現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2008年03月
2008.03.30.21:27
いつの間にか禅さんに関するもの
CDはもちろん月刊ミュージカルや
レプリークなどの雑誌の類が、
結構増えてきて・・・・・(笑)

★CD
回転木馬
ミス・サイゴン
レ・ミゼラブル
ジキルとハイド
エリザベート
ベスト・ミュージカルⅡ
マリー・アントワネット

★ビデオ
『なよたけ』
『メトロに乗って』

★公演パンフレット
『なよたけ』
『ミス・サイゴン』
『アニ銃』
『回転木馬』
『レ・ミゼラブル』再演含め複数冊
『ムーラン・ルージュ』
『カンパニー』
『HONK!』
『三文オペラ』
『砂の戦士たち』
『ピュアラブ』
『メトロに乗って』
『エリザベート』再演含め複数冊
『デモクラシー』
『ジキルとハイド』再演含め複数冊
『ピーターパン』
『マリー・アントワネット』リターン公演含め複数冊
『ウーマン・イン・ホワイト』

  レ・ミゼなど何冊あるのやら(笑)
  1997年のアンサンブル出演版
  マリウス出演版 10周年記念版
  2000回記念公演SP版
  そして20周年公演 ジャべール版
  SPキャスト仕様の2種

  ピアノは弾けないのに・・
  『エリザベート』なんて楽譜集まで買ってる(笑) 
  禅フランツ全身の写真が目当てで
  ございま~す(笑い)

★月刊ミュージカル
1995年5月号 
  回転木馬グランドコンサート(カラーグラビア) 
1995年6月号
  回転木馬ステージ写真(カラーグラビア) 
1995年7月号
  回転木馬 インタビュー記事
1997年9月号
  レ・ミゼラブル
  アンジョルラス&マリウス対談
  レ・ミゼラブル舞台写真
1998年7月号
  レ・ミゼラブル舞台写真  
  出演者コメント
1999年1月
  カンパニー制作発表・モノクロ写真
2000年10月
  メトロに乗って(インタビュー)
2002年3月号
  ミュージカル『HONK!』座談会
2002年2月号
 ミュージカルベストテン
ジキルとハイド1位・・(小さくサイモン・ストライドで)
2004年4月号
 ミュージカル『エリザベート』
  舞台写真カラーグラビア
2005年5月号
 レ・ミゼラブル スペシャル対談
2005年7月号
 レ・ミゼラブル2000回記事(カラー)
2005年9月号
 ピーターパン 舞台写真
2007年6月号
 レ・ミゼラブル(ジャベール)
2007年7月号
 レ・ミゼラブルマリウス対談
2007年8月号
 ウーマン・イン・ホワイト制作発表
2007年11月号
 ウーマン・イン・ホワイトインタビュー
2008年2月号
 マイ・ミュージカルライフコーナー

まだ見落としている号があるかもしれないけど
簡単にこんなとこで・・・(笑)

★レプリーク
★レプリークBis 

他の、ミュージカル関連の本にも
時々登場してま~すから・・・
油断大敵ですよ~(笑)

吹替DVD ・ビデオも
かなり集まって増えてるし・・・・

あっ 自分って もしかして コレクター?(爆)


2008.03.29.23:11
3回目の今日で My楽!
『ベガーズ・オペラ』SSシートでの観劇です
SSシートと言ってもXCなので、 まぁ絡みは少なめ?(笑)
(ステージ・サイド)

舞台が横から見えるので、見え方が違って面白い!
ステージでポリーとマクヒースが、歌ってるのに
頭上でなんか音がしたり、声がするので、
振り返ると 観客となったベガーがいるし~(笑)

そちらに気をとられましたとも!
山崎ちかさんの貴婦人 素で笑っちゃって・・
集中するように~とか さとしトム?に
言われたり・・
さとしトムがいじけるシーンが、めっちゃ近い!
すぐ後ろで かわいくいじけてた!

