ちょっと似合わないなぁと
思ったのは自分だけかな?

このキャスティングは
なかなか難しそうだ。


ブルードレスの女性
横暴な夫と レストランに
食事に来た女性

動くな しゃべるなという夫から
逃れるように 白昼夢に浸る。
レストランのウエィターとのダンス・・
ブルードレスの女は坂田さんが。
坂田さんは黄色いドレスの女性も
演じた事もありますが
どちらも良いですね。

そして 黄色いドレスの女性
マイケル・ワイリー
世で成功をつかんだ男だが 
孤独に押しつぶされそうな43歳

ある店で ダンスをしに
現れる黄色いドレスの
謎の女性と出会う。

激しいダンスと共に
彼女を求めるうちに
孤独から抜け出し 新たな一歩を
踏み出そうとする男
男の住む部屋の下の階には
黄色いドレスの女とそっくりの女

彼女は・・いったい

黄色いドレスの女 には
井上さん あまり個性を感じないかな?
歴代キャストって振り返ってみて
直ぐに思い浮かぶ方と
そうでない方がいます。
初演キャストは 印象が強い。
さて井上さんは どうか?
時が立たないとわかりません。(笑)

田邊さんワイリー
この役に田邊さんが来るとは
思いませんでした。

ストレート・プレイから
Song&Danceのような作品
そしてダンスをメインとした作品に
キャスティングされる。
役幅が広い~。
でも、加藤さんコピーかと
思える部分もありましたよ~。
四季の場合は形ありき、
そんなイメージで
加藤マイケルからのアドバイスも
勿論大きい事でしょう。(笑)

キャストが変わっても
大きく作品のイメージが変わる事は
少ない。

時折 ご本人の持つキャラの力で
新しい役が出来上がる事がありますが。

これは四季的には GOOD?
   NG?(笑)

久しぶりの『コンタクト』
四季のダンス力の高さを改めで感しました。





2014.11.24.09:11
ついに 本日3本目の『スリル・ミー』

”彼”・・・・・・・・・・柿澤勇人
”私”・・・・・・・・・・尾上松也

話題に上っていた
歌舞伎界の尾上さんの”私”

理由なき殺人を犯すまでの
二人の心の奇跡

いままでにない”私”
”彼”に対する思いがまとわりつくようです。
情念と言いたくなる重苦しい思いが
そこに投げ出される。

柿澤”彼”は一番
”私”の思いに反応を見せる
怒りも拒絶も興奮も一番わかりやすい。

反応するからでしょうか
弱みを見せて泣き崩れる”彼”に対し
何故か 表情は硬いけれど
怨念に通じるような思いが見えるようでした。

タイプ違いのように 思えたのに
舞台で二人の世界を作り出していて
見入ってしまいました。

どのチームも 同じく 私を彼を
演じているのに、違う世界を
作り出す。

そして この3回公演
ピアノ伴奏 朴勝哲さんです。
3公演・・・凄いわ!


どの二人の世界も『スリル・ミー』
あとはきっと好みの差

どの”私”と”彼”に取り込まれるか(笑)
2014.11.24.09:06
次の回 キャストは

”彼”・・・・・・・小西遼生
”私”・・・・・・・松下洸平

『スリル・ミー』初演からの
松下”彼”

こちらは怜悧な”彼”と
ただただ彼を慕う”私”がいた。

松下”私”
一番ピュアで なぜか一番幼い
”私”に見える。

”彼”を失いたくない。
その思いがすべての事件の
根幹にある事が納得させられる
二人かもしれないと思えた。

小西”彼”
彼の深い思いに気づかない
自信満々な”彼”
捕えられ 判決時の
まだ壊れていない
倒れても泣き崩れても
強い”彼”が見え隠れする。

最後の消えてゆく姿は
ビジュアル的に美しい。

この コンビも 見どころは
たくさん!
2014.11.24.09:05

 3組の『私と彼』

実際に起こった殺人事件を題材にした
ミュージカル、『スリル・ミー』

たった二人の出演者とピアノ

物語は 私が罪を償い
解釈放になる審判のやり取りから
始まる。
二人に名前はない。

”私”と”彼”
幼い頃から一緒の二人
学校も飛び級をする優秀な
19歳の若者二人が
スリルを求め 放火 盗みなど
犯罪に手を染め エスカレートして行く。

ついには見知らぬ子を誘拐
殺人まで犯してしまう。

彼の強さ 彼を慕い

言うなりの私 

一本目の 

彼・・・・・伊礼彼方
私・・・・・田代万里生 (敬称略)

