現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2008年05月
2008.05.31.20:26
再びのシアター・クリエ『レベッカ』
これは予定の行動です(爆)

トーク・ショーで追加したから
連日に近い感じの観劇?(笑)

本日もマンダレイ 波の音が聞こえて来る~
”わたし”の澄んだ歌声が・・・・・
~忘れたい 忘れない~♪

舞台の流れは、ほとんど覚えて(爆)
前回のソワレで感じた台詞の間が
変化している~と思ったのは
祐様マキシム・禅フランクだけじゃなく
伊東ベアトリス・シルビアダンヴァース夫人
ヴァン・ホッパー夫人
もですね

”わたし”との結婚を告げるシーン
祐さまマキシムとヴァンホッパー夫人で
きっちり笑いを取ってます(笑)

伊東ベアトリスは親戚シーンや
電話シーン、
姉の心情が、わかりやすく
なっている・・・・

シルビア・ダンヴァース夫人は 
声音を低くして・・・
よりゆっくり目の台詞回しに
なっている感じです

圭吾ファベル
怖い話・・だ・よ・ね~(笑)
ここは印象に残るし~
船体に あな~!も(笑)
台詞に無くても、禅フランクと
睨み合ったり、茶化すように見たり・・・
そうそう、足を乗せたテーブルを
拭こうとするフランクに
わざと帽子を置いて邪魔してた。

前回はかるく帽子を置いて、
掃除が出来なかった感じでしたが、
今回は フランクを見ながら、
帽子をわざわざ置いてる!
悪いやつじゃ~ん(笑)
楽しそうな悪い奴(爆)


禅フランクは、”わたし”に
レベッカの話をするシーン
舞踏会 出席者リストのあたりは早口で、
~レベッカ・ド・ウインターと競う
事ではありません!~あたりからは、
 諭すような 怒るような
”わたし”へ台詞
そしてソロへと・・・・・・
このフランクと言う人物の厚みを
感じさせてくれます

フック船長!いえいえ!禅フランク
仮装舞踏会での、海賊船長は、
今日は、マキシムに手のフックのお話を
していたらしい(笑)
人差し指でフックの形を作って・・

~本当はね、フックも付けようかと
思ったんですよこんな風にね~
・・なんて言ってたのかも(笑)
そのフック指のまま アラビア美女に見とれ・・
そんな禅フランクに 祐様マキシム
同じく人差し指を絡めて
・・禅フランクを止めてます
人差し指の指きりみたいで・・
なんか 可愛いんですけどっ(笑)
そう言えば・・
ハイ・タッチして事もあった
マキシムとフランクでした~

トーク・ショーでお話のあった
コートとか手袋とか・・・・
禅フランクをいつもよりもっとチェック

 どんだけ~~~(笑)


もちろん 皆様、素晴らしいです
あ~ぁ だめじゃ~ん!と言う人が
居ないって 凄いですよね

平日マチネ・・スタンディングは、無かったけれど
西野っちの登場のあともまだまだ、カテコ・・・

禅フランク ゆりゆり・メイド 圭吾ファベルの
投げキスで 幕!

すみませ~ん 反対下手では
祐様マキシムとちひろ”わたし”が
腕をくんで並んで深々とお辞儀!
『レベッカ』本日も無事に幕を下ろしました。


2008.05.30.20:55

お得チケット、急遽譲っていただける事に
なって、連日の『ルドルフ』です

井上ルドルフ
この作品をみて思うこと・・・
ジャープになった!
全体の雰囲気が大人っぽくなったと言うか
『ルドルフ』も凛々しさに
磨きがかかったのでは?

