現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

宝塚花組『邪馬台国の風』8・5 ソワレ

横浜から移動ですが、
場所にもよるけど 都内移動と
変わらない感じで 余裕の到着

東京宝塚劇場
10270.jpg

某クレカ系の貸切公演
ちょっと変則な 開演時間 15:30。

10269.jpg


ソワレとは言えないかもですが
11:30からの 『アリス・・・』後だから
組めたスケジュール
マチ・ソワと言っておこう(笑)

ゴールドカード入会者に
明日海りおさんか仙名さんの
サイン色紙 いずれか 40名にプレゼント、
終演後 残り僅か ~~
サインあと一名とか言っていたような?(笑)

サイン色紙は抽選プレも
番号は当たらず。
2部のショーに使えるという
ワイングラスとパンフを買って
準備万端。


邪馬台国の風

古代 倭の国
未来を見る事が出来るヒミコ
運命のめぐり逢いをするタケヒコ

歴史ロマンとでも言える?

出演
タケヒコ ・・・・・・・・・明日海 りお
ヒミコ(マナ)・・・・・・・仙名 彩世
クコチヒコ・・・・・・・・・芹香 斗亜
大巫女 ・・・・・・・・美穂 圭子
ヒミクコ ・・・・・・・・星条 海斗
李淵 ・・・・・・・・高翔 みず希
アケヒ ・・・・・・・・花野 じゅりあ
伊都王 ・・・・・・・・夕霧 らい
ヒビカ ・・・・・・・・芽吹 幸奈
カヌハ ・・・・・・・・梅咲 衣舞
奴王 ・・・・・・・・瀬戸 かずや
一支王 ・・・・・・・冴月 瑠那
サオト ・・・・・・・白姫 あかり
イズ ・・・・・・・鞠花 ゆめ
ナシメ ・・・・・・・天真 みちる
アシラ ・・・・・・・鳳月 杏
イトセ ・・・・・・・菜那 くらら
フルヒ ・・・・・・・桜咲 彩花
不弥王 ・・・・・・・・航琉 ひびき
ヒイラギ ・・・・・・・・美花 梨乃
末盧王 ・・・・・・・・舞月 なぎさ
投馬王 ・・・・・・・・・・和海 しょう
ハナヒ ・・・・・・・華雅 りりか
ヤマタイ王・・・・・・。羽立 光来
チヌ ・・・・・・・・新菜 かほ
ウツツ ・・・・・・・・紗愛 せいら
ツブラメ ・・・・・・・・水美 舞斗
フルドリ ・・・・・・・・柚香 光
カグラ ・・・・・・・・真鳳 つぐみ
イサラギ ・・・・・・・乙羽 映見
ユズリハ ・・・・・・・優波 慧
トヨ ・・・・・・・・朝月 希和
ウズメ ・・・・・・・更紗 那知
サザレ ・・・・・・・矢吹 世奈
イサカ ・・・・・・・城妃 美伶
カナ ・・・・・・・春妃 うらら
イヤサコ ・・・・・・・紅羽 真希
カムイ ・・・・・・・綺城 ひか理
イスルギ ・・・・・・・飛龍 つかさ
タタラ ・・・・・・・亜蓮 冬馬
スサリ ・・・・・・・帆純 まひろ
イヨ ・・・・・・・音 くり寿
少年タケヒコ・・・・・・華 優希(敬称略)


乱れる世を 収めるために
神の声を聞く事が出来る巫女を
女王に!

都に向かうマナ
(後のヒミコ)
お決まりの阻止しようとする者

危機を救うのは 戦士タケヒコ
予想の出来る展開・・だけど
嫌いじゃありません。(笑)

貧しい者たちの衣装はそれなりで
王族や将などの衣装は
もちろんヒカリ物
宝塚らしい~。

大巫女や 巫女さんたちの
衣装もなかなか見ることが
ないお姿。

嫌いじゃない
むしろ・・好きっ!(笑)

仙名さんが娘トップでの
お披露目公演
楽しめました。

2部の Sante!
ワイングラスを持って
客席おり
トップさんは やはり最前のセンター付近
お客さんの手荷物ワイングラスと
軽くカチっと合わせます。
客席通路寄りのお客様も
近くに降りて来た生徒さんたちと。

