現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2008年06月
2008.06.30.20:42
プレ・先行やら東宝ナビザ・・
Z-会とすべて申し込みしたけど
千穐楽のチケットにはお目にかかれずじまい。
お仕事しながら、思いを馳せる事にします(爆)

結局3ヶ月の間に 
15回優しい『フランク』に会えました

きっと千穐楽公演は熱気に包まれるんだろうなぁ~
見られないのが本当に淋しい~ (T_T)

この場から言わせて~♪

  
  千穐楽 おめでとうございます!



そろそろ動き始めますね~

某クレジット系で 貸切公演を発見
取り扱い開始日は来月に入ってからですが
割引価格でもないし
・・・さらには手数料もしっかり!(笑)

悩みどころですねぇ(笑)
キャストは 涼風シシィ 山口トート 禅フランツ
       伊礼ルドルフ 寿ゾフィー
禅フランツの日なので、気になりますよ
貸切の日は 確かFCの方でも
扱い無しだったような気がするけど・・・

   どうだったかなぁ~♪(笑)

貴重な日程の休日公演なので
チェック チェックです

 禅フランツ 何回見られるのでしょうか~

2008.06.28.20:49
08年7月の観劇予定は?
禅さん祭り終了につき、
一段落のはずですが???(あれっ)
まだ二桁の観劇予定 保ってる(爆)

7月の予定
■かもめ
■思い出を売る男×2回
■道元の冒険×2回
■デュエット
■さだまさしコンサート
■Wicked
■人間になりたがった猫
■五右衛門ロック
■南十字星

四季 東宝ミュージカル 
劇団新☆感線 コンサート
と、いろいろ取り揃えて見ました(笑)

四季が 何気に4公演
自由・海・全国公演・秋と
四季劇場めぐりです

シアタークリエも定番劇場になるのでしょうか?
デュエットがしっかりと入り(笑)
久し振りのさだまさしコンサートも
ある事だし・・・・・・・・


 気合をいれて イザ劇場へ!(笑)





2008.06.28.20:31
『TOP STACE』Vol・60

残念ながら、今回の号をもって
休刊とのお知らせがありました。

この雑誌は 数少ない演劇誌の中で
好みの舞台・ミュージカルを取り上げてくれる
雑誌でした

舞台は趣味の世界なので、
百人百様で取り上げる内容によって
売り上げが左右するであろう
難しいものとは思いますが、
突然の休刊は残念でたまりません

楽しみが減ってしまう~~~(泣)

某対抗誌は、ジャニ系の若い方の記事が
とても多くて・・・(笑)

同じような内容だったら迷わず
『TOP・STAGE』を購入でした

休刊ですか~!
 
  

     再開はいつ??




2008.06.27.20:58
記念すべき

 『キャッツ』7000回公演
ついにやってきました~♪
入場時に頂いたチャームは 
ヴィクトリアでした~♪
開場をまってロビーに進もうと・・・しても
進めな~い!ごった返してます!
キャスト表のある場所に行くまでも
一苦労ですよ~

記念の一品 シリアルナンバー入りの
オルゴールが欲しかったので、売店へ。
すると行列が出来てました
この行列は・・・・・開演までに捌ける
人数じゃない
開演時間近くなって、ついに整理券対応です
グッツを買うのに整理券もらったの
初めてだ~(笑)

この整理券のお陰で、無事休憩時間に
7000回の写真集もあわせて
目当ての品をGETいたしました


本日のキャスト
グリザベラ・・・・・・・・・・・・・ 奥田久美子
ジェリーロラム
=グリドルボーン・・・・・・・・ 金平真弥
ジェニエニドッツ・・・・・・・・・ 鈴木由佳乃
ランペルティーザ・・・・・・・・ 磯谷美穂
ディミータ・・・・・・・・・・・・・・・ レベッカ バレット
ボンバルリーナ・・・・・・・・・・ 増本 藍
シラバブ・・・・・・・・・・・・・・・ 南 めぐみ
タントミール・・・・・・・・・・・・ 高倉恵美
ジェミマ・・・・・・・・・・・・・・・・ 王 クン
ヴィクトリア・・・・・・・・・・・・・ 宮内麻衣
カッサンドラ・・・・・・・・・・・・・ 永木 藍
オールドデュトロノミー・・・・・石井健三
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ・・・・・・・飯田洋輔
マンカストラップ・・・・・・・・・・・・ 西門宇翔
ラム・タム・タガー・・・・・・・・・・・ 金森 勝
ミストフェリーズ・・・・・・・・・・・・・ 金子信弛
マンゴジェリー・・・・・・・・・・・・・・ 田井 啓
スキンブルシャンクス・・・・・・・ 岸 佳宏
コリコパット・・・・・・・・・・・・・・・・ 牛 俊杰
ランパスキャット・・・・・・・・・・・・ 高城将一
カーバケッティ・・・・・・・・・・・・・ 松永隆志
ギルバート・・・・・・・・・・・・・・・・・ 入江航平
マキャヴィティ・・・・・・・・・・・・・・ 赤瀬賢二
タンブルブルータス・・・・・・・・・・ 川野 翔
        (敬称略)