浦井ファイファー
もう一人の王子キャラ浦井君は
この作品では、面影もなく(笑)
白メイクなので・・誰状態は続きますが
今日は、歌に荒さ?があったような気がする~
でも 舞台を駆け回り、とても元気です

革命家たちの歌う歌
畑中ツェップスの声が力強い!
砂川さんちょっと控えめ
ルドルフを取り囲み、決断を迫るシーン
脳裏に焼きついています

岸カーロイ
出番が少ない所為もあるけれど
ウィルヘルム皇帝!
(足をピシっとするのが面白いけど・・・)よりも
革命の闘士の方がイメージかも。

知念ステファニー
きついメイクで、プライド高い
皇太子妃を演じています
ルドルフの前ではどうしても素直になれない
泣き崩れても、再び気を取り直し
立ち去る姿はスポットの外でも美しい

壤フランツ
ルドルフとの対立が 激しかった!
幼い頃のかわいいお前がなぜ?
あの怒りは悲しい怒りです

歩み寄ろうとしても その距離は遠く
溝は深い

そんな重いストーリーの中
スパイその1 スパイその2がお気に入り(笑)
ヴィリグート マイスナーと名前もあるのですが
まぁ その1 その2の方がわかりやすいでしょ?
ターフェの放つスパイ
スパイたちいたって真面目だけど
・・・・息抜きになってるシーンですね

舞台をワルツを踊りながら、斜め奥から
出てくるパーティのダンス
クルクル 回る!回る!回る!(笑)

3度目は 音楽の響きも、更に耳に入ってきました
笹本マリーの歌う あなた~♪もですが
知念ステファニーの 私よ~♪も印象深い
あなた と わたし?ってなんなのさっ(笑)
革命家たちの歌うメロディも
・・頭に入りやすいかも。

井上ルドルフの歌は・・ムズ~~い!


今日のソワレ 
学生さん団体をいたようだけど・・
後方サイドは席が空いてる場所が目立ってた

それでも、ハプスブルグ王朝は、
スタンディング・カテコ
役者さんたちは 熱いです!


前日に続き・・余談ですが、
綜馬フランツ(演目違いっすね)が、
ナナメ3列前でご観劇でした
カテコも大きく手を振ったり ノリノリです
井上王子の投げキス前には席を離れてましたが
ロビー売店で話し込んでまして 
近くでチラ見しながら帰って来ました~(笑)

2008.05.30.20:47

舞台には登場しない『レベッカ』の影が
だんだんと見えてくる気が・・・(笑)

美しくて傲慢 頭が良くて、意地悪?
気まぐれ 自由奔放
まさに カトレアの花のような女王

そのレベッカの影に怯える”わたし”
でも、もっとも、怯えていたのは
マキシムなのかも知れない

仮面をつけたレベッカの
真の姿にそれとなく気づいていたらしい
フランクも・・いるじゃありませんか~

夜中にヨットを出すような女って(笑)
ジャイルズも言ってるじゃありませんか~

ダンヴァース夫人にとっては崇拝する
お嬢様でも実は・・

立て続けの『レベッカ』
2ヶ月近くが経って、役者さんたちの
演じ方の変化が、見えて面白いものです
トーク・ショー目当ての追加観劇
次回までの間があまりないけど
見所は次々と見つかります

祐様マキシム
手の振りは、
神よ~なぜ~♪の終わりの方と
最後のマンダレイの焼け落ちシーンで、
出てきますが・・・ずいぶんと減りましたねぇ

告白シーンも・・台詞の間など
やはり変化しています。
台詞を忘れたかと思う程の長~い間も
ありました

シルビア・ダンヴァース夫人
視線が冷たい&恐ろしい~
哀しみや狂気も見えてきて・・・
ふと、『ブルックリン』や、
『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』の
時のシルビアさん思い出して
改めて、見事な変身だと感心しました。

禅フランク
台詞の間がやはり変化しています
”わたし”にレベッカを語る時の
え~~~~ぇ それはもう~・・・

この え~~~~ぇ(笑)
・・・が長くなってる
遠い目をして少し険しい顔になっています
美しい~と言葉では称えていても、
好ましくは思っていなかった!

