現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2010年03月
2010.03.31.23:10
赤坂ACTシアター
『薔薇とサムライ』

パンフ・・・ちょい高いけど
カッコ良いっす(笑)

テーマ音楽が止んで
新幹線発射のベルが鳴り響くと。
荒波乗り越え海の上(笑)


[出演]
石川五右衛門・・・・・・・・古田新太
アンヌ・ザ・トルネード
    ・・・・・・・・・・天海祐希
シャルル・ド・ボスコーニュ
    ・・・・・・・・・・浦井健治/
デスペラード・豹之進
    ・・・・・・・・・・山本太郎
ポリー・デ・ブライボン
    ・・・・・・・・・神田沙也加
エリザベッタ・・・・・森奈みはる

海賊バルバ・ネグロ・・・橋本じゅん
メローネ(アバンギャルド公爵夫人)
    ・・・・・・・・・・・高田聖子
ガファス・デ・ナルビオッソ将軍
    ・・・・・・・・・・粟根まこと

ラーカム・デ・ブライボン大宰相
    ・・・・・・・・・・・・・・藤木孝

ゴンザンス男爵・・・・右近健一
ドーッカーノ伯爵/海賊翁
     ・・・・・・・・逆木圭一郎
ピエール・ド・ボスコーニュ
    ・・・・・・・・・・河野まさと
海賊サングリア・・・・村木よし子
山賊ゲッソー/ジェイケンズ侯爵
海賊ゲッソーラ・・・インディ高橋
海賊ヴィノ・・・・・・山本カナコ
酒場の店主/マグロマル子爵
     ・・・・・・・磯野慎吾
親衛隊長デカール・・・吉田メタル
海賊セルベーサ・・・・・中谷さとみ
海賊ヘレス・・・・・・・・・保坂エマ

山賊マルゴーネ/海賊マルゴネス
   ・・・・・・・・・・村木仁
エスパーダ男爵・・・・・川原正嗣
海賊ソルダード・・・・前田悟
カンテ・・・・・・・・・冠徹弥
ヴィス・・・・教祖イコマノリユキ
コスカーリャ司教・・・・武田浩二 他


アンヌ・ザ・トルネード
 =つむじ風のアンヌ

なんて判りやっすい

お話も、わかりやっすい。

海賊 バルバは
時の大宰相 ブライボンに通じ
暴れまわっていた。

そんな悪をこらしめる正義の海賊?
海賊アンヌ・ザ・トルネード
用心棒になぜか五右衛門(笑)

天海アンヌ
宝塚男役の魅力をフルに魅せて
麗しの海賊
王家の忘れ形見といわれ
王宮にはいれば
 ・・・ベル薔薇のオスカルか

利用され 陥れられ十字架に
かけられた姿はジャンヌ・ダルク?

そうかと思えば・・・
真紅のドレス姿は艶やかに・・・

古田五右衛門相手のセリフ合戦、
どちらも 目が離せません。

古田五右衛門
海賊の用心棒・・五右衛門
 なぜ・・・そんなところに?(笑)

しかも歌舞伎のようなあの衣装だよ~(笑)
海賊連合軍 いつの間にかまとめてるし~
なんか カッコイイゾ~
納得いかないけど・・・カッコイイ~(爆)

浦井シャルル
王子さまなんですが・・・・
衣装も似合ってますが・・・・

ちょっと変?(笑)
剣をとって戦う時は切れのよい動き、
でも~でも~ ちょっとね
ヴァンパイヤのアルフが顔を出す(笑)

山本・豹之進
五右衛門を追う賞金稼ぎ。
クールなのか? 
☆新感線だもの
素直にクールキャラじゃなくて・・(笑)

そこに出て来る意味あるん?
と言いたい時も。
海賊と宮廷の王侯貴族のシチェーションに
なぜに一人ガンマンタイプなのかも
わからんけど・・・・・
五右衛門もいるし~ 
そこいっちゃいけないのね(笑)