金平ジェリロ と 飯田バストファー
田井マンゴジェリー
始めまして~(笑)

金平ジェリロ
素直な癖の無い印象
ソノクイはキレイに伸びてましたね
クルクル動く眼が可愛い・・・(笑)

飯田バストファー/グロタイ/ガス
なぜか漫画チックに思えてしまいました(笑)
お髭もとってつけたよう?
グロ・タイのシーンは 元気がいいです

田井マンゴジェリー
後方席から見ていたので、
百々マンゴジェリーかと一瞬思いました
何処と無く共通点があるような?

ごく普通に公演は進みまして・・(笑)
いよいよカテコで~す
いつものカテコがあって
でも送り出し音楽には行かず
タガー締めにも 行かず!(笑)

舞台上で 金森タガーからの
挨拶が始まります

~本日の公演で『キャッツ』7000回を
迎えました これも皆様のお陰・・・・
これからも 一回一回大切に演じ続けて行きたい
ご声援を宜しく~
 といった内容(すご~~く略!)
音楽・・ネコさんたちのパフォーマンス
アンコールの拍手は続きます

すると 客席の方に捌けて行った猫さんが
なにやら運んで戻ってきます

舞台奥には キラキラ文字でキャッツと書かれた
テントを模ったような 垂れ幕
ネコさんたちの運んで来たものは・・・

   7 0 0 0     の 文字

舞台に並べられると 会場内は一際大きな拍手に
包まれました 金銀テープのクラッカーも
彩を添えま~す
その 7 0 0 0 の周りでは
タガーが・・エリで煽り(笑)
いつもと違ってタイミング合わず!

やり直し~~~~!
最後は 決まった!(笑)

多分 そんなに待つ事なく
公式HPで動画UPされる事でしょう
やはり お祭は楽しい~~♪
早い決定ですね~(笑)
ただしパック料金でちょっとお高くなってます

☆ミュージカル「エリザベート」
  SPECIAL NIGHT PACK
  観劇チケット+トーク・ショー

9月21日17:00 『エリザベート』公演
 
9月19日(金)19:00 トークショー
    出演:涼風真世・武田真治
       高嶋政宏・伊礼彼方・石川禅
会場:博多座(福岡公演)
 
 17: 00時からの公演で  トーク・ショーもセット
 しかもトーク・ショー90分は別の日とは・・・
 遠征組には厳しいと言うか


忙しさの中 名古屋あたりなら
日帰り遠征を企てる奴なんで・・
宿泊を考えないで行くのは無理っぽい

遠くの空から指をくわえて、レポ待ち?



   遠征 考えちゃおうかな(爆)


2008.06.26.21:44
五反田、猫屋敷で上演中の

 ミュージカル『キャッツ』
いよいよ明日で7000回公演を迎えます

朝、何気につけているTVで
見た事のあるごみ置き場から中継?(笑)
アナウンサーの方が
猫のとおり道から顔を出してみたりしてた(笑)

会場内所狭しとおかれているゴミについても
時代の変遷をうつし 変化していると言ってましたが・・

確かに、『キャッツ』初演当時は普及してなかった
携帯電話やら たまごっちやらが捨てられている
でもその携帯電話 まだj-Phoneのまま!(笑)

さすがにそこまで新しくしなくてもいいかっ?
お菓子空き袋やジュース類のアキ缶は
海外の見慣れないブランドがほとんどです
このほうが問題少ないっすね
猫屋敷も初演からあちこち引越してるので、
だんだんと変わってくるのですね

