現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル 東宝ミュージカル
2018.02.12.21:17
~ある家族の悲喜劇~
@シアタークリエ

13566.jpg


出演
アリソン・・・・・・・・・・・・瀬奈じゅん
ブルース・・・・・・・・・・・吉原光夫
大学生のアリソン・・・・・大原櫻子
ヘレン・・・・・・・・・・・・・紺野まひる
ロイ / ビート/マーク1
/ボビー・ジェレミー・・・・上口耕平
ジョーン・・・・・・・・・・・・横田美紀
小学生のアリソン Wキャスト
(笠井日向)/龍 杏美
クリスチャン Wキャスト
(楢原嵩琉)/若林大空
ジョン Wキャスト
(阿部稜平)/大河原爽介
(敬称略)

13565.jpg


瀬奈さん演じるアリソンは
43歳設定で漫画家。
白シャツのスリム・パンツ
眼鏡をかけてる。

回想の形で登場するのは
両親 ブルースとヘレン
リトル・アリソンと2人の弟
クリスチャン とジョン(子役)さん。

父親役に 吉原さん
早口でしゃべるパパ
子供のアリソンを
両足にのせて
飛行機のように
飛ばしてくれるんだ。
詩後は 時々・・バルジャン(爆)

突然 シーン変わりの
大学生のアリソンを演じるのは
大原さん

達者にいろいろな役処を
見せてくれるのは上口くん。

母親役は 紺野さん
かなり地味目なお役
・・・に見えるけど
激しく揺れる感情も見せる。

ロイ・・突然家族の中に
顔を出す 若い男
。。。」その他(笑)

家族の会話で成り立つ劇
でも ミュージカル
ちゃんとソロ・ナンバー
キーとなるナンバーがある。

アリソンの回想なので
リトル・アリソンのシーンを
43歳のアリソンが 傍らで
見ていたり。
親子の会話を聞きながら
~ソレだけじゃなかったよね~
大人のアリソンがと叫び
大学生の時のアリソンに
パパがアリソンの相談に応え
忘れるな!と言った台詞。

上演時間 1時間40分
休憩なし

でも なぜか集中力が続かない。
途中 意識が少しだけ飛んでた。(爆)

新感線の舞台なんて
休憩後の 2幕だけでも
2時間あるから~ きつい時間じゃ
ないはずなのに~。

パパ・ブルースと
大人のアリソンの車のシーンの
緊迫感!

瀬奈・アリソンのお歌も
けっこう多い。
ちょっと歌う方の癖は
強くなってるかも、
お役のせいかな?

よくある家族の話だけど
いろいろな問題を含んでいて
とっつき難い印象を受けてしまった。

終演後・・
バレンタイン・ウイーク
特別企画の プレゼント抽選

サイン入りパンフ や
特別セレクトのお菓子とか
クリエちゃんのクリア・ファイルが
当たると・・

上口くん&着替えて来た光夫さん
お二人で 半券を引く

商品は少ないので(爆)
抽選会は すく終わりました!(笑)










2018.01.24.21:45
石丸さん×花總さんご出演の
『シークレット・ガーデン』

子供の頃に読んだ事のある
『秘密の花園』 のお話が
元らしい。
コリン メアリー(Wキャスト)も
マーサ(昆)も デュコン(松田)も
キャスティングされてるし。

ただ ミュージカルでは
伯父である アーチボルトと
リリーがメインになるとも
言われているらしいので
ミュージカル作品として
生まれ変わる『秘密の花園』
なんだと思う (笑)
楽曲ともに素敵な舞台が
見られるのでは・・・と今から楽しみです。

禅さん ご出演ではないけれど
気になる公演だったので
チェックしていたら
某クレカ系で 半館貸切公演の
先行先着開始だって。

コリン役 メアリー役の子役ちゃん
Wキャストなど キャスケはまだ不明でも
まずは 一公演!