笹本ポリー、役を降りて、マッコリから
ダンスに指名されるとき いや~な顔してたのが
ほんと良く見えたし(笑)

kumaさん XA席のお客さんを
脅してどうするんですか!(爆)
マジでおどろいてたよ~

原田もってこい・・
貴族に扮するシーン
髪飾りをつけケープのような
白い衣装を着けてると
女の子のようですよ~

幕間の2F席での 六九マッドの
マメ知識講座・・・
~そろそろ終わるコロかな? (2Fで拍手) 
ほらね・・・・・
これ以上休憩が伸びるとネタきれになるんだ~
休憩伸びないかな?(笑)
なんて 悪い事言ってるベガーがXC席に一人(笑)
名誉?のために誰が言ってたかは 内緒で・・・(爆)


お決まりのカテコ
お客を誘っての ダンス・タイム
終演アナウンス・・でも拍手止まず。

アンコール拍手に応えて
うっち~マクヒースとさとしトムが 出てきてくれました
そして 一言 
~みんな着替えに入っちゃったので
二人が代表で来ました~
 
もう 着替えって・・・
早いっ  早すぎませんか?(笑)

今日は、前回よりノリが良い感じ?
一夜限りのベガーズ芝居

と~~ても楽しませていただきました♪



2008.03.28.21:58
昨日は、『身毒丸 復活』を見に彩の国芸術劇場へ・・・
ところが開演時間を勘違い~
早過ぎて入場できないので ちょこっ劇場建物内を散策(笑)
すると、通路の壁に いろいろなポスターが・・・

現代演劇ポスター展開催中だったのです。
日時: 2008年2月19日(火)~4月13日(日)
     9:00~22:00 休館日を除く
新国立劇場情報センターの所蔵する
ポスターから 100点展示されているそうです

懐かしい演目のポスターもあって しばし眺める(笑)
posuta takahasiyou

なぜに 洋さんなのか?
しかも この演目見てないし~(爆)

掲示ポスターのリストも見つけましたが
傍には、図録販売中と書いてあるので
開演まで時間があるし~どんなもの?と事務所を
覗いてみました。

1998年から2004年までの計7冊 各500円

古い年代のものを思わず購入!
これを衝動買いと言わずしてなんと言う!(爆)

表紙はカラーなんだけど 中の写真はモノクロ
・・これが惜しいけど 500円では無理もないですね(笑)

でも 7冊全部までは 買わなかったよ~


2008.03.27.20:54
昨日の『覇王別姫』に続いての
蜷川ワールドです

出演
身毒丸・・・・・・・・・藤原竜也
撫子・・・・・・・・・・・白石加代子
父親・・・・・・・・・・・品川徹
小間使い・・・・・・・蘭妖子
仮面売り・・・・・・・石井愃一
せんさく(Wキャスト)中曽根康太 
            渡部駿太

日野利彦 マメ山田 飯田邦博
福田潔 桜山優 澤魁士  本山里夢 
秋山拓也 羽子田洋子 山口詩史 
村中玲子 妻鹿有花 中島陽子 
太田馨子 難波真奈美 星野園美
            (敬称略)


身毒丸が帰ってきた!
・・・と言っても 前回公演は見ることが叶わず、
ビデオで見ただけ・・・・生舞台は 初めてです

見やすい彩の国芸術劇場
L列とちょっと後方ですが ド・センター(笑)

撫子とシントクの情念の世界が
描き出されます
花火・・・グラインダーで出す火花が飛び散る
幻想的なオープニング

母を求める身毒丸
髪を短めに切った藤原・身毒丸は
少年のあどけなさを残す・・・
白石・撫子の信徳と書かれた塔婆を
打つ様は鬼気迫るものがありました

二人の作り出す 濃厚な世界は
他に類を見ないもの・・・・
感動とはまた違ったもので、それを
言葉に上手く現す事が難しい~

舞台上に作り出される世界に
圧倒された この舞台でした

そして今回の舞台が 
またまたDVDになりま~す
会場で予約を受け付けていました~
『身毒丸復活』DVD、6月発売予定!