今、7000回 カウント・ダウン中
毎回特別カテコ実施 記念品配布も
あるのね~

でも~ 
きちんと7000回、その日に行くぞ~(笑)
2008.06.25.21:46
気になる公演6月編
〇『闇に咲く花』 こまつ座
 気になるけれど公演期間が短いので 
都合がつかずあきらめる事が多~い
こまつ座さんの公演

今度は、いけるのか?(笑)
抽選先行 ポチっとしてみました


〇赤坂歌舞伎
『狐狸狐狸ばなし』『棒しばり』

中村勘三郎 中村勘太郎 中村七之助
中村扇雀 市川鍛治郎(敬称略) 

昨日見た『コクーン歌舞伎』で
勘三郎さんの『赤坂歌舞伎』が
俄然気になりだした(笑)
チケット取れるかな?


〇『人形の家』SISカンパニー
宮沢りえ 堤真一 (敬称略)
先日 SISカンパニーの先行発売に
チャレンジしたけれど・・繋がった時は
特設S席は完売。 悩んで掛けなおした時には
全日程 予定枚数完売でした
さすが 勢いありますね~
これからプレリザーブなど
ありそう・・・ 再チャレンジだ~

チケ戦線の勝敗の結果は、いかが相成ります事やら~

2008.06.24.22:22
昨年に続いて 幸運にもチケットが取れて・・
ワクワクの観劇日(笑)
お話も何もまっさら状態

なにせ ほら~~~普段見ているのは
ミュー舞台ばかり (笑)
歌舞伎舞台は、 縁が無い人なんです~

キャスト
段七九郎兵衛・・・・・・・・・・中村勘三郎
一寸徳兵衛・・・・・・・・・・・・中村橋之助
玉島磯之丞 /
役人 佐膳 ・・・・・・・・・・・・中村勘太郎
徳兵衛女房お辰・・・・・・・・中村七之助
三河屋儀兵衛次・・・・・・・・笹野高史
大島佐賀衛門・・・・・・・・・・片岡亀蔵
釣船三婦・・・・・・・・・・・・・ 坂東彌十郎
段七女房お梶・・・・・・・・・ 中村扇雀

三婦女房お次・・・・・・・・ 中村歌女之丞
傾城琴浦・・・・・・・・・・・・・中村芝のぶ
祭りの世話役・・・・・・・・・・中村小三郎
こっぱの権/
祭りの世話役・・・・・・・・・・中村山左衛門
役人堤藤内・・・・・・・・・・・中村勧之丞

ほか・・・・たくさんのみなさん

兎にも角にも・・勘三郎さんが 熱い!(笑)
あのエネルギーは、本当に舞台を熱くします

この舞台を語ると・・・・やはり ネタばれ!

   隠しましょ!(笑)







2008.06.23.21:02
応援中の石川禅さん誕生日に
禅さんご出演の舞台を見る!
これお祝いになるのかな?
なるよね きっと(笑)

いつもながら勝手に、禅さん祭り中なので、
本日もシアタークリエです


『レベッカ』またまた
  ・・・・・禅さんヴァージョン

オープニングのコーラス・シーン
目を凝らし セットの陰に透けて見える
治パパ 阿部兄ぃ 禅さんを探します
スポットを浴びている ちひろ”わたし”も
もちろん見てますが・・・(笑)
禅さん ちょっと後ろにスタンバイなので
席位置によっては 見えにくいです

マキシム夫妻お出迎えシーン
本日も ミセス・ダンヴァースとの
視線バチバチ!が ありました
冷たく一瞥のダンヴァーズ夫人に対して
苛立ちなどを見せて懐中時計も見たりして
いる内に・・マキシム夫妻到着、 

時間切れになる流れなので当然ですけど、
あちこち動き回る禅フランクと
何か問題でも?といった風情の
ミセス・ダンヴァースの対比は見ものです

マキシム夫妻到着時の 松澤フリスと
心配気に 顔を見合わせたりしています

そんな感情を見せる芝居の中
・・セリフに現れない部分も気になる
最近です(笑)

だって~
こんな設定で こんな感情で演じてます・・が
必ずあって、役の演技に乗ってくれたら
気持ちの彩りというか 人物設定がより良く
判りやすくなる気がします

舞踏会リストお届けシーン
マキシムの不機嫌の理由を
尋ねる”わたし”に
『レベッカ』を語り、慰めるフランク
慰めになっているかは疑問ですが~

『誠実さと信頼』って歌の内容を
よく考えると、

あなたは美人じゃないけど・・
誠実で、信頼できる人(笑)

なんですよね?
女性としては 素直に喜べないかも(爆) 

内容はおいといてー
あの歌声はもっともっと聞いていたい・・・゙(笑)

仮面舞踏会シーン
少し遅れて登場の禅海賊(フック)船長
ここでは遊び心満載
マキシムとも遊んでる?