ソロは、”わたし”が立ち去ってからが
艶やかな声で歌い上げます
初回頃は、芝居の中に溶け込んで
目立たないと思ったナンバーですが、

温かみはそのままに、華やかさが
加わったように思います
歌い方も変って来てるんですね。

フック船長は相変わらず可愛いです(笑)
松澤フリスに海賊衣装の裾を
パンパンしてもらってます
埃っぽいんでしょうか?
何処から出して来たんだ~(笑)

回を見るたびに、舞台が深まって・・
熱くなっています。

カテコは、西野さんが出るお約束のあと
一回だったかなぁ・・
だって だって これから

  トーク・ショーだもの!(笑)


ちょっと余談ですが・・・・
多分 増沢望さん ご観劇だった?
あの お顔間違いないと思うんだけどなぁ~


2008.05.30.20:44
ルドルフ』5・27マチネ
2回目の『ルドルフ』

ルドルフとマリーの出会い、
時の経過の中で、惹かれあって行く

井上ルドルフ
『エリザベート』の中でも
孤独におびえる子ども時代から
父を批判する皇太子だけど
『ルドルフ』の王子も同じく
父とは激しく対立するのですね

対する笹本マリー
可愛いんですが、男爵令嬢としては
元気良すぎ、強いかも知れませんねぇ
でも、自分をしっかり持ったマリーだからこそ
ルドルフに毅然と接するシーンは
その強さが生きてきますね

首相 岡・ターフェ 
すらっとした立ち姿で目立つんです!
存在感があるし~ ラリッシュとの思わせぶりな
絡みも?と興味を引く
歌声も朗々と響くし 聞き応えあります
ルドルフ・マリーを脅したり迫力も充分
でも~ 野望の香りが・・薄い?
歌声もアクがなくてきれい過ぎて薄い?

濃いのか 薄いのかわかんない(笑)
どっちなんだろ~(笑)

香寿・ラリッシュ 
世を知り尽くし、妥協して生きる術も
身に着けた人
マリーの友人として 魅力的な人
暖かみのある歌声が、素敵です

三谷ブラッド・フィッシュ
前回も、思ったのですが、ルドルフとマリーの
唯一の理解者として 包み込む優しさがいい!

ブラッド・フィッシュが見事な手綱捌きを
見せるあの馬車・・・
ハプスブルグ王朝の双頭の鷲の紋が
ついていますが『エリザベート』に
使ったものとまさか・・同じ?(笑)

壤フランツ
皇帝として、厳しいというよりも
父親として見たルドルフに
苛立ちが見える壤フランツかな?

畠中ツェップス
突き抜ける歌声、一際響きます
激しい革命家! 
小柄ではありますが、存在感は大きい

手品師・浦井ファイファーの絡み感は
何気に ルドルフに、ピストルを手渡したり
しながら 微妙なのですが、存在としては面白い
軽やかに舞台を駆け回っています
白塗りメイク、浦井君だとわからない(笑)

舞台セット 豪華な宮廷をイメージさせる面と
ルドルフの部屋などは、時代感はちょっと
かけ離れてませんか
あの人物の壁面は・・・どうしても違和感を
感じてしまいます

スパイ・コンビ ひの・乾コンビ
お間抜けコンビとしてマリー・ルドルフに
からかわれますが・・・
ひのスパイ1号の竹馬はネタがわかるけど
乾スパイ2号のあのクルクルはどうなってるの?
上手~く小さく縮まってますよね~
凸凹コンビ 今日も元気でした~ 

そして、曲がすこし残るようになりました
ワルツ・買い物シーン
ターフェの歌 革命家の歌う歌

あと あと~ 浦井ファイファーの
ここはウィーン♪~ もね(笑)

2008.05.29.21:12
え~と 27日『ルドルフ』の観劇について
UPしようと思っていましたが・・・・・
途中まで書いてあったのを入れた
フラッシュメモリーを職場に忘れた~(汗)
28日も『ルドルフ』ソワレだったので
帰宅が遅くなってしまって・・
書き直す気力なしっ!(爆)

なので 全く違う事、
こちらは、テンションU~~P(笑)

『から騒ぎ』
『SHICAGO』
気になる公演で書いていた
2公演 観劇決定~♪

10月公演が少なめだったけど
だんだん埋まってきますねぇ
9月の予定より 本数多くなってる(笑)

あと先行抽選が 1公演結果待ち
結果は27日発送だそうなので、
今日結果が届いて無かったのは 
 
       ハズレか?

