現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2010年06月
2010.06.30.23:33

メインキャストさんから・・・・
ゾクゾクと動画UP
更新を楽しみに チェックしてますが、

皇后エリザベート役
【朝海ひかるインタビュー】
【瀬奈じゅんインタビュー】

黄泉の帝王トート
【山口祐一郎インタビュー】
【石丸幹二インタビュー】
【城田優インタビュー】


ルイジ・ルキーニ役 
【嶋政宏インタビュー】

順当にUPが続き

ルキーニ 来たよ!
次あたり 禅フランツかな?
期待を持たせて・・
お~~と新ゾフィーね(笑)


皇太后ゾフィー役
(Wキャスト)
【杜けあきインタビュー】

ルドルフも新キャストから・・・
ルドルフ
【田代万里生
(初日~9月5日(日)出演)インタビュー】

順番で伊礼君 裏井君ときましたよ~♪
【伊礼彼方
(9月6日(月)~10月3日(日)出演)インタビュー】

【浦井健治
(10月4日(月)~千穐楽 出演)インタビュー】

さ~~て そろそろ禅フランツが
来てもいい頃では?
えっ そちらへ飛びますか? 東宝さん!


【エルマー役 岸祐二インタビュー】
【ツェップス役 広瀬彰勇インタビュー】


忘れられてるの? それともじらされてるの?
寿ゾフィーと禅フランツ まだだよ~~!


 特に 禅フランツのインタビュー
         待ってるのになぁ~(笑)




2010.06.30.13:49
『キャッツ』記念日のチケ鳥戦線敗退の
痛手の中(笑)四季のイベント開催が
なにか賑やかな事になってます(笑)

夏休みを控え お子様ターゲット企画多し?
おばちゃんお一人観劇では
恩恵に預かれない企画もあります(笑)

まずは、はしご観劇者に
ぴったりのキャンペーン(笑)
LK AIDA SOM CATs
BB・・・そして はだかの王様

ちょっとスケジュール帖を確認したら
LK以外はすべて期間中に
予定があるよ~ 
よし これはOK!(笑)

なになに? すべてご覧の方には
スペシャルプレゼント?
え~~っ  LKを追加しろと?(笑)
忙しいんだけどなぁ~

ここからはお子様企画?
上記六作品のスタンプ・ラリー
スタンプ・ブック配布はお子様だけ。

LKの特製サンバイザーもお子様だけ

SOMの歌おうイベントも
お子様一緒じゃないと・・だし

はだかの王様のゲスト・パスポートも
お子様対象・・・

夏休みイベントなので
仕方ないのか~(笑)


そんな中 大人対象の『ハムレット』
プレステージイベント

開催がソワレだけなので・・・微妙~
つぅ~か イベント前日のチケあるし~!

  タイミング N・G!



2010.06.29.21:58
彩の国シェークスピア・シリーズ
ついに 第23弾ですね~

『じゃじゃ馬ならし』

会場 : 彩の国さいたま芸術劇場 
           大ホール


出演 市川亀治郎 筧 利夫 山本裕典
   月川悠貴 磯部 勉 原 康義
   廣田高志 横田栄司 妹尾正文 
   岡田 正 清家栄一 飯田邦博 
   宮田幸輝 田島優成 
   川口 覚(さいたまネクスト・シアター)

   石橋直人 荻野貴継 (敬称略)

オールメール・シリーズでもある今回の作品
なんと亀治郎さんがキャタリーナ!!
対するは 筧さん(笑)

美少女の月川君も、います。(笑)
そのほかにも 蜷川作品の常連さんの
お名前も・・・もちろん



公演は埼玉だけではなさそう。
埼芸のHPによると

埼玉公演
2010/10/14(木)~30(土)
彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

九州公演
2010/11/5(金)~7(日)
北九州芸術劇場大ホール

大阪公演
2010/11/12(金)~17(水)
梅田芸術劇場シアター
   ドラマシティ

・・・・・となっています。

蜷川シェークズピア・シリーズ
彩の国さいたま芸術劇場の
シリーズもの。
楽しみにしっかりチェックが
入ってるんですけど~(笑)

亀治郎さん出演とあって
チケットの売れ筋の流れに
変化が出るかもしれない?
いつも、チケット捕獲まで
ドキドキものなのです。

取れるかなぁ?