神田ポリー
大人しく愛らしく・・
キラキラドレスは 黄色
キラキラドレスは ピンク
お花で髪を飾り大宰相の孫娘

してその実態は?(笑)
ちょこっと現代っ娘が
顔を出す仕上がり。

そのへん単純にお姫さまじゃない
ところが親近感がわく


ご期待どおり粟根ガファスは
腹黒キャラ。

じゅんさん海賊
女装キャラ!
頭におリボン ミニ・ドレス
夢に見そう~(爆)

聖子姐さん 
豪華絢爛ドレス姿から
迷彩服まで変幻自在。

冠君 歌う!
歌詞は映像で、しっかりと出る(笑)
☆新感線ワールドです。
主役たちの魅力を思う存分
魅せてくれて、
今回は 破天荒な冒険もの
正義は勝つの王道を行く結末。

まさに エンターテイメント
楽しい舞台でした。


2010.03.30.22:46
誕生日観劇
明日の名古屋『レベッカ』楽が、行かれないので、
代わりに、『薔薇サム』と『エクウス』を見てしまった。
誕生日観劇だ!
薔薇サム面白いし、
エクウスばオフステージ・イベントつき。

よかったけど、

まだ上野。ちょっと眠い
2010.03.29.21:03
10年4月の観劇予定
新年度が始まります
仕事先では新たに仕切り直しの時期
異動により職場環境が変わる予定なのに
チケットは、押さえておかないと
・・・・・と悪魔の囁きが耳元で聞こえて来た。(笑)

なんとかなるだろうと、甘い見通しで
予定を組んでしまい
予想通り 職場事情に変化
ちょっと危ない演目が出てきた~(汗)

でもとりあえずチケットあるし
行けると言う見通しのもとのUP

4月の観劇予定
■ かたりの椅子
■ レベッカ×5回
■ SHARAKU
■ 夢の裂け目
■ わが町
■ サイド・ショー
■ アイーダ
■ キャッツ
■ 石川禅&吉野圭吾ミュージカルサロン
■ 春のめざめ
■ ガイズ&ドールズ

メインは禅さん出演の『レベッカ』
そしてミュージカルサロンです。(笑)
二兎社や文学座や新国立の3部作の
第一作も含めて観劇数は・・・・・・・・

禅さんの舞台があると、やはり忙しい~

  結論 4月も忙し~(笑)

2010.03.28.21:35
会場 : 下北沢本多劇場。

 『サ・ビ・タ』 ~雨が運んだ愛~

ドンウク・・・・・・・・・駒田一
ドンヒョン・・・・・・・山崎育三郎
ユ・ミリ・・・・・・・・・・原田夏希

2010.03.27.23:06
昨日からソワソワ いつもより早起き!(笑)
基本目覚まし要らない人。
お休み日は遅く目覚めるし
こういう日はキッチリ早く目覚めるんですね。

列車トラブルも心配していたけど
本日もあちこちで・・・
新幹線入り口もなぜか行列出来てたけど
みんな ニアミスで、トラブルは免れ
40分前くらいには劇場に到着出来ました。

まずパンフ購入、頼まれていた分もしっかり
買いました。

ミュージカル『レベッカ』

出演者
マキシム・ド・ウィンター・・ 山口祐一郎
「わたし」・・・・・・・・・・・・・・・・ 大塚ちひろ
ダンヴァース夫人 (ダブルキャスト)
・・・・・・・・・・・・シルビア・グラブ ・涼風真世
(本日はシルビアさんでした。)

フランク・クロウリー・・・・・・ 石川 禅
ジャック・ファヴェル・・・・・・ 吉野圭吾

ベン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ tekkan
ジュリアン大佐・・・・・・・・・・・・阿部 裕
ジャイルズ・・・・・・・・・・・・・・・・KENTARO
ベアトリス・・・・・・・・・・・・・・・ 伊東弘美
ヴァン・ホッパー夫人・・・・・・寿 ひずる

