現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2010年08月
2010.08.31.20:33
10年9月の観劇予定
禅さん祭り 真っ最中!(笑)
東京会館のミュージカルサロンもあり
嬉しい忙しさです。

ご本人も忙しいけど、
見に行くこちらも忙しい~♪

9月の観劇予定
■ 『叔母との旅』
■ 『アイーダ』
■ 『エリザベート』×8回
■ 『ビリーバー』
■ 『トロイアの女たち』
■ 『井上芳雄10周年記念コンサート』
■ 『イリアス』 
■ 『美女と野獣』×2回
■ 『東京会館塩田明弘ミューサロン』
■ 『表に出ろぃ』 
■ 『サウンド・オブ・ミュージック』
■ 『赤毛のアン』

当初予定していた『エリザベート』に
もし追加するなら
禅さんのトークショーがあれば?
そう言ってたら 来ました!
禅さん出演ののトークショー(笑)
しかも2公演。 
必死に調整~どっちも ガンバ(爆)

冗談では済まなくなったよ~ 東宝さん。
他のイベントはスルー出来るけど、
禅さんの引力は 
 とても強いぃ~♪

『エリザベート』追加決定で
恐ろしいスケジュールとなりました。

 愛の証しなんだ~♪(笑)
フランツ陛下・・・・・頑張ります!





2010.08.30.22:08
全然チラシなど見かけなかった~
こんな公演があったのね~
気になる公演・・イープラスメールから!


全然チラシなど見かけなかった~
こんな公演があったのね~

公演名   :『アントニーとクレオパトラ』
公演日・  :12/1(水) ~ 12/5(日) 
会場     : THEATRE 1010

出演    :平幹二朗、松井誠、和泉元彌
       今井清隆、深沢敦、松田洋二
       原田優一、光枝明彦、他
            (敬称略)

何故気になったかって?(笑)

『その男』以来な 平さん
キーヨもお久し振りかも。
『ひめゆり』で見た原田君
光枝さんのお名前もあるし・・・
リトルショップ・・・の深沢さんだって

   もちろん出演者で~す。

2010.08.30.21:09
『Best Stage』10月号
相変わらず表紙を見ると
・・・ジャニの若い子ばかり(笑)

関ジャニJr. Hey Sey JUNP
A.B.C.Z などの文字が躍る。


でも隅っこに
片岡愛之助 ・ 蘭寿とむなんて
お名前もあります。

愛之助さん片面いっぱいに
ピンクのシャツに白パンで
キリっとした眼差し。(笑)
宝塚からは 蘭寿さん
これは表紙にあるし~ネ
蒼羽りく×愛月ひかるの
お二人も!

四季からは上川一哉さんでした。

そんな中で嬉しいのは
舞台からの写真
今回好みのチョイス

見て来た舞台 黙阿弥オペラ
X-Day ガラスの仮面 宝塚Boys
ロックンロールの写真もあります

Endless SHOCK
千穐楽リポートが大きく取り上げられて
いますが
 特に『エリザベート』!!
新しいキャストに力が入ってる?(笑)

シシィのお二人は当然として
トート閣下は 石丸&城田トートが
多いですね。

祐さまトートは小さく
それもなぜか暗いシーンばかり(爆)

禅フランツも・・
お見合い若フランツ 小さく
最後通牒のガウンフランツ暗く
夜のボートフランツ 横顔です(笑)

期待してなかったのに
舞台写真が掲載は嬉し~い。

小さいの 暗いの
横顔だの 言ってますが
禅フランツが載ってれば
なんでも嬉しいんですから~(笑)

これだけで購入決定条件
 見事クリアしてます。

   Best stageさん (笑)


2010.08.29.22:07
再びの石丸トート&瀬奈シシィ

いい加減慣れろって話ですが、
祐さまトートを見慣れた目には、
石丸トート まだまだ新鮮(笑)

本日のキャスト
0829エリザキャスト

石丸トート
甘い伸びのある歌声
意外性のあるシャウト(笑)
一番感情が見えるトート。
シシィへの執着もよく見える
気がします。
初演の内野トートを思い出させる
部分があるよね?
・・・と見た方に同意を
求めてみます(笑)

瀬奈シシィ
地声 ファルセットも綺麗に
聞こえて来ます。
でも~夜のボートあたり
老年になってからの台詞
年齢を意識しての発声なのか
男声のような癖のある台詞回しに
なってしまってますね。
全体的に、早口気味な台詞も
ちょっとした違和感を感じて
気になります。

寿ゾフィー
宮廷唯一の男?と言われた
鉄の女 強いゾフィーがいます。
そう生きるしかなかった
死を迎える前の切ない告白
・・・母の強さと女の弱さ
この二つの顔を見事に
演じてくれます。

~義務を忘れたものは
滅びてしまうのよ~
死と共に手を離れた
ステッキの音が哀しく響きます。

万里生ルドルフ
見慣れて来た、ルドルフ
線は細いけれど 皇帝には
挑戦的なルドルフです(笑)

島ルキーニ
ちょっと遊びが入って来ましたか?(笑)
歌の中で台詞っぽく言ったり
イントネーションを変えたり、
芝居進行の大役を背負った
ルキーニです。
あまり遊ぶと芝居全体が揺らぐのでは?
初演からのお役で余裕もあると思いますが
敢えて遊ばないで演じていただきたい
そんなお役だと思います。

禅フランツ
今日も若々しく執務室で
サイン、印章を押してました(笑)
でもその表情はいつもより
くもりがち・・・
憂いの表情が多かった気がします。
まぁ今日のお席は遠いので
オペラグラスに頼らないと
表情まではよくは
見えなかったのですが・・・(笑)

さらに舞台中央には前の方の
頭の影がかぶさると言う
ちょっと辛いお席だったのですが
歌声は良く聞こえて来る

あっ ちょっとテンポが速かった?
あっ 声を伸ばさず・・切れてる?
掠れるとか 出ていないんじゃないけど
お疲れなのかと・・ちょっと心配に。

田代ルドルフに蟄居を命ずる
シーンでも・・

血を分けた息子に・・・
何も言うな!ハプスブルクノ名誉に
掛けて!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
処分はおって沙汰する!


ここまでの間が・・・・なが~~~~い。
台詞忘れたかと思ったぁ!

心配がさらに深まる(笑)

そんな心配をよそに
禅フランツ 悪夢では
素晴らしい壊れっぷり(爆)
髪の乱れも激しく 白髪頭が
ツンツンです(笑)

今期 禅フランツのはけ方が
普通になってしまったので
初めてシシィの影の変身シーンに
注目してみました(爆)

暗転の中 棺の奥の方
見えにくくした一角で、
トートダンサーズが
目隠しになる後ろで
トートダンサーズの助けを借りて
・・黒い衣装を脱ぎ捨てています。

一瞬の後 白いドレスのシシィが
トートダンサーズに支えられ
棺の上に上げられます。

両手を差し伸べ待つ トートの傍へ
駆け寄りその腕の中へ・・・

クライマックスですね。
このシーンは 既に禅フランツは
舞台上にいないので 今までも
見ていたけれど・・・(笑)

初演から10年
まだ新しい発見がある(笑)
単に見てなかっただけでしょうって?

   ごもっともです。(笑)

カテコは トートとシシィの
二人カテコまで拍手は続きました。
この形が定着するのかな?

明日は、やっと休演日・・・
お疲れ様です。

なんかこっちも 休める気がする(笑)


2010.08.29.07:44

8月公演のエリザベート
今日のこの公演で5回目・・(爆)
行って来ます。

17日からお休み無しのスケジュールで
2.1.2.1.2.1.1.
2.1.2.1.2.1公演と
13日間19公演。
走り続けて来た最終日が今日なのです!

ダブル・トリプルキャストなら
少しは息がつけるのでしょうが・・・

禅フランツほか
村井パパ・阿知波ママ・田代ルド
アンサンブルの方々も
本当にお休みなしの
ハード・スケジュールでした。

お疲れモードかも?
頑張って~~と応援に

    行って来ま~す。(笑)



2010.08.28.22:07
イキウメ
図書館的人生Vol3
食べもの連鎖

10月29日(金)~11月7日(日)
会場  シアタートラム

ほか大阪 広島 福岡もまわりますね

以前TV放映されたのを見て
興味あるんですけど・・・・
一番の難点は日程だ~!