2008.05.28.23:41

午前さま直前の帰宅でした~(汗)
順番からすると・・・『ルドルフ』の記事なのですが
『ルドルフ』『レベッカ』本編を飛ばして
トーク・ショーから・・だって忘れそうだし~(笑)

カテコ終了後・・まばらに席を立つ方が
いらしゃったと思ったらお化粧室だったらしく
しばらくするとお戻りでした~

席移動はしないようにとのアナウンスもあり
その目当てで動いた方も自席に戻り・・・・(笑)
トーク・ショー始まりです

松澤フリスがコップに入れた水を
盆にのせて登場~ 
マンダレイのご主人様から、今回の接待役を
仰せつかったと真面目に・・フリスのままです

お客様として 禅さんとちひろちゃん
衣装のまま舞台袖から現れます
 
ちひろチャンは ロンドンから戻ったばかり(笑)
赤いケープ・スーツ
禅さんは乗馬服・ブーツ姿でした

禅フランツ ”わたし”が座る時
ソファのお掃除をして どうぞ!(笑)

いろいろお話の中から・・・覚えてるとこ
失敗談は?
まずは、セリフを噛んだ話に・・・
と言うのは、今日ちょっとだけ セリフを噛んで
落ち込んでます・・・と

すると松澤フリス
でも今日はもっと・・ねぇ(笑)
実はシルビアダンヴァース夫人も今日は
やっちゃったんです(笑)
でも~ 影で聞いているよね・・・・
怒られる~ ^_^; 

セリフを噛むと言う話、禅さんにターゲット変更
この辺だったかなぁ~
黒皮の手帳(ネタ帖)を取り出し・・(笑)

”わたし”へのセリフのシーン
忘れさせて差し上げるお方・・・かと思いきや

掛け足で出てきて
・・・・・救助に向かったんだと思います。
こんな時じっとしていられないお方ですから~
 駆け足で息が上がって・・言えなくなるらしい(笑)

禅さんのネック 意外なとこでした~

衣装の数・・舞台の”わたし”の衣装について
何着あるの?との質問に 一生懸命数える
ちひろ”わたし”にフリスもクランクも
見守ってる感じで なんかいいなぁ~

衣装は気に入ってる?と聞かれ微妙な返事
そこで禅さんと松澤さん二人から
・・似合ってるよ!と声がかかり・・
私服もそんな感じのか多くない?とフリス
そういえば、最近、私服もワンピースぽい物を着てる・・
影響が出てるんですね?と松澤フリス(笑)

禅さんの衣装 なぜ乗馬服なのか!
これはですね~
  ・・出ました! 
 禅さんのお得意の語りに入りました(笑)
マンダレイの管理人の役
マンダレイの広大な敷地内を見回るのに
馬を使う・・・だからだそうなんです
そしてマキシムがモンテカルロから
”わたし”を連れて屋敷に戻ってくるのを
迎えるシーンでは、禅フランク 手袋を脱ぎながら
もうすぐだ~♪と歌いますが
この 手袋にも馬で屋敷内に来たのを表していると
実際の馬に乗っている様子をしながらのお話・・

そして 難破船でたったワン・シーンで着用のコート 
乗馬用で日本に4着しか無い珍しいコートだそうです

   まさにトーク・ショーです(笑)
禅フランクの鬘の髪の長さについても
短くなってる
フランクのソファーお掃除で髪が乱れるのに
気づいて 直したこともあるって(笑)

チェック・メイト! 
ちひろちゃんのせりふですが 初日ころとは
言いかたを変えています・・・と
禅さんが まねをしてる~(笑)
このセリフが楽屋でブームらしいです

短い時間だったけど まだまだ内容はいっぱい!

嬉し楽し・・・のお得な時間でした~

2008.05.28.00:00


あ~忙しかった~(笑)
やっとご帰還!