フリス他・・・・・・・・・・・・・・・・・・松澤重雄
ラサニエル・ホーリッジ・・・・・武内 耕

さけもとあきら 横沢健司  齊藤裕加
俵 和也 杉山有大  田中秀哉 

河合篤子 鈴木結加里  水谷祐紀
碓氷マキ  中村友里子 南海まり
石田佳名子  (敬称略)


久し振りの『レベッカ』
新ヴァージョン、波の音が聞こえてきてから
オケのチューニングだったり
舞台セット 役者さんの動線が随分と
変わっています。

マンダレイのお屋敷も新しくなって
壁にカトレアの花・・・

映像が使われ、雰囲気が変わっています

祐さまマキシム
前方席で見せていただいたのですが、
気になっていた手の動きが
随分少なくなってます。

絵を描く"私"を見守りながら
歌う新曲は、自分の思いを確かめながら
後手に組んで、歌うし
ガウン姿での歌は 胸に手を当ててる
時間が長くなって・・・・・
いつもの手の振りは影を潜めてますね
優しい新曲も綺麗なメロディライン。
一回じゃ覚えられない~
帝劇で覚えるゾ(笑)

コミカル部分?ヴァンホッパー夫人相手に
とぼけ加減最高です(笑)
"私”にチェック・メイトされての慌て方も
大きくなってて 会場からも笑いが来る!

大塚"私"
強くなった!(笑)
何と言うか オドオドしてる前半も
芯の強さを感じるし、
後半 マキシムを支えるような
毅然とした姿は 正に戦い抜く戦士(笑)

シルビア・ダンヴァース夫人との
掛け合いの歌のシーンも
負けていません。
初演 特に最初の頃は歌詞が
聞き取れなかった時も
有りましたが、聞きやすく
きれいに響いています。

シルビア・ダンヴァース
メイクがきつくなってる~
迫力が増してる。
歌声はさすがだし・・・怖い!(笑)
篭もったようなお声が嫌いと言う方も
いますが、こればかりは好みの問題
個人的には、聞きやすくで好きです。

伊東ビー姉さん(ベアトリス)
ビー姉さんの歌声もいい~~~。
マキシムを心配する歌も
温かくて・・・

寿ヴァンホッパー夫人
我がままで華やか、
マンダレイに行く"私"への
忠告が以前よりきついかも。
舞踏会の衣装・・・
あの衣装を着こなし
お見事です(笑)

tekkanベン
やさしい歌声のベンですね
一文字に口を結び 
ベンは何も見てないっ!
治田ベンよりも優しい感じの
ベンになってるかな?

吉野ファベル
美味しい役だよねぇ~ (笑)
吉野さんがやるから余計なのかな。
キャラ立ちしていて目を引く。

颯爽として自分に自信も持ってる?
あの ダニーと呼びかける所や
禅フランクとの絡みは目が釘付け。

何をやってくれるんですかね 
  この二人は!(笑)

シアタークリエ版も ソファ対決に
注目だったのですが、今回も期待出来ます。

暖炉の置物を落とすのは無くなって残念。
ソファを上手く使い禅フランクを
構ってくれます

禅フランクは、かなり
オーヴァーアクションでこれに対抗(笑)

禅フランク
寡黙で忠実なる僕・・
寡黙?な雰囲気はあまり感じないんだけど・・・ 
これは、動き全体でしゃべってるから?(笑)

禅フランク 良く動いてますね~
大劇場ヴァージョンで動きが増えたのだと
思いますが 捌けてゆく時も
駆け足だったり・・・元気だっ!