声の出演
審理官・・・大鷹明良
審理官・・・檀臣幸
アナウンサー 前田一世
 檀さん急逝されてしまったけれど
 ここでお声が聴けるなんて・・・・。


田代”私” は爽やか青年系
”彼”を自分のものにしたいだけの
思いも執着も重さを感じさせない。

伊礼”彼”は かなり落ち着いて見える
観た感じも 声の低さもそれに
拍車をかける。

田代”彼”が願い 求めても
その思いが伊礼”彼”には
届いていない感じがする。

ゆるぎない岩のような
跳ね返す何かが見えたような気がした。
だからよけい重さをかんじないのかな?

2014.11.24.00:38
もう昨日になってしまいましたが
『スリル・ミー』の3ペアの感想も
書けないまま 午前10:00。
『クリエ・ミュージカル・・』の
東宝ナビザ先着先行開始の時間に
なってしまいました。

抽選で外れ プレイガイドもほぼ全滅。
僅かでも希望を繋ぎ 
祈るような気持ちで
10:00を待ってTRY。

奇跡が起こる!(笑)
後方席ではありますが 希望日が
取れました。

これで今日の予定公演に
開演に間に合うように出かけられます。

13:00 浜松町 四季劇場 自由
演目は『コンタクト』
2時間ちょっとの演目は
あっと言う間に終り・・・
青山の『ワンダーランド』に駆け足です。

最終目的地は『ワンダーランド』

なんと言っても今日の
『アリス・イン・ワンダーランド』では
禅ナイトを含む キャストの皆さまの
トークショーがありましたから。


もう楽しすぎ!
よい雰囲気のカンパニー
トークショーも 超楽しい!(笑)

新納芋虫も
平方ウサギも
そして禅さんも キャラ立ちすぎ。

でも 参加メンバー多すぎて

それじゃトークショーに
なってニャーよ(笑)

質問 コメント もっと聴きたい。
楽しいのは楽しかったけどね。

という事で まだ
『スリル・ミー』の記事かけてないうちに
次の宿題が増えた(爆)

『スリル・ミー』 3ペア
『コンタクト』
『アリス・・・』

今 ガトちゃん気分だ~

楽しくやれば 意外とかんたんだったりするぜ。
 明日 間に合わニャ~~イ(爆) 

2014.11.22.23:56
たった一日だけ
3ペアが全部見られる日があって・・

それが本日でした。

伊礼×田代 12:00
小西×松下 15:30
柿澤×尾上 19:30

全部観ると その印象の
違いがよくわかります。

『アリス・・』お休みして
こちらに来て 
『スリル・ミー』 3公演!
・・頭の中がスリル・ミーに占拠された (笑)

流石に・・疲れました。
感想も、まとまらな~~~い (汗)

2014.11.22.00:12
『十二夜』@旅公演

いつの間にか発表になってました。

『十二夜』
ヴァイオラ/セバスチャン
・・・・・・・・・・・・・・・・音月桂
オーシーノ・・・・・・・・小西遼生
オリヴィア・・・・・・・・・中嶋朋子
マルヴォーリオ・・・・・橋本さとし

フェイビアン・・・・・・・青山達三
サー・アンドルー・・・・石川禅
サー・トービー・・・・・壌晴彦
フェステ・・・・・・・・・成河
マライア・・・・・・・・・西牟田恵
船長・・・・・・・・・・・ 宮川浩
アントーニオ・・・・・・山口馬木也


生島翔  内田紳一郎  折井理子
キムスンラ  河野しずか 佐々木誠二
扇田森也   平野潤也  真瀬はるか
(五十音順)(敬称略)