通路よりではないお席の方は
エア・サンテ・・しかないけど(笑)

サンテ!の時に、立ち上がったりしないでね。
グラスの使用方法に注意書きが
あって・・
これ ワイングラスの使用方法の
注意書きじゃないじゃん。
サンテ!の時の注意書き(笑)

客席降りがあると
時間は短くても盛り上がりますね。


次回宝塚公演は
花組さん公演 チケット
『ハンナのお花屋さん』
『ハイカラさんが通る』が取れた。

宝塚は 花組公演が続く~。

え~~っと 宙組さんの予定もありました
『神々の土地』 これも
なんとか取れたA席・・・(爆)

さよなら公演だし・・贅沢は
言えません。

2017/08/06(日) | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)

宝塚花組 『はいからさんが通る』当選!

いつも 落選メールの多いクレカさんから
来ました~ 当選メール。

席は発券してみないと わからないけど
『はいからさん・・・』見られる!
初 日本青年館ホール(笑)
・・・と思ったら その前に確か
『パジャマゲーム』に 行くから
初しゃなかった。(笑)


下手な鉄砲も・・なんとやらで
あちらこちら 申し込み出来る
ところには 忘れずにエントリーを
したのが報われました。

宙組さんも ラッキーなことに
先着でつながり S席は逃したものの
A席が取れて 見ることは叶います。

『ハンナのお花屋さん』も
チケット取れたので
花組さんの 公演が続きます。



2017/07/28(金) | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)

『幕末太陽伝』7・20マチネ


連日 暑い日!
自宅にいるより 劇場の冷房の中
そちらが快適だったりします。
本日は 東京宝塚劇場にやってきました。
『レ・ミゼ』のチケット・ホルダーの
シャンテ・スタンプラリーで
交換してあったグルメ券の期限も
迫っていたので お食事に使用
セーフ!(笑)



主な配役

居残り佐平次・・・・・・・早霧 せいな
女郎おそめ・・・・・・・・・咲妃 みゆ
高杉晋作・・・・・・・・・・・望海 風斗
杢兵衛大尽・・・・・・・・・汝鳥 伶
仏壇屋倉造・・・・・・・・・悠真 倫
女房お辰・・・・・・・・・・・ 梨花 ますみ
やり手おくま・・・・・・・・・舞咲 りん
相模屋楼主伝兵衛・・・・奏乃 はると
芸者玉菊・・・・・・・・・・・・早花 まこ
貸本屋金造・・・・・・・・・・鳳翔 大
女郎およし・・・・・・・・・・沙月 愛奈
鬼島又兵衛・・・・・・・・・香綾 しずる
女郎おかし・・・・・・・・・千風 カレン
番頭善八 ・・・・・・・・・・透真 かずき
久坂玄瑞・・・・・・・・・・・ 彩凪 翔
女郎おうめ・・・・・・・・・・桃花 ひな
大工長兵衛・・・・・・・・・真那 春人
芸者豆奴・・・・・・・・・・・ 笙乃 茅桜
息子徳三郎・・・・・・・・・彩風 咲奈
岡っ引き平六・・・・・・・・久城 あす
志道聞多 ・・・・・・・・・・ 煌羽 レオ
芸者音吉 ・・・・・・・・・・ 杏野 このみ
女郎おもちゃ・・・・・・・・愛 すみれ
女郎こはる・・・・・・・・・・星乃 あんり
若衆かね次・・・・・・・・・・桜路 薫
梵全・・・・・・・・・・・・・・・・天月 翼
女郎おてつ・・・・・・・・・・・白峰 ゆり
長嶺内蔵太・・・・・・・・・・・橘 幸
女郎おさだ・・・・・・・・・・・・妃華 ゆきの
若衆喜助 ・・・・・・・・・・・ 真地 佑果
女郎おもよ・・・・・・・・・・・・蒼井 美樹
倉造息子清七・・・・・・・・・永久輝 せあ
芸者市丸 ・・・・・・・・・・・・ 沙羅 アンナ
大和弥八郎・・・・・・・・・・・叶 ゆうり
女中おひさ・・・・・・・・・・・真彩 希帆
女郎おうの・・・・・・・・・・・・星南 のぞみ
気病みの新公・・・・・・・・・叶海 世奈
呑み込みの金坊・・・・・・・鳳華 はるな
白井小助・・・・・・・・・・・・・諏訪 さき
伊藤春輔・・・・・・・・・・・・ 陽向 春輝
女郎おつね・・・・・・・・・・・彩 みちる
芸者定吉・・・・・・・・・・・・・希良々 うみ
有吉熊次郎・・・・・・・・・・・眞ノ宮 るい
粋がりの長次・・・・・・・・・・ゆめ 真音
ガエン者権太・・・・・・・・・・星加 梨杏
ガエン者玄平・・・・・・・・・・・縣 千
(敬称略)