ただ 1曲のソロ
『誠実さと信頼』も動きが大きくなった分
移動しながらの歌になってますね

"私"と目配せしたり怒ったり
表情は相変わらず 良く変わる。

審問会での 船体に穴・・と
聞かされた時も えっとなった後
首を振ってそんなはずは無いと
自分で打ち消し、親友のフランクらしい。

フック船長登場時は チョコチョコ歩き
アンサンブルさんのダンスの真似して
手だけ踊る真似したり・・・
お茶目さん全開で~す。

『レベッカ』
アンサンブルさんも含めて 
歌に芝居に、みな良いですね

クリエ初演も好きな作品だったけれど
この大劇場ヴァージョンも良い感じ

クリエ版では見られなかった
『レベッカ』の影が・・・・
見られる大劇場ヴァージョン
気になる方は劇場でお確かめください(笑)

前回も好きな舞台だったので
心配はしてなかったけれど 
次回予定も帝劇初日なので
シルビア・ダンヴァース夫人、
涼風ダンヴァースにあえるのは
もう少し先になりそう。
でも、石川禅さんがご出演なので、
通う気満々で
涼風ダンヴァースの回も予約済み 

4月~5月 頑張りま~す宣言!です。(笑)

2010.03.26.22:11
こんな企画やってますね

☆『ライオンキング』、『アイーダ』、『キャッツ』
   3月20日~5月5日
☆『エクウス(馬)』
   3月22日~4月10日
☆『サウンド・オブ・ミュージック』
   4月11日~5月5日
☆『春のめざめ』
   4月22日~5月5日

 この期間内に 対象の6作品を見ると
それぞれの限定チャームがもらえる!


『エクウス』と『キャッツ』のチケット
ちょうど観劇当日は該当してますよ~(笑)

『春のめざめ』は悩んでたけど、
ちょっと行ってみるか・・・(笑)

チャームが 一個増えそうです
2010.03.25.21:16
銀河劇場で上演予定の
地球ゴージャス
プロデュース公演Vol. 11

『X-DAY』 

某クレカで先行が始まった。
早速チャレンジ!
早々とGETしてしまいました。
席位置は不明でも、とりあえず確保が
嬉しいクレカ扱い(笑)
人気公演は特にそう思いますね~

地球ゴージャス
  
    『X-DAY』

出演者
岸谷五郎・寺脇康文、

中川晃教 陽月華 
藤林美沙 森公美子
       (敬称略)

あの『ウォルフガング』が見られなく
なってしまったのが残念ですが、
こんなところに 中川アッキー!

内輪ネタも多い?地球ゴージャスですが
なんとな~く 醸し出す世界観が好き!(笑)
今回の公演も これで観劇決定です。


2010.03.24.20:53

睡眠時間削って読んでみました~ 
   全12巻!(笑)
シアタークリエで舞台化される
『プライド』に興味津々です。

設定があれで・・・・
どうまとめるんだ?って思ったのは
コミックの中の二人が
かなり強烈キャラだから。

コミックで読む限り
どちらのキャラもあまり感情移入
出来そうなキャラじゃないなぁ(汗)

いま発表のキャストは、二人だけ。

麻見志緒・・・・・・・・・・・笹本玲奈 
緑川萌・・・・・・・・・・・・・新妻聖子
       (敬称略)

お嬢様育ちの志緒。

親に苦労させられる
幸薄い萌。

とことん噛み合わない対照的な
二人が、皮肉なことに音楽を通すと
魂の触れ合いが生まれる・・・・・
語らずに理解し合える。
素晴らしいーハーモニーが
うねるように紡ぎ出される。
更なる高みを目指して・・・・

これを舞台でやるのね~

主要な登場人物
☆ 志緒
☆ 萌

☆神野隆
・・・レコード会社の副社長
☆池之端蘭丸
・・・・・志緒たちとユニットを組む
   ピアニスト(作曲家)
☆隆の両親 
☆異母妹eiko
☆萌の母親  
☆萌の恋人
☆ピアニストBetty
☆志緒の師となるオペラ歌手
☆留学先のライバルとなる生徒
☆隆の優秀な秘書もいるし

登場人物には事欠かないけど
どこまで絞るのかな?(笑)
蘭丸もかなり変わってるキャラ、
ぴったりキャストいるのか?(笑)

留学したり 
音楽祭やコンクール参加の為
舞台は世界を飛び回る・・・・

3時間前後だろう舞台版で
どうまとめるのか。

その前に キャスティングが
どうなるんだろ?