日が変わってしまう~~
2008.05.26.21:41
いよいよ 6月が 目前に
迫ってまいりました~

6月も、禅さん祭り続行中!
祭りにふさわしく
『レベッカ』からスタートいたします

5月もそうだったっけ?(笑)
内緒ですが、5月の『レベッカ』
トーク・ショーに販促されて一公演追加しちゃいました~(^_^.)
ついでに『ルドルフ』まで得チケで1公演
波乱の5月とあいなりましたが
6月は静かに終わって欲しいものです・・・

6月の予定
■レベッカ×4回
 (楽チケが入れば楽もいきた~い!)
■CALLI~炎の女カルメン~
■ユタと不思議な仲間たち
■瞼の母
■王様とおばさん
■ドラキュラ伝説
■石川禅メンバーズ・ギャザリング
■Wicked (1週年記念日)
■異国の丘
■コクーン歌舞伎 夏祭浪花鑑
■キャッツ(7000回記念)

『レベッカ』トーク・ショー
6月5日も禅さんなので 行きた~い!
・・・・とは思っても 既に予定がっ!
なんとか踏み止まりました(笑)

どこが静かなんだっ(爆)
・・・・・・・・と自分突っ込みしときま~すね(笑)

いつの間にか四季演目が充実してます
4演目もあって・・2演目は記念日がらみ(笑)
ミュージカルが多い中、
異彩を放つのが 『瞼の母』?

しか~し 『レベッカ』の楽チケ
どこからか降ってこないかな?
       (ムリ ムリ!)

2008.05.25.20:59
『WILDe BEAUTY』
~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~
2008年3月 博品館劇場


出演 :浦井健治、池田有希子、森新吾 
   (DIAMOND☆DOGS)、小野妃香里、
    良知真次、朝澄けい、上野真未、
     戸井勝海、宮川浩 (敬称略)


タナボタ企画
『NOTHING BUT MUSICALS』    
        ゴージャス~SHOWしま賞!!~』
2006年9月 日本青年館大ホール
出演 :林アキラ、岡幸二郎/
ゲスト:今井清隆、伊東恵里、シルビア・グラブ、
    笹本玲奈、佐々木信彦、森内遼、
    西田健二、小山みゆき、坂本法子、
    林久美子
演奏:柏木玲子(エレクトーン)、江尻憲和(ドラム)
               (敬称略)

どちらも6月中に 繰り返しの放送予定!
楽しみ~ 


あっ 思い出した!
『WILDe BEAUTY』のDVD
会場で思わず予約したんだったっけ~(爆)
2008.05.25.20:03
気になる公演 5月編
気になる・・・チラシから
3作品のピックアップ! 以前記事にした作品も
あるけれど、ちょっとは詳しくなってると思う~(笑)
では、行ってみよう~

☆『人形の家』 SISカンパニー  
会場 シアターコクーン
演出・デヴィット・ルヴォー

出演:宮沢りえ 堤真一 他    
上演期間  08年9月5日から 9月30日

  
    ルヴォーさん たしか『ナイン』演出のかた?
    個人的には、ちょっと苦手かも?・・・・(笑)


☆『から騒ぎ』 彩の国さいたま芸術劇場
会場 彩の国さいたま芸術劇場
演出:蜷川幸雄

出演 小出恵介 高橋一生 長谷川博巳 月川悠貴
    吉田剛太郎 瑳川哲朗 他
上演期間 08年10月7日から10月23日


    彩の国シェークスピアシリーズ第20弾
    今回 オール・メールというのも
    楽しみの一つです


☆『表裏源内蛙合戦』
会場  シアター・コクーン
演出 :蜷川幸雄  作:井上ひさし

出演 上川隆也 勝村政信 高岡早紀
    豊原功輔 大石継太 六平直政 他
上演期間 08年11月9日から12月4日

    蜷川×井上・・・・が描く、平賀源内
    抱腹絶倒音楽劇って いったいっ
    どんな舞台になるのやら?(笑)
           
              (お名前は すべて敬称略)

まだまだ いろいろ気になっちゃう公演が
増えてくるだろうな~
とりあえず、チケット情報を追いかけようと思うのが
このあたり・・・・・(笑)
チケット発売チェックを忘れないようにしなくては・・・・・