禅フランク 近づいてきたマキシムに
私ですっ!の帽子脱ぎは、
まだまだ  派手に進化中ですか?
軽く持ち上げるだけだった初回ころからとは
変わって 完全に長い鬘つき帽子を
完全に脱いでしまって 被りなおししてます

ジュリアン大佐のお相手の女の子に
見とれるシーンは、 まぁ普通・・・・・  
どんな基準なんでしょ?(笑)

そして山口マキシム 
階段近くから送る
あの手のチョキ曲げはいったい何?
合図を受けた禅フランクも
お返しに チョキ曲げしてる
親友のお二人さん なにしてるの?(爆)
意味わかりませ~ん(笑)

このシーンでもフリスとの会話が
いろいろあるようで・・
和み系な役つくり 納得してしまいました

難破船 駆け抜けシーン
乗馬用コートを着込んで 
舞台を駆け回る禅フランク 
一言二言のわずかなセリフで
走り去って行きます
再び戻って 歌う歌声は力強い!

あのセリフは息を整える時間がないので
いい難いって言ってた禅フランク
失敗は・・・・・・1度だけらしい
途中経過なので・・さてどうなのでしょう(笑)

予備審問シーン
立会人のように成り行きを見守る
露にされる真実
納得 驚き 疑い 打ち消し
前回あたりから・・この打ち消しの
演技が見られる?
そんな事が?と驚きの表情の後
小さく頭を振って
違う・・・・と打ち消してます
マキシムを信じようとする、
いや、信じる禅フランクなのです

帰宅後の書斎
ファヴェルの大事な話とは
『レベッカ』の手紙について・・・
マキシムとファヴェル・ジュリアン大佐の
セリフで、進行中の舞台ですが
ご贔屓の禅フランクの 動きに
目が離せません

圭吾ファヴェルのダンスを
見る禅フランツ 
踊り続ける圭吾ファヴェルにあっけに取られ
ソファーに腰掛けるのに時間がかかる
中腰で見ている時間が追加されてます(笑)
セリフはわずかでも、動きが語ってる・・・・

禅さ~~ん
コミカル過ぎると笑っちゃうので
ほどほどに お願いしますね(笑)

留守番・マンダレイの屋敷
ドクター・ベイカーの話を聞きに行った 
”わたし”からの電話を受けるマキシム
傍らで心配そうに見つめる禅フランク

このシーンのなんとも言えない表情
哀れみや悲しみそして安堵の感情が
含まれた微妙な表情も、見所です


火事になったマンダレイの屋敷で
固唾を飲むように 見つめる禅フランク
駆けつけてきたマキシムの
事の仔細を報告しますが
このシーンも短いながらも
思い切り飛・ば・す (笑)
突き抜けて聞こえてますから~


影の主役『レベッカ』が浮き上がって
来てこその舞台

~終ったのよっ!何もかも・・・・
もうレベッカには 何も出来ない~

けれど 『レベッカ』は 
マキシムと”わたし”の心の中では
まだ生き続けているのかもしれない

はるか遠くを見つめるように
歌い終わる キャストたち

エピローグのコーラスは、
もの悲しい響きを感じてしまう
20年の時を経ても
忘れる事が出来ない『レベッカ』

カトレアの花のように強く美しい
大輪の花が 思い浮かぶなら・・・

あなたは 『レベッカ』の虜(笑) 

2008.06.22.23:34
『レベッカ』
石川禅さん誕生日なのにお仕事です(笑)

本舞台を勤めて・・さらに
ファン・イベント お仕事です(笑)