いまの段階でも
10月29日と30日は『エリザ』公演の
前楽 楽日。しっかりチケ確保済み。

6日は花組芝居予定で埋まってる(笑)

ソワレは基本避けたいので
やっぱ無理かなぁ~


2010.08.28.21:25
何時申し込んだか忘れるくらい
以前に予約のチケット
『ロックンロール』
予定の行動ですが・・・

ソワレでは トーク・ショーが
あるらしい・・・
帰りにはリピーターチケットいかが?の
呼び声を聞きましたよ~(笑)


【出演】
マックス・モロー・・・・・市村正親
エレナ/エズミ・・・・・・・秋山菜津子
ヤン・・・・・・・・・・・・・・・・・武田真治

エズミ/アリス・・・・・・・前田亜季
スティーブン/
パイパー/警官・・・・・・・・上山竜司
ナイジェル/審問官・・・・西川浩幸
ジリアン/マグダ・・・・・・月船さらら
キャンディダ・・・・・・・・・森尾舞
ミラン/ウエィター・・・・檀臣幸

フェルナンド・・・・・・・・・山内圭哉
レンカ・・・・・・・・・・・・・・・黒谷友香

学生・・・・・・・・・・・・・・・・・熊坂理恵

しかし 第一印象
  暗い舞台だぁ~

照明とかじゃなく
題材もだけど、描き方が暗い
いや照明も暗かったけど・・・(笑)

脚本が重いのは解るけど
描き方で余計重い印象なのか?
演出・栗山さん・・・は
笑い飛ばす舞台にならないのは
承知だけど、暗いよ~。

市村マックス 秋山エズミも
笑いを誘う時もあって
エンディングは盆を使い
レコードに見せた舞台の上で
踊りはしゃぐエズミとヤン
このシーンは少しは明るめだけど
前編通して・・・暗いイメージが
ついてしまった。

プラハの春がキーワードらしいけど
お勉強不足でついてゆけない~^_^;

政治色の濃い舞台は苦手分野
説明台詞が どうしても多くなる
2F席だったので、役者さんの
表情はよくわからず
台詞が聞き取り難い事もあって
・・実際、暑さにぼぅっとなってる頭じゃ
理解不能 理解不能って
火を噴きそうになるシーンも(爆)

チェコの共産主義から
資本主義へと社会が動いていく中

マックス ヤンの生き方
マックスの妻と娘
エレンとエズミを通して
バックに様々なロックを
流して描かれる物語
曲に乗って
暗転~映像~シーン転換

秋山エレン (1幕)
秋山エズミ (2幕)

親子を一人で演じるのが凄い(笑)
エレンは、乳がんと戦う
真面目な教師
娘のエズミは 一時は
家を飛び出しヒッピーと
暮らしていた奔放な娘。

身のこなしから
すべて変えてきます。
演じ分けがお見事ですね!

前田エズミ(1幕)
前田アリス(2幕)
こちらも親子を一人で
演じていた。
孫にあたるアリスは・・行動は
エレンに似ている。

マックス ヤンの交流が
物語の軸・・・
なのに、なぜか母子の生き方が
よく見えた舞台。

一幕では、少しだけ
意識がとんだ(爆)
エズミの妊娠発覚あたりは?(笑)

エズミの夫 西川ナイジェル
ヤンを尋問する審問官役も
兼ねている
しかしエズミとの慣れ初めなど
語られても・・・なんか
似合わない気がしてなりません。
これって思い込み?(笑)


山内さんは目立つ!
でも出番はそう多くない
エンディングでは
スキンヘッドじゃないし~(笑)

市村マックス
2幕のマックスは完全な
おじいちゃん役(笑)
杖をついて動きはゆっくり
膨大な台詞に集中?
この舞台 ダンスはないし
歌わない(笑)

その分 カテコ捌ける時、
秋山エズミと肩を組んで
軽いスキップ

難しいお芝居 こなして、
お元気です(笑)



2010.08.27.22:01


珍しく サマーキャンペーンに
乗せられ 追加購入したチケットです。
それでも~ダンスのD列 (笑)

そしてなおかつ嬉しい誤算。
思わぬキャスト 
下村スカーにまたお目にかかれるとは・・・

日本版『L・K』オリジナル・キャスト
四季版『L・K』CDの収録スカーですが
四季を退団されていたので・・・
まさかのキャスティング

急遽だったのか 7月に増版した
プログラムにはお名前なしで
小さな紙での追補となってました。
いったいいつまでだろ・・・

本日のキャスト
ラフィキ・・・・・・・・・・・鄭 雅美
ムファサ・・・・・・・・・・・内田 圭
ザズ・・・・・・・・・・・・・雲田隆弘
スカー・・・・・・・・・・・・下村尊則
ヤングシンバ・・・・・・・・・山地貴能
ヤングナラ・・・・・・・・・・木村紅葉
シェンジ・・・・・・・・・・・孫田智恵
バンザイ・・・・・・・・・・・韓 盛治
エド・・・・・・・・・・・・・岡本繁治
ティモン・・・・・・・・・・・中嶋 徹
プンバァ・・・・・・・・・・・川辺将大
シンバ・・・・・・・・・・・・田中彰孝
ナラ・・・・・・・・・・・・・岡本瑞恵
サラビ・・・・・・・・・・・ 渡邉万希子

【男性アンサンブル】
佐藤晃仁 南 晶人 木村龍帆
加藤龍登 武智正光 本城裕二
大竹康平 星野光一 小田春樹
前田順弘 松本和宜 辻中 武
片山崇志 浜名正義

【女性アンサンブル】
 
宝生 慧 小粥真由美 智川ちえみ
松本昌子 福井麻起子 鳥海郁衣
岩沢英美 稲垣麻衣子 村上絵里子
中村友香 小月 舞 愛沢えりや
         (敬称略)
 
サマーキャンペーンの最終仕上げ、
ミニ・チャーム6個とストラップ・チェーン
忘れずに交換していざ!

長丁場演じてる 鄭ラフィキ
安定のサークル・ライフから
出だし快調~

内田ムファサのシンバを見守る
暖かい視線がいい感じ。
雲田ザズもしばらくぶりに・・見ました
お帰りなさい(笑)

田中シンバにもお帰りなさいっと
言っておこうかな 

そういえば前回も、
宇都宮シンバ この時も 
お帰りなさいキャストだったんだ~


そして、下さまスカー
やっぱ 濃い~~~(笑)
内田ムファサよりも
台詞発音が、不自然すぎるのは
なぜだ~~(爆)
メイクもやけに濃い気がしたゾ

中島ティモン
長くこの役を演じる中島ティモン
思えばこの方もCDキャストだわ~

お帰りなさいキャストが多い
本日のL・K
舞台を牽引する力が強いのか
牽引する力がなくても 
前に進む力を持ったメンバーが
多かったのか
全体的にまとまり良く感じました。

『L・K』は、今年の年末
12月20日には
なんと上演12周年を迎えます。

記念日公演のチケット
今年は取ることが出来て
ホッとしました。

猫さんの11月11日のチケっ鳥に
逃げられてしまったので
ライオンも猫科だし・・・
 ちょっと違う?(笑)

 なんとかリベンジ果たしました!
2010.08.27.21:48
やっと、城田トートのMy初日です。(笑)
0826エリザキャスト


クールビューティとのお噂は
  かねがね~♪

まず、舞台栄えする!
癖のないストレートな甘い歌声で
黄泉の世界へ誘ってくれます。

『テイク・フライト』 や
『スウィニー・トッド』では
それほど多い出番ではないし
特に歌声も癖がない分、印象には
残らなかった気がしますが、
今度は、黄泉の帝王トート閣下。
ほとんどでずっぱりで
出れば歌います。
新しいトート像、城田トート 
これはこれでアリでしょ!

しかも、歌声では誘っていても、
突き放した感じがする・・(笑)
~さぁおいで~と両手を出してくれても
視線が醒めてる?
無駄な動きもない エコ・トート?で
いかにも現代っぽい気がする。

革命ダンス やはりお若い
あまり動かない静のイメージですが
このシーンは何気に踊ります。
しかし踊ってもクール。
ここは、祐様トートも張り切って踊るし~
負けていられませんよね(笑)

シシィを欲しがっても
手に入れたらすぐ ポイって
しそうだ(笑)
エンディングでは・・・・
シシィをお姫様抱っこで
棺に納めるのも、城田トートだけ。
シシィがとても小さく見える~(笑)

3人トートを見た感想は、
祐さまトートはこの世を
俯瞰して繰っているトート

城田トートは 黄泉の世界から
見てはいるけれど
何が起ころうと興味なさそう
唯一 シシィだけに、
ちょっとだけ興味ある感じ

石丸トートが、結果的に一番
人間界に近いトートかも
しれません。
最後のダンスも一番熱い(笑)
シシィにも ねっとりと纏わりつく
執着が感じられます。

3人3様のトート。
対する シシィの愛を争う
禅陛下はたった一人(笑)

若フランツの執務室シーン
椅子に座ったままだったのに
多分・・演出が変わって
椅子から対上がりセンターに出てきてから
台詞を言うようになってます。
一幕最後の シシィ。トート
そして禅陛下の3重唱も
一部分 センターで歌うように
変わったようです。

禅フランツが ガチンコ見られる
シーンが増えるのは大歓迎で~す(笑)

シシィはもの凄いエゴイスト♪
自分を一番愛したシシィ
人を愛する事を知っていたのか
疑問です。

禅陛下のあの悲しみのシーン
夜のボート♪
いつか私の目で 見てくれたなら・・・
分かり合える日も来るでしょう♪

シシィが交代で若返り(笑)
お相手との呼吸を計っているのか
瞳は潤んでいるけれど
まだ本領発揮をは行かないようです。

新しいトート閣下と
禅フランツ陛下の対決
悪夢のシーン
連日、黄泉の帝王相手に
勝ち目の無い、悪夢シーンで
戦い続けてます。

頑張れ禅フランツ!(笑)

禅陛下のクライマックス
悪夢のシーンが終ると 
舞台ももう終盤 

カテコが待つばかり!
カテコでも禅陛下ウオッチは
欠かせない(笑)

今期から 禅陛下のカテコ衣装は
シシィの勝負ドレスと
セットのあの勝負服になっていて
前期の爺様陛下より 若返ってますが
この時期にあの衣装は、さらに暑そう~(笑)

朝海シシィの登場では
ドレスを踏んだのか
ちょっとよろめいてた?

禅陛下はと言うとシオタクターとの
アイ・コンタクトをしたり
村井パパとも笑顔で良く言葉を交わしてます。
もう マイク入ってないしね~

あの凛々しい若フランツは何処へ?(笑)
タレ目の陛下が笑顔で手を振ってる~

今日は シオタクターも少しだけ
煽ってて・・拍手が続きます。

城田トートと朝海シシィの二人カテコ
きましたね(笑)

二人カテコまであると
ちょっと嬉しい(笑)








2010.08.27.00:52

『エリザベート』検定にも
出題されていましたが 
エリザベートが
暗殺されたのが 

9月10日です。

今期の『エリザベート』
9月公演で この日の公演もあるのですが
残念ながらチケットはありません(笑)

ちょっと行ってみたいけど・・・(笑)
平日だし~ 次の日曜日のチケット
取ってるし。

なにかイベントとか挨拶とか
予定してますか?
東宝さん (笑)


なんて考えていたら・・・
本当にイベントがあるらしい(笑)

9月10日の当日観劇の方
抽選で7名様に
オリジナルTシャツが当たると
貼紙がされていました。

Tシャツの背中に

  エリザベート皇后
    暗殺の日


って どんなデザインなの?