でも こちらの予約は ちと置いといて・・・
つい買ったのが 

 『ヴェニスの商人』DVD 

銀河劇場で公演されたあの舞台
あれ いつの間にか DVDになってた~(笑)

3月19日に発売になったばかりらしい!

2008.03.26.21:47
シアター・コクーン 14:00開演
会場時間を待って入場・・・
まだ開演時間まで間があるので、
舞台上では、出演者がアップ中!
最近の蜷川さん演出 こんな感じよくありますね~

舞台後部ドア?が開け放たれて
舞台装置を運んで来たらしい
トラックが見えるし~(笑)

出演者
程蝶衣・・・・・・・・・東山紀之 
菊仙・・・・・・・・・・・木村佳乃 
段小樓・・・・・・・・・遠藤憲一 
師匠・・・・・・・・・・ 沢竜二 
袁世卿・・・・・・・・・西岡馬
小四・・・・・・・・・・・中村友也
那・・・・・・・・・・・・・戸井田稔 他
           (敬称略)


入ったとたん これって蜷川ワールド?
ついつい語っちゃいます。

ネタばれ・・・お容赦くださいね~






2008.03.25.20:27
こんな お葉書が来ました!

dougen bouken


SISカンパニーからでした。

この公演 シアター・コクーンのチケット・メイトで
既に1公演GET出来てま~す。
更に別ルートで1公演・・・・多分取れてると思います。(笑)
このうえ追加は、きついっす(爆)

と言いながら、案内葉書もらっちゃうと
考えちゃう~  

7月は
   ・・・・まだそんなに予定ないかも(笑)

2008.03.25.19:30
  『グリークス』
~10本のギリシャ劇によるひとつの物語~
出演者 平幹二朗 田辺誠一 尾上菊之助 
     渕野俊太 田代隆秀 錦部高寿 
     吉田鋼太郎 高瀬哲朗 合田雅吏 
     瀬下和久 菅生隆之 藤木孝
     麻実れい 白石加代子 南果 歩 
     安寿ミラ  久世星佳 寺島しのぶ 
     中嶋朋子 宮本裕子 香月弥生 
     小林さやか 川本絢子 市川夏江
     立石涼子 渡辺美佐子 ほか

第1部「戦争」
第2部「殺人」
第3部「神々」

3部構成でおくるスリルとサスペンスに満ちた大作
なんか凄そうだ~
生舞台・・・・・気力が持ちそうもありません
 無理です!(爆)

[発売日] 2008/03/19
2000年9月18日
Bunkamuraシアターコクーンにて収録

上演時間 9時間の伝説の舞台らしい
ネットで 発売情報に出会い・・
思わず お得意のポチっとな!(笑)
しかし 上演時間なんと9時間! 
お仕事だって8時間労働なのに・・・・
一日の仕事分 かかっても見切れない~~って
まさにお仕事のような・・・(爆)

まだ、手元には届いてないけど
見始めるのにも 覚悟が入りそうな
DVDでありました

買っちゃったけど・・・・・
いったい いつ見るのでしょうか???(笑)

2008.03.24.20:44
四季の会会員の『Wicked』の発売日が近い!
期間が2008年9月から10月の公演

え~と まだ1公演しか決まってないので、
~決まってるんかぃ!~(笑)
まだ入れられますが・・・・休みが未定です(爆)

年度末 そろそろ人事異動の大まかなところと
年間スケジュールがわかる頃とは思いますが、
週末までに なんとかして~
と上司にここで叫んでも聞こえてないよなぁ~(笑)

土日も不定期にしかも、かなりの確率で
出勤なので 休みに当たるのを祈りつつ
8月まで 予定を入れてる・・(爆)
これ以上 適当にいれるのは厳しい
休みの読みが甘いと 年休が減って行く~(涙)

さて 何処の日程でチケ取ろうかな?

