現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル

宝塚宙組『神々の土地』10・18マチネ

ミュージカル・プレイ
『神々の大地』
レヴューロマン
~クラシカル ビジュー~
11270.jpg

そうそう 昼食時に
本日の宝塚チケットの半券を
提示したら
こんなデザート・サービスが(笑)
半券サービス該当のお店でも
サービスはいろいろです。

11269.jpg

今日は出演者
頑張って残して置こうかと
変換頑張る(笑)
宝塚の方のお名前って
素直に変換できる方
ほんと少ないから。


ロシアの大地
皇帝ニコライ二世の従妹
軍人 ドミトリー
セルゲイ大公邸に身を寄せ、
セルゲイ大公は暗殺されたが、
大公妃イリナに秘めた思いを
抱いていた。

貴族等に不満を持つ民衆、
ニコライ二世一家を心配する
イリナの願いに 屋敷を出て
ペトログラードへと向かう


出演
ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ 朝夏 まなと
フェリックス・ユスポフ 真風 涼帆
大公妃イリナ(イレーネ) 伶美 うらら
皇女オリガ 星風 まどか
皇太后マリア 寿 つかさ
大公妃クセニヤ 美風 舞良
ジナイーダ・ユスポワ 純矢 ちとせ
ロフチナ夫人 花音 舞
コンスタンチン・スモレンスキー 澄輝 さやと
ヤナ 綾瀬 あきな
皇后アレクサンドラ 凛城 きら
ニコライ二世 松風 輝
ラスプーチン 愛月 ひかる
家令ポポーヴィッチ 星吹 彩翔
ラッダ 瀬音 リサ
貴婦人ベルセルスカヤ 愛白 もあ
ウラジーミル・ボルジン 蒼羽 りく
ミラ 結乃 かなり
イワン 風馬 翔
ロパトニコフ長官 美月 悠
貴婦人チチェーリナ 花咲 あいり
貴婦人バクーニナ 桜音 れい
ガリツキー将軍 星月 梨旺
ゾーヤ 愛咲 まりあ
近衛騎兵将校ベルセルスキー 春瀬 央季
ゾバール 桜木 みなと
近衛騎兵将校バクーニン 実羚 淳
公女アリーナ】 彩花 まり
ネッリ 涼華 まや
イーゴル 朝央 れん
近衛騎兵将校チチェーリン 七生 眞希
マキシム 和希 そら
ゴロヴィナ嬢 瀬戸花 まり
エルモライ【 秋音 光
貴婦人ゴンチャロワ 里咲 しぐれ
近衛騎兵将校イズマイロフ 秋奈 るい
皇太子アレクセイ 花菱 りず
近衛騎兵将校ゴンチャロフ 水香 依千
リナト 朝日奈 蒼
キリチェンコ 留依 蒔世
皇女タチアナ 遥羽 らら
貴婦人イズマイロワ 小春乃 さよ
コーリャ 穂稀 せり
ロマン・ポチョムキン 瑠風 輝
ミーチャ 優希 しおん
(敬称略)

ペニングラードでは
ロシア帝国皇后
(イリナの姉)皇女アレクサンドラに
取り入っている
怪僧ラスプーチンがいた。

怪僧ラスプーチン
とっても怪演でした。(笑)

彼を暗殺し 元の権力を
取り戻そうとするのは
ドミトリーの旧友
貴族 デリックス・ユスポフ

ドミトリー
強く 理想が高く
さわやかな青年役。

美しい大公妃 (未亡人)

優雅な舞踏会
火が揺らぐペチカ
ご婦人方の ドレスが
と~~~っても薄物です。

ユスポフは
ちょっと影のある貴族役
舞台袖近くで 一人
ドミトリーを見つめる姿に
スポットが当たり
余韻を残したり

シーンが変わっての
ドミトリーの鹿狩り?
雪の大地が見えて
そこでは、さすがに
イリナはケープを
羽織っています。

貧困にあえぐ 農民
酒場で憂さをはらす

皇帝を倒せ~~
革命が起こるか。

ドラマチックな要素を
詰め込んで
さらに怪僧ラスプーチンの
登場ですから~

ロシアが舞台の本作
ロマノフ王朝の終焉。
寒さを連想してしまうからか
舞踏会のシーンであっても
なぜか 地味な印象を受ける。

素材は揃ってる。

でもロシアを舞台にして
いるからなのか
舞踏会でも衣装が
地味目な印象。


貴族 ユスポフも
紺のストライプ・スーツが
ほとんど。
11268.jpg


その分 2幕
クラシカル・ビジューは
ザ・宝塚!