舞台も楽日が近くなり 熱くなってます
山口マキシムの告白シーン
激しい絶叫が出て驚きました
こんな熱いマキシムは初めてです

シルビア・ダンヴァース夫人の歌も
狂気を含み 恐怖と哀れさ・・・・

禅フランクは 温かみは失くさずに
深さを・・
圭吾ファヴェルは、小悪党ぶりに
可愛さが加わり・・

今日の舞台・・熱さと勢いが感じられて
いい舞台を見せてもらったと思いました

詳しくは 明日・・・・・・書けるかな?(笑)
やっぱ禅さんヴァージョンになるかも 


降りしきる雨の中
今日この後の禅さんイベントも参加予定なので
禅さんのお見送りも・・してみた(笑)
なんせ お仲間多数だし~(爆)

皆で軽い食事後イベント会場へ移動
雨がさらに強くなって 
(禅さ~ん 雨男ですかっ?)
前のイベントも降られたような記憶が
ありますが・・・(笑)

雨のせいもあって会場入りがなかなか進まず
開始も遅れましたが
いつものほんわかイベントです
やっぱり 禅さんのこの雰囲気好きです

マイクの調子が悪かったり
ちょっとしたアクシデントもあって
忘れがたいイベントになったかも知れません

会場で、みんなで歌った
 
  ♪ハッピーバースディ禅さ~ん♪

きっといつまでも忘れないだろうな~


2008.06.22.00:20
22日になりました~♪
石川禅さんの誕生日で~す

日付変更線を超えるのを待ち兼ねて・・・(笑)

 お誕生日 
お目出度う御座います

また、禅さんの舞台を見ながらこの日を
迎えられました~(笑)
オメデトウとこの応援Blogで 言えるのが嬉しい!


本舞台出演中の禅さん
ファン・イベントも組んでくれました

禅さん出演の舞台『レベッカ』を見て・・・
禅さんのイベントに参加して・・・
禅さん三昧(笑)
お誕生日を一緒にお祝い出来るなんて
なおさら嬉しくて・・・
 
      行ってきま~す♪
2008.06.21.22:29
6月22日の運勢
こんなんメールで来ました~(笑)

今日は、大きな充実感があなたを
待っていそうなラッキーデー。
フットワーク は軽く。
沢山の人から貴重な情報を得られる筈。
今まで二の足を踏んでいた事も
今日始めればうまくいきそう。
独りで遠出をすると、何か良いハプニングが
あるかもしれません。
長い間欲しかった物が見付りそう。
用がなくても徘徊してみて。


22日は石川禅さんの舞台&イベント参加日です
禅さん 明日 お誕生日なの~
そりゃ充実な一日だろうな~って思う
それだけでとても ラッキーな気分 (笑)
舞台のはしごみたいなものだから、 
フットワークもきっと軽いし
禅友さんたちとも会えるから
取って置きの情報を教えて
もらえるかしら?(笑)
プチ遠征なので、一人で遠出・・・だよね 

徘徊だけは・・・無理かも(爆)
 
   嬉しいハプニングか~
   期待しちゃおう(笑)

2008.06.21.21:44
大和和紀著
コミック 『レディ ミツコ』のお話

『ミツコ』の本は 確か持っていた筈ですが、
何気なく手に取った
『春はあけぼの殺人事件』
このコミックに同時掲載されていたので、
改めて読み直してしまいました

そして 泣かされた!

『ミツコ』って一路さんと井上君で
たしかコンサートやったのですよね

苦難と迫害を乗り越えて
愛を貫くなんて・・・なんて好み(笑)

★青山 光子
レディ・ミツコ その人
若くしてオーストリアの ハインリッヒ伯爵家に
嫁ぐ・・
親族からの反対され 認められたのは
5年を経た後だった。

★ハインリッヒ
クーデンホフ・カレルギー伯爵

★フランツ・エルンスト
(ハインリッヒの友人の弟・子ども達の家庭教師)

★ソフィア
ハインリッヒの妻候補
ミツコに敵愾心を持つ
ハインリッヒ と ミツコの仲を
邪魔しようといろいろ 画策をする

★カレルギー家の大叔父
厳格な一家の長老

★マリー・
昔のハインリッヒの恋人
平民の出と言うだけで 周囲に認められず
自らの命を絶つ

傷ついたハインリヒを癒す事が出来たのは
ミツコだけだった
深い絆で結ばれた二人は、やがて親族にも認められ
子どもにも恵まれ 幸せな日々を送るが
幸せの日々は 長くは続かなかった

ハインリッヒが 病のため 急逝してしまう・・・
残されたミツコと 7人の子ども達
ハンス/リヒャルト/ゲルロフ
エリザベート/オルガ/イーダ
ヘンリー

子ども達のため、夫の残した領地を継ぎ
子どもたちを育て上げるが
その傍らには亡き夫の友人の力添えがあった

ミツコの、心の支えとなっていた友人だが、
互いの心を隠してはいても
社交界の噂に上るようになり
唯一心を許した友人も、ミツコを守るため
あえて身を遠ざけてゆく

子どもの為と 夫の分まで働くものの
子どもは成長 母ミツコの歩んできた道を
繰り返す

母と同じように 認められない結婚を
したいと家を出ていこうとする

叔父さまが 
♪二人の仲を決して認めない~って言うし(笑)
ソフィアは・・・・・
ハインリッヒが話題にするのを
避けようとする マリーの命を落とした場所を
親切そうに ミツコに教える
『レベッカ』のダンヴァース夫人を思い出す(笑)

ちなみに、ミツコにマリーの事を教えてくれるのは
フランツ!(笑)


      ミュー舞台でみたい~!
キャストは 誰が似合うだろ? 

2008.06.20.21:44
3列のチケットだったので
そのつもりで行ったら・・・最前でした(汗)
オケピがあっても・・・・秋劇場だと舞台が近いっ

凍てついたシベリヤの荒野から
歌声が聞こえて来る

キャスト
九重秀隆・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 荒川 務
宋愛玲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 木村花代
吉田・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中嶋 徹
神田・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 深水彰彦
西沢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 深見正博
大森・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 田中廣臣
杉浦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 香川大輔
平井・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 維田修二
宋美齢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中野今日子
李花蓮・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 岡本結花
劉玄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 青山祐士
宋子明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山口嘉三
蒋賢忠・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中村 伝
九重菊麿・・・・・・・・・・・・・・・・・・武見龍磨
アグネス・フォーゲル夫人・・ 武 木綿子
クリストファー・ワトソン・・・・・・・志村 要
メイ総領事・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高林幸兵
ナターシャ・・・・・・・・・・・・・・・・ 西田有希(劇団俳優座)

アンサンブル
井上隆司 平田郁夫 武藤寛 川原信弘
中村巌 村沢智弘 奈良坂潤紀
田島康成(劇団昴) 高草量平(劇団昴)
北山雄一郎 松本和宣

西田桃子 大橋理砂 須田綾乃 永島祥 
駅田郁美 宮尾有香 (敬称略)


キャスト 変わりました~
以前からの役 続投は神田と吉田
そしてメイ総領事の高浜さくらいかなぁ?
あとは劉玄の青山さんくらい?

武さんは役変わりでの ご出演です
前は 宋美麗役でお会いしてます

荒川/秀隆キャラ的にちょっと違うかな?と
思いました
石丸/秀隆の印象を拭い去ることが
出来ない所為でしょう
17歳がきついのはいいままでの方も
共通だけど・・・・・・・(笑)

なぜか 御曹司に見えなくて・・(略)
歌に関しても、何と言うか
曲が違うのかと・・・・・・・・・・・
いや もちろん違う筈はないっんだけど
イメージがこんなに変わるとは
思いませんでした


木村/愛玲
歌声癖も感じさせなくて
キレイに歌い上げてくれます

でもその奥にある 熱い想いが
見えない気がする

岡本/花蓮
落ち着いたしっかりものの
花蓮でした
歌は、ちょっと弱いかも・・・

青山/劉玄
戦争で親を日本人に殺されて
頑なに和平に反対するのですが
荒れているのはわかるけど、
意思の強さがあまり感じられない?
これも初演の方と比べてしまう所為ね
きっと そのせいです(笑)

・・とここまで書いて来たら
主要4キャスト なにか足りないような感じを
受けたという事ですか?

深水/神田
不器用な奴 シャイな奴を
秀隆から言われる神田ですが、
強かです 
仲間を売ってでも生き延びる
コレは強さなのか?
弱さなのか?
死間際の秀隆との会話が、胸に迫ります

深見/西沢
なぜか 目を惹かれました
遺言を繰り返し覚えるシーンでは
周りで、涙をこらえている様子が
伝わってきます

山口/宋子明 中野/宋美齢 志村/ワトソン
中村/蒋賢忠 武/アグネス・フォーゲル夫人
たちが
しっかり 脇を固めているし 
なにか足りないと言うのは・・・あくまで
個人的見解で、
全体的には まとまり感のある舞台だったと
いうまとめ(笑)

キャンペーン期間中なので
異国の丘のロゴ入り ボールペンを
忘れずに頂いて・・・
観劇スタンプも押してもらって 
 3部作中 2演目観劇終了~★


会場 :新国立劇場

観劇のおりにいただいたチラシに
あった先行予約情報
出演者で・・販売開始日に確保した
割には・・・中ほど通路より少し後ろ
それもサイド席
早くても前方とは限らない~(笑)

キャスト
ドラキュラ伯爵・・・・・・・・・・・・・・・松平健
ヴァン・ヘルシンク・・・・・・・・・・・・鈴木綜馬
ミーナ・マリー・・・・・・・・・・・・・・・剱持たまき
ゼルマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・麻織由季
ナディア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・初風緑
ローラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・初嶺麿代

アーサー・ホルムウッド・・・・・・藤本隆弘
メフィスト・・・・・・・・・・・・・・・・・・園岡新太郎
ジャック・セワード・・・・・・・・・・安崎求
執事・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・光枝明彦
ジョナサン・ハーカー・・・・・・大澄賢也
ルーシー・ウェンステンラ・・・紫吹淳

アンサンブル
饗庭大輔・香取新一笹本重人・楢原潤也
町田正明 森田浩平

市川紗也子 柏木ナオミ 小牧祥子
坂本法子 白木原忍 丸山知津子(敬称略)

オリジナル・ミュージカル!
宝塚・元劇団四季出身で
現在 いろいろなミュージカル作品に
出演されている皆様を楽しみに
チケットを確保したのですが・・・
いろいろな意味で面白い作品でした

舞台について書くと・・どうしても
ネタばれが避けられないので
ここからは・・・ネタばれOKの方だけネ(笑)





2008.06.18.21:12
日本初演から 一周年!

 Wicked

緑の魔法はまだまだ
その力を衰えさせてはいない(笑)
劇場に入れば OZの国
エメラルド・シティにも行ける~♪
良い魔女 グリンダは、言います
みんな わたしに逢えて嬉しいのね~♪

一周年には 日本オリジナルの・・・・
濱田エルファバ
沼尾グリンダのコンビで魅せてくれました

何もしない事だって出来た筈よ?
確かにそうです そう言う選択もあるけれど、
フィエロの心に眠っていた何かを
呼び覚ましたのは、真っ直ぐなエルファバ
緑の肌の少女の真実がここに!

天然っぽい間で お洒落について
伝授するグリンダの可愛さ(笑)

伸びやかに力強いエルファバの歌声に
 ・・・ただ聞き惚れるだけ!

そう、 二人に逢えて嬉しいんです~♪

一周年とあって 会場には熱心な
Wickedファンが集まっていますね
舞台を見つめる客席の熱気
曲が終わるたび とても大きな拍手が
響き渡るのです
それは、カテコまで途切れることは
ありませんでした
カテコのご挨拶の後も さらにアンコールの拍手

     まだまだ緑の魔法 強烈です

2008.06.18.00:07
イベントに縁のある日?(笑)
『ドラキュラ』と『Wicked』の演目違いマチ・ソワ
だったのですが、なんとマチネ『DRACULA伝説』 
トー・ク・ショーがありました~

出演者 
光枝明彦・鈴木綜馬・園岡新太郎         
  司会は、真織由季 (敬称略)

かなり以前に確保していたチケットですが
偶然 こんな日に当たって得した気分(笑)
ホント 知らなかったから なおさらですよ~

そして会場に入ったら、カメラが複数台
設置されててビックリ(笑)
『DRACULA』DVD化決定だそうで
その録画取りの日に当たったようです

ゲスト3人は元四季という事で
キャッツの話など出て懐かしい~

ソワレ『Wicked』東京1周年は、
何気なく普通に幕開けしましたよ

でも濱田エルファバが出て来ただけで
拍手が起こった!
宝塚の劇場のような出来事
海劇場では珍しい~~

劇場内の空気が濃密です
曲が終る毎の拍手も熱くいつまでも続く・・・

最後、期待どおりやっぱり 
ご挨拶がありました(笑)

~みんなわたしに逢えてうれしいのね~
沼尾グリンダが登場

そしてダンス・パフォーマンス
松下オズ陛下のお礼の挨拶

1st anniversary in Japanと書かれた
Wickedのおおきなプレートの前で
皆さんのカテコ
何回あったかなぁ~
実は・・・・ 手が痛くなったヨ~(笑)

帰り際に anniversaryプレゼント
ピンクのカーネーション1輪

これは別の色もあったようです
黄色というか黄緑(笑)
すると カラー的にエルファバ?(笑)
ピンクカラーがグリンダか~
やってくれますね~
OZ 1syunen


とりあえずここまで UP!



2008.06.16.22:34
いよいよ 明日17日
汐留で開幕した 『Wicked』
一周年を迎えます
今予定されているキャストは
なにやらオリジナルに近い布陣らしい(笑)

グリンダ・・・・・・・・・・・・・ 沼尾みゆき
エルファバ・・・・・・・・・・ 濱田めぐみ
ネッサローズ・・・・・・・・・ 鳥原如未
マダム・モリブル・・・・・・ 森 以鶴美
フィエロ・・・・・・・・・・・・・ 李 涛
ボック・・・・・・・・・・・・・・・ 伊藤綾祐
ディラモンド教授・・・・・ 前田貞一郎
オズの魔法使い・・・・・・ 松下武史
      (敬称略)

『キャッツ』7000回は イベントと言うか
カウント・ダウン ミニ・チャームの配布が
あるとお知らせがありましたが、
『Wicked』は特にお知らせはありません

 でも~ 特別カテコくらい

   やってくれる?  よね(笑)

2008.06.16.21:02
マチ・ソワって 充実はしてるけど・・・
素敵な時間はあまりに早く過ぎ去るのですね~(笑)
あっと言う間に ソワレ開幕になっちゃうの

『レベッカ』 5時開幕
激しい波音から ちひろ”わたし”の歌う 

夕べ~ 夢をみたの~♪
・・・・・思い出を連れて来る遠い潮騒~♪

そして、コーラスが厚みを添えて、
マンダレイへと誘ってくれます

マチネ編では、禅フランク登場シーンを
追いながら、書いてみましたが、
ソワレも、丁寧に演じて物語を作って・・
何気にお気に入りのシーン

予備審問から屋敷に帰って来るシーン
吉野ファヴェルとダニー(ダンヴァース夫人)
話があるとその場に残る吉野ファヴェル
一足遅れて ”わたし”とフランクが帰って来る

禅フランク・吉野ファヴェルのシーン
歌い・踊った吉野ファヴェルは、
最後・・気になったテーブルの汚れを
軽く払った禅フランクの手の上に
わざと帽子をパサっと置く・・・
ここも微妙に毎回違うんですね
その時々の呼吸で演じてるのかも!

さらにマキシムが帰り
遅れてジュリアン大佐も尋ねて来ます
この5人が揃った絵がなんとなく好き・・・(笑)

ちひろ”わたし”に寄り添った祐様マキシム
少し離れて 阿部ジュリアン大佐
吉野ファヴェル 禅フランク
バランス良く 並んだところを

~ビンに詰めて~残しておきたい~
 ず~と このまま~♪(笑)

そう言えば、マチネの禅さんレポで
書き落としたシーン
ソワレで 追加(爆) 
まだ書きますか? (笑)

禅フランク・ミスターベイカー電話編
阿部ジュリアン大佐に言われて
電話する禅フランク・・
手帳を受け取ってしまうと
電話をするお芝居が難しいので、
そこは、電話番号の覚えなどは
得意な財産管理人(笑)
ロンドン 6870488
でも人の名前などが、覚えが苦手?
オペレーターが相手を呼び出し、
周りに名前を確認しながら
え~っ ~Mr.ベイカー? どなた?~
と聞いて・・会話が始まる(笑)

最近 阿部ジュリアン大佐は、
手帳を大きく上に上げてフランクに
見せるように変化してますが、
これは、より判りやすくなるように
しているお芝居かな?

演じるほどに濃くなる~と言われる
禅さんですが、作り込み、好きです(笑)
考え考え・・・土台から作り上げる
作り込み 大好きで~す

時に思いもかけないアプローチで
仕掛けてくれるので
役者 石川禅が、面白い!

ちょっと ちょっと! と突っ込みしたく
なる時があっても・・・大好きですよ~(笑)

いまさらって感じですが・・・改めて宣言!