古典的な題材を組み合わせて
作ったらしい作品
人情噺には軽くて
コメデぃ仕立て。
比重的にはコメディ寄りかな?

早霧さん演じる 佐平次
佐平次が 要領がよく 前向き
でもいい加減?(爆)

品川宿
お女郎屋さん 相模屋を
メインに舞台は進む。

次期トップと発表されている
望海さんの高杉晋作
影を持ついい男。

蓮っ葉な 咲妃さんも
面白く拝見。

楽しい時間、
次はショー! 時代物だから
衣装のギャップが激しい。(笑)
早霧さんの ヘア-が
とても斬新でした。

えっ そこ?(笑)





2017/07/20(木) | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)

宝塚星組『スカーレット・ピンパーネル』5・25マチネ

宝塚星組『スカーレット・ピンパーネル』5・25マチネ

『スカーレット・ピンパーネル』と言えば

先日、公演され、再演も決定! 
石丸パーシーが思い出されます。

マルグリット役に 
宝塚でパーシーを演じた事もある
安蘭さんで このマルグリット
強く 殺陣もお見事だったなぁ~(笑)

安蘭さんパーシー×柚希ショーブラン
月組のキリヤン・パーシー

星組さん どんなスカピンを
魅せてくれるかと
ワクワクしてくる演目。
9269.jpg


ヒーローもの
冒険活劇?(笑)
聞こえてくる曲
ひとかけらの勇気♪
とても小気味のよい舞台、
新トップコンビ お披露目公演
紅さんのパーシーで
東京宝塚劇場。


キャスト
パーシヴァル・ブレイクニー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 紅 ゆずる
マルグリット・サン・ジュスト・・・・綺咲 愛里
ショーヴラン・・・・・・・・・・・・・・・礼 真琴
マクシミリアン・ロベスピエール・・七海 ひろき
プリンス・オブ・ウェールズ・・・・・英真 なおき
ドゥ・トゥルネー伯爵夫人・・・・・・万里 柚美
ピポー軍曹・・・・・・・・・・・・・・・・美稀 千種
アントニー・デュハースト・・・・・・壱城 あずさ
シモン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・如月 蓮
イザベル・・・・・・・・・・・・・・・・・・白妙 なつ
アンドリュー・フォークス・・・・・・天寿 光希
ケイト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・音波 みのり
ドゥ・トゥルネー伯爵・・・・・・・・・大輝 真琴
アン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛水 せれ奈
ジェサップ・・・・・・・・・・・・・・・・輝咲 玲央
メルシエ・・・・・・・・・・・・・・・・・瀬稀 ゆりと
                   ほかの皆さん
           (敬称略)

指揮には ご存じ 塩田さん、


紅・パーシー
カッコ良い~~~けど
軽くて コミカル色が強いパーシー

敵を欺くフラバンになった時の
化けっぷりは見事
ピンクのほっぺメイクが可愛い~。
マリーカートのような マリオ跳びに
若いが起こる。

スカーレット・ピンパーネル団の
マークとなった紅ハコベ
赤い花のモチーフは
ラストのシャンシャンにも
拘りの形で使われtいる。


王宮へ 乗り込む
派手派手衣装のパーシーたち
このシーン、豹柄やジラフ柄で大胆なお衣装
宝塚らしいと言えば らしい(笑)


先日の 宙組さん『王妃の館』も
かなり着こなすのに苦労しそうな
お衣裳たちでしたが
こちらも 相当なものでした。(笑)

執拗なショーブランの探索の
裏をかいて 王子さまを
無事に助け出せるのか?