2010.06.28.21:14
東宝ナビザ
またまた落選の文字。(苦笑)

二つ増えてました~(T_T)
Myページを見ると売る気ないんじゃないの?
・・・・と言いたいくらい、
落選の文字が並ぶんです。

まぁね 申込の日が、
千穐楽やら 前楽なわけで当然倍率が高い。

でもこんだけ当たらないと
 ・・・・・・・・・・・・・・・悲しくなってくる。


2010.06.28.12:12
10年7月観劇予定

7月・・・・禅さんの本舞台がないのに

いったい何事?(笑)
  By ヴァンホッパー夫人風

気がつけばいつもの通り?(爆)
なぜか予定がビッチリ
見たい演目が諦めきれず
禅さんの舞台がなさそうな
『エリザ』お稽古中で助かった~(笑)

7月の観劇予定
■ 『ハムレット』
■ 『アイーダ』×2回
■ 『アリバイのない天使』
■ 『エネミイ』
■ 『さだまさしコンサート』
■ 『ひめゆり』
■ 『美女と野獣』
■ 『まさかのChange』
■ 『X-day』
■ 赤坂歌舞伎『人情文七元結』
■ 『ドラマチカ・ロマンチカ』
■ 『ファウストの悲劇』
■ 『ピーターパン』
■ 『くちづけ』東京でセレソンデラックス
■ 『サウンド・オブ・ミュージック』
■ 『嵐の中の子どもたち』

今月は四季演目が多い?
美女と野獣の開幕 
ハムレット 
サウンド・・がロングラン公演だし
アイーダもあとわずか。
頑張っちゃいましたね~

他にも内野さんの『エネミイ』
シアタークリエは
 『まさかのChange』で、
地球ゴージャス公演まで。

う~~ん 本当にキリがない!

劇場に見にゆく
チラシを貰う
気になる公演を見つける
チケットを取る
また劇場へ行く・・・
合間に情報メールも来るし~

演劇オタクのスパイラル
抜け出せる日は来るのでしょうか?

禅さんの舞台を見なくても
気にならない日が来るのでしょうか?

今月の予定を見る限り

 まだ当分は・・・・・ムリッ!(笑)


2010.06.27.21:27
横浜キャッツ!
思ったよりに遠くないので
五反田とあまり変わらない感じで、
何気に通っております(爆)

今日は、観劇日で、
さらに次期『キャッツ』の
チケット会員先行発売日。
10:00には、劇場に向かう
電車の中で自動予約。
PCは使えないし
電話の方が早い!
でも~なかなか繋がらず
一緒にトライしてくれた友人の
携帯のほうが先でした。
希望日 一公演取れました。
ほんとタイミングだね

そして 横浜キャッツの
開演記念日 11月11日、
こちらも四季友さんに
一緒にとお願いしていたけど
玉砕とメールあり!

記念日は厳しかったのね~
最近 取れないことが多い。
ちょっと寂しいね。

気を取り直して 横浜へ・・・


本日のキャスト
グリザベラ・・・・・・・・・・・・・・・・佐渡寧子
ジェリーロラム
=グリドルボーン・・・・・・・・・ 朴 慶弥
ジェニエニドッツ・・・・・・・・・ 鈴木由佳乃
ランペルティーザ・・・・・・・・・ 石栗絵理
ディミータ・・・・・・・・・・・・・・・・ 原田真由子
ボンバルリーナ・・・・・・・・・・・・王 クン
シラバブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 江部麻由子
タントミール・・・・・・・・・・・・・ 大橋里砂
ジェミマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 齋藤 舞
ヴィクトリア・・・・・・・・・・・・・・・土井礼子
カッサンドラ・・・・・・・・・・・・・・ 蒼井 蘭
オールドデュトロノミー・・・・ 青井緑平
アスパラガス
=グロールタイガー
/バストファージョーンズ・・・ 飯田洋輔
マンカストラップ・・・・・・・・・・・ 武藤 寛
ラム・タム・タガー・・・・・・・・・ 福井晶一
ミストフェリーズ・・・・・・・・・・・ 岩崎晋也
マンゴジェリー・・・・・・・・・・・・・ 川東優希
スキンブルシャンクス・・・・・ 劉 昌明
コリコパット・・・・・・・・・・・・・・・ 花沢 翼
ランパスキャット・・・・・・・・・・・ 高城将一
カーバケッティ・・・・・・・・・・・・ 齊藤太一
ギルバート・・・・・・・・・・・・・・・・ 龍澤虎太郎
マキャヴィティ ・・・・・・・・・・・・ 桧山 憲
タンブルブルータス・・・・・・・・・ 松永隆志
        (敬称略)

相変わらずのキャス変多しで~す。
佐渡グリザ 久し振り!

