現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2010年09月
2010.09.30.23:23

四季劇場 自由 
『赤毛のアン』

孤児院育ちのアン
カスバート家に貰われて來たアン
心臓の弱いマシューは力仕事の
手伝いの出来る男の子が欲しいと
願ったのにアンが選ばれて・・・・

間違いに戸惑うマシューだが
家に連れ帰る馬車で
アンの想像力溢れる話に
心惹かれるのだった。

『赤毛のアン』本日のキャスト
アン・シャーリー・・・・・・・・笠松はる
マシュー・カスバート・・・ 日下武史
マリラ・カスバート・・・・・ 木村不時子
ステイシー先生
/スローン夫人・・・・・・・・・ 五東由衣
ギルバート・ブライス・・ 斎藤准一郎
ダイアナ・バリー・・・・・・・ 山西里奈

レイチェル・リンド夫人・・中野今日子
バリー夫人・・・・・・・・・・・・・・横山幸江
スペンサー夫人
/パイ夫人・・・・・・・・・・・・・・原田真理
ブルーエット夫人・・・・・・金原美喜
マクファーソン夫人・・・・・佐藤夏木
店員ルシラ・・・・・・・・・・・・・松本奈緒
ジョシー・パイ・・・・・・・・・・吉良淑乃
プリシー・・・・・・・・・・・・・・・・桜小雪
ベル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高野唯
ティリー・・・・・・・・・・・・・・・奥平光紀
ルビー・・・・・・・・・・・・・・・・・・菅谷有希
フィリップ先生・・・・・・・・・・鈴木周
郵便配達アール
/チャーリー・・・・・・・・・・・・鈴木智之
農夫セシル・・・・・・・・・・・・・近藤聡明
牧師/駅長・・・・・・・・・・・・・・玉真義雄
キット・・・・・・・・・・・・・・・・・・山本道
ジェリー・・・・・・・・・・・・・・・名児耶洋
ムーディー・・・・・・・・・・・・・大空卓爾
トミー・・・・・・・・・・・・・・・・・笹岡征矢
       (敬称略)
 

有名な 同タイトルの本からの
舞台化で、アンを巡っての
様々なエピソードで綴ってゆく。

馬車上のマシューとアン
おしゃべりが楽しそうなアン
聞いているマシューの
口元もほころぶ(笑)

笠松アン
今期 初お目見えのアン
少し細めだけど
歌声は綺麗です。
今までのアンが
ハスキーだったりしたので
慣れるまで違和感を感じるかも。


日下マシュー
そうさなぁ~が口癖のマシュー
日下さん独特の言い方のあの台詞。
苦手と思われる歌も(笑)
味わいがありま~す。


木村マリラ
マシューの妹
お歌が、マシューに似ています
台詞歌ですから~(笑)
さすが 兄妹

ちょっと とっつき難い
生真面目なマリラ
言葉には出来なかったけれど
私はあんたを愛してましたよ!
泣かせてくれました。

五東ステイシー先生
この役の五東さん
なんか輝いて見える?(笑)
ステキな先生を演じてくれます
アンだけでなく生徒みなを
温かく包み込む先生です。

斎藤ギルバート
長身のギルバートで、
ダンスのキレはイイんだけどネ
歌は、そんなに印象には
残らないかも・・・(爆)

アンとギルバート
意地の張り合いから
握手が出来なかった二人ですが
物語の最後には 友達に!

マシューは亡くなってしまったけれど
アンはマリラの元に残り
幸せに暮らす・・・・・

相手を思いやる事の大切さくを
明るいアンを通して訴えかけて来ます。
グリーンゲイブルス 大好き!


グリーンゲイブルス行きの
チケットは発売初日にGETしたら
偶然にも、バック・ステージツアーの
日だった。

ちょっと遅くなるけど
やっぱ 参加しちゃおうっと(笑)
2010.09.30.07:44
10年10月の観劇予定
9月も本日で終わり!
禅さん祭りしてるうちに
いつの間にかこんな時期に(笑)
でも、まだまだ禅さん祭り継続中!

『エリザベート』が、千穐楽を迎える
10月も気がつけばいつものパターン!
『エリザ』の前楽も 千秋楽も
予定を入れて・・
28日公演が900回の記念公演なのに
行けなくなってしまった(泣)

まぁ 前楽と大楽がメインという事で!

行けるだけ行く…の努力目標が(笑)
とてもよくわかるスケジュールと
なっています。

禅さん出演の『エリザベート』以外も
四季の案内は来る
蜷川シェークスピアは見たい。
戸田さん…気になる。
☆新感線ははずせない。
さらには宮川さん出演の作品もあるし。

 
10月の観劇予定
■ 『キャッツ』
■ 『エリザベート』×8回
■ 『カエサル』
■ 『ヘッダーガーブレル』
■ 『今の私をカバンにつめて』
■ 『55ステップス』
■ 『DIANA』
■ 『じゃじゃ馬ならし』
■ 『鋼鉄番長』
■ 『ファンタスティック』
■ 『ライオン・キング』
■ 『ワンダフル・タウン』


もう~~~増やせない
 これ以上詰め込めないぞ~(笑)
って言いながらも
エリザのトークショーとかで
禅さん出たら・・・・・やばいッ ?!
つ~~ぅか既に8日の一公演
禅さんトークショーで増やしたし・・
 
結論から申しますと~~♪

  番狂わ~せ~♪? (笑)


2010.09.29.22:43
大井町にある四季劇場 夏。
『美女と野獣』
禅さん祭りのはずなのに
今月 2回も来ているゾ(笑)

手元にチケットなかったのに・・・
・・だって携帯の中だし~(笑)