そこからして楽しみな作品ですね~




2010.03.23.21:13

年末 帝劇で上演予定の
『モーツァルト』キャストが発表されました


ヴォルフガング・モーツァルトに
井上芳雄・山崎育三郎のWキャスト

ヴァルトシュテッテン男爵夫人も
香寿たつき/涼風真世 のお二人

ナンネール・・・・・・高橋由美子

コンスタンツェ・・島袋寛子(SPEED)

コロレド大司教・・・山口祐一郎

レオポルト・・・・・・・市村正親

セシリア・・・・・・・・・阿知波 悟美

アルコ伯爵・・・・・・・武岡淳一

シカネーダー・・吉野圭吾


『男性アンサンブル』
安部誠司/大谷美智浩/小野田龍之介
小原和彦/片根暢宏/KENTARO
杉山有大/砂川直人/高原紳輔
寺元健一郎/松澤重雄/港 幸樹
森田浩平/森山大輔/山名孝幸
<女性アンサンブル>
秋園美緒/池谷祐子/石田佳名子
碓氷マキ/樺島麻美/後藤 藍
鈴木結加里/徳垣友子/名児耶ゆり
華城季帆/穂積由香/三木麻衣子
        (敬称略・五十音順)

山崎育三郎さんですか~
どんな ヴォルフになるのかな?
祐さまのコロレド伯爵と
圭吾さんのシカネーダー続投は
嬉しいところです。


禅さんがいない舞台なので
めちゃ通うことはないけど
Wの両方は行きそうな気がする。

たぶん・・・・ネ(笑)

2010.03.22.21:34

会場 : 青山劇場
『ディートリッヒ』
出演 
マレーネ・ディートリッヒ
  ・・・・・・和央ようか
トラヴィス・バントン
  ・・・・・・鈴木綜馬
エディット・ピアフ
  ・・・・・花總まり
ジャン・ギャバン
  ・・・・・宮川浩
マルセル・セルダン
  ・・・・・・桜木涼介
マリア(マレーネの娘)
  ・・・・・麻尋えりか
ジョセフィーン(マレーネの母)
  ・・・・・今陽子
エルンスト・ヘミングウェイ
  ・・・・・横内正

  平和の天使
 ・・・・・・吉田都 他
     (敬称略)


和央マレーネ
映画の撮影現場に現れた
新人女優のマレーネ

『嘆きの天使』の
イメージは大成功!
女優らしく 恋多き女
宮川ジャン・ギャバンとの恋
あまり恋人っぽくなかったような?(笑)
恋よりも故国を守る戦いを語る宮川ギャバンと
共に干渉しないクールな夫婦関係のマレーネ。
マリアに言わせる 愛人!がそのスタンス。

二人のデュエット曲
声の質が、互いを生かしてるみたいに
心地よい響きでした。
横内へミングウェイが歌に加わる・・・と
綺麗だけど 響きすぎ?
バランスが良くないかもしれません。

綜馬トラヴィス
衣装デザイナーのトラヴィス
トラちゃんと呼んで~(笑)
綜馬トラヴィス・・・新しい綜馬さんかも
ゲイのデザイナー役
歩き方、捌け方で笑いありなんですね

宮川ギャバン
渋いっ!
恋もするけど・・・
故国フランスの自由を守る為
銃を手にする。
ギャバン、落ち着いて見える~
歌になると優しい歌声が多い。
好きな歌声なので聴けて満足(笑)