ジェニおばさんは由佳乃さん

タントミールだった原田さん
今日はディミ役
ジェミマだった王さんも
ず~~と演じてきた
西村さんに変わりボンパルに!
なんか新しい雰囲気の
ディミ・ボンパルだった~

川東マンゴと石栗ランペ
最後の方の背中乗りポーズ
落ちそうになって なんとか
持ちこたえてた
バランス けっこう大変だよね。

飯田バストファー・・・
グロ・タイも若い印象です

岩崎ミスト
55ステップスでお目にかかったばかり
いろいろな役をこなしてま~す。

ミスト・ダンスも随分慣れて
来たような感じです。
安定感を感じるもの(笑)

 
福井タガー
ツトさんタガーから変わった
福井タガー・・そつなく演じているのですが
なぜか 印象が薄い
これって言うポイントが
ないのかな?
カッコいいタガーなんだけど
プラス、何か?がナイのかも。


龍澤ギルも戻って来ました
船からの下り方も前転?というか
アクロバちっくな降り方復活(笑)

新しいキャストさんも
たくさんいます

シラバブ タント
ヴィク ランパス
カーバなど 多分最近キャスティング
された方かな?と思います。

総体的に今日の『キャッツ』
優等生的仕上がりかもネ(爆)

最後の握手タイムは・・・(笑)
佐渡グリザでした~♪



2010.06.26.22:15
おっと~~~ドジった~(@_@)

今日の『コクーン歌舞伎』
開演時間に遅れてしまった~

単なるドジ 開演時間の勘違いです~(T_T)
チケットがまだ引き取ってなくて
手帳に12:00って書いてあったのに
2:00と見間違いです。

終ってから気がついたのではなくて
まだ救いがある?(笑)

チケットが会場引取りだから
チケットブースで引き取ってからでないと
入れないし~時間のロスが見込まれる・・・
幕間まで食事も抜きだな こりゃ~(笑)

一番早く乗れる電車の渋谷到着が
12:05分だもん
間に合うはずがない(爆)

もう覚悟を決めて、落ち着いて行動・・・
するしかないでしょ(笑) 

冒頭部分は見逃してしまったけど

 コクーン歌舞伎

百姓に慕われる名主
勘三郎さん演じる
  
  木内宗吾

その生き様 しっかと見せて頂きました。

ラップを取り入れた歌舞伎
百姓姿の鳴り物連
 エレキ・ギター?も混じってる

信念を通す男 
バカが付くほどの真正直な男

お馴染み 橋之助さん
扇雀さん 笹野さん 彌十郎さん
七之助さん おなじみのメンバーが
繰り広げる 佐倉の貧しい村

直訴の大罪を犯し
磔にされる 宗吾

走れ宗吾 ひた走れ
繰り返される 
ラップのこのフレーズが
印象深い。

人の難儀を見過ごすことが出来ない男
現代の世に重ねる?ラスト

子役が・・・・大活躍
 
     可愛いっ!(笑)






2010.06.26.18:08
これで最後のチケットです。
寂しい~~~~!

素晴らしく充実した内容の
贅沢なコンサート
4作品の美味しいとこ取り(笑)

Act1 M・Aから
セットは ないけれど
衣装をつけメイクして
M・Aが帰ってくる。
山路ボーマルシェ
サッカーネタ使ってました。

今日は玲奈ちゃんも
聖子ちゃんもいない~
恐怖政治のシーン

中山ロベスピエールと
Kentaroオルレアン公の
あの娘は使えると言われ
椅子から立ち上がったのは
河合さんでした。
これも本編では見られない!
演出が変わって、曲順が変わり
100万のキャンドル♪は
サブリナ担当です。

伸びのある声で謳い上げてくれて
曲の印象からして変わりますね
パトリックも加わり
曲は♪苦しみの彼方に・・リブライズ
客席の拍手が激しい。(笑)
惜しみない拍手でした。


Act2では 一路さんの登場から、
始まります。
一路さんが歌った
夢と現のはざまに♪

2000年エリザ初演で使われた曲
2004年版で 
私が踊る時♪に変更され
歌われなくなったとの事

でもね メロディを聞くと一緒に
ついてゆける部分があるんです
かすかに覚えていた曲が
目の前で歌われると
蘇ってくる感じですね

大空を飛ぶかもめのように♪とか
命の炎をもう一度 燃やして・・・♪
のフレーズとかネ

  音楽の力って凄いっ!

♪私が踊る時
♪ ミルク
♪闇が拡がる

禅さんのルドルフも
しっかりとお芝居
してますねぇ(笑)
トートの誘惑に戸惑いながらも
最後の最後見守る祐トートと
向き合う禅ルドルフ。

続きが見た~~い(笑)
この二人の闇拡は、何度聞いても、
魂持ってゆかれます。

 ここ小さく賛同者募ります(笑)

最後のダンスを歌い終えた祐さんに
近ずく武岡アナ(笑)
質問ダイムと思いきや
祐さん逆に質問
どんなヴァージョンで?(笑)

昼がシミジミVerだったので
イっちゃってるVerでお願いします。

話始めたのが やはりサッカーネタ
来ましたね~(笑)
Bu-- あれなんていうの?って
ブブセラの名前を武岡さんに教えて
貰ってましたが・・・

あちこち話が飛びますが
2回公演のときはクリエのロビーで
稽古したり・・とクリエに戻り 
仲間の話に戻り
これからもこの仲間と舞台に
立ち続けたい・・・な感じでまとめ
昨日と同じような〆に
なったの?(笑)