金 銀 紫 赤 黒
様々な色彩が 舞台を
彩ります。
華やかなショーの世界。
今日の指揮は
塩田さんだった。

朝夏×真風の
二人のダンスシーンが
目を引いた、


だけど 比べてしまうと
ちょっと地味目でもなんでも(爆)
お芝居仕立ての
一部の方が 好きだなぁ。

2017/10/18(水) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

『レディ・ベス』10・16ソワレ

オケピ ルクサ KDDI
合同貸切公演、
11231.jpg

終演後に ロビンとベスからの
ご挨拶つき。
サイン入り公演パンフが
当たった座席番号が
張り出してありました。

キャストはこちらの組み合わせ。
11230.jpg




花ベス&育ロビン
メアリーとベス
父親と過ごした時間

ヘンリー王
アンに心を奪われると
再婚するため 離婚を認めていない
カトリックを捨てる。
胸に下げていたロザリオを
投げ捨てる。
それをい小さなメアリーが
手にする。

再婚したアンにも
3年後には 不義の疑いで
ロンドン塔に閉じ込め処刑
してしまいますが
ベスには 自分の読んでいた
新約聖書を 手ずから与えます。

今季の再演『レディ・ベス』では
幼いベス(子役)から 大人のベスに
入れ替わるシーンが増えました。

アスカム先生の説明する歌に
合わせ スペイン王女
メアリーの母 (秋園さん)と
幼いメアリー

アン・ブーリンと幼いベス。
ヘンリー王(後藤さん)も登場
別になくても・・わかるけど

以前は アスカム先生の歌に
集中して聞いていたけど
役者さん出てくると台詞ないのに
こちらの動きも見てしまうね。
ただし ソワレのお席が
S席だけど サイドブロックで
すぐ後ろは A席
椅子を千鳥に直してくれたけど
千鳥配置にするのはセンターだけでいいのに
サイド席は センター寄りの前の方が
大きいと センター位置が
頭に隠れて見えなくなるんです。
千鳥じゃない方が 良いんじゃないかな。


ソワレ 育君 ロビンです。
見えないシーンが 多々あったので
台詞 声に集中するしかなかったけど
マチソワすると
加藤ロビンとの台詞の
言い方の違いを感じます。

流してる感の 台詞の言い方が
育君らしいといえば らしいかも。

現代的な しゃべり(笑)
お友達3人組もだし
新太くん 張り切ってるけど。
今期の 3人組はなぜか
おとなしい印象。

フェリペ王子の散歩
道行く人の声を~♪
主従のスペイン組も
わりと軽い言い回し。

べテラン組の 芝居発声
台詞の言い回しと
時代観のキャップ。
でも 初演から
こういった作りで
ここは手を付けずに
少しだけ シリアスに
なった。

身分の違いも くっきりと
するから その効果と
受け入れられやすさを
考えているのかなぁ。

今日 ソワレも 古川フェリペ
ルナールの結婚話を進めて
いいかと聞かれるシーン

メアリーを Wkキャストの
吉沢メアリーの日は ちび!
未来メアリーの日は デブ!
どちらにも失礼な言い方(笑)
の台詞があるのですが
ソワレ公演で 未来メアリーなのに
ちびっ! って言ってた。(爆)

マチ・ソワ どっちか
分からなくなってくるの?(笑)

マイミクさんと話してたら
元基フェリペも
マチソワの時
同じ間違いをしたらしい。

複数回見ているので
気が付いてしまうものですね。

2幕の メアリーとの和解
ピエロさんの案内で
部屋に案内されたベス
ヘンリー王の肖像画の部屋で
メアリーと二人きりになりました。

初演は スーザンが案内
そのまま付き添っていたし
フェリペ王子も 陰に潜んで
様子をうかがっていた。

ヘンリー王の ガウンが
置かれていて ベスは
それを見につけてみたり

今期は ヘンリー王の帽子だけ
シーンが短くカット

国に帰る直前のフェリペ
あの女と結婚すればよかったと
いう台詞が使われているけど
フェリペの ベスへの口説きも
なくなった。

全体的に 引き離された
母の変りには キャットの愛情
知識など 帝王学は アスカムから

理不尽さや 世論のちから
真の愛情は ロビンから

苦難に立ち向かう力は
心に住む母の幻から

強さは父王から

あらゆる出来事が
ベスを 女王に育ててゆく
そんな流れが強くなった。

ベスの敵となる
禅ガーディナーも
怖い役作りに徹してる。

この作りは初演よりは好き。
今日も 吉野ルナールと
禅ガーディナーの
ベスを消せ♪

上演時間短縮といっても
3時間だし 大作『レディ・ベス』

東宝さん 花總さんご出演だし
こちら DVD化してくれまいでしょうか?