マレーネの生き方と
その時代の変わり行くドイツ
ヒットラーに反発して
真のドイツの自由をと
時代背景も描きこんで見せますが
わりとあっさりめ
マレーネの恋も
戦いの時代の混乱も見えるけれど
浅い描き方に感じた。


吉田都・平和の天使
白い衣装の吉田都さん
歌も演技もないけれど
確かな技量で魅了する。
全部素敵だったけど
クルクルと廻り続ける
オルゴール人形のような
ターンが印象にに残ります。

白いタキシード姿 軍服姿の和央さん
宝塚時代を彷彿とさせますね。
スタンディング・カテコも出た舞台でした。

2010.03.21.21:27

NODA・MAPは、固定ファンが多く
出演者も話題の方が多い

チケットがとり難いのは
いつものこと?(笑)

NODA・MAP第15回公演
 『ザ・キャラクター』

6/20(日)~8/8(日) 
東京芸術劇場 中ホール

出演 宮沢りえ 古田新太 藤井隆
   美波 池内博之 チョウソンハ
   田中哲司 銀粉蝶 
   野田秀樹 橋爪功 (敬称略)
         
チケットが動き始めましたね!
公演期間が意外と長いし
早速 プレ・オーダー申し込みしてみた。
 
 取れるといいなぁ~
2010.03.20.20:24

一足先の会員先行に、忘れずに
トライして、回転席GET!

四季友さんと手分けして・・・・・
2公演を回転席捕獲作戦
 大成功の巻(笑)

8月は『エリザベート』@禅さんも
始まるので、日程は要注意です。
エリザ初日は、空けておかなくちゃ
禅さんの初日見られないと悲しい。(笑)

8月公演 真夏の公演
『ライオン・キング』に続いて
『キャッツ』観劇が決定しました。

新しい劇場『夏』の
『美女と野獣』も夏開幕予定されてる(汗)
詳細が決まって、いざチケ発売となったら
予定が増えそう~

大変~!とか言いながらも
しっかりチケ鳥には参戦してる
自分が見える(笑)


2010.03.19.20:48
気になる公演3月編
気になる公演が、
また、増えて来ました。

夏から10月まで公演の
帝劇『エリザベート』は
もちろんですが

他にも・・・・・・・・・・

★4月の公演
文学座ファミリーシアター
  『わが町』

★6月公演コクーン歌舞伎
佐倉義民伝(課題)

★6月から7月 宝塚
『スカーレット・ピンパーネル』

★7月公演 地球ゴージャス
『X-Day』

★7月公演 ミュージカル座
『ひめゆり』

★7月公演シアターコクーン
『ファウストの悲劇』

★8月公演 
TSミュージカルファンデーション
『タン・ビエットの唄』

★6月~8月公演 NODA. MAP
『ザ・キャラクター』

★10月4日から11月7日
 劇団☆新感線 
『鋼鉄番長』 サンシャイン劇場。

★10月公演 コビット版
『ファントム』は
チケット確保済みで~す。(^o^)/
先行で押さえても 後方だったけれど
見られれば良しとします。

さらに7月梅芸では宝塚の
『ロミオとジュリエット』
東京公演がその後に来ると
思うので、これも要チェックなのです。

また日程が被り見られない
演目がきっと出てくるんじゃ
ないかなぁ・・(汗)



2010.03.19.00:53
シアター・クリエで上演決定の
 『プライド』
笹本玲奈・新妻聖子 
お二方の出演が発表されておりますが
一条ゆかりさんのコミックが原作。

う~ん 一条さんの作品は
気になってるけど見る機会を逃してる?
赤石路代さん さいとうちほさん
篠原千絵さんあたりは
新刊もチェックしてるんだけど・・・

あとは、美内すずえさんの
『ガラスの仮面』を忘れちゃいけない。
舞台『ガラスの仮面』の続編も.
大和田美帆ちゃん続投で、
速報チラシ見たよ~~!(笑)

舞台上演を機に原作を読むという
良くあるパターンで
舞台を見る前にちょっと読んで
見ようかなと思っちゃった訳。(笑)

全12巻らしい。

amazonで探してみたら出て来た。
大人買いのイッキ読みになりそうだわ~(笑)

2010.03.17.21:04
会場 :彩の国さいたま芸術劇場
蜷川さんの演出で『ヘンリー六世』
開演13:00で終演は21:30近かったです。

『コースト・オブ・ユートピア』
『ヘンリー六世』@新国立劇場に続いて
演劇トライアスロン!(笑)

通常3時間前後の舞台が普通なので
明らかに長いけど(笑)
マチ・ソワの機会がけっこうあるので
意外と大丈夫な自分。(爆)


『ヘンリー六世』
         第一幕    第二幕   
上川隆也・・・・・ヘンリー六世   ヘンリー六世
大竹しのぶ・・・ジャンヌ・ダルク マーガレット
      /マーガレット
高岡蒼甫・・・・ ーーー     リチャード
池内博之・・・・サフォーク伯爵  サフォーク伯爵
                /ジョージ
長谷川博己・・・シャルル     エドワード
草刈民代・・・・・オーヴェルニュ夫人 グレイ夫人エリザベス 
吉田剛太郎・・・ヨーク公      ヨーク公/リヴァース
瑳川哲朗・・・・・グロスター公爵   肉屋のディック
                /息子を殺した父
たかお鷹・・・ウィンチェスターの司教 枢機卿 
                /アレクサンダーアイデン
                /猟師・兵士
原康義・・・・・トールボット卿    スタフォード/兵士
     /シンコックス/市民  
山本龍二・・・・貴族/トマス    ジャック・ケイド
/猟師/兵士
                /法王の使節
      /ボリングブルック
立石涼子・・・グロスター公爵夫人エリナ 叛徒/乳母
横田栄司・・・ウォリック伯爵   ウォリック伯爵


ここまで書いてもまだ出演者名
半分以下です(笑)

サマセット公爵の星智也さんは、
蜷川芝居で良くお目にかかかる文学座の方
禅さんの出た『ピーターパン』で海賊さん
演っていたので、お名前認識したのですが
このままプログラムから転載していくと
10人以上書かないと出てこない(笑) 

出演者が多く さらに複数の役回りも多い。
人物を見分けるのが大変な演目でした。

ここから、ネタばれを含みますので 
ご注意くださいネ

2010.03.16.23:58
13:00開演の終演21:30少し前。
上演6時間と書かれていたけど
大休憩 小休憩で結局のところ
8時間超えでした~(゜o゜)

2部作でまとめてるので、
駆け足気味な内容と斬新な演出?

会場の設定は、コクーンでお目に
かかる形?

奥行きのある彩芸の舞台が
白いひな壇のようにふさがれ

奥まった階段には 通路もある
客席が設けられていました。

舞台奥からも舞台を見る
対面にも客席です。

そのおかげで、通常の客席は 
D列が最前。手持ちチケットも
思いのほか舞台に近かったっです


キャストにはね
上川隆也・大竹しのぶさんでしょ
吉田剛太郎・瑳川哲郎さんでしょ?
長谷川博己・横田栄司さん
草刈民代さんと星智也さんなど
見る方には、事欠かないんですが・・・

全体は・・・と考えてみると
キャラが弱めで覚えきれないかも

沢山の出演者で、駆け足で演じる為
人物像が弱めにしか伝わって来ない?

そんな中 大竹マーガレット
吉田ヨーク公 池内サフォーク公
横田ウォリック公
星サマセット公 
長谷川シャルル/エドワードなど
さすがに魅せてくれますが

全編がすんなり入ってこない
感じがします。

バラ戦争にかけてだと
思いますが、登場人物たちや
舞台状況に合わせ
赤バラ 白バラが
ポトポト落ちて来る

これをその都度片付けるのですが
お掃除叔母さんのままだったり
村人に扮したりしながら
何度片付けた事でしょう。

ここで現実に引き戻されてしまう。
お掃除をする所為もあるのか
舞台セットは可動式。
花や 草叢 天蓋つきベット
玉座などは必要に応じて
舞台袖から運び出されて
来ま~す。

ストーリーは、同じなのに
随分と印象が変わるのは
当たり前なんですですが、
どうも新国立版の方が、好みっぽい。

ちょっと思い返しながら
いつものような記事は
後ほど改めまして
あげたいと思いま~す。

2010.03.15.22:23
チラシを頂いた中に

ブロードウェイ ミュージカル
 『ワンダフル・タウン』

出演 安蘭けい 別所哲也 ほか
 10月 青山劇場
 11月 梅田芸術劇場

バーンスタインの音楽
日本初演のミュージカル・コメディ 
演出は荻田さん
こんなチラシも有りました~

写真も な~~~んにも無い
文字を配しただけの
仮チラシですが
DM希望の申し込書も兼ねてます

気になる公演リストに登録だ。(笑)

2010.03.15.20:09
これは 『それぞれのコンサート』に
ゲスト出演の時も 話してくれたのですが
芳雄君 10周年!(笑)

そっか~
ルドルフの鮮烈なデビューから
もう10年たつのね
それで 記念コンサート
やっちゃうそうです。
コンサート名 そんまんま(笑)

『井上芳雄10周年記念コンサート』
10年9月 青山劇場
大阪 名古屋公演の予定もありと
チラシの中に記載がありますよ~

青山劇場、時間的にちょいかかる
会場だけど・・・・、
チケット取れたら
行きたいけれど・・・・
禅さん祭りのエリザベート上演中
さてどうなる事やら(笑)


2010.03.14.22:41
東宝さんHPに上演決定とあります。

昨日の フランク&フレンズコンサで
チラシも配布してた。
HPと同じ原作の一条さんの
絵を配して プライドのタイトル
麻見志緒役の 笹本玲奈ちゃん
緑川萌役の   新妻聖子ちゃん
二人のディーヴァが・・・・・
この公演、チケット前売りは10月
  公演は12月! 

チラシ配布やHP公式発表
どんだけ早いのっ!(笑)
チケットの動きって
さらに早まり傾向になってるのか?

昨日 ついに11月の公演
赤坂ACTで演る『ファントム』を
ポチってしまったし~

6ヶ月前くらいに順次埋まってゆく
スケジュールですが、
11月の公演なんて 早すぎるっしょ(笑)

舞台を見に行く
チラシ配布される
気になる公演が!
チケットの情報をチェック。
行けそうだわ~ 
ポチっとな(笑)

禅さんとこからも、案内が来る
こちらも行ける日をピックアップ
せっせと申し込む(爆)

さらにはメールでの舞台情報
登録してある劇団などから
先行案内が来ると・・・・
ポチッとな(笑)

このダブル攻撃、
トリプルなお誘いが
作る無限ループ?
メビウスの輪か?(笑)

一年の半分も過ぎないうちに
年末のスケジュールが埋まってゆく

まったく因果な趣味だこと(笑)
この無限ループ状態から
抜け出せる日は まだ先の事らしい・・・(汗)
2010.03.14.21:12


ギリシャ抒情詩

詩人ホメロスの
『イリアス』が舞台化!
演出は栗山さん

  『イリアス』
10年9月4日(土)~23日(木・祝)
 会場 ル・テアトル銀座 

出演者のお名前を見ると・・・・

      内野聖陽
  池内博之 高橋和也
      木場勝巳
馬渕英俚可 新妻聖子 チョウ・ソンハ
初嶺磨代 中川菜穂子 一倉千夏
飯野めぐみ 宇野まり絵
      平幹二郎
      (敬称略)

内野さんのアキレウスもだけど
他も良いメンバー
木場さんもいるし


 見たいゾ!