梅田芸術劇場
2015年4月10日~12日

公演期間は 3日間 
初日のソワレ 一公演
翌日と楽が2公演ずつくらいなのかな。

詳細はまだですが あっても5公演かと
読んでいます。

そして大分公演
2015年4月7日(火)18:30


こちらは何とも遠征は考えにくい
一回公演でした。(笑)


でも大阪 11日に『デス・ノート』のチケットを
押えてしまったので 行けるとしたら
初日か楽のどちらかだなぁ。

見られるのは一公演
たった一回の公演を見るため
大阪までねぇ~ 
きっと行っちゃうのよね。



  すべては愛だっ!(笑)


まだ ワンダーランドから帰れません。
ソワレ公演 イカれたお茶会の2次会です。(笑)

お茶会シーン
考える時間がなくて アリスの欠点を
書けない芋虫くんに
モリスたん かなり激しく
グス グズですね グズ!みたいに
三連発攻撃されてました。

しかし 芋虫くんの反撃(笑)
帽子屋のクイズのシーン

見ているものを食べる
食べるものを見るのは同じ・・

お前の場合は同じだっ!と
帽子屋に言われると

すかさず バァーカ3連発攻撃。
お返しだ~(笑)


君の手助けをさせてくれ
きっと何かの役にたつから
ナイトの申し入れは
却下されてしまいますが・・
息せき切って両手を広げ
アりスにお願いするシーン

今までは ハイッ! って言っていたのに
先日 勢いのあまり禅ナイトが
 ウォーイッ! と言ったので
ウサギくん ガトちゃんもそれに習い
ナイト軍団まで・・・・(笑)
翌日のマチネは ハイッ!に戻ったと思ったら
ソワレ では
ウォーイッ!勢いだけじゃなく
形を仕上げて来ました。
これもありっ!だね~(笑)

アリス 捌けながら
バイな~~ら♪ 
禅ナイトっては、背中を押されながら
アリスを追いかけもう舞台袖に
入るころ 情けない感じで
アリスー バイなら~って○※▽・・、
ここでも何か一言は 言ってる事が多いみたい。

クロエを助けにナイトたちの登場シーン
ナイトのとび蹴り 思いのほか高いっ!
・・がすぐに 倒されるのはお約束で
帽子屋さんの 弱いっ!が追い打ちをかける(笑)

芋虫クンも エル・ガトちゃんも一緒に倒されてるけど
早く片付けて・・・とか
スペース空けて・・・とか言う帽子屋さま~(笑)

アドリブが飛び交います。
モリスの 帽子屋さま万歳!のシーン 
動きが歌舞伎Verになったりしますが、
帽子屋さまの一瞥でスゴスゴと引き下る。
見得を切るシーン なぜか笑っちゃう。
毎回見られるようになるのかな?(笑)

一幕ラスト
鏡の国へ♪
初演のまま変わらずに
禅ナイトが へそを隠せ~と
叫んでいますが 突然の雷?
あまり雷らしくない効果音に

初演芋虫JOYクンが
~芋虫 へそがな~い~と
拾っていたのが面白かったけど
今回は スルーなのが残念。


2幕 囚われのナイト&芋虫&エル・ガトちゃん

ここでは ナイトがモリスに向かって
バカァ~。バカァ~
まるで小学生の喧嘩のようです。
僕たちもつれて行ってよぉ~
ここもセリフの言い方が低年齢化してるかも。
いったいあなたはだれ?
あなたはいくつ?(笑)

新納芋虫くん マイペース。
あの後出しの間は絶妙で
こちらのツボにぴったりです。
アンサンブルさんたちも パワフルに弾けてる
『ワンダーランド』です。


本日のカテコ劇場(笑)
安蘭アリス
カッコよく 両手を広げ
キャストたちを見ながら センターへ
ご挨拶して後ろに下がり皆と並ぶ
ここから お隣 禅ナイトと一緒の
ペガサスくんを さてどうしてやろうかと。

ペガサスくんの顔に近づき・・・
かじるマネをすると
あなたはあっちねと(笑)