礼・ショーブラン
感情が見える人間的なショープラン
 
七海さんのロベスピエールも
舞台映えしますね。

綺咲・マルグリットは 宝塚版では
当たり前だけど殺陣もないし~(笑)
お歌もちょっと弱いかも?


お話は 2幕もので
ロケットのあるショー部分は
ラストにちょっとだけ。

9270.jpg


それでも宝塚の華やかな世界
健在です。

笑いの多かった スカ・ピン!でした。(笑) 


 

2017/05/26(金) | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)

『スカ―レット・ピンパーネル』&『ノートルダムの鐘』


演目違いマチソワ・・見て来ました。

どちらも観たくて スケジュールを
詰め込み マチソワに!

公演日から 行ける日がなくて
仕方なく 劇場から劇場の
移動を考えてソワレを入れる(爆)

宝塚公演の方は天路そらさん
体調不良により休演との
張り紙・・
舞台を務める事って大変だなぁと
天路さんのお役をどなたが
演ってらしたのか

終演後 急ぎ劇場を後にして
しまい 分からない~(汗)

 

2017/05/26(金) | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)

宝塚 月組『瑠瑠色の刻』5・18マチネ

  @赤坂ACTシアター
なんとプレガの抽選に当たった~
なんとか 1F席だけど
客席入ってすぐ座れるよ~(笑)
つまり後方席。

某クレカの貸し切り公演で
スカピン 2Fの A席直ぐ前の
S席よりは 良いと思えばいいのね。

つい愚痴ってしまう (反省!)


月組さん 『ローマの休日』も
赤坂ACTで見たっけと思い出し。
東京宝塚劇場以外で
見るのは 珍しい気がする。


『瑠璃色の刻』

出演者
シモン[サン・ジェルマン]・・・・・・美弥 るりか
ジャック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・月城 かなと
アデマール・・・・・・・・・・・・・・・・・海乃 美月
ルイ16世・・・・・・・・・・・・・・・・・・・光月 るう
ポリニャック伯爵夫人・・・・・・・・・・夏月 都
ダミアン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・響 れおな
ロベスピエール・・・・・・・・・・・・・・宇月 颯
マリー・アントワネット・・・・・・・・・・白雪 さち花
プロヴァンス伯爵・・・・・・・・・・・・貴澄 隼人
ネッケル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・輝月 ゆうま
ランバール公妃・・・・・・・・・・・・・晴音 アキ
トゥルゼル公爵夫人・・・・・・・・・・早桃 さつき
フィリッポ・・・・・・・・・・・・・・・・・・夢奈 瑠音
ルブラン夫人・・・・・・・・・・・・・・・茜 小夏
コレット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・叶羽 時
クートン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・颯希 有翔
ヴィルヌーヴ・・・・・・・・・・・・・・・・蓮 つかさ
ビュゾー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佳城 葵
侍女・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・姫咲 美礼
ジジ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・紫乃 小雪
ヤン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・音風 せいや
ポーロ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・蘭 尚樹
侍従・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・天紫 珠李
              (敬称略)
 

サン・ジェルマン伯爵って?
と思ったら ルイ16世 
マリーアントワネット ポリニャック夫人
ロベスピエールもネッケルもご登場。
その時代のお話と 把握(笑)

旅芸人一座を脱走した
シモンとジャックの二人

錬金術師 予言師として
伝説の人物 
サン・ジェルマン伯爵の残した
屋敷に 金目のものを
手に入れようと忍び込む

家では 62年前に家を出たきりの
主を待つ侍従に見つかりそうになり
偶然見つけた隠し小部屋に
迷う混む

そこにある 主の肖像画は
シモンに生き写し
部屋には 未来を映し出す
瑠璃色に輝く賢者の石もあった。 

主の部屋にいた シモンを
侍従はいつ帰ったのかと
疑いもせず・・

賢者の石を手にしたシモン
シモンとジャックは 
サン・ジャルマン伯爵に
成りすまし
社交界にも顔を出す。

二人が逃げ出した
旅芸人一座には
シモンに惹かれる美しい
踊り子 アデマール

パーティに呼ばれた一座の中
アントワネットに気に入られ
王室お抱えの踊り子に
アデマールの運命も
撒きこんで行く。

革命の渦がパリを襲い
未来を予言する
賢者の石は
何を語るのか。


とても宝塚の公演に
嵌る演目だなぁ~と思う

セットには 緩やかな
白い階段

階段の使い方は 
宝塚はお手の物(笑)