トーク・サロン開催のお知らせの時
まず日程チェック
手帳の『ベガーズ・オペラ』の予定を見て
一瞬めまいが~(爆)
開演時間を見て・・復活しガッツポーズな
hattiでした
会場アクセスの下調べも
現地確認までも、抜かりなくこなし
ついに当日を迎えました~(パチパチっ)

東京會館9F 初めての会場
お料理をしっかりいただいてから

『石川禅・塩田明弘トーク・サロン』
 開演です


ピアニストさん
そして 禅さんと塩ちゃん

いつもと勝手が違う~と
キョドり気味な禅さんと
いつもの塩ちゃん?

塩ちゃん仕切りの帝劇の
トーク・ショーの感じも漂います(笑)

勝手に期待していた温泉話は・・
無くて、舞台関連の暴露ネタ!

~シーッ 内緒ですよ~と前置きが
はいってのお話なので・・
やっぱ内容は・・・内緒(ゴメ~ン)

『レベッカ』お稽古から会場入りしたと
話していた禅さん
疲れも見せずに、リクエストを募った中から
チョイスした歌もご披露です

ピアノ伴奏だけの禅さんの歌声・・・
会員イベントでも同じような感じで
聞かせていただいてますが、艶があって伸びやか!
いつもは生声ですが、今日はマイクあり(笑)
でもマイク無しでも十分聞こえそうです

歌の世界に入った禅さんと
歌い終わりふっと素に戻った禅さんとは
大きなギャップがあって
塩チャンに突っ込まれてました~(笑)

そのどちらも好きだから・・
ファンやってますけどね(笑)

2008.03.22.23:22
土曜日なので 12:00開演
いつもより早めに家を出なければ・・・
劇場到着は、開演20分前! 

本日のお席は、後ろから2列目のポジション?
通路より少し入りますが、両手に
溢れんばかり貢物を持った原田君(笑)
森久美さんなど近くを通って行ったし~

内野マクヒース
今日もノリノリ
舞台でやはり目立ちます
赤いコートだから・・じゃないですよ~
ベガーの一人がマクヒースを演じる
このキャラの演じ分けが際立って・・・
女好きのキャプテンが、カッコイイ!

さとしピーチャム/トム
高島ピーチャムが骨太な感じで、
さとしピーチャムはちょっと線が細いかなぁ
と感じましたが・・・・
さとしさん見た目は化けたねぇ~(笑)
詩人トムは、しっかり仕切って、
しっかりいじけて・・・
最後はしっかり弾けてました(笑)

原田フィルチ
こちらも、フィルチ役に挑戦ですね
マダムピーチャムに可愛がられてる
設定では さとしフィルチよりも
合うのかもしれません

森ダイアナ/ミセス・ピーチャム
改めて森久美さんの歌声の幅に感心!
低い声からアニメっぽい声
クラシック系の高い声まで
変幻自在なのが 凄いです

村井ロキッド
お金儲けにならない事はやっちゃ
いけないっ~と悪行三昧なロキッド
裏切りも・・正当化してるし~
一度歌になると・・・朗々と響く
悪役の声じゃあないんじゃ?(爆)
絶対ハンサム系の声だから!

島田ルーシー
切ない女心・・・・
酒場に出て蓮っ葉な口を聞いていても
根はピュアな哀しいルーシー
逃してもらったマクヒース
いかにも騙してそうでちょっとむかつく~(笑)

笹本ポリー
島田ルーシーに、喧嘩売ってます!
一歩も引けを取ってないかも?(笑)
可愛いポリー 前回見た時も思ったけど
初演よりも強く思い切りよくなってる
気がします