上手 下手にわかれて
捌けながら 禅ナイトもちょっとだけ
かじるマネっこ。
そしてペガサスくんで
平方うさぎさんの背中を突いて捌けていきました。

さらにカテコは続き
今度は 禅ナイト&仲間たちも
アリスの後をついて捌けようとしますが
アリス 帽子屋さんと腕を組み
禅をかるく突き返し、
後ろをついていたうさぎさん
禅ナイトを追い抜き その後ろの 
エル・ガトちゃんと芋虫くんが追い抜きそうになり
慌ててピョコンとお辞儀して
駆けだしてゆく 禅ナイトでした。

カテコの様子も楽しい~けど
皆さま やはりお疲れのご様子。

でもこれから 鬼のスケジュールが
控えてま~す。


 僕たちに手助けをさせてくれ~
           (心の声) 
 
焦らずにじっくりと通い
 客席を埋める事

 楽しく舞台を楽しむことが力になる。

 
     でしょ?(笑)

イカれたお茶会 また来てるし~
もうどうかしちゃってるともさ~♪


禅ナイトのお言葉ですが・・・
お茶会参加が癖になり
遅れちゃ大変~とばかりに
駆けつけてしまいます。(笑)

それも本日は、マチ・ソワで
ございます。

平方うさぎくん
最初の仕切りも 
客の乗せ方も滑らか~、
塩タクターとの息も合います。
ウサギミミのスマホは
もっと見せたほうが面白いと思うゾ。(笑)

芋虫くん
魅せ方がうまい。
でもちょっと声に疲れが
見える気がする。
皆さん ハードだものね。

メモの時間短くなったよね?
メモってるの?と
アリスも聞かなくなったし。(笑)

緩急のついた芋虫で
そこも面白い じっくりゆっくり
考えてるばかりじゃないよ
やれば出来る子って感じだもの。(笑)

帽子屋さん
ハートの女王の前で控えているけど
その時の表情が 面白すぎ。
女王の口真似をしたり への字口になったり
お澄まししてみたり

初演とはちょっと変わった役作り
怖いだけじゃなくなってる。
アリスの一部としての帽子屋なら
再演の作りの方が似合う気がします。

禅ナイト 
テンション非常に高く
ジャンプは低く・・ (爆)
あっ とび蹴りはまぁ高かったけど・・。

休演明けの公演の足元が心配になる重さ。
お言葉とはウラハラに
お疲れが見えたけれど
本日は 足元の不安は大丈夫そうかな。


でも今度は 歌い上げの時の
つややかな声に ちょっと陰りが見えたようで
ちょっと心配。
登場とともに ペガサスくんと
走り続けます。

アリスへ歌う 
君のヒーロー♪は
ますますウザくなり
アリスにかなりな嫌がられて
ひどい言われよう。
まったくめげずに なんで~?
こんなとこもナイトのナイトたる所以か。
そっち方向に行くのか ナイト~。(笑)

安蘭アリスの額も汗
平方うさぎ・・あの衣装で見えないけど
たぶん滝の汗。

禅ナイトのブルーのお膝
なにか汚れてるみたいと思ったら 
 ひょっとして汗でしょうか?
サポーターもしてると思うので
サポーターが吸った汗が
膝をつくと 沁み出してくるのか。
とストーリーとは違うところが
気になってしまったり…

これは よくないとちょっぴり反省です。

アリスの一部分としての
それぞれのキャラが立ったままで
成り立ち纏まっている感じは
初演よりも強く感じます。

楽しいだけじゃないけど
楽しいんだニャ(笑)


カテコ 安蘭アリスの登場は音楽とともに
笑顔で登場 キャストの前を通り
センターへ・・・
ご挨拶して皆の並びの中へ下がる

カテコ劇場はここから?(笑)

後ろに下がると禅ナイトと一緒にいる
ペガサスくんの手綱を取り 
ペガサスくんを取り上げてしまいました。
禅ナイトには・・あっちに捌けててねと言うので
ペガサスくんとお別れした禅ナイト
お手振りはしたけど 平方うさぎくんの背中を
突くことが出来ませんでした(笑)

さてさてさてさて…
モリスたんじゃないけど イカれたお茶会は
まだ続きます。

一休みしたら 今度はソワレ~♪