   ちょっと微妙~~~(爆)


2010.08.27.00:39
ウイーンの王宮からサバンナの地へ・・
時々やらかすマチ・ソワ

『エリザベート』
やっぱ 禅フランツ
いいわぁ~(完全に贔屓目線)

何より舞台での役を
いつも良い形で見せてくれるのが
嬉しい。

お初の城田トート
う~ん 新しいトートだっ
ビジュアル 申し分なしで
歌・・・合格っしょ!(笑)

これから演目別の記事で
語ります(笑)

ソワレの『ライオン・キング』
サマー・キャンペーン
〆の演目でした。
これで6演目チャームが揃った(笑)

そしてキャストには意外な事に
下村スカーが・・・(えっ?)
スカーになってるらしいと
聞いてました~
公式HPには月曜更新で配役は
されてました~
何もなければその週は決まり。

でも~急な変更も有りうるので
ちょっとドキドキ(笑)

おそるそる確認したキャストボード
スカー・・・下村尊則
来てましたね~(笑)

ほんとに 四季の舞台に戻ってました。
ロビーで売っているパンフ
なんと下村さん追補で小さな紙に
プロフが書かれ挟まれてます。

この追補だけでもいただけるようです。
プロフには
「退団後も舞台や映画でで活躍している」
これは団員扱いじゃないらしいお言葉?
客演なんでしょうか?

スルース上演の記事には
下村ミロの写真も使われているし~
このための復帰かな?
と勘ぐってみる(笑)

久し振りに見た下村スカーは
相変わらず 濃かった~(笑)
そしてなぜか内田ムファサより
めちゃめちゃ開口発声だ。(爆)

下村スカーのカテコでは
拍手が一段と大きくなって・・
いつもより多いカテコと
スタンディング!


2010.08.26.00:03
blogに挑戦の5年後

『hatti 元気の素 観劇 ミュージカル』

このタイトルで
右も左もわからぬまま始めたBlog
時は2005年8月26日の事でした。

遊びに来てくださる皆様のお蔭で
ちょうど 5年になりました♪

 有難うございま~す。


Blogって何?(笑)
わからないから、一生懸命書く!
ネタを探しながら毎日のように
記事をUP(笑)
そのうち カテゴリの整備
サイドバーの工夫
テンプレのカスタマイズ
プラグインの設定
徐々に覚えてきました。

それが、今では日記感覚で
あまり悩むこと無く
何か書いてますね~
ついでに Mixiも Twitterもネ(笑)

このBlogの内容は
圧倒的に演劇ネタで~す。
観劇の防備録のような
意味合いも兼ねて始めたBlog

大好きな役者さんの事も
語っています
サブタイトルに意気込みを
込めて 愛を込めて・・・(笑)
 

初めての記事の内容が・・観劇予定(笑)
へぇ~
『エリザベート』の観劇予定三回も・・
これは、きっと禅フランツ陛下に謁見ですよ~

今と変わらない内容だ・・・(^_^;)



2010.08.25.23:00

少し間を空けての観劇
2度目の『宝塚Boys』・・・・

個性が出て来た感じですね~。
今日はソワレ公演で、何かあるらしい?
でもそんな気配は感じさせず
静かにマチネ舞台は進行してゆきます。(笑)


出演者
上野金蔵・・・・・・・・・・浦井健治
長谷川好弥・・・・・・・・杉浦太陽
山田浩二・・・・・・・・・・黄川田将也
星野丈治・・・・・・・・・・東山義久
竹内重雄・・・・・・・・・・藤岡正明
大田原剛・・・・・・・・・・瀧川英次
竹田幹夫・・・・・・・・・・石井一彰
君原佳枝・・・・・・・・・・初風諄
池田和也・・・・・・・・・・山路和弘
     (敬称略)


浦井=上野金蔵
生真面目でちょっとヘタレ(笑)
宝塚への憧れを語る時は
瞳が輝いていますよ~
前回よりも芯が見える
上野になってる気がする。

ダンス・シーンなどで
足が綺麗にたか~~く上がります。(笑)
よく動いているんだけど
東山=星野とは・・・なにか違う?
・・・と思ったら体の芯が
ブレ気味?なんですね
頭も一緒に動いてしまうから~~
上野らしいと言えば・・らしい(笑)

杉浦=長谷川
ごめんなさい~
濃~~いお芝居好きとしては
あっさり風味な長谷川
やはり苦手かも・・^_^;
初風=君原さんと絡むのも
芝居が対極すぎる~
ちょっと現実にかえって
しまいます。

黄川田=山田
声が・・・かすれてます~
つらそうですが 大丈夫?


東山=星野
一人アウトロー
嫌味言いまくりです・・・(笑)
皆で感動しながら
初めての台本を気にしつつ
素っ気無い態度の星野。
踊りにかこつけて覗く(笑)
なんだかんだと
苦楽を共にしていて
愛すべきキャラなんですが、
実際にああいう奴がいたら
確かにその場の空気が
悪くなる・・・かもね(笑)

藤岡=武内
おっとりタイプの竹内
夢が叶わないと知った時の
あの熱さが本領発揮。(笑)

歌声も安心して聞けて
でもって 時々見せる
人懐こい笑顔 キュートです。

けど・・今回の竹内役は体力勝負か。
いったい何人 担いでますかね?
大田原 山田 
君原さんは お姫様ダッコ!
他にも運んでいたっけ?(笑)

瀧川=大田原
大田原のキャラ良く見せてくれます。

チラシのビジュアルに偽りあり?(笑)
めがねを掛けて ザンバラ・パッツン髪。
レビューでは少しチラシ風に
なりますけどね(笑)
前作の大田原はカテコで
飴を配ってたけど・・
今度は梅干(笑)

東山=星野はどうやら梅干が
 苦手らしい?
前回も 今回も途中で食すのを
 放棄してました~(笑)

石井=竹田
こちらも回を重ねて
竹田になって来たのかも
前回見た時よりも
この舞台に馴染んでいました。

歌・ダンス・芝居が求められる
この舞台
ダンスもこなし 
歌も某方々と一緒だと
とても安定して聞こえます。(爆)


最後のレビューシーンでは、
歌の力の差が、さらに感じられて
ちょっとバランスが悪いのが
惜しまれます!

君原の初風さん・池田の山路さんは
この宝塚Boysの顔です。(笑)

Boysが変わっても宝塚Boysの
両輪になってると改めて思いました。

初演 再演とDVD買っちゃたけど
今回どうしよう~(悩)

観劇者先行予約チラシ
配られて

  ・・・マジ悩み中でございます。







2010.08.24.21:28
『宝塚Boys』再び!
9月1日の千穐楽まで あまり日が
無くなってきましたが、
『宝塚Boys』明日2度目の観劇。

マチネ予定なんですが・・
どうもソワレに何かが
起こるらしい?(笑)

う~~ん 見に行くの
 昼公演なんだよ~

すっごい気になるじゃん?
 
2010.08.24.21:18
四季IDメールが届きました。
『サウンド・オブ・ミュージック』
バクステ他 いろいろとイベントが
決定してるようです。
会員さま他2名までが多い。

ちょっと日程当たってみたら
他の演目が入ってる!

『美女と野獣』『赤毛のアン』
『エリザベート』
『ワンダフル・タウン』

今回は 手持ちのチケットの日程と
一度も当たりませんね~(笑)


  無理は禁物 ・ 現状維持 (爆)

2010.08.23.20:39
12月にシアタークリエで
公演予定のこの公演
『プライド』

出演
麻見史緒・・・・・・・・・笹本玲奈
緑川萌・・・・・・・・・・・新妻聖子
池之端蘭丸・・・・・・・佐々木喜英
神野隆・・・・・・・・・・・鈴木一真 ほか
       (敬称略)

公式HPに 扮装をした
出演者 UPです。
聖子ちゃん 化けました(笑)
玲奈ちゃん 綺麗~♪
蘭丸君(佐々木君)女装のビジュアルが楽しみ
神野役(鈴木さん)・・・神経質そうで期待大!


HPでのビジュアル公開
一気にテンション上がり気味
チラシもこれで・・きっと来る!

単純だけど・・・・楽しみだね。

2010.08.23.14:41
昨日の公演で配布の
チラシの中に・・・

ハッシーの速報チラシ!



  橋本さとし
     出演決定

     パンクオペラ
 時計じかけのオレンジ

公演日程 会場名
チケットの一般発売日

問い合わせ先として
ホリプロさんの連絡先が書かれたもの




あっさりしてるけど
こんなの作るんだぁ~(笑)
何処でつくるんだろう?