QRコードかざして、あれ? 
ちょうどその時にメール受信 
読み取れませ~ん

慌てて仕切り直し
QRコードの表示を
確認して・・・・・ピッ!(笑)

無事に発券できました。
 

本日のキャスト
ビースト・・・・・・・・飯田洋輔
ベル・・・・・・・・・・・・坂本里咲
モリース
(ベルの父)・・・・林 和男
ガストン・・・・・・・・田島亨祐
ルミエール・・・・・・百々義則
ルフウ・・・・・・・・・・赤間清人
コッグスワース・・吉谷昭雄
ミセス・ポット・・竹原久美子
タンス夫人・・・・・・大和貴恵
バベット・・・・・・・・長橋礼佳
ムッシュ・ダルク・・川原信弘
チップ・・・・・・・・・・・牧野友紀

男性アンサンブル
清川晶 沢樹陽聖 藤山大祐
布施陽由 安江洋介 安東翼
林晃平 熊川剣一 香川大輔

女性アンサンブル
市村涼子 世登愛子 時枝里好
小川飛鳥 加藤あゆ美 渡辺夕紀
渡辺由紀乃 吉田千恵 森田江里佳
福岡唯子 (敬称略)

里咲ベル
安定した里咲ベル
初演当初から演じ続けて
いるだけあります。
ビー・アワー・ゲスト♪
ダンスも綺麗に足が上がり
軽い身のこなし お見事です。
台詞の中で 少し不自然に感じる
時もあるのですが、そこは四季さん
母音法ですから~(笑)

飯田ビーズト
ますます可愛さが・・
感じられるビースト!(笑)

記憶の中の 芥川ビースト
東京初演キャストだった
福井ビーストの王子さまキャラとは
少し方向性が違うかも。

真面目に演じて笑いが来る
正統派?王子さまと違って
笑いを少し狙ってるかも?
明るいキャラが見えるビースト
歌声は、素直で聞きやすく
福井ビーストからバトンタッチ
しても違和感無しです。

田島ガストン
弾けて演じてますが
真面目な印象です。
ガストンの歌は 低めな部分あり
リズミカルな部分あり難しいよね。
さらに マグ・ダンスもあるし・・・
俺様キャラ 頑張ってます~

赤間ルフウ
遊佐ルフウの後を引き継いだ
赤間ルフウ
似た役作り・・と言うか
演出に忠実なんでしょうね
無理なく ルフウとして
そこにいました。

竹原ミセス・ポット
自分の中のミセス・ポットより
おきゃんな感じ?
落ち着きがない感じのミセス・ポット
歌声の質が高めな所為でしょうか?

林モリース
きっちり几帳面に演じて
らっしゃいますが、まだ硬い感じで
歌声も里咲べルとちょっと
声質が合わないかもと感じました。

飯田ビーストとは良い感じで、
素敵な王子様とお姫様(笑)

幸せ happyな『美女と野獣』です。
派手派手な ビーアワー・ゲストと
最後の王子の変身は見所です。

もう新劇場で3度目になりました。(笑)
福井ビーストで始まって
飯田ビースト二回 
ベルは3回とも里咲ベルでした。
まだまだロングランの予定かと
思われますが、やはり気になるのは
キャスティングなんですよね。

京都あたりで登場していた
キャスト復活はあるのか?

次回を 楽しみに・・・(笑)

2010.09.28.21:12
つい先日 ル・テアトル銀座で
見てきたばかりの作品ですが
DVD化決定

2011年3月発売の予定で
会員だけの扱いですが、
もう予約出来るんですね。
W~ダブル~ 
出演 橋本さとし 中越典子
   堀内恵子 コング桑田
   富森ジャスティン 
   富森アンドリュー
   山西惇 (敬称略)


二重人格のようなさとっさん
堀内恵子さんのキャラも面白い。

ストーリーは、どこかで
見たような? 聞いたような?
展開かもと思う所もあるけれど
勢いがあった舞台。

もう一度見たいとちょっとだけ思ったので
チェック 入りました! (笑)


  
2010.09.27.21:12


『From The Pit』
   ~オケピを飛び出して~

こんなCDがあるよ~~って
禅友さんから教えていただきました。

サブタイトルにあるように
普段はオケピにいらっしゃる事が多い
ヴァイオリニスト Kaoさんの
ミュージカル曲を集めたCDです。

10月6日発売ですが
Kaoさんのライブ会場では
一足お先に・・・聞くことが出来て
CDも買えた!

Kaoさんて?
ミュージカルファンを熱狂?させた
クリエ・ミュージカルコンサートで
コン・マスを勤めておられた方なんです。
宝塚劇場でも・・・・・


皆様 きっとKaoさんの音を
聞いてらっしゃるはず!(笑)

ヴァイオリンの素敵な音色に乗った
曲たちが、語りかけて来ます。
今までとは表情を変えて
思い掛けない側面を魅せる
曲もあります。



収録曲
1. 砂に刻む歌
/ミュージカル「ラカージュ・オ・フォール」より
2. 踊りあかそう
/ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より
3. 愛していれば分かり合える
/「モーツァルト!」より
4. 蘇州夜曲
/劇団四季「李香蘭」より
5. ハロー・ドーリー!
/「ハロー・ドーリ-!」より
6. アイ・ガット・リズム
/「クレイジー・フォー・ユー」より
7. アナザー・デイ
/「レント」より
8. レジェンド・オブ・ナガランド
/ポップ・オペラ「ナガランド」より
9. ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン
/「回転木馬」より
10. シェルブールの雨傘
/映画「シェルブールの雨傘」より
11. 双子姉妹の歌
/映画「ロシュフォールの恋人たち」より
12. サラへ
/「ダンス・オブ・ヴァンパイア」より