組み合わせが難しいかな?
種類を少なくとも2種類。

すると収録が別日になるよね。
禅ガーディナー シングルキャストだけど
収録が別の日になるだろうし
ベスを消せ♪は きっと
入るだろうし

だから DVDにしてくれたら
両方でも もっとでも‥(笑)
買いますよ~。




東宝さま~。








2017/10/17(火) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

『レディ・ベス』10・16マチネ

マチネ・キャスト
11233.jpg

今更ですが 劇場ロビー
こんなコーナーが

11232.jpg

平野ベス
馬車が故障して
ロビンたちに助けを求める
シーンは ずいぶんと
すっきり。

可愛い王女様で
歌も安定
変な力みのなく
聞きやすい

ロビンと3人組の
お歌の稽古シーンの
馬の嘶きか女の声を聴いて
こちらから 様子を見に
行くように変更

以前は ベスからのお願いで
ロビンは 車軸などには
触らないって断ってた記憶(笑)
金貨のお礼も 先にきまって
台詞にあったけれど

ロビンに声をかけてきたベス
馬車を貸してくれない?
声をかける相手 間違えてるだろうって

舞台袖に消えた3人の手伝いで
舞台奥で 治ってて
侍従から治りましたと言われると
お礼を3人に渡しる。(笑)


以前は別れの挨拶の時 ロビンに
流れ者さんと言ってた気がするけど
今日は 詩人さんって
言ってた。

ベスの庭園に忍び込むにしては
ターザン登場のロビンとか
二度と来ないで~~!
と叫んで・・

駆け付けたキャットの
曲者ですか?と聞く様子の
言い方と ロビンの
去っていっ方向の
様子をうかがうのが
なぜかお気に入り (笑)

そして 時は流れて。(笑)

二度と来ないでと 言ってた
ベスと 予定のある土曜日以降に
またロビンと約束ができて
街に 男装で繰り出す(笑)
なぜおしのびだと 男装なのか
よくわからんけど‥
ベスの男装を無理があるとみるか
可愛いとみるか (笑)

宮廷で行われているミサ
ガーディナー司教たちの
歌う 荘厳なミサ曲も
毎回 聞き入ってしまいます。
皆さまのハーモニー
美しい~~~。


そして 和音アン・ブーリン
登場回数が 多い
アンのせいじゃないけど‥。
また?と思ってしまって
そのシーンになると
分かったから! って感じで
歌声の心地よさもあって
歌詞を聞こうとする以前に

・・・・眠くなったり(爆)

古川フェリペ
ちょっとけだるそうな雰囲気を感じる。
ビリヤードのミスに一言

飽きたっ!

までの間が少しある。
吉野ルナールに投げ渡す
ビリーヤード・キュー

空中キャッチのそのキューを
膝で折る真似をしてから
バトンのように クルクルと
回してから背中で
ピタッと止め 暗転の中に
消えてゆく。

他にも カツッっと
靴音響かせ手てらの礼とか
ファサっとマントを砂漠ところとか
一つ 一つのポーズが
様になるルナール様っ!

悪役になる 二人の
ベスを消せ♪

この二人だと
演じるうちにだんだん
濃くなるから そこも
ちょっと楽しみだったり。

今回の禅ガーディナーさま
ご高齢の設定。
台詞は しわがれ声風が多め。
でも歌になると
やはり禅さんの歌声で・・

良いわ~
これが聞きたかったってなる(笑)

祐様アスカム先生も
素敵だし~
マチネ 堪能!

カテコは 全員揃ってが2度?
オケさんに拍手

からの ロビン&ベスの
二人カテコと
送り出し音楽になってと。

これが スタンダードなのかな


今日は 欲張ってソワレ
貸切公演もだ。(爆)









2017/10/17(火) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

『レディ・ベス』マチ・ソワ

『レディ・ベス』
本日二回公演
Wキャストの両方が一度で…
と思ったら フェリペ王子も
マチ・ソワでした。
やっと帰宅、


古川フェリペ王子
2回とも お出ましでした。


猊下は安定の
鋭い視線を飛ばし
ベスに改宗を迫り
追い詰め
ルナール大使と
悪の同盟結んだはずが
あっさりと裏切られますけどね。

この二人のシーン
目が足りない。(笑)

これから じっくりと
反芻しよう~。

2回公演だから
思い出しも、何気に大変!