そう言えば禅さんの 速報って
   見たことない!
ブッキング所属は・・・
まぁ 扱いは違うと思うけどね(笑)

あっ フック船長のとき
チラッとあったかな?(笑)





2010.08.22.21:26
面白い~~(笑)
緊迫したシーンが続きます。

結婚半年の 
リシャールとフランソワーズ。
しかし 橋本リシャール、
中越フランソワーズの莫大な財産を
当てにして博打に熱中
家に届くのは 請求書ばかり
悪巧みに長けたDV夫
ピッタリ!
これ 誉めてますよ~(笑)

中越フランソワーズ
借金の清算を妻の財産から
無理やり引き出そうとする夫
フランソワーズは
そんな夫と離婚したいと
一計を案じるのですが、
これにルイーザも巻き混む。
さらにはルイーザの恋人だという
リシャールに瓜二つの弟
ミシェルの登場で
話はややこしくなる(笑)

この辺までは、どこぞのHPに
書いてあったような気が・・・(笑)


 『W』コメディ・サスペンス

出演 
リシャール/ミシェル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・橋本さとし
フランソワーズ・・・・・中越典子
ルイーズ・・・・・・・・・・・堀内敬子
警察署長グランジャン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コング桑田
サリトーニ・・・・・・・・・山西惇

警官フィリップ・・・・・富森ジャスティン
警官アラン・・・・・・・・・富森アンドリュー



橋本リシャールとミシェル
二人の人格の演じ分け
小心者のミシェルでも
ちょっとリシャールが
しっかり入ってるし~

堀内ルイーザ
アッケラカンとした軽さ。
合理的だし、コメディの
味付けも良い感じ。


山西サリトーニ
居場所を心得た
絶妙な胡散臭さ(笑)
見るからに
リシャールのつけ馬
借金取立てが 堂にいってます。

コング警察署長
警察らしからぬ雰囲気
これも芝居のうち?(笑)
署長自ら 捜査に出てくるの?
最後のドンデン返しには
署長登場でOKですが・・・(笑)


興味を引く幕開きから中盤と
舞台は 一気にクライマックスへ。
サスペンスの性質上
やはりネタばれは避けた方が
いいでしょうねぇ~(笑)

とにかく 二転三転する舞台とだけ
お伝えしておきましょう

2時間半
ジェット・コースター並に
UP・DOWNかなり激しいですよ
心臓が弱い方はご遠慮ください
・・までは行かないけど
コメディ部分もそこそこ笑いを
取ってるし~

舞台の最後が気になる方は
劇場でお確かめくださ~い。(笑)

2010.08.21.22:08
『プライド』
シアタークリエで 
年末12月の舞台です。

某クレジット系の扱いは
始まっていたものの日程が合わず
東宝ナビザの扱い開始まで
待とうか?と思っていた矢先に
別口の取扱いを見つけて
あらっ これって割引価格
まぁ 席はお任せで配送料加えると
正規料金に限りなく近いけど・・・(笑)
ポチっとな(爆)

シアタークリエならどの席が来ても
なんとか見えるし・・と
一公演確保です。(笑)

原作読んで、主役の歌姫二人
人物的に感情の動きが
ちょっと理解し難い
キャラだと思ったのですが。

玲奈ちゃん お嬢キャラ
聖子ちゃん 野心家貪欲キャラ
佐々木・蘭丸 美形男子キャラ
鈴木・神野がクールツンデレ?キャラ(笑)
かなり乱暴なキャラ設定(笑)

舞台化では、どう見せてくれるんだろ
コミックの内容を
どこまで忠実に再現するのか?

『ガラスの仮面』のように
余り長いお話でもねぇ
二作品 作っても
残りエピソードありすぎだし~(笑)

『プライド』も原作は、全12巻、
舞台化しがいがありそうで~す。

2010.08.21.21:07

3776回のソロコンサート
富士山山中湖ライブ
『さだまさしソロ・コンサート』
を放送してくれます。

3776回を3776メートルの
富士山の麓の山中湖で・・・
まさにまっさんらしい~(笑)

WOWOW
9月18日(土) 15:00~