半館貸切公演なので
日にちは選べないけど、
流石に6月はまだまだ余裕(笑)
行ける日だったので
早々と押さえてしまった。

あと半分は別のところの
募集が かかるのね。
お席は 中通路より前が確約。

東宝ナビザさんでの抽選先行は
3月になってからの受付開始で
当選確率がと~~~~っても低いので
あちらで取れる気がまったくしないから、
こちらで申し込むのさ。(笑)
2018.01.15.21:36
『TENTH』1・15マチネ

タイトルに入っている3演目
すべてに足を運び・・・
『TENTH』も3週とも 観たいと
思ったけれど
チケットは取れず (爆)
13240.jpg


唯一取れた一枚が 本日公演でした。
第二部で 歌われた曲たち
『GOLD』 『ブラッド・ブラザーズ』から
これは初演 再演とも拝見
『アンナ・カレーニナ』からも
こちらも初演・再演共に拝見。
なんならDVDまで ありますから~。

しかし 『ニューブレイン』も含め
リピはしていないからか
曲が新鮮というか目新しい感じ。(爆)

『GOLD』はTV放送されてるから
DVDにも落としてるのに・・・見直さない。
見直す暇がないというのが
正解かも。

第一部 『ニュー・プレイン』
見ているはずなのに・・
ほぼ 忘れてます。(爆)
『ブラッド・ブラザーズ』の方が
少しだけシーンが思い浮かぶ。

初風さん 樹里ぴょん
達者だし 畠中さんは
いい声でやはり上手いなぁ。

チケットは取れなかったけど
『天使はこの森でバスを降りた』の
方が 好みに合っていた舞台なのかも。

藤岡クン&万里生クン二人の
ブラッド・ブラーザーズコーナー
お菓子を持って来て
藤岡クンに食べさせるコーナーに
なってるようで お菓子は
日替わり。
今日は シュワシュワするグミで
藤岡クンのお口がいっぱいないなり
袋を取り上げた藤岡クン
残りを全部 万里生っちのお口に!

二人で モグモグ!
トークが出来ない状況に。

上手くしゃべれないまま
すこしお待ちくださいを
繰り返す 藤岡クン
万里生っちの方が少ないんだぞ~
って言いながらモグモグ。(笑)

頑張って食べ終わった万里生ッちが
話出すと・・会場から拍手が!

短い髪を金髪にして
すこしだけ 分け目が入ってる
モンチッチで 安蘭さんコンの時
言われてたけど
可愛い モンチッチだった。(笑)

藤岡ミッキー
貧しい子の役ばかりって自分で
言ってたけど どう見てもガキ大将の
雰囲気をまとってますよ。
お金持ちのお坊ちゃまには
無理があるのかもネ (失礼っ!)

伊礼さん
『アンナ・カレーニナ』からの曲
再演で ヴロンスキーだった
貴公子ぶりを発揮してました。
トークになると 毒舌が
チラっと聞こえてきますが、(笑)

新妻さんとは
『ゴールド』で弟役で共演
その後 『王家・・・』では兄役
姉だ 妹だ・・と混同してきたようで、
キッパリ 妹は『王家・・・』だから
・と言われてた。(笑)

歌われた曲の本公演
『トゥモロー・モーニング』も
『キャッチ―・ミー・イフ・ユー・キャン』も
全部見てるやん。(笑)
13242.jpg



シアタークリエ
10年の公演 壁に掛けられた
ポスターを見ると
結構拝見しているなぁを
灌漑深いものがあります。

ほんと、 週替わりの全部
拝見したかったなぁ。



2017.12.20.00:53
@シアタークリエ

12848.jpg


本日 カメラ撮りのようで 張り紙がありました。
狙った訳でもなく よくこう言った日に
当たる気がする。

あまり 大がかりではなさそうなので
資料映像用なのかも。

12847.jpg

こちらの作品 初演も拝見しているけれど
やはり記憶の彼方(爆)
屋良っち エマちゃん
中河内くん
春風ママ 保坂さんは
覚えてる(笑)


エディに声をかけてくる人
レストラン 支配人
お店の イケてる歌手
戸井さんだったなぁ~

今回は ひのあらたさん参加。
再演 やはりメンバーは
変ってきますね。

矢崎さんが演ってた役に
矢田くんが来たっ!



出演者
エディ・・・・・・・・・屋良朝幸
ローズ・・・・・・・・・宮澤エマ 
ラルフィー・・・・・・中河内雅貴 
ディッキー・・・・・・矢田悠祐

フェクター・・・・・・浜中文一
(関西ジャニーズJr.) 
スティーヴンス・・・・末澤誠也
(関西ジャニーズJr.) 
ギブス 他・・・・・・・・木内健人 
ルース・・・・・・・・・・・七瀬りりこ

ローズのママ・・・・・・・春風ひとみ 
ラウンジ・シンガー他・・ひのあらた 
マーシー 他・・・・・・・・保坂知寿
(敬称略)

海兵隊の若い隊員たち
戦地に行く 前日の休暇に

ドッグ・ファイト!

町で イケてない女の子を
ナンパして 自分逹の
パーティに誘い
一番イケてない彼女を
連れてきた者が賞金を
手にするのだ。


うん うん (笑)
思い出して来た。

気合を入れて おしゃれした
ローズが・・・かなり変‼‼(爆)
それより上手の
マーシーも かなりのもの(笑)
保坂さん演じる マーシー
強者・・・・だけど
ちょっと イメージ 違うなぁ~

春風さん
イケてない女の子?役で
踊るんだなぁ~
後ろの方にいるけど、
ついつい 視線を奪われる(笑)


ローズに心を残しながら 戦地に行き
ドッグ・ファイトの仲間たちを失い
傷ついたエディが
向かう場所は・・・・。

日本には あまり馴染みのない
海兵隊

でも 恋は共通

単なるハッピーエンドじゃ
ないけど‥
これはこれで 良いのかなと
落ち着く(笑)

カテコの皆さん
良い笑顔で 手を振ってくれる
スタンディングも出てた~。


さぁ 次の公演に GO!


『安蘭けいコンサート golden age』
ゲスト 石川禅 田代万里生

絶対 遅刻はしたくないのだ!(笑)






@日生劇場
12574.jpg

日本初演 50終演記念公演ですって!

この作品 森繁さんだったっけ。
その後 西田敏行さん@帝劇

市村さんになってからも
だいぶ経ち 出演者は公演ごとに
かなり入れ替わる。

12573.jpg


今季出演者
【テヴィエ】・・・・・・・・・・・・・・市村正親
【ゴールデ】・・・・・・・・・・・・・鳳 蘭
【ツァイテル(長女)】・・・・・・・実咲凜音
【ホーデル(次女)】・・・・・・・・神田沙也
【チャヴァ(三女)】・・・・・・・・・唯月ふうか
【モーテル(仕立屋)】・・・・・・入野自由
【パーチック(学生)】・・・・・・・広瀬友祐
【フョートカ(ロシア人青年)】・・神田恭兵
【ラザール(肉屋)】・・・・・・・・・今井清隆

板垣辰治/大森輝順/小南竜平/下道純一
/柴崎義則/白山博基/仙名立宗/楢木和也
/畠山翔太/加藤恵利子/倉澤雅美/斉藤綾香
/真田慶子/菅原さおり/鈴木結加里/
横岡沙季/石川鈴菜/寺本莉緒 (敬称略)

ツァイテル役は 宝塚出身の方が多い
今季 美咲凛音さん

その前は 水さん
その前は 貴城さん
その前匠ひびきさん

匠さんの時は
浅茅陽子さんが ゴールデで
圭吾さんパーチック 学生だよん。(笑)
仕立て屋のモーテルは
駒田さん。 なんと懐かしいキャスティング。

さらに遡ると~~~
夏木ゴールデ
香寿ツァイテル 知念ホーデル
笹本チャヴァ
こう書いてみると 本当に長い期間
演じ続けられて来た演目だと
実感します。

祈りに生き しきたりに生きる
ユダヤの暮らしにも
新しい風が 厳しい風が吹き

市村テヴェエ
牛乳を積んだ荷車を押し
家族のために
神様にもジョークを飛ばす
テヴェエは 市村さん一色(笑)

鳳ゴールデとの
愛してるかい?
とっても とっても 微笑ましくて
素敵なシーン
夢の中で
仕立てやのモーテル!
と繰り返す作戦大成功
笑いに包まれるシーン

ちょっとした事にも
集まり皆で助け合う
絆の強い村の人々

けれど新しい時代は
テヴィエ家にも。
仲人の話に首を縦に
振らず 愛し合うモーテルとの
結婚を望む長女
若い学生パーチックを追い
シベリアへ旅立つ次女
教えの違う相手と新天地へ
旅立って行く三女