2017/10/16(月) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

『レディ・ベス』10・13マチネ

入場時の 特典缶バッジ
本日 ラストディ(笑)
初日に頂いた
涼風キャットさんの
二つ目でした。

シークレットだから
ダブる事があって
仕方のないことだけど、
欲しいあのお方は当たらない(爆)


本日のキャスト
11198.jpg


花總ベス×山崎育ロビン
今日は 育ロビンの
台詞の言い方が
メチャウマならぬ
メチャ軽って感じがして (笑)
特に 一般公開していない庭に
ターザン擬きで飛び込む
ロビンだから いいのか?

一般公開されてません。
この言葉をベスの館の庭などに
使うのは・・
前回も変だなぁと思ったけれど
皆様 あまり気にならないのかな。
他にもいろいろありすぎて
ここまで 気にしてられない?(笑)

街へ抜け出す
ベスとロビン
男のふりといっても

オンドリャーーー!を言わせるの
可愛そうな気が
ちょっとだけ する。(笑)

ここで中山・トマスが登場
街の人 トマス
結婚式では 貴族

戴冠式ではベスに
王冠を・・の大司教さまと
大活躍。

涼風キャットさんは
毎回 安定ししてるなぁ。
さすが!

祐様アスカム先生は
ほんと包容力に溢れた
癒されるたたずまい。

幽閉された ベスを
ロビンが 追いかけ
ベスの手を取ろうと
ターザンのように蔓にのって
手を伸ばす・・

出番を終えた蔓に似せたロープが
勝手に下手に捌けてくのが 見えるし
正しくは 回収されてるんだけどね(笑)

ストーリー展開が
早くなったように感じるけれど
上演時間 初日頃の
2時間55分を修正?
3時間になってた。
11199.jpg



禅ガーディナー
早朝 5時の男(笑)
全体的に 重々しいイメージの
台詞まわしで時に叫ぶシーン
逮捕シーンとか。
声に負担のかかる
役じゃないかなと推察。

けっこう早口で 低めトーンなので
声を潜めるシーンでは
聞き取りにくくなる場合も。

『レディ・ベス』
見どころはたくさん
というか 全部!(笑)



中でも
ルナールさんが訪ねて来て

ベスを消せ!♪のシーンが
始まると

このお二人の並び
良いなぁ~と思い (笑)
ルナールさんを見てると
ガーディナーさん
見られないし
ガーディナーさんに
見惚れていると
ルナールさんが見られない。

辛い・・ (笑)

リピート観劇しても
同じ辛さを 毎回味わう
『レディー・ベス』なのでした。

そこじゃない?






2017/10/13(金) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

『レディ・ベス』10・10ソワレ

マチネ 終演
さてと
ソワレまで意外と時間少ないし
軽食(フルーツサンド)にしておいて
早くも帝劇に戻って来た。(笑)

ガーディナー缶バッジ 当たるかな~

おっと今度は 綾ベスでした。

禅ガーディナー 再演では
鬘がかわり 金髪おかっぱから
白髪の入ったパーマのかかった
おかっぱ鬘!
防止被ってるし あまりおかっぱに
見えないけどね。

缶バッジは 初演パンフの
きれいなロン毛金髪なので
これ 欲しいっ!

でも 欲しいキャストには
なかなか当たらないなぁ~
(と嘆いていたら マイミクさんが
二つあるからと交換してくれた!
わ~~い 嬉しい!)


ソワレのキャストは
11113.jpg

11170.jpg



お席は またまた最前!
といっても 今度はA席ですが。(爆)

オペラも用意してるし
盆の照明も こちらからは見える。(笑)

今季初の 綾ベス
役作りが大人っぽくなった
感じがするベス。
歌声も無理を
感じさせないで
パワフルになってる。

マチソワ続けてみると二人のロビンの
違いも くっきり!
組み合わせによっても
違うだろうし これは Wキャストの
楽しみの一つですね。

でも Wキャストと言われても
人それぞれ 自分の場合、
禅さんが絡むWキャストの場合
他を見ている余裕が
まるでなくなるから
一概には言えないけど(爆)

早くも 三公演目ですが
初演を思い出しながら
変更箇所に気がついたり
歌詞に聞き入ってみたり
していますが・・

ベスの母 アン・ブーリン
ベスを見守るような立ち位置で
かなりの登場回数なのです。
アンの歌うソロ曲が
どの曲も静かで落ち着いた
美しいメロディ・ライン
透き通ったお声で歌うシーンを
繰り返されると・・・睡魔が!(爆)

ごめんね 怒らないで
責めないで!(爆)


メアリー 2回目の未来さん
歌声は安定してて
Wキャストの吉沢さんとは
タイプの違いが こちらもくっきり。
フェリペ王子と並ぶと
かなり年上に見えてしまうし
強いメアリー。

フェリペ王子は古川くん
ちょっと歌声 荒れてるかな?
始まったばかりだけど
お疲れなのかな?

