現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル キャラメル・ボックス
2018.01.30.00:14
次回公演は 『夏への扉』

震災の時 翌日の『夏への扉』のチケ
どうしても会場に行けずに断念した
作品で、チケも取れて・・・・
ふと気づくと ツイで

『無伴奏ソナタ』再演!だって。

多田さんのクリスチャンは続投
管理社会の犠牲になった
音楽の申し子役
DVDも持ってます
前回公演も観ています。

どうやら 少し キャスト変更も
あるみたいだけど再演は嬉しいな。

問題は日程!
5月16日から5月20日

15日から初日を迎える
『シラノ・ド・ベルジュラック』と
丸被りじゃないですか。
5月15非から 5月30日ですから。
キャラメルさんの公演日程
詳細はわかないけど
20日までに 『シラノ・・・』予定が、
この週だけで 3公演ある!
禅さんが出ていると
思わず チケ申し込んじゃうからなぁ。(爆)

ソワレ マチネ 上手く日程を合わせて
どこかに 予定を入れられるのかな‥(汗)
詳細が分かるのは、 3月のハテナ気象台。

トライアスロン・パス
使えるなら どこか入れなくちゃ!(笑)

2017.12.17.22:12

@サンシャイン劇場

キャラメル・ボックス公演
12817.jpg

『ティアーズ・ライン』行ってきました。

CSC サポータークラブ会員の
来場記念品はキラキラのポストカード。
前回あたりから フォトブック
値上がり…3000円はたかくないかい?(爆)
いつも パンフ系 購入派なんだけど
ごめん 今回 PASSした(汗)

12818.jpg



いつもなら クリスマス・ツアー
でも今回は ウィンター・ツアーだそうです。
クリスマス絡みのお話ではないからかな。
でも会場には Xmastree 飾られていたよ(笑)
12816.jpg



[出演]
横手道朗・・・・・・・・・・・畑中智行
十文字誠・・・・・・・・・・・阿部丈二
鯉川晴也・・・・・・・・・・・多田直人
横手克子・・・・・・・・・・・大森美紀子
秋田謙一/横手幸治・・・西川浩幸
能代成美・・・・・・・・・・・・坂口理恵
鶴形直樹・・・・・・・・・・・・三浦剛
鯉川麻衣・・・・・・・・・・・・森めぐみ
飯塚清香・・・・・・・・・・・・石森美咲
湯沢理世・・・・・・・・・・・・大滝真実
能代翔平・・・・・・・・・・・・山崎雄也
湯沢隆志・・・・・・・・・・・・元木諒
大曲大輔・・・・・・・・・・・・山根翼
(敬称略)


キャラメル・ボックスさんの
お得意ジャンル?(笑)
タイム・トラベル ・・ではありませんが
ライム・ワープは出て来ます。(笑)

探偵事務所の調査員
いくつかの修羅場は潜り抜けて来たはず。
婚約者の死から立ち直れない男
妹の死の真相を一人で追う男

しかし謎の十文字さん
強い! お前はすでに死んでいる!
・・・の世界 言う事が 面白過ぎる。

ネタは 昭和意識し過ぎか?
会場で受けてはいましたが
解からない人も・・多分多いかも

多いんじゃないかな?

かなりいたんじゃないかと思う。(爆)
ふる~~い人間なんで
全部わかったけど‥

横手の母親役 大森さん。
息子が危険な目に遭う夢を見たと
いきなり 海外から 訪ねて来る。
スーパーお母さん!

あの 過去の作品
『広くて素敵な宇宙じゃないか』 の
アンドロイドお祖母ちゃんに
ちょっと キャラが似ている気がする。

おなじ 大森さんが演じてる訳ですが(笑)

畑中さん 多田さん 阿部さn
芝居の呼吸が ピッタリ。

坂口さん ドスを聞かせ
どこかの組の姉さんの貫禄(笑)
政治家の妻と 言えなくもない
海千山千な感じ。

新人 お二人も 器用な感じで
伸び伸び。

時間が行ったり来たりしますが
気持ちよく まとめてくれるラスト

ハラハラさせて アクションもあるけど
そして 悪人っぽい人はいるけど
最後まで悪人じゃなくて
理由を聞いてみれば…で
笑顔で観終わる作品。

新人君たちよりも
多田さんの方が 少しだけ
噛んでたような?(笑)
台詞量は めっちゃ違うけどネ

今日は そんな多田さんのお誕生日!
なんて 良い日にお邪魔したんだ(笑)

♪ ハッピーバースデー

一緒に歌って 撮影OKタイム中で
シャッターも切って

あっ!
クリアファイルを買おうと
思っていたのに

忘れちゃった~。





2017.10.30.13:21
文化庁・日本劇団協議会主催公演
日本の演劇人を育てるプロジェクトだそうな。

『ケンジ先生』 @テアトルBONBON
台風接近の予報の中
だいぶ前に取ったチケットあるもんね~
行かなくちゃ~♪

アッと 公演ポスターの
写メ忘れた~(汗)
いつもの公演と勝手が違い
パンフ(フォトブック)もなかった。

ケンジ先生は
宮沢賢治からとったケンジ
劇中では 星巡りの歌♪
も使われている。


『ケンジ先生』 キャスト
ケンジ先生・・・・・・・・・・左東 広之
クロサキ・・・・・・・・・・・・大内 厚雄
パパ・・・・・・・・・・・・・・・筒井 俊作
トシコ・・・・・・・・・・・・・・渡邊 安理
ママ・・・・・・・・・・・・・・ 林 貴子
(以上、キャラメルボックス)

おばあちゃん・・・・・・・・鈴木 めぐみ
(劇団桟敷童子)
シラキ尚子・・・・・・・・・・幸田 尚子
タカダさん・・・・・・・・・・・山崎 彬
(悪い芝居)
レミ・・・・・・・・・・・・・・・・・河内 美里
(育成対象者)
ソラコ・・・・・・・・・・・・・・・生田 輝
(育成対象者)
ネヅ・・・・・・・・・・・・・・・・池田 倫太朗
(文学座)
(敬称略)


キャラメルメンバーが中心だけど
他の劇団の方も参加。
このプロジェクトの育成対象者が
レミとソラコ役ということですね。

前回 2013年公演は
どんぐりVerで見せていただいた
とても温かい作品。


物語は 未来 2117年
子供たちはタブレットで自ら
勉強し単位を取る時代。
学校はなくなり 先生もいなくなった。

ある日、お祖母ちゃんは 骨董店で
旧型のアンドロイドを孫のレミの
誕生日プレゼントに買う。

学校が荒れた時代に
先生として作られたアンドロイドは
レミの先生として
働ける事に 喜び
レミの家にやって来るが
ママは大反対。
気の小さいパパは
おばあちゃんとママに
挟まれ何も言えない・・


レミのお友達ソラコ
ソラコの姉は トシコ
歌手になったトシコに
レミは憧れるが・・・
仕事に追われ
親友の死に立ち会えなかった
トシコは傷つき悩んでいた。


そんな 登場人物すべてに
ケンジ先生は真正面から
ぶつかる。

正論、理想 夢・・・・・

佐東さん演じるケンジ先生は
とってもピュアなアンドロイド。
人間よりも人間らしいかも。


勉強する事とは。
生きるには 何が必要なのか。

大切な何かが見えて来る
ジュワ~~っと暖かい
想いが満ちて来る。
そして…泣く!

微笑ましい笑いも
忘れていない
優しい作品だ。





2017.10.06.00:06
シアター1010で上演
『光の帝国』 @キャラメルボックス
11013.jpg

行ってきました。
その昔 ハーフタイム・シアターで
上演された作品を
1時間45分ものに書き直し
上演だそうです。

出演者には キャラメルボックスさん
客演の方もお迎えして
若手のお名前が並びます。

出演
春田光紀・・・・・・・・・・関根翔太
春田記美子・・・・・・・・森めぐみ
猪狩悠介・・・・・・・・・・鍛冶本大樹
猪狩義正・・・・・・・・・・原口健太郎
春田里子・・・・・・・・・・家納ジュンコ
春田貴世誌・・・・・・・・毛塚陽介
寺崎美千代/塩釜さん・・金城あさみ
猪狩康介/石巻君・・・・竹鼻優太
奥原なつみ/今枝先生・・小林春世

原作 : 恩田陸 (敬称略)

特殊能力を持った姉弟

弟の光紀は11歳の時のこと
ある街で 酒浸りの医師が
光紀を可愛がってくれた。

ぶっきらぼうだか妙に
光紀と馬があう。
この医師役の原口さん
醸し出す雰囲気が役に
ハマってる!

病に倒れた医師の
命の最後に 手を取った光紀に
医師のこれまでの人生が
流れ込んでくる。
仲違いしたと思われている
長男 悠介への真の思いも。

似すぎている親子は
すれ違いの感情をこじらせたまま・・

医師の人生の記憶が
流れ込んだ光紀の必死の言葉に
息子の作った映画は
すべて見ていたことを
知る悠介

10年後 その時の事から
光紀たちの特殊能力を
映画にして発表しようとする
猪狩悠介

しかし この能力を持つ事が知られれば
世間の後期の目にさらされ
どうなるかわからない。

『人間風車』 の休憩なし
2時間25分も 相当ですが、
こちらは 同じ休憩なしでも
1時間45分で すこしは優しい(笑)

あちこちの劇場に回る
ツアーの初日公演
初日を拝見しました。

初日特典なるものが発表され
立川公演 大阪公演では
初日半券を持ってチケ購入すると
ハーフプライスになるそうです。


残念ながらスケジュールつけすぎで
立川行けそうもないし
大阪はなおさら・・。

う~~ん 残念!

