現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2013年09月
2013.09.30.20:30

『レディ・ベス』の上演決定!

2014年夏 梅田芸術劇場
2014年8月 博多座
2014年9月 中日劇場
期間は未定ですが
上演決定が掲載されました。

あれあれ?
東京千穐楽は
たしか 5月24日だったはず。
6月は・・どうなるの?
禅さん誕生日があるんだけど。(笑)

夏と言うからには
7月頃がイメージされますが
なぜに6月が微妙に空いてるのか?
気になります。

梅田芸術劇場さんと博多座さん
どちらが先か わかりませんが
大千穐楽は名古屋になりそうです。

来年は 1月から
『モンテクリスト伯』の
大阪・名古屋遠征がほぼ決定
しているのですが、
こちらの『レディ・ベス』も
石川禅さんご出演!

追っかけ遠征を

 多分・・するだろうな~(笑)


2013.09.30.20:12

ミュージカル『モンテ・クリスト伯』
製作発表が都内某所で行われました。
参加者だけにお知らせとなっているので
場所はあえて某所という事で・・。


出席者
石丸幹二 花總まり 岡本健一
石川禅 坂本健児 濱田めぐみ
彩吹真央 村井國夫 (敬称略)

お名前は 制作発表の幕に
記載の順です。

これに演出の山田和也さんが
端っこ席に(笑)

各プレスさんが前方に陣取り、
質疑応答と 3曲の歌唱披露。

女海賊は Wキャスト
本舞台では一緒に歌う事は
ないのですが 今日は特別アレンジで
お二人のデュオでした。

南々西に進路をとれ~♪
男らしい歌詞が見事に嵌る
濱田さん(笑)
負けずに彩吹さんも。

花總さん歌う曲
石丸さんの歌と続きます。

石川禅さん 坂本健児さんの
お歌は無し・・
まぁ 禅さんは ただ今
別公演で本舞台で数少ない休演日だし(笑)
サカケンさんも 別演目が
つい先日 千秋楽を迎えたばかり

本日の歌唱披露はないだろうとは
覚悟していましたが・・
すこし残念。

しかも 噂によると
このお二人 本舞台でも
ソロ曲はあるのかどうか???
そんな役回りらしい。

ミュージカルだから
この二人のソロ聞かせて欲しいけど
ストーリ-からして無理なのでしょうか?

思ったよりも早目の終了で
あっという間でした。

個々のところ 赤いジャケット姿で
オールバック一つ結びの髪形の
禅さんばかり見慣れていたから
スーツで秋色っぽいナナメストライプの
ネクタイ姿の禅さんが とっても新鮮(笑)

製作発表も終り
公演中の某演目も楽が近い。

そしたらすぐお稽古だな~きっと。
新作ミューだものね。

12月 トーク・ショーも
禅さんの参加日が発表されているし、
この製作発表に申し込みために
チケット追加しちゃったけど
あんな禅さんが見られたら
 
          
  ・・・・・・・後悔はしていない。(爆)


2013.09.29.21:22
東京楽が 近づいて来ます。
始まってみれば 早い事!
またまた 渋谷のヴェローナに
来てしまいました。(笑)

本日のキャスト


城田ロミオに 宮尾死のダンサー
そして東山マーキューシオです。
松也・ベンヴォーリオもいたわ~(笑)

今日の消えたロミオ捜索編 
また消えた~ 
次にあったらあいつに
100倍がえしだ~!なんて
いいながら下りて来ました。
GPSはなし(笑)
いつもの位置の階段でコケる(笑)

加藤ティボルト
なんか熱いティボルトに
なって来た感じ?
クールさは無くなってないけれど
なんか歌や動きが激しくなってる
気がする。



宮尾・死のダンサー
俯瞰する死。
高い位置から じっと
狙いをつけ見つめてる印象
これもまた 怖い死。
ロミオを同じで トリプル・キャスト
3人違ってみんな良い。

しっくりと落ち着く城田ロミオ
莉奈・ジュリエット

ですが・・・・
今日はロミオの最初の登場
席の位置が悪くて(後方上手の端)
全く見えません。
S席でこれって!
おなじくジュリエットが
ティボルトの死を聞かされるシーンもです。

前の方がたまたま大きかったとか
おダンゴ頭だったので
見えなかったのとは違いますから。
この席に当たった方は全員間違いなく
見えないと思います。
演出の関係ですが、
端の席はA席に設定するとか
・・考えて欲しいですね。

達者な松也ベンヴォーリオや
東山マーキューシオとの
絆も見えて 
今日は 岡田パリスでしたが
加藤オシャレピンク・ゴリラに
免疫が出来たので
正統派???岡田パリスが
薄口に見えて来た~(笑)

本日、ちょっとトラブルが・・・。
綺麗は汚い♪のシーン
乳母さんがイケメン組に倒れ込み
帽子を取られるところで
マイクがひっかかったようで
歌い出しが生声になっていました。


それでも聞こえて来るから
乳母さんさすがですよー。
ズレてしまったマイクは自分で
移動しながら調整して
無事復活していましたが
この後 ソロに続きますから
マイクがズレたままではね
いや~ 良かったよかった。


そして、石川禅ジュリパパ。
加藤ティボルト相手でも
台詞がヒートアップ
かなり激しい
借金を無くしてやろうと
してるんじゃないか! 

ウルウル度もグ~ンとUP中↑
娘よ♪の感情のノリが凄い。
ラストまでにコンタクト・レンズが
流れるんじゃないかと
心配するくらい。

キャストが変わっても
纏まりのある良い舞台を
魅せてくれます。

本日のカテコ
キャピュレット・ダンサーズ
& 未来乳母!

ダンスで決め可愛いポーズで決め!
見事な締めでした。(笑)

キャピュレット夫妻は
宮尾死のダンサーを両側に出てきた。
ジュリエットは加藤ティボと一緒だったかな。
死のダンサーと離れてから
ジュリエットの傍に行こうと
軽いスキップ(笑)
でも曲は終りに近く
定位置に移動となりました。(笑)

カテコ・パフォーマンスの
禅・キャピュレット卿の出番は
あるのでしょうか?
そしてその回を見る事は出来るのでしょうか?