『から騒ぎ』 あたりそろそろ 動き出しそうです。







2008.05.25.00:26
更新されると Blogでわかるように
RSS配信設定ー(笑)

NEWの赤い文字に反応してみたら
阿部ジュリアンとはるパパベンの楽屋訪問でした~

禅フランクはいったいいつになるんだろ~?
ファベールもまだだし~

楽屋訪問 ひっぱりますね~
トーク・ショーのネタ温存のためでしょうか?(笑)
2008.05.24.21:34
シアター・コクーン 14:00開演

ちょっとご無沙汰だったシアター・コクーン
開演15分前 時間ギリギリに到着!
実は・・・・・・初めてやらかしました~(汗)
チケットが見つからないっ!
必死に探してみても 影も形もなく
コクーンに電話して対応してもらう事に・・・

15分前に・・お越しくださいとのお言葉に
従いました(笑)
席番号・予約番号などすべてわかって
いたので幸いでした
こんなの 初めて~~

無事、席について・・
直ぐの幕開けとなりました~

出演
齋藤実盛・・・・・・・・野村萬斎
齋藤五郎・・・・・・・尾上菊之助
巴・・・・・・・・・・・・・秋山菜津子
齋藤六郎・・・・・・・坂東亀三郎
藤原権頭・・・・・・・津嘉山正種
中原兼平・・・・・・・大石継太
平 維盛・・・・・・・長谷川博巳
乳母 浜風・・・・・神保共子
中原兼光・・・・・・・廣田高志
郎党・黒玄坊・・・・大富士
城 貞康・・・・・・・・二反田雅澄
ふぶき・・・・・・・・・・邑野みあ
郎党 時丸・・・・・・片岡大次郎

安斎芳明 久保田壮史 関戸将志
篠原正志 時田光洋 高橋行 中村大輔
岡田正 高橋広司 井面猛志 加藤亮佑
清家栄一        (敬称略)


以下ネタばれ・・含むのでご注意願います



2008.05.23.22:14
『レベッカ』のパンフ
舞台写真入りに変わって値段も1800円に・・・(笑)
忘れずに購入して来ました~

そして会場の熱気を感じながら・・・帝劇へ!

何故かって?(笑)
目的は 『ルドルフ』の別冊パンフです。

レベッカ開演前に行ったけど買えなかった!
3時に入荷って 品切れだったのでしょうか?
終演後にまた寄ることにしてクリエに向かう途中
入りのシオタクターに遭遇でした

歩道上でしたが あっ 塩田さん!と言っちゃた~
笑顔で見てくれたので 会釈~(笑)
こんな事もあるんですね~

そしてレベッカ終演後に、
『ルドルフ』舞台写真別冊パンフ
帝劇チケット窓口で 金600円也 
しっかり購入して来ました

限定5000部だそうですが,既に2000部は
予約などで 捌けているらしいです

販売開始を聞いてから あまり経ってないのに
この動きは 微妙な数量

土日をはさんでの、次回観劇時では、
不安なので、早めにGETしておくのが
 
     正解でしょ(笑)







2008.05.23.22:04
本日・・・数えて11回目?
禅フランク目当ての『レベッカ』です
Z-会でご用意の席でしたが、
平日マチネのせいか、禅友さんは
いらっしゃらなかった様子です
でも Blogでお知り合いになった
えりこさんに 偶然お会い出来ました
えりこさん お話できて嬉しかったです♪

そして 『レベッカ』
すっかりお馴染みの幕開け
波の音が高くなり・・・
”わたし”の歌が流れ出します

ちひろ”わたし”
ちょっと声が荒れているように思えました
泣き虫になった”わたし” 強い”わたし”
予備審問のシーンでは毅然とした
”わたし”になって来ていますね~
マキシムを思う意思の強さが、
感じられます

シルビア・ダンヴァース夫人
ますます恐さに磨きがかかる・・(笑)
仮面舞踏会のシーン
白いドレス・・・の隠された企みに
”わたし”が立ちすくむ・・
それを見下ろす ダンヴァース夫人の
勝ち誇ったような笑みが不気味です

この役に、~はまってる!~ と言うのは
ちょっと考えてしまいますが、やはり
お見事と言わせてくださ~い (笑)

祐さまマキシム
今日の祐様マキシム
告白シーン? 一瞬、固まってました(笑)
手の振りがないと・・動きが止まるのかな?