キャラメル・ボックスさん
2017年 ウインター・ツァ-

『ティアーズ・ライン』
2017/12/15~12/25
サンシャイン劇場が
発表になりました。


出演
畑中 智行 阿部 丈二 多田 直人
大森 美紀子 西川 浩幸 坂口 理恵
三浦 剛 森 めぐみ 石森 美咲 大滝 真実
山﨑 雄也 元木 諒 山根 翼 (敬称略)

う~~ん またもや 日程が!
詰め込み過ぎな自分の
自業自得はわかってるけど
スケジュール手帳を見たら、
『メンフィス』 『ドッグ・ファイト』
『ライオン・キング』19周年記念公演
『アラジン』『髑髏城の七人』まで
予定はたくさん。
空いている日は 公演日程を見ると
ソワレ公演だけの日とか
もしくは…休演日(爆)

『かがみのかなたはたなかのなかに』 も
入れたいんだけど

『ティアーズ・ライン』

なんとかし予定に入れなくちゃ(汗)

2017.07.12.22:09
追加しちゃった
『スロウハイツの神様』

今日は先行でチケを取った
予定通りの観劇。

大内さん演じる
千代田公輝

やり手編集者の黒田
客演の森山さん
やはりキャラメルボックスさんの
団員さんとはちょっと違う
空気を纏う。
それが 敏腕編集者としての
立ち位置に合ってて
大人!(笑)

気の強い新進脚本家
赤羽環は 懸命に生きて
来たこれまでの時間には
いつでも千代田公輝がいた。

ガンプラが壊れたと
子供のように怒る公輝

大内さんを通じて
キャラが立ち上がって来る。

原田さん演じる
赤羽環
気が強いだけじゃない
環の姿が見えて来る。


スロウハイツの住人
若い仲間たち
和気藹々とした世界を
作り出し・・
ただ一人 木村さん演じる
加々美は、裏のある役。

さらに 裏もあるけどね。
でも キャラメルさんのお芝居。

笑いながら・・ちょっと
ホロっとさせる。

しっかりと キャラメル・ワールド。

そして今日もカテコには
撮影OKタイム。
心の準備もして行ったのに~
皆さんで写って
くれたのがこれ!(笑)

9917 - コピー (800x450)
9919.jpg



動くので・・重なったり
下を向いてしまったりで
やはり難しい(笑)
2017.07.08.15:31
@サンシャイン劇場

出演者
赤羽環・・・・・・原田 樹里
千代田公輝・・・・大内 厚雄

加々美莉々亞・・・木村 玲衣
森永すみれ・・・・小林 春世
五十嵐健斗/駅員
警官/秘書・・・・・元木 諒
赤羽桃花・・・・・石森 美咲
芦沢光/山本紅絵
/赤羽永久子/司書・岡田 さつき
赤羽慈子・・・・・石川 寛美

狩野壮太・・・・・玉置 玲央
長野正義・・・・・松村 泰一郎
黒木智志・・・・・森山 栄治(敬称略)

才能ある作家
千代田公輝は 書いた作品に影響を受け
自殺者で出てしまった事で バッシングを受け
一時期 人にも会えず 落ち込み・・
そんな公輝を14歳の少女の
投稿が救った。

10年後
スロウハイツと呼ばれる
赤羽環(新進脚本家)の所有する
ボロい(笑)アパートに
クリエイターだちが集まり
夢を見ながら 恋をして
生きている。

その中には 千代田公輝も
編集者の黒木もいた。
児童漫画家の卵 壮太
映画監督の卵 正義
画家の卵 すみれ

仕事仲間の写真家・芦沢

環の妹 桃花
祖母 慈子は
ストーリーテラーの役割を負う

まるで過去の漫画家たちの
過ごしたときわ荘のようだ。

ある日 スロウハイツに
新しい住人が訪れる
加々美莉々亞。
彼女は 千代田公輝の
大ファンだと言い
いつも公輝の部屋に‥‥

過去の事件
そして今


明らかにされてゆく
環 公輝の想いに
スロウハイツの住人たちの
交錯する想いの
どこに共感するかは
観る人次第。

泣き・笑い
きっとどちらも
体験で出来そう。

キャラメルボックスさんらしい
そこに暖かさの流れる
作品だったと思う。


カテコ 撮影許可タイム!!

2017-07-08 スロウハイツpg

スマホ起動時間も用意して
くれたけど・・
やはり写真は難しい(汗)