ミュージカル・ファンの方々なら
お馴染みの曲が詰まっている。

 手に取りやすいデショ?!(笑)

2010.09.26.23:01
またまた 飽きもせずに帝劇で
秋祭りならぬ禅さん祭り開催中!(笑)

『エリザベート』
禅さんシングルキャストなので
いつお邪魔しても禅陛下に
謁見出来るので ついつい
回数が・・・増える~~(笑)

本日のキャスト
0926エリザキャスト表\

石丸トート
初日 8月20日 9月4日・・・・
それ以来ですか?
結構 石丸トートに会ってなかったなぁ~

石丸トート
初日に感じた ネチッこさ
少しずつ軽減してるかも。(笑)
人間臭いと思ったシシィへの
アプローチも少し落ち着いたよう
最後通牒の羽ペンを舐めて
ハラリと落とすのは演出どおりですが、
個人的にはあの使い方はあまり
魅力を感じなくて・・・(爆)
祐さまトートの出てって!と言われ
投げる羽ペン シュタッと床に刺さる方が
好みです。(笑)

歌声は甘く 死の国へシシィだけじゃなく
皆様を誘っていました。(笑)
最後のダンスのシャウトの仕方が
変ってました。
ここだけはかなり激しい歌い方!


瀬奈シシィ
だいぶ慣れて来ました。
演じる方もですが、見るこちらもです。
なんせ 瀬奈シシィ
何時の間にか かなりの回数を
お会いしてますもので・・・(笑)
本日は 私だけに~♪も
アッサリじゃなく感じました。

少年ルドルフは小宮明日翔君。
明日翔君にあたる確率 高め?

伊礼ルドルフ
禅陛下との絡み
おはようございます 皇帝陛下!

・・・・・・・・ 父上!
何も言うな
ハプスブルクの名誉にかけて。




(ここ今日もかなり間がありました)
そしてちいさくため息
処分は追って沙汰する!

どうもここでこの間の
トークショーの話を
思い出してしまいまして

瀬奈シシィはこのあと一旦
ルドルフを受け入れるのね とか
伊礼ルドルフの
お黙りください 父上!とかが
思い出されてしまい
ちょっと集中が途切れましたが・・・・(笑)

禅陛下・・・
もう書くことが無いくらい
きっちりと禅陛下です。(笑)
安定して陛下です。

今日のミラクルメイク
ハイライトが利いて
スッキリと通った鼻筋が
強調されてましたが、
禅友さんの話では
昨日はアイメイクにかなり
力を注がれていらした模様(笑)

お見合いシーンでシシィの動きに
つい微笑むシーン 
あの笑顔はメイク通り越して
素の禅さんの笑顔が見える(笑)

夜のボート
頭の中に聞こえて来る
禅フランツの声に目を閉じ
聞き入って・・・
ボーっとしてるうちに
あれ もう高島ルキーニが
上手で 禅フランツを迎えに
行ってるゾ(笑)

悪夢は 石丸トートと
壊れかけた禅陛下の対決です(笑)
毎回消耗するだろうなと思う
トート閣下への挑戦ですが
最後の亡霊たちと一緒になり
シシィの刺された後に捌けて行く
シーンでは かなり大きく
よろめいて一番最後に舞台袖に
消えて行かれました。

あ~あ 禅陛下の出番
終わっちゃったと寂しく感じる
瞬間でもあります。

舞台上でも シシィの死を
受け入れるシーンが続いていますが
ここまでくればあと少し!(笑)

2010年『エリザベート』
3人トートは面白い。

みんな タイプの違う
トートで、組み合わせの妙で
楽しませてくれます。

会場内の熱気は相当なもの
カテコも熱い
ちょっとだけ塩ちゃんの煽りも
あるけれど、それだけじゃない。
客電着いてからの拍手で

二人カテコが二回。
スタンディングも出て
今日も盛り上がった舞台でした。
2010.09.25.22:20

ちょっとだけおとなしく
していましたが、

 明日は日曜!

再び『エリザベート』に出没します。


石丸トート×瀬奈シシィの回です
瀬奈シシィ 何度目だっけ?

その前に・・・・禅陛下 何度目?(笑)

 シングルキャストなので
 会場に 本日のキャストにも
 お名前がない
 
いまさらですが・・・・(笑)

オーストリア皇帝
フランツ・ヨーゼフ(シシィの夫)
   ・・・・・・・石川禅

若き皇帝時代から 老境まで
演じ分けています。











 
2010.09.25.21:51
NODA・MAP 
番外編『表にでろぃ』で
配布されていた

緊急告知って書いてあるチラシ!(笑)

MODAMAP 第16回公演
 書き下ろし新作

 出演 妻夫木聡
     蒼井優


 2011年2月10日(木)~3月31日(木)
東京芸術劇場中ホール

NODAMAP 次回作決定ですね。

作品名もわからないけど

 緊急告知?! なんですね(笑)


普段はあまりチェックしない
キャスト・チェックなのですが、
観劇日の今日 お出かけ前に
ちょっとHPへ!
前回と大きく
キャスト変更になってました(@_@)

本日の出演者
マリア ・・・・・・・・・・・・沼尾みゆき
トラップ大佐・・・・・・・村俊英
修道院長・・・・・・・・・・・秋山知子
エルザ・・・・・・・・・・・・・大橋伸予
.マックス・・・・・・・・・・勅使瓦武志
シュミット・・・・・・・・・はにべあゆみ
フランツ・・・・・・・・・・・青山裕次
シスター・ベルテ・・・・佐和由梨
シスター・マルガレッタ・・矢野侑子
シスター・ソフィア・・・あべゆき
ロルフ・・・・・・・・・・・・・・亀山翔大
リーズル・・・・・・・・・・・・池松日佳瑠

フリードリッヒ・・・・・竹林和輝
ルイーザ・・・・・・・・・・・嶋村英里
クルト・・・・・・・・・・・・・廣瀬孝輔
ブリギッタ・・・・・・・・・北條真央
マルタ・・・・・・・・・・・・・池戸優音
グレーテル・・・・・・・・・平井花南

アンサンブル
池田英治 白倉一成 見付祐一
佐藤季敦 北山雄一郎 長手慎介
奥田直樹 柳隆幸

倉斗絢子 真優香 山本詩織
小島由実子 浅井美波 息吹悠
趙ミンジョン 原彩子 (敬称略)


沼尾マリアに 村大佐ですか!!
リーズルは・・・・お名前初めて聞きました。
笠松さんは、プリンスエドワード島かぁ~

と 驚きながら、修道院まで
お出かけして来ました~。


シスターズは院長様はじめとてもお元気!
秋山院長様の清んだ歌声で
始まるこの舞台 
修道女たちが蜀台を持ち
歌いながら客席通路を通ってゆきます。
佐和シスターベルテが口喧しく
厳しいシスター嵌ってますしね(笑)

フランツも シュミットさんも
キャスト変え。
結局お屋敷の中の住人さんは
子役さん以外は、入れ替えに
なってしまいましたね。
前回シュミットさんで拝見した
大橋さんは エリザ役で
お客様になってるし・・・(笑)

沼尾マリア
お姉さんらしいマリア
明るい、歌好きなマリア
子供たちの母と言うより
お姉さんだと思う。(笑)
笑いを取るのがお上手!
時々、グリンダキャラを
思い浮かべてしまう。

村トラップ大佐
♪エーデルワイス・・・素敵!
歌声はさすが!
でも、トラップ大佐としては、
イメージ違いかも。
綜馬大佐が、自分の中では
イメージに近いような気がする。

川地さんで、ここまで見て来た
フランツに青山さんの
キャスティングは
思ったほどの違和感なし(笑)

エリザ@大橋さん
細い~そしてちょっと
お疲れモードのエリザ?
村大佐との並びは
大人過ぎ!(爆)

マリアがお姉さんキャラなので
・・・大佐とはね 
親子に見えちゃう(爆)

亀山ロルフ
少し苦手なロルフかも。
風貌は外人らしく きっと
ロルフ役に合っているのでしょうが
台詞から リーズルへの思いや
国を思う感情が伝わって
来ないみたい。

子役ちゃんたちは
今日も飛び跳ねて魅力的。
特にちっちゃなグレーテル
可愛い~~♪


舞台経験豊かな方を
投入して・・・安定したレベルの
舞台を見せてくれます。
その一方で新人さんも使い・・・・
ちょっとバランスが悪いかなぁ~
そんな感想を持ちました。

全体的には、とても四季らしい舞台。

 『サウンド・オブ・ミュージック』

まだ見に行く予定あり!
次はどんなキャストが来る事でしょう。

本当にキャストが分からないのが四季
でもこの作品に関しては
キャスト制覇の面から行けば・・・


 効率良いかもしんなぃ!(笑)


2010.09.23.16:34
3日前のことでした。
『キャッツ』
いつものように・・・会員先行のチケ発売日
『エリザ』を見に行く日だったので
出掛けに・・・と思っていたら
お墓掃除とかいろいろやってて
すっかり忘れて 思い出したのは
エリザ開演ちょっと前! (笑)

電話でお任せ予約のチケ鳥が多いけど
もうここまで来たら
家に帰ってから こだわり予約で
席見ながら取るからいいや(笑)

『エリザ』終演 禅さん見送り帰宅
夕食の用意も片付けも済ませ
ゆっくり・じっくり 
四季HPにアクセス、

希望日の・・・なんと回転席
3列センターGETでした。
10時の時報と共に 
電話攻勢を掛けて取る席と
いつもとあまり変わらない席?(笑)
今期延長期間は
一枚だけにしておこう~

キャッツ回転席は
早めに押さえないと難しいと
思ってたのに、
ゆっくりのアクセスで
この席が取れるとは思わなかったわ~
運がよかっただけなのかな?

ちなみにこちらも QR・スマートチケットを
選択してみた(笑)

2010.09.22.20:52
WOWOWさんでの放送決定!

東京セレソンデラックス
『くちずけ』

放送予定は
10月21日(木)21:40~

蒸し焼きにされるかと思えるほどの
暑さの中、地図を片手に
会場まで歩いたことを思い出します。

哀しいけれど 清清しさの感じられる
作品でした。

WOWOWさんによると
シネマレンズ クレーンカメラを
駆使した録画だそうです。
客席では見られない視点からの
ショットもありそうですね。

ここで 一言いいですか?(笑)

この作品を見る時には
ハンカチのご用意をお忘れなく。

出来れば 大判・・いえいえ
吸水性に優れた 
タオルハンカチがお奨めです。(笑)


2010.09.21.23:17

去る9月7日の『エリザ』のトーク・ショー
公式Blogに UPされました~♪

ほぼ ノーカットで前後編!


嬉しすぎる~(^o^)/


  禅陛下 そこ笑いすぎですから~(笑)



2010.09.21.22:03
池袋 東京芸術劇場小ホ-ル
野田秀樹×中村勘三郎の一騎打ち!(笑)
MODASMAP表に出ろぃ
あっ パンフと一緒に
写っているのは
つい衝動買いした
NODAMAPの手拭いです。(笑)
なぜパンフ写真を載せたか?
それは・・舞台の様子を想像して
頂きたかったから・・・。
舞台には パンフのような
色彩豊かな壁や階段が・・・(笑)
3人の着ている衣装も
カラフルなストライプ!
勘三郎さん夫は和服の縦じまで、(能楽師だし~)
髪がオバさんパーマのような鬘です(笑)
野田さん妻は カラフルストライプの
横じまワンピ 短いソックス
プードル頭。(爆)

仲睦まじいとは言えない
おかしな夫婦は
能楽師 と その妻
早めの食事を支度をし・・・
妻は出かける準備をする

出かけるとは聞いてないと
言い張る夫も外出の予定がある。
家族同様の犬が いつ出産するか
わからない時期。
最初は、出かける事を
言った 言わないと言い争っているが
そのうち 外出の目的がわかると・・



ちょっとネタばれ含みますので・・・(笑)
次ページへ!





2010.09.20.22:06
昨日の城田トート&禅トートを
楽しませていただき、
今日は祐さまトートの日。
9.20エリザキャスト


こちらのトート閣下
なぜか楽しそう?
トート閣下、ご機嫌ナナメでは
なさそうですよ~(笑)

今期の祐さまトート
動きがけっこう激しくて
ビックリ!
いつもの手の動きも
トートの衣装だと全然違和感なく(爆)

お声の感じは 高音部分が
ちょっと艶がなくお疲れかもと
思わせる部分もあるのですが
伸ばしや低音で声を張るシーンで
ば~~~んと来ます。
トート閣下 ここにあり!(笑)

最後のダンスの最後?
体を横に倒しながら歌い
手を上に上げ決めポーズ
横に倒すのは 祐さまトート
だけのポーズ。
なんかかっ飛ばしてる~~。

革命ルドルフの  
 ハンガリー国王!と
馬車に乗せるシーン
馬車を繰るのに なんと一生懸命な
閣下なんでしょ!(笑)

革命ダンスからの一連の
動きも かつらを振り乱し
トートダンサーズと振りをあわせ
ジャンプ! も今期デフォに
なりつつありますね(笑)


瀬奈シシィ
朝海シシィを昨日見て
今日は瀬奈シシィ
日替わりで・・味の違いを
楽しみました。(笑)
お二人のシシィの
雰囲気の違い。
感情の振幅の幅が大きいのは
瀬奈シシィのような気がします。

寿ゾフィー
昨日 ルドルフでお会いしたばかり
寿さんのイメージ変わったかも(笑)

今日は 本舞台、ゾフィー皇太后です。
寿ゾフィは威厳があり、怖いゾフィー様に
なってます。優しさを隠してる前半が
特に・・・・・・・・・怖いです(笑)

優しさを隠した皇太后。
怖いというのも・・・誉めてます(笑)

禅陛下
昨日の東京會舘ミューサロンで
本舞台では歌わない曲を聴いて
しまったのですが・
ソロがないんです。とおっしゃって
いましたが、チビソロあるよねぇ~
君の手紙・・・・♪
一幕終りの・ナンバー
あっ やはり ソロとは言わないか(笑)
3重唱に繋がる曲・・・・
夜のボートも相手役必要だし。

どのナンバーも禅陛下の声が
つき抜けて聞こえてくる。
耳ダンボになってますからネ(笑)
今日も禅陛下 いいお声でした~。
えっと 紗幕の向こう側で
ハンガリー国王の戴冠式
はるパパ司教から王冠を
かぶせてもらう時 なにか
はるパパが何か言ったのか
禅フランツ 笑ってたみたい。
紗幕の向こうだし
目立たないけれど
見えちゃうんだよね(笑)


カテコ三回 二人カテコ2回
今日も村井パパと顔を見合わせ
ニコニコ陛下でした。

2回目の二人カテコでは祐さまトートが
あさこシシィに目配せ。
二人そろって 高速お手振り?(笑)

 満足 満足!(笑)


2010.09.20.21:21
『エリザベート』を見たその足で
東京會舘に・・・と効率のよい
予定の本日です。

ゲストに寿ひずるさん&石川禅さん
このお二人から 何が飛び出すか(笑)

塩ちゃんはじめ 
『エリザ』メンバーですからネ

美味しいお食事に先ず専念(笑)
一通りのコースが終れば、
いよいよ音楽が始まり
ゲスト二人の登場です。

ピアノの奏でるのは
聞き馴染みのある
♪闇が拡がるのメロディ

これは・・と期待させて
フェイント!
禅さんが歌いだしたのは

♪愛~~~それは

♪ 愛 愛 あ~~~~い♪
宝塚の歌ではないですか(笑)
寿さんと一緒だし
そう来たか!

塩田さんに迎えられ
トーク&歌のお時間です

お二人 あ~~っと
塩ちゃんも入れて三人でした(笑)
と~~~っても和やかでいい感じ。
禅ちゃん おかあさま?と呼び合う(笑)
なぜにおかあさまなのか
年はさほど離れてないんですよ~と
さかんにアピールするけれど
頼りになるお姉さんな気がする
寿さんです。

お話ばかりでは何なので
この辺でお歌・・・
禅さん 
フランツはソロ曲がないので
歌ちゃっていいですか?・・(笑)
トートの曲 ♪最後のダンス
寿さん 
禅さんのたってのリクエスト
モーツァルトから ♪星から降る金

どちらもステキ!!!!!
禅さんの ♪最後のダンス
舞台上で役を演じるわけではないので
死の帝王よりは・・・視線とかジャベっぽくて
ジャベを思い出すかも。
でも さすがに上手い。

寿さんも ♪星から降る金
これが素晴らしかった
温かく染み入って来るような
お歌でした。
禅さん 隣で聞いて泣いてた?

またトークに戻り会場からの
質問用紙から ちょっと質問に
応えたり いろいろなお話、
二人とも緊張するタイプなので
出番まえは舞台袖で 一人で
復唱を繰り返してしまうそうで
ふっと台詞や歌詞が真っ白になり
慌てふためいたり・・・と言った
普段聞けないお話なのが嬉しいです。
塩ちゃん お話を引き出すのが上手い。
ミュー界のシオモンタ
伊達じゃありません (笑)

『エリザ』公演中だし
『エリザ』からも行く?と
少年ルドルフとゾフィー皇太后の
シーンをお二人で、

ここだけのキャスティングの
『エリザベート』!
寿さんの芸達者振りに脱帽です。

さらに続編(笑)
♪闇が拡がる・・・・
禅トートと寿ルドルフ
本当にスペシャルな今宵 (笑)

『エリザベート』の裏話など
話は尽きず、でも時間は迫ってきます。

塩ちゃん強引にまとめてお開き。
お料理も美味しくておなかいっぱい。
こころにも歌が溢れて いっぱい。

たくさんの禅友さんともお会いする
ことが出来ました。

お会い出来た皆様
珍しく アフタートークにも
参加出来たし・・・・お疲れさま&
お世話になりました。

またお会いしましょう (^o^)/
そしてお疲れ様でした



2010.09.20.10:28
東京會舘のミュージカルサロンの
参加を申し込んで・・・
どうせ有楽町に行くならば
帝劇@ウィーンにも行きたいじゃないか(笑)

急遽 追加したチケット
2Fのお席で、舞台には遠い
オペラグラス必須。
なおかつ 本日前に座られた方の
頭が・・・・(汗)

ストレスが溜まるお席でした~ (泣)

それでも、禅陛下にオペラグラス
ロック・オン
頑張ってエリザベートの世界
楽しんで来ましたよ~。

本日のキャスト
100919エリザキャスト


朝海シシィ
瀬奈シシィが続いていたので、
第一声を聞いて こんな感じだっけ?(笑)

音の不安定な部分があるのは・・
思い出しました(笑)
今日きになったのは、ブレス
一気に歌って欲しい部分で
ブレスが入る!
聞かせどころの ~わたしだけに~♪
伸ばしも足りません。

影のあるシシィで
ドレス姿も綺麗なんですが
やはり・・・お歌 がんばれ~と
声援をお送りします!

城田トート
無機質感 冷たい異空間の存在
表情があまり変わらないトート

そんな城田トートは
諸事情で追加したチケットの日に
よく当たります。(笑)

つまり最初の予定よりも
見る回数が増えました。(笑)

革命ダンス
初めのころより 踊るように
なりましたか?(笑)

かなり激しい 連獅子のような
鬘さばき(爆)
祐さま限定かと思っていたら
城田トートもかなり激しかった(笑)

杜ゾフィー
寿ゾフィー様ほど威圧感はなく(笑)
頑張って低い声で演じていらっしゃいます。
台詞回しが、少し不自然感じるのは 何故?

たとえば、少年ルドルフに言い聞かせる
ママには会えないの?
~諦めなさい~の一言
区切るようにゆっくり・・・
すぎませんか?


禅陛下はいつものお姿
特に 若フランツ皇帝の
執務室 机の前にすわり
ピン・スポットが当たると
ほんとうにあの若返りは驚異です。(笑)

本日のメイク
特に目のまわり ハイライトが
効いていたようで・・・
ノーズシャドウも濃いめで
お目々 パッチリ(笑)

ハンガリー国王戴冠から
パレード
幼い娘の死と舞台は進んで行きます。

最後通牒の切ないシシィへの訴えに
冷たいシシィのお返事

このシーン、以前の禅陛下
悄然とした様子に見受けられる時も
あったような覚えがあるのですが
今期は きっと顔を上げて去って行く。

切々と弱気な思いを歌って
そんな思いを言えるのは
シシィだけになっていたのかと
思えるので なおさら 
皇帝の孤独感が感じられる気がします。

夜のボート
蒼い静寂の世界での、
心のすれ違いが救いようのない
孤独感を増します。
禅陛下の涙は本日の席では
残念ながら 確認出来ず!

悪夢への舞台転換
ここの禅陛下の乱れっぷりは
毎回、
禅陛下 壊れてない?
大丈夫?と心配するほどに激しいので
2回公演の時など かなり消耗しそう。

暑さはすこし和らい来たけれど
舞台は相変わらず 熱い!

今日も席の位置だけは恵まれなかったけど
満足な観劇でした。

さてこれから一番のお楽しみ
東京會舘でディナーだっ!

 『塩田明弘ミュージカル・サロン』

 に 続く(笑)
2010.09.18.22:20
禅さん週間!

先日、禅さんとこから 
来年の舞台のチケ確保のご連絡。
昨日は 同じ来年の舞台
地方公演の申込み扱い開始の
お知らせ。

昨日は『エリザベート』と
禅さん出演エリザ・トークショー

今日は一応?大人しくしてたけど
明日は『エリザベート』&
塩ちゃんのミューサロンだっ!

さらにさらに
次の日も 
なぜか『エリザベート』(笑)

 禅さん週間なのさ(笑)


ミュー・サロンが終わるのは、   
    9時前後にはなるだろうし~
 明日は多分・・・・帰りが遅いっ

 Blog記事が書けるかなぁ~

2010.09.18.00:05
見事な東宝さんの釣りに
わ~~い禅さんのトーク・ショーだ!

禅さん一人じゃないのにネ(笑)

出演は
瀬奈シシィ 禅フランツ
伊礼ルドルフ
ハプスブルク家の 親子3人です。

司会は塩田さん 
今日の自己紹介は シオモンタで
きましたよ~♪

拍手の中 伊礼ルドルフの登場
ふと後ろを振り返っても誰も来ない?

ちょっと間をおいて
瀬奈シシィと禅フランツ
腕を組んで仲良く登場です。
伊礼ルドだけ 仲間ハズレっぽい?
本日はこの方向ですか?(笑)


塩ちゃん 早速二人に
仕込んできましたね?と

えぇこのくらいは!と応える禅さん
瀬奈さん となりでニコニコ(笑)

改めて 3人の紹介で椅子にかけて
トーク・ショーの始まりです。

まずは伊礼君に
塩ちゃん:今日は硬くなってる?
伊礼君:いつものようになると 
ルドルフのイメージ壊しますが
いいですか?と返す伊礼君

瀬奈さんの愛称を間違えて
言ってしまったとかのお話や
禅さん曰く
ルドルフが自分の事に気が集中すると
芝居がわからなくなるので
あえて、変えているっていう
真面目なお話や

第一印象をお互いに聞きまして、
瀬奈シシィ→禅さん
優しい・・・・けど?
裏がありそう?
このあとの瀬奈シシィ
髪の乱れ編エピソードに
爆笑。

瀬奈シシィ→彼方君
格好いい!
万里生君がカッコ悪い訳じゃ
ありませんと断ってから
万里生くんは可愛い
彼方くんは格好いい・・・と。

禅さん→彼方君
ヤンキーですよ!(笑)
でも・・・いい奴で熱いと
しっかり繋げてます。

塩ちゃんいろいろ話が出た
ところで・・気になってるんだけどと
伊礼君に質問

3人のトートとのキスは?

興味ありますか?(笑)と伊礼君
そりゃぁね(笑)

祐さんの唇は柔らかくて
石丸さんは 肉をほお張るように・・(笑)

で・・城田さんとの時
思わず目を閉じてしまった。
乙女心を知ってしまい
城田トートの日が待ち遠しい(笑)
って伊礼君 面白過ぎっ!

このほかにもあれこれ
話はつきません。

伊礼君が 仕返しっぽく
塩田さん 今日はオケ早かったよ!
おいおい と禅さんが謝ってる(笑)
しっかりと父親してます。
司会なのに塩田さんが暴走気味に
話はじめたら止める禅さん(笑)
纏め近くに 塩田さんの
ミューサロンの宣伝もしっかり。
 (ゲスト:石川禅 寿ひずる)
 9月19日 東京會舘 18:00から
ご自分も出演だし~ネ

エリザベートに関して真面目な
お話からさらには、
エリザベートのチケット
買ってねトークまで話して
瀬奈シシィも販促トーク。

二人でと腕を組んで退場・・・・
残された伊礼君 
塩ちゃんになついてるよ~(笑)
こちらも二人で腕組み
男女ポジションを悩みながら
捌けて行きました。

まだまだ書ききれない事が
たくさんあるけれど
多分公式Blogで 頑張って
動画をあげて下さるはず 

後方でカメラ撮ってたスタッフさんが
いらしたらしいですから。

あ~ぁ と~~っても
 楽しいトーク・ショーでした。




2010.09.17.22:59
トーク・ショーに釣られて
やって来た今日の
『エリザベート』
キャスト表 写したのに
誤って消してしまった~(汗)


仕方ないなぁ~ 書きますか

本日のキャスト
エリザベート・・・・・瀬奈じゅん
トート・・・・・・・・・・・城田優
ルドルフ・・・・・・・・・伊礼彼方
ゾフィー・・・・・・・・・寿ひずる
少年ルドルフ・・・・・小宮明日翔
ルドヴィカ・・・・・・・春風ひとみ
       (敬称略)

オープニング!
エリザベートを語るために
蘇るハプスブルク家の人々。
上手棺桶から起き上がるのは・・

前回、おぼろげだったので
気になり 禅陛下から
少しだけ意識して
目を移して確認した。(笑)

下手 三つの棺桶だったので
てっきり上手も三つとばかり
勝手に思ってたけど
実は二ツしか有りませんでした
いかに見落としているか
禅陛下にばかり目を奪われてるか
って事ですね(笑)

ルドヴィカが客席寄りの棺
ルドルフと少年ルドルフが
奥の棺から一緒に出てきます。
あ~スッキリした!(笑)

麗しい若フランツの
登場時のお姿をちょっとだけ
見逃したけれど
それは、まだ次回の
楽しみと言う事で!(爆)

城田トート 
ゴンドラから歌声と共に
降りてくると
いや~ 若フランツの麗しいのは
ミラクルメイク&ファン目線が
ちょっと?あると思いますが・・(爆)
城田トートは ホンと絵になります。
ゴンドラが似合っちゃうって
凄いなぁ~
トートのあの着る人を
選ぶ衣装も様になる!

禅フランツの歌声が一番お気に入り。
でも~城田トートの歌声も
丁寧に歌っているし
素直で聞きやすくポイント高し!

今期のトート
祐さまトートを筆頭に歌に関して
どのトートの回を見せてもらっても
椅子から落ちるような事は無いと
いえそうです。

瀬奈シシィ
本日も瀬奈シシィ(笑)
かなりお会いする回数が多くなってます。
これで四公演続けてかな?
次回は朝海シシィの予定ですが・・・

演じる方と見る方
共に回を重ねて 
こなれて来たのと
見慣れて来たの相乗効果で(笑)
違和感を感じる部分が少なく
なってゆく・・・・・

少女時代よりも
強くなってゆく後半のシシィの方が
説得力があるような気がします。

2幕最後の刺される直前
 陛下 遊覧船の・・・声をかけられ

 急ぎましょ!
 この台詞は相変わらず
男前だなぁ~と。(笑)

寿ゾフィー
やっぱり貫禄がある~(笑)
歌声も力強く 皇太后らしい!