ちひろ”わたし”を追おうとしながら
躊躇し謳い始めるシーン
追った手をそのままに 向きを変え
歌い始める祐様マキシムの決めポーズ(笑)
健在でした~

伊東・ベアトリス
セリフのテンポ すこし早くなって
Kentaroジャイルスと息ぴったり!
ベアトリスのソロ・・・・・
唯一高音で、伸ばすのがきつそうな所
短く歌ってた気がしましたが 
バランス悪くないし、いい感じですね

俵ロバート
ちょっと目を離すと・・
なにか しそう?(笑)
初めて”わたし”を迎えた時 ”わたし”を
無視してるし~一癖ありそうな感じを
最近 強く感じます

松澤フリス
実直な執事・・そのもの(笑)
禅フランクとのやり取りが多くて・・
仮面舞踏会の時の 松重フリス
かる~く踊ったりして目立ちま~す 

禅フランク
優しげな面立ちで、いつものように登場
ダンヴァース夫人との掛け合いの
初めてマキシム夫妻を屋敷に迎えるシーン

禅フランク お部屋の準備・・を聞いた後
大きな額を見上げ、なにやら気に染まぬ様子
懐中時計を取り出し それを変える時間は無い?と
忌々しそうな様子です
額の中は・・・きっと”わたし”には見せたくない
絵だったのでしょうね 

象徴的な 額の中はシーンによって
キャロラインになったり 他の絵になったり
見る側の想像のままに変化するのかな~

それと禅フランク ベストの新調だけじゃなくて
だんだん 鬘の髪が、短くなっているらしい?
ファベル対決などの後・・お掃除もマメにやって
いつも乱れ髪だったけど髪の乱れが
少なくなってる (笑)


難破船のシーンの駆け抜けや
火事の人命救助?
暗転する度に・・早足、または駆け足で捌けてゆくし~
出番の割に禅フランク肉体労働ですよ(笑)
乱れ髪になるはずだ~(笑)

レベッカの秘密が 明らかになって
ほっとしたような 悲しげな禅フランク
目が潤んでいます
そのまま ライトが当たっていたら
涙が、溢れそうな様子ですが、暗転です!

暗転なかったら どうなるのか見てみた~い(笑)

全速力で走りきったような 心地よい疲れをのこし
『レベッカ』終幕です
送り出しの音楽が終ったあとも さらに一回のカテコ
スタンディング・オベーションです

『レベッカ』 さて次は・・・・
もちろん 石川禅さん大塚ちひろちゃんトークイベの日で~す(爆)

吉野圭吾くんとのトーク・イベの日は・・・・・・・・・・
残念ながら、別の予定があっていく事ができませ~ん(しくしく~






2008.05.22.22:04
禅さん祭り中・・・と言ったら
『レベッカ』
チケットの日付は明日です

お稽古写真だったパンフ
舞台写真Verに変ったらしいですね
しっかりお値段UPで・・・!

仕方無いなぁ~
禅フランクが載ってちゃ
買わない訳にいかないし~(笑)

そういえばお隣の帝劇でも
『ルドルフ』の別冊パンフ?とかが
あるらしい?
クリエに行く前に覗いてみるかな?

明日は ちと散財覚悟しなくては
ならないようです

これって 予想外&予定外(爆)

2008.05.22.21:14
まっさん検定

よくお邪魔している、CHAKOさんのBlogに
さだまさし検定なるものに挑戦したと・・・(笑)

まっさん好きの hattiも 早速チャレンジ!

基本的な問題?(笑)とばかり思っていたけど
どっちだっけ?と言うのもあり!
ジャケ写真なんて 入り混じって記憶して
定かでありませんよ~ (言い訳)

結果は?


白状するとネ・・・・・再チャレンジしたのよ~ (笑)


2008.05.21.21:23
『黒蜥蜴』5・21マチネ
会場は、ル・テアトル銀座
仕事を半日で切り上げ 駆けつけました~
2:30開演なので、少しは余裕を持って
移動できたけど この作品 上演時間が 

    な・が・い!(笑)

帰りが予想外に遅くなって・・焦った~

キャスト
緑川夫人/黒蜥蜴・・・・美輪明宏
明智小五郎・・・・・・・・・高島政宏
雨宮潤一・・・・・・・・・・・木村彰吾

岩瀬早苗・・・・・・・・・・・中野真渡嘉
岩瀬庄兵衛・・・・・・・・・瀬下和久
老家政婦ひな/青い亀・・有田麻里

朱儒・・・・・・・・・・・・・・・・日野利彦
朱儒・・・・・・・・・・・・・・・・マメ山田

女中愛子・・・・・・・・・・・・・城月美穂
女中夢子・・・・・・・・・・・・・高森ゆり子
女中色江/生人形・・・・・・小林香織   他
                   (敬称略)

初めての、美輪さんの舞台です
存在感 佇まい 空気
独特のものがあります
舞台がその色に染まるんですね~

芝居で対をなす高島・・明智小五郎
端正で、黒蜥蜴が惚れるいい男!

高島兄さんの舞台 最近では、エリザのルキーニと
ベガーズオペラのピーチャムさん・・・など
髭おじさんばかりだったので 新鮮でした(笑)
マジ カッコいいから~!

江戸川乱歩作の『黒蜥蜴』
その世界観も一種独特なのですが
この舞台はその世界へ誘ってくれます
ネタばれはしない方がいいと思う舞台なので
詳細は避けますが、豪華なドレス・
舞台セットも凝っている

ちょっとだけ・・・書いちゃてもいい?

通路が明るい?とおもったら マメさん日野さん
続いて・・黒蜥蜴の手下たち
黒蜥蜴も・・美輪さま 直ぐ横を通過です
豪華なコート・ドレスの裾が 足にぶつかりました!

生人形が使われるあたり・・いかにも江戸川乱歩!(笑)
                    以上(爆)

2回の休憩をはさみ・・スタンディング・カテコ終了!
会場を出たら6:30近かった(驚)

慌てて帰路についたのでありました~ ^_^;
2008.05.20.23:13

ミュージカル・シンガーズ というコーナーで、
5月は 吉野圭吾さん主演の
『タンゴ・モノローグ』を放送中
siatere

シア・テレ録画予約がメンドイけど
繰り返しながら 幾度か放送してくれるのがなかなか良い
録画予約をし忘れても まだチャンスはあるっ!(笑)

そう思って・・油断して 失敗してこともあったなぁ(笑)

2008.05.20.21:01

『AKURO』 が帰ってくる~♪
またまた期間が短いです~
『エリザベート』東京公演中です~(泣)

公演期間 2008年12月5日(金)~12月12日(金)
会場    東京芸術劇場中ホール

【CAST】坂元健児/吉野圭吾/神田沙也加/駒田一
/今拓哉/平澤智/西村直人/友石竜也
/川本昭彦/福永吉洋/平野亙/笠原竜司
/藤森真貴/高原紳輔/斉藤健二/多根周作、他

唯一の紅一点 再演では さやっ(神田沙也加嬢)が
ご出演ですね
謎の若者や田村麻呂 安倍高麿たちは、
名前を思い出すけど・・
蝦夷の若者たちの名前が思い出せない~(爆)

でも舞台の印象は鮮烈で 色褪せない!
再演、楽しみです
 ~ すっかり行く気?(笑)


2008.05.20.20:36
『魅惑のスタンダード・ポップス』
にご出演だそうです。

  NHK BS-2
  6月22日(日) 
      19:30~20:58 

司会:井上順・新妻聖子のご両人
ミュー曲とはまた違った選曲でしょうね~
忘れるといけないから録画予約しておこうかな?(笑)