悲しみの中
時代は村の存続を許さずに
生まれ故郷を追われ
仲間とも別れ生きてゆかなければ
ならない
暗くて救いのないお話だけど
市村テヴェエの明るさ
強さ 優しさが ジンワリと
染みてくる舞台です。

夕日に染まる舞台
荷車を押すテヴェエたちに
惜しみない拍手を。


2017.11.21.21:29
運良く チケット当選。
再び観に来てしまったクリエです。


二人芝居
舞台下手奥にいる
ミュージシャン 3名

こじんまりとしたカンパニー
でも 魅せてくれる作品は
大きな感動を届けてくれる。

年かさのみなし子
ジルーシャ・アボットは
電話帳から拾って付けた名前。

孤児院の理事の
仮の名 ミスタースミスから
学資の援助を受けて
大きく成長する物語

新しい世界では
知らなかったことばかり

勉強よりも 友人たちの
会話に入れない事に
寂しさを覚える彼女が
ミスター・スミス援助の条件の
手紙で 知らせる彼女の
学校の様子や 想像力に
溢れたもの ウィットに
富んだもの。

その手紙を 歌にして綴る。

前回公演でも リピートしてるなぁ(笑)
キャスティングもピッタリな
この作品 また見たいと
思わせてくれて 間違いがない。

再演がされても 同じキャストになる
可能性が危ういのが 演劇界。

見られる時に見ておかないと・・・ネ (笑)

先日とは 違うシーンで
ジワっと来て・・笑って
ハッピーな気分になって

温かい気分で 帰って来ました。








2017.11.16.12:34
@シアタークリエ
12031.jpg

12030.jpg


一番年上の みなし子よ~♪ と歌う
孤児院で お掃除をするジルーシャ
ある日 先生から一通の手紙を渡される
見も知らぬお金持ちが
ジルーシャを学校に通わせてくれると
いう内容
条件は 彼は ミスタースミス(仮)で
彼が誰かを詮索しないこと
彼に状況報告の手紙を定期的に
書くことが記されていた・・・・。


有名な 『あしながおじさん』が
ミュージカルに。

出演

ジャービス・・・・井上芳雄
ジルーシャ・・・・坂本真綾
(敬称略)

孤児のジルーシャが
新しい世界を知り
成長してゆく姿が
支援者 ミスタースミス(仮)へ
送られる手紙を 読み
歌う構成でつづられる舞台。


舞台上手半分には 部屋中の壁が
本棚に なってる書斎。
初演も見ているので
この書斎思い出して
ちょっと懐かしい(笑)

もう半分は…
いくつかのトランクを
使い 中には衣装が入ったり
舞台上で それを取り出し
衣装変えしたり。

そのトランクを積み上げ
農場になったり 山の頂になって
夕日を見つめたり

上流家庭の友人の家の
客間になったり と七変化。

下手奥にはミュージシャン。



孤児院の廊下
夕日の逆光の中
見送った足のながい
シルエットの年齢も
分からない男の人の後ろ姿・・

ミスター・スミスが実は
まだ若いジャービスであり
ちょっと変わり者?(笑)で

支援の条件のジルーシャからの
手紙の中で 生き生きと
前向きに生きる彼女に
惹かれてゆく様子。
書斎の壁に その手紙を
貼り付けていくジャービス

彼女の思いに感じていられる
世界がそこにあって
良い演出だなぁとお気に入りなシーン

彼女の友人から
紹介され ジャービス坊ちゃんとして
彼女と会うが 自分が
あしなが伯父さんとは言い出せず
バタバタしたり 素敵な時間を
共有したり

支援者としてではなく
出会えたことが
愛をはぐくむ事になったと
伝えてくれる
ぬくもりのあるステージ。


今季 DVDの発売が決定
映像で いつでも
ジルーシャとジャービス坊ちゃまに
会う事が出来るようになるのは
嬉しい

早速 予約して来た♪