アンサンブルさん
入江さん 清純娼婦から衣装替え
そして裏切りのシーン 目を惹きます

山崎ちかさん
あちこちで活躍
今日も馬車襲撃シーンの貴婦人
襲われての絶叫 失神・気づいて
・・クロールで泳いでた?(笑)

kumaさんのドレス姿も見られたし~
マクヒース笑撃シーンで
ハウスッ!とか言われてるのも
しっかり聞いたし~って
どこチェックしてるんだか?(笑)

しっかし今日の会場 ノリが良いです
拍手は揃うし タイミングいいしっ
リピーター率高めなのか?
アンコール拍手も綺麗に揃ってるよ~(笑)

さて 次回は SSシート(爆)
あまり絡まれないSSシートだと
思いますが・・どうなりますやらのお楽しみ

一息ついたら・・・
いよいよ『禅さんと塩ちゃんのトーク・サロン』
東京會舘にいかなくちゃ~



2008.03.21.20:40
4月・5月・6月とそれぞれ一回ずつ
開催してくれると案内のあった
石川禅メンバーズ・ギャザリング
申込み人数が 多くてすべての日にちが
抽選になってしまった~との事

禅さん誕生日のメンバーズ・ギャザリングが
外れてしまいました~(泣)

でも・・・・・敗者復活戦があるっ!
まだあきらめません

気合で参加させていただきますっ(爆)
2008.03.21.00:10
『ぴあテン』発表
3月は、ぴあテンの発表だった~
気づくの 遅すぎっ!
もちろん、チェックするのは演劇部門(笑)

ぴあテン・・となってますが・・・・
ベスト30が掲載されてま~す。
ベスト30に名を連ねる演目のうち
なんと 19演目を見ていたっ!(爆)

ちなみに一位は『カリギュラ』

蜷川演出の4作品がランク・イン
『カリギュラ』『お気に召すまま』
『オセロー』『エレンディラ』

そして井上ひでのりさんが3作品
『朧の森に棲む鬼』『犬顔家一族の・・』
『TOMMY』
 
おっ 惜しい!
『犬顔家一族の・・・』だけは 見逃してしまった~

石川禅さん出演の『ウーマン・イン・ホワイト』も
16位にランク・イン(笑)
ベスト10には入れなかったけど、
ご贔屓さん出演作品が好評なのが
素直に嬉しくて・・・・(単純)

このぴあテン・・応募はネットからが92%を
占めているらしい  そんな時代なのね~

2008.03.20.21:02
ミタニン舞台『恐れを知らぬ・・』
ただいま オンエアー中@WOWOW


観劇当日は 後方席だったので、
よくわからなかった細かい表情などが
TV放映ではよく見えるのが嬉しい!
やはり 面白い~♪

昨年12月の舞台 
早いものでもう3ヶ月もたってるんですね~

そして、この後23:00からは

アナザー・ライフ〜天国からの3日間〜
 @日テレブラスサイエンス があります 

この日放送の第21話『君さえいれば』では
石川禅さんがハリー(吹替)役で登場のはず・・・
 
これは2003年10月9日放送されたものの
再放送なのですね

吹替版が聞けるように録画出来るといいけど・・
スカパー録画ってイマイチ自信がありませ~ん

もし 失敗したら・・・(爆)

スカパーのいい所は、繰り返し放送される事
明日もあるので、再チャレンジ出来る!(笑)


 
2008.03.19.20:56
抽選先行のチケット・メイト
結果が届きました~♪
『道元の冒険』後方席だけど・・当選です!
別のルートでも 一公演お願いして
あるので・・リピート観劇決定です(笑)

軽いお話ではなさそうだし・・
ちょっと入り込みの遅い自分には
繰り返し見るのが、丁度良さそうな感じも
あったりして・・・(笑)

申込み時期が早いので、しっかりメモって
おかないと、申込みした事を
忘れてしまいそう。
忘れかけた頃に 結果がきて
発送は1ケ月以上先なので
忘れかけた頃にチケットが発送で~す。

ブッキングに気をつけよう~(笑)

彩の国シェイクスピア・シリーズ第20弾の作品
発表になっていたんですね~

   喜劇『から騒ぎ』 

オールメールシリーズの第4弾だって!
このシリーズが 見応えがあって好きなんです

さて・・・・・
出演者は誰なの?
上演時間はぞのくらい? 
地方公演はあるの?
詳細は まだまだ未定


第11弾の『ハムレット』から見始めて
第12弾の『ぺリクリーズ』は見逃したものの
以降 見続けているこのシリーズ

修飾語の多い独特の長台詞にも
慣れてしまったらしい(笑)

今度は喜劇・・・楽しみだ~♪

2008.03.17.21:09

先日の『ワイルド・ビューティ』の時の
チラシにこんな公演速報が!
takaraduka

TVで放送された『愛と青春の宝塚』が
オリジナル・ミュージカルとして蘇る
出演
紫吹淳・湖月わたる (Wキャスト)
彩輝なお・貴城けい (Wキャスト)
星奈優里・大鳥れい (Wキャスト)
紫城るい・映美くらら (Wキャスト)
新宿コマで12月公演・・・・・・
豪華なメンバーが織り成す物語

12月ねぇ 
12月はご贔屓石川禅さん
ご出演の『エリザベート』が帝劇で
公演中のはず
・・・多分通い倒すと予想してますから~(爆)

 はたしてチケットは取れるのか
 日程は調整できるのか?

今から心配は早すぎますよね (笑)
2008.03.16.21:41
『表裏源内蛙合戦』

作:井上ひさし 演出:蜷川幸雄 
『表裏源内蛙合戦』
出演:上川隆也 他
公演予定11月    ※詳細未定
シアターコクーン とりあえずの公演情報

井上ひさしさん 作で
上川隆也さんVs蜷川さんか
コレも、チケ難が予想される舞台だなぁ~
11月は『エリザベート』で禅さん強化月間
でも見たいよ~♪

チケメで扱ってくれるといいけど
詳細発表を待つ事と いたしましょう(笑)
2008.03.15.22:45
キーヨのアルバム 先日発売されたとおもったら
畳み掛けるように・・次がでますね~♪

その名も・・
another HEAVEN'S VOICE  (笑)

<CD>
01.ACT1 オープニング~ノートルダムの鐘 インストロメンタル
02.Something’s Coming ~「ウエストサイド・ストーリー」より     With SINGO、高島みほ
03.Stars ~「レ・ミゼラブル」より
04.掌    ~「風と共に去りぬ」より
05.Tragedy   ~「サタデー・ナイト・フィーバー」より
    Withh   SINGO、高島みほ 
06.見果てぬ夢  ~「ラ・マンチャの男」より
07.ACT2 オープニング ~オペラ座の怪人 インストロメンタル
08.Music of The Night ~「オペラ座の怪人」より
    With   Brad Little
09.Point of No Return  ~「オペラ座の怪人」より
    With   Brad Little
10.愛せぬならば 
    With SINGO、高島みほ
11.Café Song ~ギター弾き語り
12.Bring Him Home ~ギター弾き語り
13.Heaven's Voice
     With SINGO、高島みほ

【ボーナストラック】
14.炎の中へ (スタジオレコーディングバージョン With Brad Little)
15.天使&悪魔's Song ~SINGO、高島みほ

<DVD>
Encounter ~メイキングドキュメント~ 約25分

 リリース 2008年5月14日予定

ミュージカル曲中心に構成されてて
キーヨのSTARSが収録って ポイント高いんじゃない?