とびっきりの笑顔で
小首を傾げる祐さん
5〇歳・・・・・・(笑) 
パトリックが驚くのもムリはない!
若々しい~

あっ パトリック情報も恒例になったの?
好きなたべものは?って聞いたら
お寿司!
お寿司ないから国に帰りたくないと
言ったとか?(笑)

サブリナは たいやき!
あんこものがお気に入りで楽屋には
もみじ饅頭が常備されているらしい?(笑)

これ ホントっです!と武岡さん談


中身のギュっと詰まった
クリエ・コンサート
ベテラン陣の旨みを凝縮した感が
有りますね
アンサンブルさんも安心のメンバー
アンサンブル紹介に拍手が一際高く
なるのも この舞台の特徴かも
しれませんね。


そういえば 覚書として・・・
本日の客席には
ちひろりんがいた!
レベッカ♪を聞いて
懐かしいとか思ってるのかな?
充実した舞台を見せて貰ったので
良い思い出として残って欲しいと
思うし・・・
出来れば再演していただいたら
嬉しいわ~(笑)

少し後ろには・・・
島ご夫妻 お嫁さん
シルビアの舞台だものね。

それぞれの舞台も好きな
クンチェ&リーヴァイさんの世界
こんなコンサート形式だと
全部楽しめるのね~(笑)

次々と記憶の彼方に消えるのが
運命の 舞台作品たちだけど
すべて消えるわけじゃなく
どこか切れ切れに残る

このコンサートに出会ったことで
4作品 MA エリザ レベッカ 
  モーツァルト
別の形で記憶に残る気がします。

ミュージカル やっぱり大好きっ!

マチネでクリ・コン!
ソワレでは・・・・
お隣の東京宝塚劇場に
お邪魔しました。(笑)

プチ遠征なので、このチョイス
交通費、効率的でしょ?

『スカーレット・ピンパーネル』
月組公演

演目的に気になっていても
・・・・・以前星組での
公演は見る事が出来ず
やっとの観劇です。

『スカーレット・ピンパーネル』

パーシー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・霧矢大夢
マルグリット・・・・・・・・・・・・・・・・・・蒼乃夕妃
ショーブラン・・・・・・・・・・・・・・・・・・龍真咲

アルマン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・明日海りお
ロベスピエール・・・・・・・・・・・・・・・越乃リュウ
ドゥ・トゥルネー伯爵夫人・・・・・・花瀬みずか
プリンスオブ・ウェールズ・・・・・桐生園加
アントニー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青樹泉
アンドリュー・・・・・・・・・・・・・・・・・星条海斗
他 月組みの皆様 (敬称略)

珍しい宝塚観劇で~す。
これ以上スケジュール的に厳しいので
特に演目で気になる時だけ
チケット取りを頑張ります(笑)

キャスト トップお披露目公演
霧矢さん・・・見るの始めてです!(爆)
やはり宝塚トップさんになるだけあって
目を引くお方ですね~

前回の宝塚公演は
『ハプスブルクの宝剣』でしたが、
エリザベート繋がりでの演目チョイスかも?
星組、柚木さんも目を引くお方でしたが
ちょっとタイプは違う・・・・。

今回の演目 思いの他
コミカルな要素が大きくて
時代背景のギロチン 貧困
亡命などの出来事と
パーシーの人物像にギャップが
ある感じを受けました。

プリンス・オブ・ウエールズなど
コミカル満載すぎ

スカーレット・ピンパーネル、
正体不明のヒーロー
実は、イギリス貴族とその仲間
快刀乱麻、敵役のショーブランを
出し抜き、翻弄するのですが

パーシーの妻となった
魅惑の歌姫マルグリット
かつてはショーブランとも
愛し合っていた?

ショーブランはWキャスト
龍真咲さんの日でした。

身を守るため 歌姫のマルグリット
自分の歌っていた劇場を守るため
結果的にパーシーを
裏切ってしまう事になる
そんなマルグリットの行動に
疑惑を隠せないパーシー

愛が醒めてしまったと悲しむ
マルグリット

良く出来てます(笑)
コミック 小説で出会える
愛と冒険の世界です
きらびやかなドレスに身を包む
ご夫人たち

パーシーたち イギリス貴族の
仮面舞踏会の派手派手衣装は
・・・ちょっと現代的すぎだけど・・(笑)

お決まりの展開で、なおコミカルな
味付けがされているので
ハラハラ感には欠けると思いますが
なかなか面白いですね (笑)

霧矢パーシー ・ ショーブラン 
そしてマルグリット

ロベスピエールとアルマンは
すぐわかりました~
でも貴族の友人たちは
誰が誰なのか?わからないままでした。

宝塚の特徴なのだと思いますが
トップありき!(笑)
他の方のソロシーンが僅かで
役名とお名前が一致しません。

ご贔屓の組とか ご贔屓さんが
出来ると違ってくるのではないかと
思うものの 禅さん応援に大忙し!
こちらに贔屓さんを作るのは
もうちょっと様子を見る事にします(笑)

そうそう 公演中ではありますが
作品のDVD 発売されてました

間違いなく月組作品ですよ~
本日から発売って書いてあったし~
なによりパッケージが
 
  霧矢パーシー!


2010.06.25.10:59
日比谷に出没 3回目(笑)
『クリエ・ミュージカルコンサート』

本日のアニエス シルビアさん
マルグリット  玲奈ちゃん

さすがに 『キャンディード』
本番中では 新妻聖子ちゃんも
村井パパも回数は少ない
芳雄ルドルフも一回だけだし~
キャスト制覇なんてムリッ!(笑)

そう言えば指揮の西野さん
Act1では指揮者の服装なんだけど
Act2になると ラフな服装になる~

Tシャツ姿なのね。
背中のロゴが気になったんだけど
どうも今回のミュージカルに
関係のあるらしい見た事ないロゴ
MAとか見えるんだけど・・・
このミューコン用のTシャツ?
ゾクに言うスタッフTシャツ
オケメンバーも2幕演奏時は
このTっぽいですね。

最後のダンス♪の後の
祐さまトーク・タイム(笑)
司会からの感想を聞かれるのが
恒例になりました。

祐さま ちょっと司会の武岡さんの
もたれかかる様にしてから
酸素が・・欲しいっ!(笑)

で、息を整えて話し出した祐様
最近良く自分の舞台を見て
くれる方から 最近無防備で
舞台にたっているように思える
大丈夫ですか?と言われた

考えてみると 今のこのメンバーたちと
いろいろ苦労して共に作ってきた
このメンバーに囲まれて 安心して
裸のような状態で舞台に立てている
これからも 引き続き この仲間たちと
舞台にたって行きたい
・・こんなようなお話でした

大きな拍手が続く中
手で制しながら かなり大きくジャンプ!
これ合わせて 拍手がピタっと
止みました(笑)

あれっ このジャンプ止め
歌の直ぐ後だったかな?
順番がわからなくなりました~(爆)

何処を聞いても、切れ目がない
穴がない・・
本当に満足度が高い舞台です。

コンサートとなってはいるけれど
皆さん 芝居歌ですから~
背景にお芝居がしっかりとある。

ミュージカルコンサートの名前は
伊達じゃないって事ですね
ゲストのお二人も絶好調。
パンチの効いた歌声を聞かせてくれる。
パトリックさんはかなり体格がよくて
でも とてもお茶目で身軽(笑)
サブリナさん 物怖じする事無く
思いっきりの歌い上げ
素晴らしい~

そして、お目当ての禅さん(笑)

実は 初日は上手サイド前方席 
禅さん誕生日は、
上手サイドさらに前方席
本日 半分より後ろでセンターブロック、

今回クレジット会社さんで
お願いした席が多かったのですが
配券多かったのでしょうか
サイドブロックだけど
前方席も含んで届きましたよ~

なので 自分的に注目の闇拡♪
禅さんルドルフは上手から登場・・・・なので
前半、目の前で歌ってくれました~♪

本日の席ではセンターブロック
禅ルドルフは、中盤から立ち位置が
変わるので目の前で歌ってくれる
そんな錯覚に陥ります。(笑)

あぁ 勘違い!は解ってるけど
いいの 幸せならば・・・(笑)

クリエは会場がコンパクトなので
この充足感は 最高です!
鍛冶屋(衣装つき)
夜のボート♪
コンサートでも
衣装が付いてなくても
芝居の世界の住人になる禅さん!


 役者やのう~(笑)


もしも鍛冶屋ならば~♪

チークはいりま~す!(笑)
ピンクの頬・・・・
オデコもチーク 効いてま~す。
そんなルイ16世 愛すべき人物
優しすぎた国王が蘇ります。
 

夜のボート♪
手の動き シシィの後ろに回りこみ
すれ違い ふと目をあげるのも
舞台のフランツの再現!
あの本舞台の寂寥感を漂わせるまでは
いたりませんが・・・村井パパをして
ふか~~い芝居と言わせた(笑)
皇帝フランツの顔になっています。


本舞台では演じたことのない
皇太子ルドルフ
コンサートであっても
戸惑い 不安などの入り混じる
若いルドルフの世界

禅さんルドルフ、こう演じる
・・・と言うのが
出来てるんだろうなぁ。

マリウスを演じる時に似た
若々しい声で歌ってくれるし~
黒い光沢のあるシャツ姿だけど
思い切って 若フランツの
格好してくれませんか?(笑)

執務室フランツは確か
成人ルドルフの革命頃よりは
若かったはず!
あの明るいブルーの・・・
そう! その衣装、
その衣装でいいですから~(笑)

祐さまトートもマント付きで・・

あっ これは8月になれば見られますね。
禅さんはブランツで老けるけれど


 『エリザベート』

とても楽しみになって来た~
2010.06.24.23:10
今日は・・・・
『クリエ・コンサート』と
宝塚『スカーレット・ピンパーネル』でした。
やっと地元に帰って来た~(笑)

 どちらも、よかったなぁ~♪



2010.06.23.22:17
『DRAMATICA ROMANTICA』
シアタークリエ@ミューコン
シアタークリエでは
ミュージカル・コンサートが開催中

次もコンサート
6月27日に楽を迎えるクリエ・コンに
続いてのクリエでは
『DRAMATICA ROMANTICA』
2010年7月20日(火)~22日(木)

出演 綾吹真央 金志賢 知念里奈 
   新妻聖子 井上芳雄(敬称略)


こちらもチケット激戦になっている様子ですが、
幸いな事に一公演確保出来た~♪

ミュージカル・コンサートも
良いもんだ!(笑)



山路ボーマルシェの登場から始まる
コンサート 
本日も、懐かしいあの衣装で
冒頭部分が再現されます
カリオストロ伯爵
黒のマントであの衣装で
お髭なし~は 若い感じに
なりますね。
思いつくところをピックアップ
今日は 土居アニエスはいないので
シルビア・アニエスでした。
衣装はダンヴァースと同じようでも
シスターになると
優しい微笑を絶やさず
神は愛して下さる♪を
ダンヴァース夫人の顔はどこへ?
2幕ではしっかり恐かったけど・・・・(笑)

涼風マリーと今フェルセン
美しいハーモニー・・・♪すべてはあなたに♪
フェルセンは薄紫の銀糸で縫い取りのある
貴族衣装、見映えがしますね~
マリーはピンクの衣装

そして禅さんのルイ16世陛下
もしも鍛冶屋なら♪へ
祐カリオストロの 
♪幻の黄金を求めて♪
最後の貼りのある声での
ロングトーンも聞くことが出来ます。

マルグリットは
新妻さん 本舞台中につき・・(笑)
(キャンディード出演中)
今日も笹本さん
でも休演日じゃなくても
出てくれる日があったような?
村井パパもだね。(笑)
どちらもお忙しいことで
本当に贅沢な舞台だわ~

2幕も『モーツァルト』 
『エリザベート』 『レベッカ』からと
息もつかせず 聞かせてくれる。

二人のダンヴァース夫人の共演も
目が離せない~

『エリザ』からの曲♪闇が拡がる~♪は
このコンサートでしか
聞けない祐さまトートと禅RUDOLF。

今日も力一杯!
熱唱の禅RUDOLF!
視線をさまよわせ、
戸惑いの表情をみせたり
入り込んでます。

終りは近い~~♪
そこでなにやら祐さまトート
見慣れない動きを?
片手がポケットに入って何かを
取り出し・・・
曲の最後を歌いながら
禅RUDOLFに近づき、手渡します。

RUDOLFの表情だった禅さん
その何かが、誕生日プレゼントだと
気づいた瞬間、
あのふにゃーとした笑顔に・・・(笑)

どう小さな手の平に乗るくらいの
ピカピカ光るケーキ型のものだったようです。
カテコでも禅さん 光るのを手に持って
胸に当てたりしてたけど
ピンで止まったりするのかな?(笑)

♪HAPPY BIRTHDAY!禅さん~♪
キャスト他 オケの皆様まで
急遽 ハピバの演奏です。

パトちゃん豪快にシャウト(笑)
サブリナさんも一緒に歌ってくれて 
大盛り上がり

テレながら皆さんに笑顔で応えてる
禅さん 嬉しそうです。

客席からも お目出度うと
たくさんの拍手が響いて・・・
皆様に負けないくらい大きい拍手を
して来ました~(^o^)/

しかし~~~
なんか 見るほうも力が入る
コンサートです(笑)
終った後のこの心地良い
疲労感はなんなの?(笑)

2010.06.22.00:00
  6月22日 

石川禅さんの4〇歳の誕生日!
いまさら隠しても・・・・ですが(笑)

本日は 
『クリエ・ミュージカルコンサート』
今日も板の上。
お目出度うの気持ちも一緒に
・・・込めて精一杯の拍手を
送ってきます。

今年は、なんと元旦から舞台に立ち続けています
禅さんならではの役作り・
そして艶やかな歌声で、
様々な役を演じ続け、目が離せないお方です。

気がつけば、舞台の禅さんと
会ってから 10年以上立つ。
初めての禅さん体験は
『レ・ミゼラブル』のマリウスでした。

『カンパニー』『メトロに乗って』
『ピュア・ラブ』『ムーラン・ルージュ』
などなど・・・・ほとんど
禅さんの舞台見てるよなぁ~

 飽きずもせず・・・・(笑)

これからも目が離せない
お方であり続けるんだろうなぁ
そんな予感がいたします。(笑)
『クリエ・コンサート』後も
『エリザベート』が控えてるし~ネ


勝手に応援中のこんな場所からだけど

 お誕生日
お目出度うございま~す♪



2010.06.21.20:07
東宝さんのHP

『ウエディング・シンガー』

2011年3月6日(日)~29日(火)
上演決定が発表になっています。

演出は山田さんで
シアタークリエ
ほぼ初演キャスト? ですよね。

イジイジ芳雄ロビー
ちょっとKY?な上原ジュリア(笑)

嫌味な大澄グレン 
新納ジョージも帰ってきます。
初風ローズおばあちゃんもステキだったな。
樹里ホリーのフラッシュダンス?シーン
大変そう~だけど
またあるかな?(笑)

しかし早っ~な発表です
来年3月の演目ですよ~~~~!


んっ?
と言う事は 4・5月の上演決定の
『レ・ミゼラブル』
キャスト発表も、きっともう直ぐね

  禅ジャベール 再び!
決まるといいなぁ~

そしたらまた帝劇通いが決まる(爆)
期間的には、二桁観劇は行きそうな
予感はありますが・・・・・ 
 行きすぎだって?

     確かに!(笑)

自覚はあるけど
 禅さんが呼んでる~

でも シングルじゃないから、
それほど通わなくても 済むかな (笑)

禅ジャベールが他のお仕事なら 
そちらに行くので
『レ・ミゼ』の回数は控え目に!(笑)

だんだんテンション下がって来ちゃう~


兎にも角にも まずは発表!
 話はそれからだっ!(笑)


四季『サウンド・オブ・ミュージック』
開幕から 2度目ですが、
早くもキャストさんにも変化が…(笑)

本日の出演
マリア・・・・・・・・・・・・・井上智恵
トラップ大佐・・・・・・・芝 清道
修道院長・・・・・・・・・・・秋山知子
エルザ・・・・・・・・・・・・・・西田有希(劇団俳優座)
マックス・・・・・・・・・・・・勅使瓦武志
シュミット・・・・・・・・・大橋伸予
フランツ・・・・・・・・・・・・川地啓友
シスター・ベルテ・・・佐和由梨
シスター・マルガレッタ・・矢野侑子
シスター・ソフィア・・あべゆき
ロルフ・・・・・・・・・・・・・飯田達郎

フォン・トラップ家の子どもたち
リーズル・・・・・・・・・・・谷口あかり
フリードリッヒ・・・・・竹林和輝
ルイーザ・・・・・・・・・・・増田桜美
クルト・・・・・・・・・・・・・ラヴェルヌ拓海
ブリギッタ・・・・・・・・・・石井日菜
マルタ・・・・・・・・・・・・・・鈴木アリサ
グレーテル・・・・・・・・・・平井花南

男性アンサンブル
池田英治 佐藤季敦 北山雄一郎
高橋基史 天野 誠 長手慎介
奥田直樹 柳 隆幸
  
女性アンサンブル
黒崎 綾 倉斗絢子 真 優香
松本菜緒 佐々木杏珠 小島由実子 
伊吹悠 深見雅子(敬称略)


美しい賛美歌 修道女
・・・まずここからあまり馴染みが
ない世界ですが
さらに戦時下 ナチス・ドイツの
支配下になりつつある抑圧の時代

時代背景も取り入れてはいるけれど
マリアとトラップ大佐の愛の行方を
あわせ描いた作品
子ども達の明るさが 
マリアの純真さが魅力です。

井上マリア・芝トラップ大佐
二人が惹かれあう過程が
見え難いところを
真実を言い当てるブリギッタに
言わせることで、伝えます
この辺は 上手い・・かも (笑)

映画とは当然ながら違っていて
ロルフとリーズルの幼い愛も・・・

ナチスに屈服することを拒み
修道院に逃れ隠れている
トラップ一家を見つけた、
その兵士はロルフ

~こっちには誰も居ません!~

ロルフのこの台詞に込められた
これは、リーズルへの精一杯の愛情

マリアと子ども達 
そしてトラップ大佐が
スイスに新天地を求め
旅立ってゆくラストは
劇場版では、セットの上なので
ちょっと控えめ
迫力には欠けるかも知れませんが?
山の向こうの青空の下に
未来を見つめるラスト。

映画でも舞台でも・・・
どちらも 根底に流れるのは愛。
・・・な~ぁんてカッコ良い事
言ってみました。(笑)

井上マリア
年齢不詳な感じは
前回と変わらず・・・(爆)
髪型のせいでしょうか?
それとも一着しかない
誰も欲しがらなかった
ドレスのせい?
修道院のグレーの服のせい?(笑)

結婚後は、とても落ち着いて
見えるんです~(笑)

芝トラップ大佐
軍人っぽいのは綜馬さんの方かも・・
マリアを見つめる眼差しは
芝さんのほうが柔らかいかも
しれない。

西田エルザ
大人なエルザです
マリアへの複雑な感情は
里咲エリザのほうがストレートに
見せてくれていたように思います。

秋山修道院長
優しく温かな歌声が大きく
マリアを守り包み込みます。

谷口リーズル
ツンとおすましの顔が
可愛い・・・(笑)
マリアに反発しながらも
次第に心を開いてゆく様子に
大人と子どもの顔がかわりばんこ

子ども達
子どもたちはいるだけで
何と言うか舞台が変わるんですね

動物と子どもには
芸達者な役者さんでも
相手が大変らしいのには
納得します。(笑)
みな溌剌と動き回りますから~

一つの役に5人くらいキャスティング
されていると思いましたが、
マルタとグレーテルは前回と同じ
アリサちゃんと花南ちゃんでした。

全キャスト制覇?
さすがに七役の5人キャストの
制覇は ムリでしょう!(笑)

歌われる歌は親しみやすい歌や
美しい旋律の歌・・・
また聞きに来ようと思わせてくれます。

カテコの盛り上がり
前回よりも凄かった~
スタンディングも出て
大きな拍手に包まれていました。

『サウンド・オブ・ミュージック』

 ♪さよなら また会う日まで
    まだここにいたいけど・・・♪



  
  グッバ~~~~~イ♪  
2010.06.19.22:28
東宝ナビザさんから案内が来ました~♪

平日やら 通常の日は既に手配済み、
某クレジット貸切公演やらなにやらで
複数トート 全部観劇決定~~。

禅さんとこもまだ結果はわからないものの
複数公演 お願いしています。

でも~問題は千穐楽なの。
出来れば 前楽も見たい・

ここは東宝ナビザさん頼りに
お願いしてみましょうね
まかり間違えて当たることもある!(笑)

すみませ~ん 
千穐楽と前楽お願いします。

他の日は既に確保済みなんで~
そこんとこよろしく!(爆)

って東宝さんこんな所に
書いても見てないしネ (笑)


2010.06.19.01:40
シアタークリエ ミューコン無事開幕!

こんな聞き応えのある舞台
嬉しいったらありゃしない(笑)
初日、まだまだあと12公演もある。
ネタばれは避けないと・・・・
でも~~(笑)


もう言いたくてたまりません
なんと贅沢な舞台でしょう。
思いつくままに書いちゃいます
これから見るんだから
ネタばれが困る~と言う方は
ここで ストップ!!



2010.06.18.16:00
本日、19:00開演
『クリエ・ミュージカルコンサート』
 ~M・クンツェ&S・リーヴァイの世界~

  行ってまいりま~す。


舞台を彷彿とさせるあのメロディが、
盛り込まれ、実力派の皆様が
勢ぞろいのコンサート!

祐さまだって
トート閣下
コロレド倪下
カリオストロ・・・のはずだし
マキシムにだって変身する?
玲奈ちゃんのマルグリッド
土居さんも出演する日。

石川禅さん・・・・・
ルイ16世 
そしてルドルフ!
皇帝フランツと
全部見られるはず~
めっちゃ楽しみです。

 いよいよ今夜7時!
 
   カウント・ダウン開始~ (笑)

2010.06.17.16:17

★宝塚『ブエノスアイレスの風』
(2008年星組)
7/9(金)16:30

★『裏切りの街』
7/16(金)深夜0:05


★宝塚『太王四神記』
(2009年花組)
8月20日(金)16:20~

かたや NHKさんでは、
芸術劇場で、

★『かたりの椅子』」
7月9日(金) 23時00分~25時40分

出演 竹下 景子 山口 馬木也 
   大沢 健 でんでん 松浦 佐知子 
   内田 慈 吉田 ウーロン太 
   花王 おさむ 銀 粉蝶(敬称略)

収録 : 2010年4月7日 
世田谷パブリックシアター

放送日は予定です~
変更があったら ご容赦。

見ていても もう一度見られるっ!と思う
見ていなければ、よい機会だわっと思う・・・(笑)

結局、録画予約のお世話になるのよね(笑)
深夜から~とか
仕事中の平日昼とかネ
微妙な放送時間帯だし~
後に残すためにも 録画は欠かせない。

そして今 と~~~っても
気になるのはコピー制限範囲かな?(笑)