皇后の務めを果たして来た
今までを歌う 死のシーン
この手だけで 育てたわ~
皇帝陛下と呼ばれるまで~♪

強い皇太后の優しさを見せて
ハプスブルク家の未来を案じ
命尽きるソフィー
カラ~ンと杖の落ちる音、
そして 静寂。
静かなメロディの中
好きなシーンです。

伊礼ルドルフ
城田トートと並ぶ
闇が拡がる~♪
今 東宝版のエリザだよね・・と(笑)
でも歌だけを聴くとちょっと
物足りない~!
声質もちょっと合わないような
気もして」・・・・
どんだけ贅沢なんでしょ?(笑)

禅フランツ
心地よい若フランツの若声から
年老いてからの孤独の夜のボートまで
揺らぎのない安定感。
もう一人の母親への
却下の一言。
言ったあとの辛い表情を一瞬
そして立場上その思いを飲み込み
机に戻ります。
クリミア戦争の話になり
熱心に話を聞き、考え込むのですが
ゾフィーの一言で片付けられてしまう。
結婚で絆を結ぶ事も知らず
怪訝な顔でグリュンネ伯爵に
物言いたげです。

お見合いでシシィに見惚れ
思わず笑みを見せる若フランツ
蝶を追うシシィに
思わず目が追いかけてます。
細かいね~(笑)

最後通牒
今日は 瀬奈シシィの
台詞 何とかわかりました。
わかりにくいのは、語尾を
飲み込んじゃうのね(爆)

瀬奈シシィに救いを求めた禅フランツ。
エリザ~~~ト♪
せめて今宵だけは~~~~~~~~
~~~~~~~~~♪
       (ここ長かった~!)

夜のボート
月夜の晩、暗いのと深く帽子を被る
禅陛下に 表情が見え難いけど

わかって~無理よ
私には~♪
シシィの返事に
この時の禅陛下は 
一瞬表情が曇り・・・ふっと顔を
背けるんです。
目が潤んでいるだけの時
一筋の涙か見える時もあります。

そして悪夢へと。
悪夢の禅陛下は 
呆然として倒れ込む様子や
エリザベートを救おうと
トートダンサーズに阻まれながら
トート閣下に向かう姿に
力がはいり見入ってしまうので
『エリザベート』観劇けっこう
 疲れます(笑)

ちょうど良い頃合で時間と
なりました。
塩ちゃんの煽りもあってか
お決まりのカテコのあと
もう一回(笑)

トーク・ショーを控えて
シシィとトートの二人カテコは
省略(笑)  暫時 小休憩!
 
 
 トークショーへ つ・づ・く(笑)



2010.09.16.22:56
四季劇場 夏 
2度目の今日はスマートチケット!(笑)
携帯ピッとかざすだけ(笑)
席番が書かれた用紙が
レシートのように出て来る。
新しいサイズの紙チケットでも 
同じだけど・・・ネ(笑)
要はQRコードの読み取りですから~

東京公演、初の前回よりも
席は幾分前方になりました~♪

本日の出演者
ビースト・・・・・・・・・ 飯田洋輔
ベル・・・・・・・・・・・・・ 坂本里咲
モリース
(ベルの父)・・・・・ 林 和男
ガストン・・・・・・・・・・ 田島亨祐
ルミエール ・・・・・・・・百々義則
ルフウ・・・・・・・・・・・・ 遊佐真一
コッグスワース・・・ 吉谷昭雄
ミセス・ポット・・・ 織笠里佳子
タンス夫人・・・・・・・ 竹原久美子
バベット・・・・・・・・・ 長橋礼佳
チップ・・・・・・・・・・・・ 牧野友紀

男性アンサンブル
清川品 沢樹陽聖 布施陽由
安江洋介 林晃平 安芸雅史
熊川剣一 ファン・ソンヒョン
香川大輔

女性アンサンブル
倖田未稀 市村凉子 小嶋由夏
小川飛鳥 渡辺由紀乃 吉田千恵
木許由梨 森田江里佳 福岡唯子
松田末莉亜 (敬称略)



里咲さんベルやガストン
コグスワースとルミエールコンビは
続投中ですが
ビーストは飯田さんに
モリース以下ミセス・ポット
タンス夫人がチェンジに
なっています。

絵本でも読むようなあの感じ。
老婆と王子 美しい魔法使い。
光と闇 上手くお伽の世界へ
連れて行ってくれます。

飯田ビースト
お初の飯田ビースト
ちょいカワ王子(爆)
ノーブルな貴公子
  ・・・ではない気がする(笑)
野獣の姿であっても冷たさや
恐さを感じない優しい野獣に
思えました。

東京公演以外では すでに
何度も演じてらっしゃるので
歌や芝居が・・・などは
ないのですが
歴代ビーストそれぞれのカラーが
有ったように、自分のビーストが
出来ているのでは?と思いました。

林モリース
反対に違和感が大きかったのは
林モリース ベルのパパです。
歌が歌えてないとか
演技が出来ていないとかではなく
パパらしく感じられなかったのが
原因かな?

織原ミセス・ポット
歌声が細めな
・・・ミセス・ポットと思ったのですが
個人的にこの役の歌声は
ちょっと低めが好み(笑)
ベルとビーストを見守り
包み込むような歌で
あのシーンは見たい!
単に好みの問題ですが
ちょっと物足りない気分(笑)

でもビーアワー・ゲストの派手な
あのシーンも 
ベルやお皿やスプーンたちの
ラインダンスも 
ロマンチックなベルと
ビーストの二人のダンスの
シーンも 美しくて
楽しい夢の舞台。

お約束の笑いのシーンも
普通に受けてた(笑)

細かいことは抜きにして
楽しんだほうがいいですね(笑)

劇団四季 定期演目?

『美女と野獣』

無事観劇終了~~~(笑)