2008.03.15.21:29
WILDe BEAUTY 3・15マチネ
~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~
とサブタイトルのついたこの舞台

ここから先 ネタばれきっとある
・・・みたいなのでご注意を・・(笑)




オスカーワイルド・・若い頃を浦井君
後半を宮川さんが演じると聞いてたけど
同時進行があるのね~・・・(笑)

■出演:
 浦井健治 池田有希子、森新吾(D☆D)
 小野妃香里、良知真次、朝澄けい、
 上野真未、戸井勝海、宮川浩 (敬称略)

『幸せの王子』は、はるか昔にお話は読んだ
ツバメと王子さまのお話だった・・・と思う
でもこの舞台は オスカーその人のお話

美を追い求める生き方と その周りの人との
関わりを描き出してゆく
一瞬のうちに 役変わりまであって
しかも舞台展開が早いっ!

照明が美しく効果的に思えた舞台
大小の額縁を配した舞台装置も
面白いかも・・・

浦井オスカー
オスカーだけでなくオスカーが
若き日の自分をその中に見出して
愛したとされる若者役も演じる
衣装もなにも変えずに 演じわける・・・
『アルジャーノン・・』から『暗くなるまで・・』
そして『蜘蛛女のキス』
随分と印象が違いますね~
そして今回 また新たな顔を見せて
くれているようです
メイベルの弟 オーブリーも浦井君が演じている

宮川オスカー
押さえた演技・・・・・
感情をもおさえこんだ静かなオスカーです
若い日を振り返る晩年のオスカーは
静かな中にも揺らぐ思いをしっかり
感じることが出来る人となってました

二人のオスカーが 池田メイベルを相手に
交互にセリフを語る部分では
若いオスカーと晩年オスカーの
セリフの色合いがかなり違うのが印象に残る

池田メイベル
オスカーの書いた戯曲に出演した女優・・
しっかりとメイベルとして存在
1幕では オーバー目の登場(笑)

戸井さん
先生役やクイーンズベリー公爵役
プリンス・オブ・ウエールズ役
楽しんで演じてるふうないくつかの役
いつもの戸井さんとはカラーが違うかも(笑)

他の皆さんも サラ・ベルナールや、妹・友人・妻など、
いくつかの役でかわるがわるに忙しい舞台だ~

オスカー・ワイルドをつめこんだ
凝縮された舞台 つめこみすぎた感も若干
しないでもないが なんとか舞台の展開には
追いつけた・・・のか?(笑)

博品館 会場いっぱいに響く大きな拍手に
包まれて終演
ロビーに出て ふと見ると・・
『アルジャーノンに花束を』のCD売ってる!
こちらには・・『ワイルド・ビューティ』DVD予約のチラシ!
CDもあるらしい

え~と やっぱ両方は・・(爆) 
『ワイルド・ビューティ』 DVDにしようっと!
予約完了 7月に発送予定だそうです 

ひょっとして、これから収録ですか?(笑)


2008.03.14.21:43
役者編 ミュージカル役者編 宝塚編
いろいろあるらしいのですが、
文章のパターンは限られてまして
個人名や場所が埋め込まれてますね

本名でやったら さとしさんから
ちょっとひねったり HNでやって・・
成志さん・八嶋さん・別所さんもいたし~

ミュージカル編に変更してトライ
本名では またしても さとしさんでした~
次に出たのが 高島兄さん(笑)
戸井勝海さんから・・・   
石川禅さんからのが欲しい~
と思ったら芳雄君から!

~今は石川 禅と付き合ってるって、
嶋政宏に聞いた。
もし俺の事が重荷になるようだったら、
すぐにこの手紙を捨てて欲しい。
そして忘れて欲しい。
でも、もし、少しでも可能性があるなら…
3月17日18時にシアタードラマシティで待ってる、
ずっと待ってるから。
井上芳雄より ~


既に禅さんとは、
付き合っていたらしいです (笑)
確かに追っかけ・・ (略)
でもって 高島兄さん なんで知ってるの?(笑)

3月17日 もう直ぐですね~
芳雄君も重荷じゃないから可能性はあるけど・・・(爆)
ゴメ~ン芳雄君 遠いからドラマシティまで行かれないわ!

・・・・つか 『Rudolf』 のお稽古中なんじゃ? (笑)