手持ちチケットは 前楽と千穐楽の
2枚だけになってしまったし
カテコの登場は・・
予告されていないからなぁ~

どうか 神様
禅さんパフォのその日に
出会えますように。
 お願いします~~♪
     (byジュリエット)


2013.09.28.23:19

連日の『ロミ・ジュリ』ですが
キャストが違う
今日は職場友と一緒の観劇。

本日のキャスト


古川ロミオ×城田ティボ
強く荒ぶるティボルトに
繊細で優しいロミオ。
そう見えます。

城田・ティボ相手に
禅・叔父上のテンションも
めっちゃ高い。
怒鳴り声なセリフ
そして足音も高めに去って
行きます。

優しくてちょっと頼りない古川ロミオ。
なのでジュリエット お相手はティボでも
良いじゃんって思ってしまう。

バルコニーの下で
ロミオ♪の歌を聞くと
めっちゃ嬉しそうな顔する(笑)

3人のロミオの中では
一番おとなしいロミオが古川くんかな。
追放を言い渡された後の古川ロミオは
うずくまるだけでなく 倒れてしまうのですね。

ほんと3人ともタイプが違うロミオを
魅せてくれる。

そして城田ティボは透明感がある。
死に急ぐロミオの雰囲気を
拭い切れないのかも。
そういえば城田クン左利きですよね。
涼風叔母上にナイフを出す時
加藤ティボとポーズが違うのは
そのせいか。

ロミオもティボルトも
城田君が演じると死の国に
旅立ってしまうのが分かる気がします。


松也ベンヴォーリオ
舞台での立ち方を心得ている
そんなベンヴォーリオ
流石歌舞伎のお坊ちゃま。
ダンスも慣れて来た。
世界の王 目立ってました。

アドリブも冴えてます。
ロミオの行方 風の次には
地球に聞いてみようたっだのが
本日は・・
風に聞いての次は
GPSまで飛び出した。(笑)

そうだ GPS使ってみよう
あっやばい 携帯落としちゃった。
まっいいや こっちでと
と上手通路を駈けだす。
お約束7・8段目の
階段の始まるあたりで コケて

いたっ ほんとっ痛い、
なんだよ~この中途半端な高さの階段~。

毎回 ちょっとずつ違うので
なんて言ってくれるのか
楽しみ~♪(笑)

フランク・ジュリエット
連投で頑張っています。
感情のこもったジュリエット

少し感情が先走り
台詞部分が聞き取り難くなるところが
出てきた気もしますが歌は大丈夫。

水田マーキューシオ
ブレイク・ダンスも決まる。
お歌になるとちょっと怪しい(笑)

死のダンサー
今日も中島周さん
3回連続ですが ますます怖いっ!
コレ褒めてます。(笑)
いたるところで自然と目に入って来るし~。
存在感を消し存在する死のダンサー

そして石川禅キャピュレット卿


抗争を押さえる 退散~~っ!
舞踏会での  さぁ~始めよう!
ティボルトを押さえる厳しい声、

短いセリフでもしっかり届いて来る。

娘よ♪の 目を潤ませ思いを込めたソロ。


エンディングのエメ♪

愛は残る~永遠に~
 エ~メ~♪

禅パパの声をしっかり聞きわけて
います。(笑)


カテコは城田ティボルトがいる日なので
キャピュレット家はそろうと・・
パリス伯爵には共同で防御線を
貼ってたけど
ジュリエットをティボルトに取られてた?
そのティボルトも 最後はロミオに・・(笑)

それでも チョンチョンと跳ねながら
笑顔の禅パパでしたが
最後の手拍子は今日もしていなかった。
なんでだろう?

明日も渋谷ヴェローナ!
     (またかっ!)Byロミオ


 楽しみです。(笑)






2013.09.28.00:22

@新国立小劇場

舞台を取り囲むように
配置された座席
時々小劇場はこうなりますね。
少し端ですが舞台には近い。


劇中には、弦楽四重奏団
Lazara Quartet (ラザーラ・カルテット)が出現、
メンバーはエリオット アラン カール
そしてドリアン 気心の知れたメンバー 
4人の練習風景 
ところがドリアンが鋭く仲間を批判したり
亀裂が生まれる。
エリオットとの関係も見え隠れ、

結局 ドリアンは楽団を去り 
代わりのメンバーを探すが
なかなか人が見つからない。
オーディションを受けに来たグレイス
エリオットをはじめ皆が気に行って迎え入れるが・・・
そのことがまた問題を引き起こす。

新しいメンバーを得たカルテットは、
演奏会に難曲を選ぶが
リーダーであるエリオットは演奏ミスばかり。
本番まで時間がない。
カールの抱える秘密も発覚し、不穏な空気が漂う中、
どうにか無事に演奏会を終え楽屋に
戻った4人の前に、突如としてドリアンが現れて……



出演
エリオット・・・・・・・・・・・段田安則
アラン・・・・・・・・・・・・・相島一之
ドリアン・・・・・・・・・・・・加藤虎之介
カール・・・・・・・・・・・・近藤芳正
グレイス・・・・・・・・・・・伊勢佳世

声の出演
大統領・・・・・・・・・・・・原廣義
ナイジェル・・・・・・・・・斉藤直樹
オーディション係員・・・田嶋真弓
          (敬称略)

とにかく間合いの求められる
台詞の応酬が続く。

エリオット アラン カールの
手慣れて小気味よい会話に
ドリアンの絡みが絶妙、

そして 舞台が進むとその
ドリアンが辞めてからの
3人の距離感が増す・・・
隙間がだんだんと見えて
来るのがわかる。

グレイスの戸惑いながらの
カルテットへの参加もそれらしく
仲間たちと合わせようとするのが
可笑し味を生む。

グレイスのセリフが背を向けて
言われる事が多く ちょっとはっきり
しない部分もあったけれど、
良い間合い。
ドタバタはあるけれど
楽団内のトラブルが結構深刻だし
・・
おじさんカルテットを取り巻く
大人のコメディ と書かれていますが
これ コメディなのかな?

休憩なしの約2時間
存分に楽しませて頂きました。

そうそう 見間違いでなければ・・
客席に笠井アナがいらっしゃいました。


2013.09.27.23:53


今日はこんなキャスト


城田ロミオ しばらくぶり?
ティボルトとして3公演観たあとの
城田ロミオ・・
ロミオに戻ってました。
ティボルト役では、オーラがあり過ぎて
ロミオ役の方が落ち着きが良い感じ。
前回公演から見続けた慣れもあるのか
しっくり来ますね。

前ブロックの下手席だったので
ベンヴォーリオが
通路を通り過ぎてゆくのが近い。
ロミオも通路席からの登場もあります。

フェイスブックに募集中って出せば!
そっか!とスマホを取り出すロミオ(笑)
そういえば・・古川ロミオは スマホ
出さなかったなぁ~

加藤パリスの妙な存在感
ジュリエットの相手に
彼を選ぶパパに
ひど~~~いっ!と思うけど 
舞台的にはありなんだと
思えて来る。(笑)

舞踏会ではティボルトに押され
ベンヴォーリオやマーキュージオに
いじられ度が岡田パリスより
大きいかも。

加藤ティボルトとキャピュレット卿
禅・キャピュレット卿のテンションが
ちょっと控えめに感じる。
VS 城田ティボルトよりも
声を荒げるシーンが少ないのかな。

僕は怖い♪
死のダンサーは中島さん
相変わらず死の影をまとう
人と思えぬ存在感で
ピルエットも・・何回まわっているんだろ。
そしてピタっと止まる
蠢くように忍び寄る 
ジャンプも高く激しい息使いに
なってる筈なのに 音を感じさせない。
舞台の上に気が着くと居て
ふと 目を奪われる死です。



今期の舞踏会の
石川禅キャピュレット卿
あちらでキャピュレット家のワインを
お楽しみください。

今期のアドリブは
 当家のワインを最高ですよ♪
これくらい?(笑)
前回公演はいろいろ
言っていたけど・・
今回公演では
落ち着いたキャピュレット卿を
魅せてくれている気がする。

夫を愛していないと聞かされた時も
変に笑いで誤魔化す事が
無くなりました。
表情はあまり変えず
少しだけ顔をそむけるだけ。
今期の役作りの方が
キャピュレット卿としては好みです。

軽い人物に見えると
娘よ♪の心情が
伝わり難いと思えます。

暗い舞台
スポットに照らされ 
歌われる 娘よ♪
この声を聴きたくて
来ちゃうんだとじみじみ思う。

カテコでスキップで飛び回るのは
素の禅さん?(笑)

キャピュレット家メンバーが
自然に集まり輪になってスキップ
しながらダンス。
ロミオがジュリエットを
連れに来るパターン


大人組の安定した役に
若者組のエネルギー
上手く噛みあっている舞台と思います。
アンサンブルさんの熱気も凄い。

エネルギーを発する舞台には
惹きつけられます。

スタンディングも出てる!
今日も大満足の 
『ロミオとジュリエット』でした、
 












2013.09.26.23:59

こんな マチ・ソワ
ヴェローナは熱かった。
城ロミオとフランク・ジュリ
しっくり来るコンビ
しばらくぶりの加藤ティボも
クール!

石川禅キャピュレット卿
両家の抗争に飛び出して来る!

カテコ ノリノリでステップを
踏んでいるかと思えば
一人だけ 手拍子を忘れていたり・・(笑)

未来乳母とジュリエットと・・
キャピュレット一家 手をつないて
クルクルダンスしながら
ロミオを前に立ちふさがり通せんぼのポーズ
ジュリエット略奪を防ごうとしてたけど
あっさり連れて行かれてた。(笑)
カテコ・ミュージックが終わりそうだったしネ


でも別作品『OPUS/作品』を
見てしまったので
帰りも遅くなってしまったし
感想は思い出しながら・・
じっくりと書くことにします。(笑)

こちらの作品があまりの別世界なので
一気にヴェローナからニューヨークやら
ロンドンやらの部屋の中に来てしまい
ちょっとその世界から抜け切れません
 
 段田安則
 相島一之
 加藤虎之介
 近藤芳正
 伊勢佳世
 他・・・声の出演も
ありますが 
出演者で感想がある程度
予測できそうじゃありませんか?(笑)

演出 小川絵梨子 
   (敬称略)

初めてではありませんが
いつもの新国立小劇場と
ちょっと違う形の舞台になっている。
中央に舞台が出現し
双方と左右を客席が取り囲む。

見難い部分もあるけれど
立体的な印象の舞台。
これも改めて感想を書こうと思います。


今日は列車のトラブルが多かった日

プチ遠征は・・・これが怖い!
でも移動中は影響が少なくて
助かりました。

2013.09.25.21:24
@サンシャイン劇場
短い上演時間の作品ですが
キャラメル・ボックスらしい作品かなと
思いました。

未来・・・子供たちは
学校に行かなくなった。
自宅でパソコンで勉強をして
単位を取ってゆく

父親も家にいることが多く
会社には週一回の在宅勤務。
空手の鍛錬もパソコンを
覗きこみながら・・
実践の経験はない。

そんなレミ ソラコの
夏休みも終わりが近いある日
レミのおばあちゃんは
高田古道具店で 
10年も買い手のなかった
一体のアンドロイドを買ってくる。

そのアンドロイドは
宮沢賢治をモデルに作られた
教師ロボット ケンジ先生だった。


どんぐりキャスト
ケンジ先生・・・・・・・・・・・左東広之
レミ・・・・・・・・・・・・・・・・林貴子
コウタロウ・・・・・・・・・・・・三浦剛
チエコ・・・・・・・・・・・・・・大森美紀子
おばあちゃん・・・・・・・・・石川寛美
ソラコ・・・・・・・・・・・・・・笹川亜矢那
トシコ・・・・・・・・・・・・・・・渡邊安理
シラキ・・・・・・・・・・・・・・岡内美喜子
クロサキ・・・・・・・・・・・・・畑中智行
ネヅ・・・・・・・・・・・・・・・・鈴木秀明
タカダさん・・・・・・・・・・・西川浩幸
        (敬称略) 


この作品は 山猫ヴァージョンがあり
別キャストで公演され
昨日が千穐楽
本日が どんぐりキャストの千穐楽。

たった一日、なんとミックスキャストという
日も有りました。

山猫キャスト
ケンジ先生・・・・・・・・・・阿部丈二
レミ・・・・・・・・・・・・・・・・原田樹里
コウタロウ・・・・・・・・・・・・筒井俊作
チエコ・・・・・・・・・・・・・・岡田さつき
おばあちゃん・・・・・・・・・坂口理恵
ソラコ・・・・・・・・・・・・・・小林春世
トシコ・・・・・・・・・・・・・・・実川貴美子
シラキ・・・・・・・・・・・・・・前田綾
クロサキ・・・・・・・・・・・・・小多田直樹
ネヅ・・・・・・・・・・・・・・・・鍛冶本大樹
タカダさん・・・・・・・・・・・多田直人

いやぁ こちらも気になりましたが
なにせ スケジュール的に無理!(爆)