美弥さんを中心に
こじんまりとした印象だけど
うまく纏まっている。

旅芸人一座の
シモンとジャックを
メインにしているので
別の舞台なのに
『1789』をすこしだけ思い出してみたりネ(笑)

出演者とストーリー
お稽古の写真が
少しだけ入ったプログラムは
600円也

宝塚さん プログラムお安いよね。







2017/05/20(土) | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)

宝塚宙組公演『王妃の館』4・27マチネ


      @東京宝塚劇場

後半は スーパー・レヴュー
 『VIVA!・FESTA!』

8763.jpg

ルイ14世のお城
今は高級ホテルだが
経営難!


主な出演
☆光ツアー
北白川右京・・・・・・・・・・・・・ 朝夏 まなと

下田浩治・・・・・・・・・・・・・・ 寿 つかさ
下田ふさ子・・・・・・・・・・・・・ 美風 舞良
早見リツ子・・・・・・・・・・・・・ 純矢 ちとせ
金沢貫一・・・・・・・・・・・・・・・ 愛月 ひかる
ミチル・・・・・・・・・・・・・・・・・ 星風 まどか

☆パン・ワールド・ツアー・エンタープライズ
桜井玲子・・・・・・・・・・・・・・・ 実咲 凜音
戸川光男・・・・・・・・・・・・・・・ 桜木 みなと

☆シャトー・ラ・レーヌ
ルイ14世・・・・・・・・・・・・・・・真風 涼帆
ディアナ・・・・・・・・・・・・・・・・ 伶美 うらら

☆影ツアー
岩波・・・・・・・・・・・・・・・・・・一樹 千尋
岩波正枝・・・・・・・・・・・・・・・ 花音 舞
近藤誠・・・・・・・・・・・・・・・・・ 澄輝 さやと
丹野二八・・・・・・・・・・・・・・・ 凛城 きら
クレヨン[黒岩源太郎]・・・・・・蒼羽 りく
丹野真夜[二八の妻]・・・・・・ 彩花 まり
        他の皆さま (敬称略)

体調不良のため 休演の方が
いる様子です。


高級ホテル シャトー・ラ・レーヌ
この危機を乗り越えるにはと
画期的なツアーを企画、
パン・ワールド・ツアーズ・エンタープライズ
桜井玲子と手を組む 

光ツアーと 影ツアー 
意識的な Wブッキングを企てる
影ツアーの客は 昼間しか部屋を
利用できないのだ
ツアーコンダクターの案内で
夜遊びに連れ回し・・・・
上手く行くのか?!

人気作家の北白川右京は
作品執筆に このホテルに
宿泊したいとこのツアーに参加
もともと 目的があるので
ツアー・コンダクターの
指示なんて 上の空。
部屋に入ると ホテルの最近の
様子を憂いて
ルイ14世の亡霊が現る。(笑)
作家の北白川は 亡霊ルイ14世から
若き日の恋を語ってもらい
作品にしようと躍起になるが
そこはWブッキングの部屋
ドタバタとね。
でも途中で集中力切れた!

ルイ14世と 北白川の
台詞の応酬がかなり面白かったけど。

桜井玲子の ブチ切れ度もかなり高い

そして独特のファッションセンスの
桜井玲子

・・・だけじゃないな
北白川さんもだし・・
ツアー客 全般が独創的かも。


ルイ14世のほうが 違和感ない?(笑)

後半のショー
ソーラン♪ あれ 他の組で
見たようなシーン。
曲が同じだからかなぁ

宝塚のショーというだけで
共通な雰囲気があるし
相変わらず煌びやかで
美しい世界に浸って来ました。

そうそう 指揮は
西野っちでした。

2017/04/27(木) | 宝塚 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »