現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 2006年07月
2006.07.31.19:57
☆『タンゴ・冬の終わりに』
作 清水邦夫 演 出 蜷川幸雄
出演 堤真一
    常盤貴子
    秋山菜津子
    毬谷友子
    高橋洋
    月川悠貴
    新橋耐子
    沢竜二
    段田安則
公演日程: 2006年11月4日(土)~11月29日(水)
会場 :Bunkamuraシアターコクーン

これは 先日気になる~~と思っていたら
まだあったのだ~(笑)


☆ 『トーチソング トリロジー』
出演
   篠井英介
   橋本さとし 
   長谷川博巳 
   奥貫薫 
   木内みどり 
   黒田勇樹
公演日程:2006年 11月20日~ 12月7日
会場 PARCO劇場



☆野田地図第12回公演 『ロープ』
出演
   宮沢りえ
   藤原竜也
   渡辺えり子
   宇梶剛士
   橋本じゅん
   三宅弘城
   松村武
   中村まこと
   明星真由美
   明樂哲典
   AKIRA
   野田秀樹
公演日程:2006年12月5日~2007年1月31日
会場:Bunkamuraシアターコクーン


気になる公演 数々あれど 本当に
行けるのが、限られてしまう!
どうなることやら・・・(笑)


2006.07.30.22:46
まいりました
ADSLのモデムがこわれた~ (T_T)/~交換機種が来るまで、ネット接続が出来ません。いゃー不便なものだ。
連日、劇場に出没しているんじゃないかって?
そうかもしんないっ(笑)

本日は 四季劇場 春にやってきました
明日 日本5000回上演を迎える
『ライオン・キング』です
4999回かなぁと思ったら ソワレがあったので
4998回だそうです
記念グッズを頂きました

キャッツ は五反田501回だったし
ニアミス記録でも作ろうかという・・・(爆)

本日のキャスト
ラフィキ・・・・・・・・・・ 金 志賢
ムファサ・・・・・・・・・・ 深水彰彦
ザズ・・・・・・・・・・・・・ 雲田隆弘
スカー ・・・・・・・・・・ 広瀬明雄
ヤング・シンバ・・・・ 高畑 翼
ヤング・ナラ・・・・・・・片山由里恵  
シェンジ・・・・・・・・・ 孫田智恵
バンザイ・・・・・・・・・ 大塚道人
エド・・・・・・・・・・・・・ 岡本繁治
ティモン・・・・・・・・・ 中嶋 徹
プンバァ・・・・・・・・・ 荒木 勝
シンバ・・・・・・・・・・ 田中彰孝
ナラ・・・・・・・・・・・・・ 黒木ますみ


暑い日でしたが、舞台はなおさら暑いサバンナで
燃えています 特に 広瀬スカーが!(笑)
スカー役で初めて見せてもらった時、
おとなしいなぁと思ったのですが・・・
さすが 2回目では、悪のオーラを感じさせて
くれたものです
そして 今日 ますます切れのいい悪役ップリ(笑)
メイクも面白くて、片方の眉だけ大きく
するどい山形に描かれていました
頬にはきっかりとしたシャドウ!
台詞歌も健在 圧倒的な存在感です

対する ムファサ 今日は深水ムファサです
深水さんもスカーを演じた事があって
とてもシャープな役作りだった記憶があります
でも今回は ムファサですね
深水ムファサは 大きい愛情を感じさせるパパでした
台詞が、生きていて 声も柔らかい!

金ラフィキ
歌声に一気に引き込まれます
シンバたちを見守る 乳母のようなラフィキです
温かく見守り包み込む歌声に、何かを
呼び覚まされるような気がします

中島ティモン
一番の笑いを取って行ったのがティモン
いつにも増して タイミング絶妙!
ほのぼの部分の担当の ティモンとプンヴァ
この二人(二匹)が、受けないと・・・
忘れ物をしたような気になりますよ(笑)

4998回公演 凄い回数ですね
初演の時 チケットが欲しくて
延々ダイヤルを回し続けて 夕方4時近くに
やっと繋がったという思い出もありました

 時の経つのは 早いっ!
2006.07.29.18:10
お仕事終わって・・・
今日も、劇場めざし まっしぐら!
Bunnkamuraシアターコクーン

2FのA列を確保していたので、
見えにくい事はなかろうと思ってたんですが、
甘かった(爆)
前回は後方席・・段差があまりない1F席
前の方の頭が舞台を覆ってしまったのですが、
今回は てすり(えっ!)
普通に席に座ると舞台を斜めに覆います(爆)
起き上がると後ろの方が見えにくいだろうし・・・
中途半端な姿勢で見るので、かなりの
 ストレス! そして疲れます。

それは さておき 舞台のお話
やはり 蜷川ワールドですね
舞台装置も然り 人物の登場のしかた然り

2階作りの たくさんのドア
赤いロープが紗幕のように何本も下がっています
ドアから洩れる 逆光のような照明が
綺麗でした・・・これは2F席だから余計
わかるのかも知れません
ドアには白いカーテン 風にゆらいで
これも効果的に使われています 
そして 最初のシーンでは大きな馬
客席通路からの登場も多用します
タイタス・アンドロニカスと通じるシーンが
少し見られる感じです

出演
三上博史
深津絵里
谷原章介
石田太郎
立石凉子
梅沢昌代
高橋洋
月影瞳
戸井田稔
妹尾正文
鍛治直人
たかお鷹
中丸新将
有川博
瑳川哲朗 (敬称略)

兄が妹を一途に愛し・・妹もそれに応える。
やがて子まで出来てしまうが、周囲には
明かせない愛情を隠す為の偽りの結婚
さまざまな思惑がいり乱れて 悲劇へと向かう
・・・こんな感じの舞台ですよね(笑)

三上ジョバンニ
理論で考えるのではなく役に入り込む
タイプのようにお見受けしました。
愛する事しか出来なかったんだろうと
思わせてしまう 繊細なイメージです

深津アナベル
芯の強い凛とした女性を見せてくれています
おそれながら 愛に応える強さが、納得できます

谷原ソランゾ
マントを翻しての登場
舞台栄えのする方だ~♪
クールな印象 復讐に身を焼くシーンは・・・
激しい!
でも・・・・クールな印象(笑)

高橋バーゲット
今回も和み部分担当
たった一人の明るい?役です
舞台を走り回り凄い熱演です 
怪我しないでくださいね!(笑)

しかし 登場人物の役名は難しすぎ
すみませ~ん 覚えられない(爆)

聞きなれない台詞の応酬ですが、
蜷川さんのシェークスピアシリーズで
大分慣れましたよ~
深い意味もあるだろうし、演出の意図に
忠実に演じているであろうと思う役者さん
重厚な舞台を見せてくれますが、
深すぎて 1回では、読みきれない!

こういう舞台こそ リピート必須なのでしょうか?

2006.07.27.21:47
さて これから『ピーターパン』午後の部でーす(笑)
ピーターパンは セ○ン・イレ○ンの冠公演でした
なので、座った席によってプレゼントが
あったりするのです
これがですね~
抽選じゃなくて、7列 11番とかセ○ン・イレ○ンに
関係のある席が決まってる(笑)
「ピーターパン」 のクオカード 頂いちゃいました
ピータークオカード

さて舞台では、午後の部
マイケル君(子役)交代ですね
ちっちゃくても、頑張ってる!
午前の部で、各キャストの感想書いたので
お得意の 禅船長バージョンで・・・(爆)

禅船長 
午前の部よりも、台詞など
全体的にオーバー加減??
テンション上がってるのかなぁ(笑)
近くにいたお子ちゃま 禅船長に大受けです
ナナとのやり取りでも 
子どもたちの笑い声が響いてる客席 
ノリがいい感じですよ

フック船長の台詞・・・・
怖い顔で子どもたちに向かい
~誰もピーターパンごっこではフック船長を
やりたがらない~ と言うところ
フック船長怖いのに寂しそうで・・・・
会場内も一瞬し~~んとしていたね

悪いのは誰だ~♪
禅さんの歌声が響きます

ところで スミーさん
歌の途中で、あのー
裁縫しながら・・
~ミシンが欲しい~って(笑)言うのね(笑)
今度は流れ星流れなかったのね
フック船長の歌 聞いてあげてよ~

ダーリング氏 いきなり5人も子どもが増えます
ナナにも頼まれてるし・・・(笑)
おろおろしておかあさ~ん と助けを
求めるのが、キュート(爆)
「何とかなるわよ!」って かなり強引な
お母さんですが、
「そうだなっ 何とかなるか」と答える
パパもパパです(笑)このシーン 特に好き!

迷子たちは ダーリング氏の家で暮らす
ことになり・・・部屋に 一人残った
ウエンディが ピーターを呼んでも・・・・
ピーター窓の外からみているだけ!
それを見た、ある子が、「後ろ~」って
思わす叫んだ~

さらに ウェンディが ピーターを呼んでも
ピーターは答えない

会場も子どもたち アチコチで
「うえ!」「うえだよー」「上」と 大合唱
一生懸命 ウエンディに教えようとしてる。
なんか この反応に 感激!
 
そして 大団円・・・・
悪役度がかなりいい感じの海賊さんたちの
最後のダンスが 可愛い!
フック船長も最後の最後は 踊るのです(笑)

一日に 午前・午後の部観劇。
まぁ 良く言うところの マチソワって奴(笑)
舞台は 終わったんだ・・・・
でもね まだ帰りません!

だって これからフック船長トークショー!
でも特別イベントなので・・UPして
よいのやら・・・・・? 

2006.07.26.23:49
待ちに待っていた『ピーターパン』
もちろん禅船長!お目当てなのー(笑)

心躍る音楽も、ピーターも ウエンディも
ナナも スミーも スターキーも
フライングも 妖精の粉も・・・
み~んな好きだけど なんと行っても
お目当てはフック船長(爆)

あっ 最初は、ダーリングパパで登場だったね
ネクタイが言う事をきかなぃ~~と
駄々っ子のようなパパ 
お母さんに結んでもらう気まんまんです(笑)
威張るけれども、甘いパパだ~♪
ナナとのコンビ 最高
いい間でつないでいきますね
この辺 子どもたちの笑いも多かった~♪

フック船長に変身
これは迫力あり・・・怖メイクに拍車がかかってます(笑)
怖メイクで、気絶する~!って(笑)
気絶する~って宣言してから 一呼吸あります
その一呼吸の間に 海賊さんたちが船長を
支えに飛んで来るけれど、
ちょっと心配になりますよ
船長取り替えようぜっ・・とスターキーに
いつも言われてるんだから・・・
支えに来なかったらどうしよう(笑) 
余計な心配をしてしまったゾ(笑)

コミカルなシーンとワイルドなシーン
メリハリが効いて 切り替えも見事です
禅船長 高笑いしながら退場するシーンが
あるのですが、あの笑い声何処かで聞いた・・・
回転木馬のCDだったかなぁ?
・・・とここでも余計な事考えてるし~(笑)

インディアン
中国雑技団か~と思うほどの 前転くるくる(爆)
それも インディアンさん全員だもの
みんな 身が軽いのね

香蘭タイガーリリー
ダンスで、見せてくれました
要所要所 ピシッと決まって気持ちいい!
お子様むけと言ってますが、
この作品 主役さん以外の・・・ごめん!(汗)
だって主役 昨年とあまり変わらないんだもん
声もかすれたりしてるし~(爆)
男の子らしさは 去年より進化したかな?って・・・
周りの方々のお芝居が、しっかりきっちり
舞台を締めてくれてます 

今回 スターキー役の吉田メタルさん
腕っ節の強いガキ大将風な兄貴!
スキンヘッドの刺青 かっこいいで~す

村木スミー
好きだわ 
禅船長が ワニさん怖い~と
スミーにすがりつき・・でもすぐ立ち直ると
すかさず ~どっちだよ!~ (笑)
スミー~と呼ばれて横歩きで船長の方に
行くのも可愛いしね
本日の歌の合間の一言!
流れ星~ ユウカちゃん~?×××
聞き取れない~(笑) 

比企ママ/ジェーン
優しいママ そして今年も ジェーンでフライングを
見せてくれてます

岩崎ウエンディ
ますます 子どもになってる(笑)
ティンクの暴言をピーターから聞いて
怒ってる ぷりぷり顔 可愛い

星ジェイクス
大きい~~ 目立つ~
ものすごく海賊っぽいんですけど(笑)


佐藤チェッコ
船長に呼ばれて・・・・
大きな声で 「チェッコ」で~すって
アピールしてる 覚えましたよ~(笑)

迷子たちも
昨年より台詞が聞き取りやすい

殺陣も、勢いあり!
ちょっと段取りっぽいとこも見えるけれど
勢いで 見せてしまえ~~(笑)
もちろん禅船長も見せ場たくさんありですよ
なんたって 自分の中での主役ですから~(爆)
そこばっか見てるって(笑)

船長が ピーターにやっつけられて
ワニさんに追いかけられ
海に飛び込みするまで・・・・・
しっかり船長の動き追ってますから
殺陣の一区切りの時・・息が上がってそうですが
台詞になると ピタッっと決まる禅船長でした~

ダーリング氏に戻り・・・・
パパちょっと乱れ髪です 
犬小屋から出て来るシーンだから?
子どもたちが帰ってきての
優しい歌声が 素敵!
ガウン姿が 和みます(笑)

客席下りには船長いないので、
安心して回りをみまわす
星ジェイクス おおっきぃ~
吉田スターキー 男前~(笑)
スミー ウェンディも来たよ!

カテコで、強面メイクのまま笑顔の禅船長(笑)
妖精の粉を浴びて 次回までさようなら~

禅さん漬けの今日一日 実は次回って
一息ついたら 午後の部開演(笑)
この記事も一息つきます ・・・・・続く
2006.07.25.16:31
ふと 先ほど気づきました。
カウンター数が、
50000ヒットを超えていました(驚)

大好きな舞台の事など、書き続けて・・・
それも、かなり独断と偏見に満ちている
このBlogですが、 お寄りくださる皆様に
感謝しています。

 有難うございま~す (^^♪
2006.07.25.09:03
仕事が終わるやいなや 職場を出発!
食事の時間は、取れないけど~
列車の中でも 気が急くけれど~
7時開演 きっと間に合う・・・筈(笑)

場所は 新大久保駅から歩いて○分
東京グローブ座 無事開演時間にセーフ(笑)


井上君のコンサート 
How do you keep the music paying?
と題した このLIVE

開演直前アナウンス 携帯注意報は
井上芳雄本人です・・・で始まったよ(笑) 

島健さんのピアノにのせて・・・・・・
Act-1
How do you heep the music playing
街灯の下でーleaning on Lamppost
Try to Remember
並みの男じゃない
Maybe
Being Alive
Somewhere
Something‘s Coming
My favorite Things
メリーポピンズ メドレー
A Spoonful of Suger
Supercalifragilisticexpialidocious
Chim chim chre-Ee
Feed The Birds(Tuppence A Bag)

Act-2
夜空の向こう(・・・スマップ)
Hero(・・・・ミスチル)
さくら(・・・・森山直太郎)
風のささやき-The Windmills of your Mind-
Mr.Bojangels
Your Song
Alone Agein
You And i
Mother
How Do You Keep The music Playing?

アンコール
Memory(ピアノ弾き語り)

そして これが本当に最後の1曲
明日(・・・・平原綾香)


優しい空間でした。
ミュージカルが大好きな井上君らしいと思わせて
くれる舞台空間でした
タップもありの トークも、彼らしくて(笑) 
コンサートとしては 時間も長くないですか?
7時開演 会場出る時は 10時すこし前でした(驚)
ミュージカルの舞台では 休憩含む3時間ですが
コンサートでも これをやっちゃうのか(笑)
少しでも長く・・・と思っちゃうのがファン
ファンには、とても美味しい時間ですよ~

つい最近の 『ミーマイ』や大作ミュー『M!』からも
選曲があって、また舞台を見たくなったし~
J-popの曲も彼の歌声で その表情を変える!
アレンジの力も大きいと思うけれど、
一曲 一曲丁寧に聞かせてくれて
芳雄ワールドが広がっていた。

しかし プログラム2000円は
以外と高くないですか?(笑)

 ポートレート風の写真は豊富かと思いますが(笑)
国際フォーラムで、開演中の禅フック船長
気になりながらも・・・

クロロック伯爵 プロフェッサー・アブロンシウス
そして吉野ヘル(笑)その他 
強力なウィルスを撒き散らす軍団が
歌い踊る帝劇に乗り込みました(笑)
二回目の『ダンス・オブ・ヴァンパイヤ』です

Wキャストのお二人は
浦井アルフ・劔持サラ
浦井アルフの携帯注意報が流れ
聞き覚えのある音楽が流れます

♪プロフェッサ~ プロフェッサ~♪ 
凍える寒さの中教授を探す アルフレート・・・
 さぁ 開幕で~す

山口クロ伯爵
余裕の登場(笑)客席通路から
す~っと大きな影
ほんと 大きいんだから・・・(笑)
囁くような歌い出しで、場内を包みます
クレーンこうもりには、思わず吹き出しちゃいますが
その後の歌で、リズムを取る手の動きが、
クレーンこうもりと違和感が無い
なぜかシンクロしてるイメージ(爆)
伯爵VS教授の会話の 微妙な間が好き
『夜型ですから』とか(笑)
そういえばクロ伯爵だけ爪が普通なんですね
ダンスのヴァンパイヤにいたるまで
引っ掛けそうな長い爪だし アルフもサラも
カテコシーンで、長い爪してるのに・・・
祐さまのネールアート見てみたい(笑)

市村アブロンシウス教授
ますますノリノリな感じです
吊られシーンの動きも増えていました
早口歌シーンも滑らか~
でも、あの時 シャガールやアルフも
かなり早口で後ろであわせてる!
も~う聞いてるだけでも舌噛みそうだ!(笑)
阿知波ジャガール妻もいい味だしてる~ (^_^)v

浦井アルフ
へたれ度もまぁまぁで、弱虫の感じも出てるし 
サラを守る・・と適当に王子なキャラ(笑)
ただ 泉見アルフを見た後では
ちょっとさっぱり系かなと思う

劔持サラ
イメージ的には、イケますが、
歌が弱い気がしてしまいました
クロ伯爵とのシーンでは、
伯爵の囁き歌とサラの普通の歌声で
バランスがとれてる?・・(えっ)
そう思ったのは自分だけか?(汗)
ちょい辛口でごめんなさい!

吉野ヘル
報告いたしま~す
タトゥ確認  本日は赤い小さなバラでした(笑)
アルフを襲うヴァンパイア顔
そして ラメ入りT○ック(笑)
流し目攻撃 
妖しい人指数 UPです
ドレスアップしたサラをエスコート
するシーンは絵にしたいくらいだぁ~(笑)
最後のシーンのダンスも本当に
動きがきれいです

駒田クコール
クロ伯爵へのスリスリ 頭突き(笑)
シャガール&マグダの棺おけをほおり投げ・・
今日は マッスルポーズ!
ちょっとした間や動きがさすがです
何気に可愛いクコちゃん(笑)

本日のおまけ
お掃除タイム~うちわでお掃除?
かえって散らかってるっぽいですが(笑)
終わりの方で、何か拾いましたよ
え~と 「JCB・・・ポストに入れに行こう」とか
いいながら捌けて行きました
今日はJCBの貸切だったので
キャンペーン用紙を拾ったようです(笑)

クロ伯爵のあっかんべ~幕
帰りの壁の肖像画 なぜか・・・・・・・・
アブロンシウス教授にも 牙がある!
帝劇のVウイルスは、感染力絶大です

カテコもノリノリで、客席までうまく乗せます
祐様が手拍子をしながら 立って!立って!と
誘います
すかさずスタンディングの客席も 偉いゾ(笑)
この舞台 何も考えず ノった者勝ち!

さて始まり時間が 12時でした
すると必然的に終わりが早いっ!
帝劇出たのが3時10分
ピーターパン午後の部3時30分開演かぁ~
一瞬、なにか聞こえたような・・(笑)

国際フォーラム・・・・・帰り道だけど行きませんよ
ピーターパンの当日券ありますか
 ・・・・・なんて 聞きませんよ!(爆)
2006.07.22.20:48
ヴァンパイヤウイルスに、冒されたらしく・・・・
禅さんご出演の『ピーターパン』の
国際フォーラムを横目に
明日は、帝劇で~す

『ダンス・オブ・ヴァンパイヤ』2度目(笑)
浦井アルフ釼持サラの日ですね

泉見へたれアルフが、なかなか
お気にだったのですが、別キャストの
王子アルフも、とても楽しみだったりします(笑)

クロ伯爵の歌を聴きながら・・・
プロフェッサーの早口歌を聞きながら・・

国際フォーラムが 気になるぞ~!(笑)
2006.07.22.00:30
0時を回りました
と言う事は・・・22日だ~(笑)
見に行けるのはもう少し先なのですが、
とりあえず 

祝☆ピーターパン初日!


舞台の禅さんに会えるまでは、
このシールの美フックで我慢しとこう(笑)

ピーターパンシール


セ○ン・イ○ブンで配られていたシール
これって昨年の使いまわし?
25thが26thに変わりピーターパンのロゴが
少し変わってるだけなんだね

何はともあれ
禅さんの美フック船長をご堪能あれ!

ZEN船長



あっ ちょっと無理が・・・・
携帯だしカメラ腕がないので、堪能できませんね(汗)

2006.07.21.21:31
『8月の観劇予定』
もう7月も半ばを過ぎ・・・
明日22日は 禅さん出演の

 『ピーターパン』開幕です

禅さん出演とあれば 見ない筈はなく
7月の予定にしっかり!
 おっ この記事は 8月の予定でしたね(笑)
8月になってまずは  
  ピーターパン(東京楽)
  エビータ
  ジョン万次郎の夢×2
  魔法をすてたマジョリン
  オペラ座の怪人
  噂の男
  シザーハンズ
  ダンス・オブ・ヴァンパイヤ
8月の仕上げは
またしても『ピーターパン』の予定
なんと! 今年の『ピーターパン』の大千秋楽
仙台の2日目(爆)で締めで~す
プチ禅さん祭り、
密かに ここまで続きますよ~♪(笑)

しっかし 四季多いな(笑)
条件反射と言われそうな、先行発売日
東京関東地区は、もれなく網羅(爆)
気が付けば、10時きっかりに 
 
   ぴっ ぽっ ぱっ !(笑)

2006.07.20.21:13
今日も、またまた 四季DAYで~す
クスッ と笑える上質のコメディー
2回目の『ブラック・コメディー』
行って来ました~♪(笑)

本日のキャスト
ブリンズリー・ミラー・・・・・・・・・・ 石丸幹二
キャロル・メルケット・・・・・・・・・・ 坂本里咲
ミス・ファーニヴァル・・・・・・・・・・ はにべあゆみ
メルケット大佐・・・・・・・・・・・・・・ 岡本隆生
ハロルド・ゴリンジ・・・・・・・・・・・ 栗原英雄
シュパンツィッヒ・・・・・・・・・・・・ 川口啓史 (劇団俳優座)
クレア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 八重沢真美
ゲオルク・バンベルガー・・・・・ 高橋征郎 (劇団民藝

停電時のどたばたコメディの始まりで~す
客を待つプリンズリーの部屋
客を迎えるため ハロルドの部屋から
家具やら調度品を無断拝借の
ブリンズリーとキャロル
突然停電・・・
暗闇の中 隣人ファーニヴァル
メルケット大佐 帰らないはずのハロルド
元恋人のクレアなどが、入り乱れて・・・・・・

石丸ブリン
顔芸に磨きがかかり・・・・(笑)
きっと 百面相・・・以上でしょう 
こんなプリンスなかなか見られるものじゃ
ありませんよ~(爆)

坂本キャロル
愛らしい小娘!(笑)でした
今回も き~~~~~っ が絶好調
酒瓶を持って殴りかかろうと狙う様子は
なにか怖いです
裏切られた女は、まぁ怖いもの
・・・・・なんですけどね(笑)

はにべファーニヴァル
周りの方々のキャラが立ってきたら
ちょっと印象が薄くなった気がします
お隣に住んでる方だし・・・まぁ無問題(笑)

岡本メルケット
厳格な父親の筈ですが・・・・
ゆり椅子から転げ落ちるなど
動きは変わらないのに
前回より コミカルな印象を
受けましたね

栗原ハロルド
微妙な女らしさ・・(笑)
こちらも、顔芸で、プリンスに対抗
こんなに表情をころころ変える
栗さん 初めてかも知れません

川口シュパンツィッヒ
停電の中 皆がどたばたしている中で
大真面目なのが笑いを誘います(笑)

八重沢クレア
色っぽい元恋人・・・いいえ まだ現役らしい(笑)
家政婦さんの声は、なかなか可愛い(笑)

高橋バンベルガー
この方が オチです・・・・(笑)

そして その後 ブリンズリーの運命やいかに・・(笑)

自由劇場の濃密な空間で、演じられた
このコメディ

全体的に テンポが良くなってました
ただ 前回も感じた 暗闇の中で、
手探りしながらの移動が・・・・・・
最初こそ オーバーに演っていますが、
だんだん 普通に動いていませんか?
すれ違いの部分など 笑いを取っては
いますけど・・・・・・・・ネ
暗闇のなかで、お酒をつくる
キャロルって 凄い(笑)
2006.07.19.20:49
市村さんがご出演・・・なので(笑)
チェックが入り、
先日のトニー賞では、あちら版の舞台の
様子を垣間見て、また別の意味で、
気になっている舞台

7月初めの、ホリプロ・オンラインでの
プレ先行を皮切りに、この演目の
タイトルを目にする機会が増えましたね

さて 人気のほどはどうなのでしょう?(笑)
市村×大竹共演・・は、かなり興味あり!
でも、題材的には、すこし苦手分野かも・・・(爆)
復讐とか人肉パイ?とか・・・・出てくるし~
なんていいながらも、取りあえず 一公演GET
そのうち 思いもよらないところで、
チケット増えたりしちゃって・・・・ネ

ついに四季以外で 来年の公演予定が
入ってしまった~(笑)
2006.07.18.20:45
このBlogには、『石川禅さん』の
カテゴリがあります

Blog を始めた時、まずは挨拶から・・・
Blog始めました~って奴ですね
そして記事が無いから~と
同日に禅さんカテゴリに入る記事をUP(笑)
それから 書き続けてこの記事で 
『石川禅さん』カテゴリの記事
なんと 100を達成しま~す♪

記念すべき100記事の禅さんの事
なにを書こうかな~(笑)

よしっ その名も 『M・G開催予想~』
これにしよう  2006年7月から8月は
東京から仙台までフック船長で飛び回り
11月から12月はルイ16世陛下に変身
この忙しいスケジュールの中
公演中は、もちろん無理だと思うし・・・

本舞台がない 9・10月 この辺
よろしいのではありませんか?(笑)

公演終わって直ぐは準備が整わず
10月後半は、次の舞台のお稽古に
入ってしまう

・・とするとですね。
企画 制作 出演すべて担当の禅さんが
M・Gを開催してくれるとすれば・・・

10月前半と予想してみる(笑)
前回は、3月だったし・・・期間的にもネ
いい頃じゃない?

禅さん~~♪ お・ね・が・い!
2006.07.17.21:39
本日も 四季DAYで~す
やって来ました キャッツ・シアター
キャッツ・シアターといったら
『キャッツ』ですね(笑)

本日のキャスト
グリザベラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 早水小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン・・・・ 遠山さやか 
ジェニエニドッツ ・・・・・・・・・・・・・・・・高島田 薫
ランペルティーザ・・・・・・・・・・・・・・・ 真鍋奈津美
ディミータ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 飛田万里
ボンバルリーナ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 松下沙樹
シラバブ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小粥真由美 
タントミール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 河西伸子
ジェミマ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 王 クン
ヴィクトリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮内麻衣
カッサンドラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大口朋子
オールドデュトロノミー・・・・・・・・・・・ 種井静夫
アスパラガス=グロールタイガー
/バストファージョーンズ・・・・・・・・・ 田島雅彦
マンカストラップ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 田村雄一
ラム・タム・タガー・・・・・・・・・・・・・・・・ 田邊真也
ミストフェリーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 蔡 暁強
マンゴジェリー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 百々義則
スキンブルシャンクス・・・・・・・・・・・・・ ユ チャンミン
コリコパット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 牛 俊杰
ランパスキャット・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 幸田亮一
カーバケッティ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 劉 志
ギルバート・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 張 文瀟 
マキャヴィティ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 赤瀬賢二
タンブルブルータス・・・・・・・・・・・・・・ 村瀬美音

今までお目にかかっていない キャストさんは・・
ポンパルさんかな?
ギルバート・コリコのお二人も・・・・
あまり 自信が無いので、書きません(爆)

早水グリザ
深みのある 『メモリー』・・・・・・
会場の空気が 張り詰めて一音も
聞き逃すまいとするかの様です
聞き終えて 思わず ふっと息を
ついてしまいました。

高島田ジェニ・
鈴木さんに会う確率が高かったので
こちらもお久しぶりな感じ
見事にオバさん猫ですね
え~と・・・・・ 
これ誉めている事になるんですよね(笑)

真鍋ランペ
相変わらず、可愛くて小気味のよいランペ・・
ダンスの動きが綺麗なのもお気に入りです
可愛いよ~ 一匹連れて帰りたい!

種井デュトロ
温か味のある長老猫さんでした。
カテコでミストに押されて帰るシーン
ミスト 大変そうでした
帰りたくなさそうなの~(笑)

田村マンカストラップ
頼りがいのあるリーダー猫さん・・パパ風味
今日前方席なので、再確認しちゃいました
で・か・いっ! まわりより一回り大きい 
猫というよりライオンさんでは・・と言われる
事があるのは、プライド・ロックから
お引越しの所為ばかりでは無いようです(笑)
今日のアクシデント・・
客席側に滑り降り・・・
さて舞台に戻るというその瞬間
滑ってこけてました(笑)
もちろん すぐ体制建て直し
何事も無く舞台は進んで行ったのでした~♪

田邉タガー
チョイ悪兄さん 進化してま~す
自信をもってすねてます(笑)
小技も繰り出す 余裕ぶり!

本日のステージ招待者は可愛い女の子
少し戸惑ったような一瞬の舞台だった様子
客席につれて戻った時、タガーったら先に自分が
椅子に座ってしまいました(笑)

客席に下りた来た時も 若い男性客の
ひざに座ってみたり・・・
そのお客さんの髪をくしゃっとして見たり・・・
客席の背もたれに座って見たり・・・
何をやってんですか?
目が離せないじゃないですか(笑)

走り抜けるようなスピード感の舞台
フィナーレ・・です。

今日の握手は 高島田ジェニ・・
にこにこ笑顔で、握手してくれた!

カテコも、幾度となく繰り返されます
送り出しの音楽が終わっても、客席は
動きません・・・・
まだ鳴り止まぬ 拍手の中 タガー登場
客席の拍手を シィ~と止め
そしてあおる また止める
今度はあおる・・・(笑)
大きくあおって タガーがジャンプ
一緒に照明も落ちて・・ 幕
タガー締めも、進化してる~ 

あれっと・・・トースターの陰から 
また タガーが顔を出して 手を振って・・

  今度こそ 本当に幕で~~す

 お疲れさまでした!
2006.07.16.22:17
前回再演は、2005年1月27日~3月13日
この時は、実に7年ぶりの再演でした

前回再演時 2005年2月9日(水)
のマチネ公演を見ている その後もう一度(笑)

当日のキャスト
エビータ・・・・ 井上智恵
チェ・・・・・・・・ 芝清道
ペロン・・・・・・・下村尊則
マガルディ・・ 渋谷智也
ミストレス・・・・ 久居史子

アンサンブル
青山祐士 澤村明仁 谷本充弘
遠藤敏彦 菊池正 阿川建一郎
小川善太郎 前田貞一郎 岡崎克哉
香川大輔 ・・・・・・・

佐藤夏木 藤田晶子 荒木美保
秋本麻結実 岡本和子 大徳朋子
有永美奈子 クリスティン・ゼンダー・・・他

のキャスト表がパンフの間から出てきた
このメンバーだったね!と思い出す

演出も 一新され・・・・
チェを演じた芝さん以外は 
新たな挑戦だったと思う

7年前 マガルディを演じていた
下さまは、ペロンに・・・・
7年前は今井清隆さんだったから 
イメージが変わったと思ったものだ

渋谷さんが マガルディに
少し落ち着いたマガルディだったような?

そして エビータには 井上智恵さん!
彼女のエバは、ふんわりと柔らかな印象を受けた
歌声の故かも知れない
~野望は 隠されたまま~
~本当の心は隠されたままなのです~
  (あっ演目違いですね

実は明日 猫屋敷に行くので・・・^_^;

お話を戻しましょう~
・・・・そして2006年7月 エバが帰ってくる
より強く より野心的なエバが見たい!

2006.07.15.20:45
『エビータ』のチケットも発売され
今月26日から上演予定!

キャスティングと共に開演を
心待ちにしています
前回公演から 演出舞台装置などが
一新された『エビータ』です

ふと思いついて聞いて見ようかと思う
劇団四季版のCD 『エビータ』 
 三種類出ているのですよね

一番最初に 発売されたCDは
1982年 
『エビータ』オリジナル東京キャスト版
収録キャスト
エビータ・・・久野綾希子 
チェ・・・・・・・市村正親
ペロン・・・・・光枝明彦
マガルディ・・沢木順
ミストレス・・・保坂知寿

アンサンブル
飯野おさみ
深見正博
青木朗
榎孝明
山口祐一郎

保坂知寿
青山弥生
羽永共子さんなどの名前が見えます
  (一部抜粋)
収録曲は11曲で ・・ダイジェスト版


次の1枚は 1997年にリリースされたもの
収録キャスト
エビータ・・・野村玲子
チェ・・・・・・・芝清道
ペロン・・・・・今井清隆
マガルディ・・下村尊則
ミストレス・・・石橋ちさと
 
アンサンブル 記載なし
2枚組 ライブバージョン 


そして2004年には
日生ライブ版が CD復刻です
主要キャストはオリジナルキャストで
収録曲は 1997年リリース版と同じ曲。

舞台で最初に見たのは 野村エバでした(懐)
芝チェの歌も聴けるので、

 やはり 1997年版を 聞く事にしようっと!
2006.07.14.21:21
来年は、ご贔屓さん復活でまた見方が
変わるだろうと思う『レ・ミゼ』であります
キャストスケジュール発表はまだですが・・・
予定の組み方は 多分こうなる?
一年もあるから じっくり考えればいいんだけど(爆)

まず、禅ジャベ日程が中心に来るのは間違いなく!
そこからはじまり 

バルジャン
さとっさんバル
 新規参入 どんなバルか見なくては・・・
祐さま
 やはり あの声に一度は会いたい
今井バル
 一番温かさ、優しさを感じるバルなので外せません
別所バル
 2003年の別所版CDは持ってますが、
 日程がとれずにまだ未見 来年は逢えるでしょうか?
結局全バルジャン?(笑)

ジャベールは、1回でも余分に禅ジャベ
みたいので、偏りになると思われ・・・
今シャベ・岡ジャベも見たいけどね~
来シーズンは、あきらめるしかないかも (T_T)

エポニーヌまず、笹本エポで 攻めますか(笑) 
役変わりの知念エポは とりあえず1回いれてっと。   

ファンテーヌシルビアファンテ 好きなのでまずチョイス
山崎さんは どうかな?
渚さんは 元ジェンヌの方ですよね
歌い方にちょっと苦手意識があって・・・考え中
今井さん・・まったくわからず
見た方の感想を聞いてからかな?

コゼット
今回の3人の中からチョイスなら
富田コゼか 
もう特にこだわらず 行ってみよう
上手い方に当たれば儲けもの?(爆)


マリウス
まずは 熱くかわいい泉見マリ
手堅く藤岡マリですね
新人さんは 回が合えば・・・といったところ

テナ
駒田テナは、まず優先的に、
安崎テナ キャラ的に合わない感は
少しありますが、まずは舞台で・・・・
三谷さんのテナも 期待です

テナ妻
誰が来ても 安心して見られそう
ここは揃ってますね
瀬戸内さんが、キャラ的には弱く感じる自分がいます

アンジョ
この枠も 新キャスは原田くんのみ
均等に欲張って 全部いけるのか??

日程は、禅シャベの日が第一条件に・・・
そして仕事都合をみて・・・ってね
決まるまで大変だ~

SP公演は どうなっちゃうのか
バル・コゼが未定だけど
お祭りキャスト
行きたい人多数・・チケ戦線激化
 
チケ確保不可 見られない~~~の図式は
大変哀しいのですが、予想できない事ではない
今から不安いっぱいですよ
2006.07.13.21:06
初日まで あと9日となりました♪
フック船長を演じるのは・・・・石川禅!
夏休みにネバーランドに行こ~う(笑)
(あっ 呼び捨てにしちゃった ごめん!禅さん)

禅船長をご存知ない方に、
はいっ ご説明いたしましょう~~(笑)
ご存知のとおり『ピーターパン』完全にお子様向けです
『みんなの拍手で ティンクは生き返るんだ』
とか、言って拍手してもらうと
ティンカーベルが生き返るし~(笑)

このお話の中で、 
禅さんは、こわ~いフック船長です
メイクだけじゃなく、ピーターに毒を飲ませようと
するシーンも・・あそこもここも怖いです
ついでにメイクも怖いです(爆)
歌は、フックのタンゴ・・・など
歌が聞きたい方には、ちょっと寂しいかも知れない 
でも~気絶する~~は可愛い(笑)
~ワニさん こわ~い~も可愛いです
最後のダンスも可愛いです

要するに、ディスニーのアニメの中の
船長さん 思い浮かべてください(爆)
憎たらしいですよね(笑)
そして少しお間抜けで、最後はみんな一緒に
・・・仲良く歌ったりしてますよね
そんなフック船長がいますよ

もう一役のパパダーリングは
優しくて・・・素敵 
船長とのギャップを楽しんでくださ~い

なお、勝手な独断と偏見による解説なので、
違うじゃ~ん! と言う方もいるかも知れない
でも 見なくちゃ わからないし~ ねっ

ネバーランド行きチケット 発売中
しっかり回し物になってるな 自分 (汗)

最後にちょっと一言 
来年の夏は、ジャベールに変身の為、
禅船長は、ファイナルです

今年を見逃すな!(笑)