チェックしていた
『ハックルベリーにさよならを』も
どうにも 観に行けそうもなくて
ちょっと凹んでおります。

話を戻して・・・(笑)
キャラメルさんには
アンドロイドのお話は他にも
あったりします。(笑)
おばあちゃんがアンドロイドだったりネ

この作品のアンドロイドは
人間が忘れてしまった何かを
しっかりと心に詰め込んだ
アンドロイドです。
人間よりも人間らしいかも。(笑)
左東さんのケンジ先生
必死さが見えて良い~♪

教えると言う事を通して
自分も学ぼうとするアンドロイド。
反発していたレミもいつしか
温かい心の交流をする様になる。

おばあちゃんの願いは
叶うのか。
昔の記憶にあるアンドロイドは
なんと・・ケンジ先生だった。

レミの友達ソラコの姉
トシコは売れっ子の歌手
いつか歌手になりたいと願う
レミの憧れ。

忙しさのあまり 親友の死に
立ち会えなかったトシコは
心に傷を負って
今にも壊れそうになっていたが
プロダクションのシラキや
クロサキたちはトシコを
仕事へと追い立てる。

レミとソラコ
トシコ そしてケンジ先生

ちょっと強引な話の
展開ではあるけれど・・(笑)
現代の人々が亡くしつつある
自然の中に身を置くこと
温かい人の心を思い遣る事
そんなメッセージがたくさん
詰め込まれている。

これは 別キャストでも
観たかったなぁ~と思ったのですが
公演期間も短く なかなか
都合が合わないのが辛い。

だって千穐楽だもの。
終演後 千穐楽恒例?(笑)
出演者の一言あり

本日のキーワードは
うまか棒(笑)
新作グッズの
みき丸ポーチに詰まっていた
うまか棒

カテコでは アンドロイド衣装の
裏生地に止めてあるゾ(笑)

会場から お声がかかり
(子どもさんの声)
うまか棒 くれるの?(笑)

もう 後で出演者で分けて
頂くつもりだったけど
 君にあけよう~!

カテコの三本締めの後の
特別お見送りに客席通路を
ゆくキャストさんたち。
ちゃんとうまい棒あげてました。
記憶に残る観劇になった事でしょう~(笑)

暮れのキャメル上演作品
『ウルトラ・マリンブル-クリスマス』も
結末が違う二つのヴァージョンですって?(笑)

今度は予定入れられたよ~。
ほんとは 12月って『モンテ・クリスト伯』が
目いっぱい!
だけど 一日くらいなら何とかなるか?


はい! 一日で マチ・ソワ観劇
師走の忙しい時期に 
 
    あ~ また やっちまったい(爆)



2013.09.24.23:26



宮尾死のダンサーを囲んで
古川ロミオ&禅パパの三人のショットが・・・。
たくさんのツィにすぐ流れていって
しまうけれど 捕まえた~~(笑)
2013.09.23.21:23



くるみジュリエット
休演がまた延びてしまいました。
莉奈ちゃんジュリ
 連投が続きますね。


18日(水)13:30公演
20日(金)13:30公演
21日(土)12:30公演
22日(日)17:30公演 を休演します。

これが公式の
これまでの発表だったのに

25日(水)13:30公演
26日(木)13:30公演
27日(金)18:30公演
28日(土)12:30公演
この日も休演と発表になりました。

手持ちのチケットも
変更に絡んでいます。

これほど戻れないなんて
よほど大きな怪我だったのでしょうか?
無理は禁物ですが・・・。


初演よりも足場の悪い舞台
高さのある舞台装置。
移動もライトの落ちた中が多い。


皆さんもお怪我のないよう
気を付けてくださいね~
2013.09.23.20:14


22日のマチソワ時
忘れずに パンフを買い足しました。

一昨日あたりから 舞台写真が
掲載されたタイプも扱い開始に
なっていたので売り場に直行です。

表紙は 稽古場写真のが赤
これは9月3日の
公演初日に既に購入済みなので
今回発売になった舞台写真版の
白い方をお買い上げ。

パンフ売り場では
舞台写真のものと
稽古写真のものがございますが
どちらになさいますか?
と聞かれます(笑)

せっかくの舞台写真版
キャピュレット夫人 涼風さん
横向きの小さい写真しかないみたい。
石川禅キャピュレット卿はそんなにおっきくは
ないけど赤いジャケット姿で載っているのを
見つけました。(笑)

もう少し載っているかと
思ったけど・・・
やはりビジュアル・ブックも
販売している若手がメインなのね。

  大人組は・・・仕方ないか。
2013.09.23.12:24
まだソワレがあります(笑)
ヒカリエの『ロミ・ジュリ』半券サービスで
こんな美味しそうなデザートを。
おなじくマチ・ソワの禅友さんと
美味しく頂きました。



ランチなど注文して半券を提示すると
受けられるサービス。
ほかにも10%引きのお店とかあるので
いろいろ使い分けです。

17:30開演
シアターオーブに戻ります。

キャスト


古川ロミオの影のあるロミオの後
明るくて等身大のカッキーロミオがいます。

やはりタイプが違って
これはこれ 
カッキーが作り上げた
ロミオだね~♪

ソワレ・・あちこちで大きな拍手が起こる
熱い舞台でした。

僕は怖い~♪
柿澤ロミオの歌と中島死のダンサー
忍び寄る死っていうイメージ。
拍手も事さら大きく
少しショー・スト気味なくらい
長かった。

城田ティボ
目立つティボがさらに大きく見えるような
自分の世界を背負ってる。
それに合わせてか
石川禅・叔父上も熱いんだよね。
次回の加藤ティボに戻った時の
禅・叔父上がどう変わるか・・・
 注目だ。(笑)

連投中の
莉奈ジュリエットも頑張ってる。
台詞が自然に聞こえるし
歌も不安定な部分があっても
感じさせないくらい ジュリエットに
なってて好き。

涼風ジュリ・ママの
演歌風の世界も極めて欲しくなる(笑)
ロミオ・ママはちょっとお疲れかな?

そんなママにデコピンされちゃう
松也ベンヴォーリオ
しっかりコケて・・・・・
ベンヴォーリオは
何度もこけるからなぁ~(笑)
そして しっかり踊って
しっかり歌う。(笑)

ロミオを探すとき
風に聞いてみる
と指をかざしてあっち!と

再びロミオが消えてしまって
2度目には
地球の皆さん~

これに今日は観客がお返事。
あっち~ って言ったのかな?
でも~ こっちねと
お約束の客席上手通路を
お約束の微妙な階段に
コケながらの退場に
またまた拍手。(笑)

世界の王♪のダンス
動きに慣れて滑らかに・・・
でもなんか
チョコチョコしてるのが
可愛い(笑)
そして声がツンっと通って来る。
声質は癖がある感じだけど
聴きやすいです。
踊りながら歌うという
キツイシーンですが
さすが歌舞伎でも
体力は基本
鍛えてるのね~。

存在感も体も大きくて
城田ティボがかなり目立つ舞台
カッキーロミオ
東山マーキューシオが
小さく見えると言う。
バランス的には微妙な所も
役替わりヴァージョンの
お楽しみ。


カテコ 世界の王♪にのって
モンタギュー・パパが
センター・ダンス(笑)
これにも大盛り上がり。

次は・・・ジュリ・パパ?
ない???
見られたら嬉しいな。

 期待しよう~~っと!








2013.09.22.23:56
本日は日曜日・・・
時間はあるぞとばかりに
マチ・ソワ決行。(爆)

本日のキャスト
DSCF4018.jpg


まずは マチネ
古川ロミオにお初でしたが
大人しいお坊ちゃまキャラなロミオ
躾のいい箱入り息子で世間知らずな
感じがします。

ベンボーリオ曰く
甘い歌声・・マイクを通して聴くと
ちゃんと聞こえて来ますが、ソワレで
柿澤ロミオを聞くと
やはり迫力で負けてるかなと
思います。

身長はあるし 見た目良いし、
あと頼りがいさえあれば・・・(爆)

携帯アドレス代わりの乳母が
結婚式の日にちを聞きに行くシーンで

貴方が花婿、
う~~ん 大丈夫かしら?

3人ロミオに
其々対応が違うのが面白い(笑)

城田ロミオ
大当たり! たくましいわ~♪

柿澤ロミオ
マッスルポーズを取らせて
胸の筋肉を確認 たくましいわ~♪

古川ロミオ
なぜかお腹にパンチ
堪えるロミオに たくましいわ~♪

トリプルロミオだからこその違い(笑)

これは神父様が結婚式をあげてくれる
事になった時の対応にも現れます。

城田ロミオ
神父さまを振りまわす・・。

柿澤ロミオ
大きくジャンプして椅子から
飛び降り 神父さまを
姫抱っこで回る!

古川ロミオ
飛びついて しがみつき
離さない。


これっ 私はジュリエットではないっ!
カッキー・ロミオの時が
神父様のリアクションも大きい
気がする。
こんなちょっとしたところが
お芝居の面白さでもありますね。

今日の世界の王♪のシーン
古川ロミオ ダンサーさんを
抱えて離す時ちょっと気になる
腕の動きが・・。
どうやらたくさん付いている
ボタンがダンサーさんの
ネックストッキングに絡んで
勢いよく無理に離したようで
その後 そのアンサンブルさんの
ストッキングが少し破れてしまっていた。

引っかかるんじゃないかと
思っていたら 案の定だわ~。(爆)

マチ・ソワだったので
ちょっと気になって ソワレでも
ダンサーさんを注目してしっまたけど
破れはそのまま・・・・
替えはすぐ用意出来なかったのかな?


物語の本筋とは一切関係ないところで
気がかりな事でした。

城田ティボ
迫力があるティボルト
ロミオが少し弱いキャラに見えるから
凄く強く見える。

加藤ティボとは
世界が違うティボルトで
ティボルトのタイトルのお話が
始まりそうな勢いです。

宮尾・死のダンサー
こちらのトリプル・キャストも面白い
はっきりと違う死の姿が見える。

宮尾さん 初日頃から比べ
気配を消して来てるように思えます。

存在感を消して存在しなくては
いけない死のダンサー
踊っても躍動感は押さえる。
確かなダンス力を必要とします。

宮尾さんまだ表情が生き生きと見える時が
ありますが 死の影を纏って来ました
3人とも素晴らしい。



石川禅・キャピュレット卿
快調に飛ばしてる。(笑)
ファンの欲目か 毎回安定度の
高い舞台と勝手に思って居ますが、
舞踏会の 捌けて行くシーン
あちらでキャピュレット家のワインを
お試し下さい。

のあと・・前回公演では
いろいろアドリブをカマしてくれたのですが
今期は 
我が家のワインは最高ですよ~くらいしか
聞いてない(笑)

ソロ曲 娘よ♪
情感込めて 歌い上げます。
目にはうっすらを涙が・・
妻が私に復讐~~~~♪
ここでは自嘲気味の笑みを浮かべ
一曲の中で芝居が完結しています。
劇中劇かっ!(笑)

やはり禅さんの歌が良くて、
飽きることなく通える『ロミ・ジュリ』

マチネも終り!
カテコでは 今日の日替わり

宮尾ダンサーのチビ・ソロダンスが
入りました 廻りで見入るキャストたち

ポーズで決めるのかと思いきや
途中で座り込んだような感じに
なったら 観ていたキャストさんたち

 全員こけた。(笑)

その後のカテコでは
禅さん・ジュリパパ

古川ロミオをマークして
とおせんぼ作戦発動(笑)
最後の最後は ジュリエットを
連れさられ 仕方ないか?と笑顔。

小さなドラマが生まれています。(笑)






 日本のシンドラー杉原千畝
 千畝の発音が難しいと
 別読みの ~SEMPO~


戦時下の日本領事館で
武士道を歩いた人
その生き様を描いたミュージカルの
再演です。
千畝役の吉川さんは続投
カイム役の沢木さんや
あぜちさんも・・・。

でも他のキャストは、ほぼ入れ替えで
演出も変わっていますが
生オケも嬉しい。


キャスト
杉原千畝・・・・・・・・・・・吉川晃司
杉原幸子・・・・・・・・・・・鈴木ほのか

ノエル・・・・・・・・・・・・坂元健児
エバ・・・・・・・・・・・・・白羽ゆり
杉原節子Wキャスト
 ・・・・・・・・・・・・・・片山陽加
             (AKB48)
              佐藤亜美菜
             (AKB48)
松岡洋右・・・・・・・・・・山本芳樹
             (Studio Life)
シモン・・・・・・・・・・・・Kimeru
ニシュリ・・・・・・・・・・・和田琢磨
ファルバスク・・・・・・・・永山たかし
グッシェ・・・・・・・・・・・栗原英雄
ガノール・・・・・・・・・・・熱海将人
ルネ・・・・・・・・・・・・・水野栄治
踊り子・・・・・・・・・・・・徳垣友子
フランツ・・・・・・・・・・・関戸博一
外務省職員・・・・・・・・・飯田太極
ニーナ (Wキャスト)・・近藤亜紀
              (杉原織葉)

外務省秘書官・・・・・・・・宮本竜圭
ローゼンツ・・・・・・・・・・あぜち守
ジョゼフ/陸軍将校・・・・河内喜一朗
            (Studio Life)

エリーゼ・・・・・・・・・・・・・マルシア
カイム・・・・・・・・・・・・・・・沢木順

ユダヤの民・・・・・・・・・・・中本雅俊
ユダヤの民・・・・・・・・・・・下道純一
トニー/ユダヤの民・・・・・・大木智貴
ペーター/ユダヤの民・・・那須幸蔵
ビル/ユダヤの民・・・・・・・中島康宏
コレオ/ユダヤの民・・・・・・佐々木誠
大臣夫人/ユダヤの民・・・遠藤瑠美子
ユダヤの民・・・・・・・・・・・香月彩里
ユダヤの民・・・・・・・・・・・・可知寛子
ユダヤの民・・・・・・・・・・・・伯鞘麗名
ユダヤの民・・・・・・・・・・・・鈴木花奈
ユダヤの民・・・・・・・・・・・・大胡愛恵
ユダヤの民・・・・・・・・・・・・鈴木莉菜
ユダヤの民・・・・・・・・・・・・石毛美帆
ユダヤの民 (Wキャスト)・相馬毬花
               (千葉まゆ)
ユダヤの民 (Wキャスト)・・細田藍良
               (小倉優佳)
ユダヤの民 (Wキャスト)・・加藤綾香
               (鈴木桃子)


ソリー(Wキャスト)・・・・・・山田瑛瑠
                (河崎脩伍)

杉原弘樹(Wキャスト)・・・小島幸士
                (鈴木星那)
           (敬称略)


千畝の妻
鈴木ほのかさんになり・・落ち着きましたね(笑)
支える見守る妻!

前回よりもストレートに
千畝に焦点を絞った感。
今回の方が地味だけど・・・
ストーリーに素直に浸る事が出来る
気がします。

坂元・ノエルと白羽・エバも物語の中で
生きていました。
子役のハリー Wキャストで本日は
山田瑛瑠くんでした。
もう一人 千畝の子役
弘樹もWキャストで
今日は小島クン
意志の強そうな弘樹でした。
前回は子役は確か居なくて
大人の女性が演じてたけれど
やはり子役さんだとリアルで良い。

千畝の秘書官グッシェ
栗原英雄さん
杓子定規で融通の利かない
秘書官役 
四季を退団されてからも
いろいろな役を演じられていますが
ミュージカルでは『デートリッヒ』以来かな?

続投・沢木さんカイム
動きも歌も沢木さん
変わらないなぁ~ (笑)

個人的には今回の方が好みかな?(笑)
千畝の懸命のビザ発給の姿に
泣けて来ました。

ミュージカル『SEMPO』
扱う題材も固いし
明るく楽しいと言う作品ではありませんが
実在の人物 杉原千畝を描き
人としての生き方を魅せてくれた作品

懸命に生きた人々が魅力的です。

拍手が止む事なく カテコ3回も
 スタンディング!





日生劇場
★『ラブ・ネバー・ダイ』
 2014年3月12日~4月27日

出演
ファントム
 市村正親 鹿賀丈史

クリスティーヌ・ダーエ
濱田めぐみ 平原綾香

ラウル・シャヌイ子爵
田代万里生 橘慶太

メグ・ジリー
彩吹真央 笹本玲奈

マダム・ジリー
鳳蘭 香寿たつき
   (敬称略)

アンサンブルなどの発表はまだない状態で
早くも先行がありそうです。
 あっ ツイッターには
載ってた。(笑)

 
  早いっ 早すぎるっ!(爆)


石川禅さんとこから来る
4月 5月の 『レディベ・ベス』の予定が
入れられなくならぬよう(笑)

4月の予定は・・・人事異動など絡むから
ただでさえ立て難いのに
被らないように慎重に日程を考える余裕が・・・

 
    ないくらいに早いよ~
     (でも 決めなくちゃ!) 







2013.09.20.21:14

@彩の国さいたま芸術劇場

ついつい足を運んでしまう
シェークスピアシリーズ
第28弾になります。

オールメール『ヴェニスの商人』
チラシを見ても キャスティングが
わからずでしたが以下の通り





シャイロック・・・・・・・・・・・市川猿之助
ポーシャ・・・・・・・・・・・・・中村倫也
バサーニオ・・・・・・・・・・・・横田栄司
ジェシカ/シスター・・・・・・・・大野拓朗
グラシアーノ/シスター・・・・・・間宮啓行
老ゴボー/テューバル
/僧侶/シスター/高官・・・・・・・石井愃一
アントーニオ・・・・・・・・・・・高橋克実

ヴェニスの侯爵ほか・・・・・・・青山達三
モロッコ大公ほか・・・・・・・・手塚秀彰
アラゴン大公ほか・・・・・・・・木村靖司
ソラーニオほか・・・・・・・・・・大川ヒロキ
ネリッサ・・・・・・・・・・・・・岡田 正 
ランスロット・ゴボーほか・・・・清家栄一
サレーリオほか・・・・・・・・・・新川將人 
ロレンゾーほか・・・・・・・・・・鈴木 豊 
ポーシャの召使いほか・・・・・・福田潔
アントーニオの召使いほか・・・・市川段一郎、
ステファノーほか・・・・・・・・・鈴木彰紀
バルサザーほか・・・・・・・・・・隼太 
僧侶ほか・・・・・・・・・・・・・・内田健司
リオナードほか・・・・・・・・・・坂辺一海 
僧侶ほか・・・・・・・・・・・・・・白川大
アコーディオン(楽師)・・・・ 丸茂 睦
        (敬称略)


シャイロック
ビジュアル 凝ってます(笑)
ユダヤ人 シャイロック
意識して歌舞伎の動きを
取り入れ演じるシャイロック
こんなシャイロック 初めてみた~(笑)
和の色を取り入れる傾向の
蜷川さんならでは?

今まで見たのが 市村さんや
四季での上演
日下さん 先日の平さんだったのですが
このシャイロック面白くて憎らしいよ(笑)

敵対するアントーニオに
高橋克実さん
猿之助さんと世界が違い
なにか噛み合わなそうな感じなのに
見応えありでした。
緩急自在なアントーニオ
鬘なのでお若く見える…かも。


バサーニオに横田さん
これも意外?なキャスティング(笑)
ポーシャのセリフ
ヘラクレスの様な端正なお顔・・
納得出来ますから~(笑)
オペラグラス使って見惚れてます。(笑)

それでいて
ポーシャの弁護官に
指輪を渡してしまった事が
バレてしまったシーンの
アタフタする様など秀逸(笑)
会場からも笑い声が聞こえてきます。
シェークスピアものに定番の
長セリフもお見事
横田さんも期待を外さない役者さんだ。

中村・ポーシャ
いや~ 化けてくれます。
男になり済ますポーシャ
でも男になり切ってもいけない
その加減がいい加減(笑)

侍女のネリッサ
岡田さん いい味出してます。
女性役が不自然じゃないって・・・(笑)

大野ジェシカ
ちょっと硬くて声が低い~(笑)
メイク映え しますね。
女性役には長身が少し邪魔をする

石井さんがあちこちと忙しい。
老ゴボーが目立つけれど
シスターでも 高官でも
目が行くお方です。(笑)

こう書いて来てみると
キャラが皆嵌っていて
魅力的。

舞台セットは 彫像が絵に掛かれて
並ぶ窓と言うか扉の飾りと言うか(笑)

シンプルだけど印象に残るかも。
蜷川さん演出は 彫像のようなもの
使う事が多い気がします。

ポーシャにやり込められて
財産没収 改宗も迫られ
諦めのシャイロック

花道ならぬ客席通路を
捌けて行きました。

客席を上手 センター
下手と順に じ~~~っと見つめ
目に万感の思いを込める
長~~い間で
拍手の沸き起こる中の
静かな退場でした。

これも きっといつまでも記憶に
 残るだろう 
  
   猿之助・シャイロック!




2013.09.20.00:03

ひょんなことから禅さんの
吹替えビデオを見つけました。

超能力者/ユリ・ゲラー<未>(1996)
MINDBENDER

映画 上映時間 93分
製作国 イギリス
公開情報  劇場未公開
    ビデオ発売

このビデオを入手(笑) 

吹替え作品って一番最後の 
吹替えのテロップみても
役すら判らなくて・・その他大勢の時もある。

『ニキータ』とか『マキシマム・リスク』とかネ
一瞬の声だけで・・判別の自信もないし~(爆)
 
なので、本編を見る前に早送りで確認したら
この作品では
ユリ・ゲラー(テレンス・スタンプ)
の声を当てていました。


出演: テレンス・スタンプ
     イーシャイ・ゴーラン
    アイダン・アルターマン
    ヘティ・ベインズ
     デルフィン・フォレスト
     レイチェル・エルナー
     ユリ・ゲラー

ユリ・ゲラ-ご本人も出演していますが、
禅さん吹替え作品が多かった頃
1996年の作品ですね。
テレンス・スタンプが若いからか
禅さん自身が若いからか

   当ててる声も・・・・・若いよ~(笑)


2013.09.19.21:10

18時45分開演という中途半端な
設定ですが・・・
オーブでの『ロミ・ジュリ』
トーク・ショーつきを観劇後の
移動にはちょうど良かった気もします。(笑)

『李香蘭』
本日のキャスト
李香蘭・・・・・・・・笠松はる
川島芳子・・・・・・・樋口麻美
李愛蓮・・・・・・・・秋夢子
杉本・・・・・・・・・芝清道
王玉林・・・・・・・・神永東吾


維田修二  青木朗 鈴木周
川地啓友 林和男 高井治
中村伝 川原信弘 真田司
池田英治 山口嘉三 山下純輝
中村巌 北澤裕輔 青山裕次
鈴本務 進藤拓実 永田俊樹
沖田亘  和田一詩

大橋伸予 種子島美樹 佐藤夏木 
竹崎梢 石戸瑶子 小松真美 
 生形理菜 波多野夢摘 暁爽子
前田更紗 石田真子 小幡朱里  
      (敬称略)

四季のHPなどでは
まだまだ野村香蘭の
画が使われています。
そのうちキャスト変更が
来るのではと思いますが、
本日は笠松・香蘭の日でした。

あまりにも 野村・香蘭のイメージが
強くて他の人が
思い浮かばなかったのですが、
笠松・香蘭 
野村・香蘭のイメージを崩さずに
頑張っていました。

自信なさそうな雰囲気を
感じたのは気のせいでしょうか?
カテコは 泣きそうなのを
懸命に堪えているような
そんな感じでした。

樋口・川島芳子
歌いかたがけっこう柔らかい
凛とした川島芳子
狂言回しの川島芳子には
ちょっと弱い感じでした。

秋・愛蓮
こちらは 嵌ってる!
恋人の玉琳を失っても
冷静に自分の生きる道を貫き 
香蘭を救うため
証言台にも立つ。

真っ直ぐに前を向くその強さが
見て取れます。
怪我をした仲間の故郷の歌も
沁みて来ます。

芝・杉本
ず~~~っと続投ですが
笠松・香蘭になってみると
よけい お兄さん・・に
違和感を感じずにはいられません。

丸の内警察署長
青木さんもこのお役
長いですね~(笑)
ちょっとコミカルで
厳つい署長さんが
お似合いです。

しかし この演目
アンサンブルさんの豪華な事(笑)

そちらに目が行って仕方ありません。
裁判長は・・予想はしていましたが
・・高井さんでした。(笑)

兵士などの恰好で何気に
混じっているのが 北澤さん。

軍部には 鈴木周さん
川地さん 青木さん
高井さん 青山さんが


林さんも 引き続きのお役でした
政治家に 維田さん
淑子の日本の両親は
山口さん 大橋さんでしたが
オペラ座でカーラ役だった
種子島さんが農民などの
役でアンサンブル。
いろいろありな
『李香蘭』でした。

新キャストで観られたし
ラッキ~かも(笑)

昭和3部作
今回 パンフ売り場が
いつもの場所にないっ!

少し奥の売店での扱いでした。
3部作共通パンフ

一冊に3作品が載っているので
その作品ごとに買うと
同じものが3冊になる(笑)

なので キャストブックなるものが
売られます。

キャスト紹介のページだけで
創られた小さなリーフレットの
ようなもの?(笑)

  ちなみに 300円也~。


2013.09.19.20:31

東宝さん公演
『レディ・ベス』

一次キャスト発表で
一部謎に包まれていた
キャストが発表になりました。

なんか 『ロミジュリ』組が多い。(笑)

今回発表になったのは
皇太子フェリペ役 (Wキャスト)
平方元基さん 古川雄太さん

ロビン役
山崎さんだけ発表になっていた
ベスの恋人役に
加藤和樹さんはキャスティングです。

久しぶりの祐さんとの共演と、
このメンバーで
地方公演も組まれていると思われ
かなり長期の座組ですね。

4月から始まり 
夏から秋口まで旅公演、
来年の 禅さんの舞台

その後『アリス・・・』11月公演
白のナイトに続投してくれたら

あら 一年が過ぎてしまいそうだわ。(笑)


2013.09.19.20:18

@シアターオーブ
11Fにあって 劇場内も
とても階段の多い シアターオーブ、
ホワイエも眺望は良いけれど
あまり落ち着く感じはありません。
飲食は 2Fで・・・・とご案内されますし~(笑)
つまり 1F席の観劇でも 飲み物など飲みたかったら
2Fに行かないといけないのね。
 え~~とエスカレーターは上りだけです。(笑)

客席内 2F席など高低差が凄くて
階段の昇降は怖いです。

足が鍛えられるわ~(笑)
そうそう 本日はこんな
張り紙をスタッフさんが
貼っていました。

DSC_0132.jpg


今日はトリプルロミオの
トーク・ショーも予定されています。

本日のキャスト
BLOG4013.jpg


柿澤ロミオと莉奈・ジュリ
このコンビだと
莉奈ジュリ・・お姉さんジュリだね(笑)

やっと出会えた城田・ティボ
なぜか 大男感がハンパないっ!(爆)

マーキューシオとの諍いを
止めに入るシーンなどで
絶対止められないって!
ムリっしょ!と思った。
舞台の流れのお約束でもちろん
止められますが・・・・
自分で止めてるよね~(笑)

そして やはり言っちゃう
衣裳が・・・Orz
豹柄のジャケット
グラデーションを効かせてるけど
汚れに見える(爆)
真っ赤な薔薇柄ジャケ
色が真紅に近くて 
キャピュレット一族の赤と
色合いが違って違和感を
感じる。今までのティボと
違いすぎ!

前回公演よりもさらに・・・変だ~。

そんな城田ティボですが
ティボとして
やはり目立つ。
ロミオより目立つ(笑)

柿澤ロミオが 可愛くて
子どものようなピュアな感じなので
余計に大きく熱く演じる城田ティボが
目立つのかも。

加藤ティボのクールさとは
種類の違うクールさ
でもいつ切れるか分からない
危ない男には見えないかな?

高音での
ティボルト~♪の部分は
柔らかく歌ったり
張り上げたりセリフっぽくなったり
表情豊かな歌


死のダンサーは中島さん
城田ティボの登場で
今日は目を奪われる
シーンは減ってしまったけど
人の温度を感じさえない死、
じわじわとロミオを包んでる
そんな死を見せてくれています。

平方ベンヴォーリオ
ロミオを探して客席通路一周は
Wキャスト どちらのベンヴォーリオも
転ぶのがお約束(笑)

本日の平方ベン
通路から登場
ロミオを見つけて
下手の舞台に上がる時
ロミオの手を借りようとするけど
間に合わず・・コケる。
遅せぇ~よ! 

上手 中央に消えたロミオを
探すため 上手通路を捌けるベン。
微妙な階段にまたまたコケる。(笑)

水田マーキューシオ
城田ティボに挑む水田マーキューシオ
城田ティボ相手だと
挑むと言う感じになります。
対峙だはなくて 
どこかの舞台のセリフのように
お止めない。
勝ち目ないんだから♪

刺されてしまうのがわかって
いるからなおさらで
マーキューシオのほうが
いつキレるかわからない
危ない男の雰囲持っているように
思います。


石川禅・ジュリエットパパ
城田ティボが相手だと
かなり熱くなるね(笑)

お前こそいい加減まともな仕事に
就いたらどうなんだ・・のセリフも
捨て台詞のように。

娘よ♪は やはり良い。
歌詞は アレだけど・・(笑)
決して良い父親ではなかった
実の娘ではないと知っているけど
愛していると歌い上げ、
嫁ぐ日には泣くだろうと
父親の心情を聞かせてくれる
ウルウル目な禅パパ。
背中を向けて歌っていた
前回公演もよかったけれど
表情が見えるのがやはり好きです。

ラストで 放心したように
一点をみつめ 膝をつく禅パパ、
前回にはなかった演出です。

ひのロミオ・パパも
随分演技を変えて来て
より悲しみや怒りを
大きく表すようになった気がします。

ロミオ・ママが変わった所為も
あるのかなぁ

安崎神父さまも
本日も安定。

アチコチと見るのが忙しい
『ロミオとジュリエット』です。

カテコの禅パパは
キャピュレット一族の
ジュリ・ママ涼風さんと
乳母未来さん  莉奈ジュリエットで
楽しそうにステップ踏んでいたけど
今日は城田ティボがジュリエットを
奪いに来て連れていっちゃった。
でもその城田ティボも傍にいる
カッキー・ロミにすぐ連れて
行かれてましたが。(笑)

ロミオ役が二人いると
ジュリエットを奪われるのが早い(笑)

そしてアッサリ目のカテコ
だって 今日はトークショーの日(笑)
しばらくして 幕の向こう側から
歓声が聞こえて来る

だれかのお誕生日?
何も見えない客席からも
拍手が起こり・・
ちょっと不思議な光景になってました。(笑)

トークショーは
出番ではない
古川ロミオも衣装付きで登場

3人ロミオが並びます。
TBSアナウンサーさんが司会進行。

でも~真面目な進行振りで(爆)
あまり3人のトークを引き出してくれない。

どこかのインタビューの答えと
同じようなコメントばかり。

せっかくのトーク・ショー
楽屋ネタとかのほうが良かったんじゃ
ないかと思いましたが
誰のせいでもないし~
仕方ありませんね。

カッキーだっけ?
リピートチケット 11000円のところ
なんと2000円もお得なんですよ~
とセールス・トークに

城田       じぇじぇじぇ~!

アナウンサー  他局です!
   ソッコウの一言でした(笑)


まだ『ロミオとジュリエット』観劇は
続きます。

次回には・・古川ロミオに会えるっ!