巷の噂を聞くシーン
いたずっ子のような
表情が見えたり (笑)
あの旅の衣装の
カボチャパンツが
似合っちゃうんだよね。

禅ガーディナーと
ルナール大使
二人の悪役コンビの
ベスを消せ♪
贔屓目線 炸裂
何回見ても もっと見たいって
なっちゃうの(笑)
猊下の クルクル回りは
ルナール大使のポーズを
見てから 回るので
音に合わせて
2回周りが・・ベストなのか。

3回とも 2回転 (笑)

心臓の具合は
初演時よりも 悪化してるようで
銃を突きつけられて
耐えきれなくて死亡!って
まぁ ある・・のか?(笑)

禅ガーディナー
ベスの暗殺を企てているし
悪い役だけど
ルナールに シレっと
裏切られて 旅先で
亡くなってしまうなんて
一人 とても哀れな役だ。

初演では 男色をにおわす
演出もあったけので
そこまで感じれなかったけど
今回は 傀儡のように
人に沿って生きた人かなと。

メアリーに忠実
宗教に忠実なんだと
思えるし 物語の中で
悪役としての軸だと
勝手に思ってる。

『レディ・ベス』
いつもの如く
禅さんの出演作なので
リピート回数が
跳ね上がってすから

まだまだ 通います! (宣言・・笑)








2017/10/11(水) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

『レディ・ベス』10・10マチネ

11111.jpg


本日まずは マチネ。
入場時の特典缶バッジは
元基フェリペ!
でも~ 禅ガーディナーなら
もっとよかったなぁ~(笑)



本日のWキャストは
こんな組み合わせ
花マリーに和樹ロビン

11168.jpg

メアリーが吉沢メアリーと
元基フェリペ王子です。

今日のお席は・・・
なんと奇跡の最前席下手、

舞台への小さな階段が
ついているのが
見える席。
ただし 盆を照らす
美しい星のような照明は
まったく見え無い(笑)

男装の花ベスと ロビンが
街に出かけるシーンや
ロビンと3人の仲間たちが
ベスに会うため 旅をするシーン
前方のサイド通路から
最前通路を使う客席降りが
あるので・・・・
ここって胸を肌けた白シャツ衣装
汗ばんでいるのが
分かるくらいの近距離で
ドキムネ(死語だな~)した。
いや ホントに。(笑)

小さな階段を上がてゆく
4人 上がり方もまちまち
段飛ばしで一気にの人
下の方の段は段飛ばしてとか
一段一段 面倒がらずに
上がる人もいる。
なんか ちっさいとこだけど
面白いなぁーて見てた。

花マリー
ちょっとお歌が いっぱいいっぱいな
ところがあるかも。
もともとが 迫力のバズーカ
響かせる人じゃない

いろいろ 細かい改変があり
ベスを慈しむキャット
指導するアスカム

ベスの記憶に残る母
アン・ブーリン
メアリーとの確執

母の死刑執行人の影に
怯えるベス。

民衆の噂
スペイン大使の立ち回り
メアリーの政略結婚
フェリペ王子の
結婚式の時の
メアリーへの視線が
かなり冷たいゾ

投獄される事で
憎んでいた母を
いきなり理解しちゃうのは
ちょっと不思議なままだけど。

なぜ ベスを亡き者に
しないといけないのか?
スペイン大使に聞いて
煽られるガーディナー

二人のシーンは
見ごたえ十分で
目が離せない。

再演は 変にコミカルにせずに
真面目に真面目な悪役っぽい
ガーディナー路線
圭吾ルナールのピシっと
決めるポーズに対抗して
ガーディナー・クルクルは
残してくれて謎に嬉しい (笑)

あの クルクル 数える癖が
ついているから。(爆)

メアリーとベスの
和解のシーン
スーザンが付き添っていたのが
いなくなり
フェリペが様子を伺っていた
シーンも消えた。
二人だけで 本音で話す
シーンに生まれ変わってるね。

父に見捨てられ
母から引き離された二人。

王になるための素地は
アスカムから
母の愛情にかわる愛は
キャットから
恋や 自由を愛する心は
ロビンから 学び
決断の 戴冠式

王冠を頂いたベスと
手前の盆に
一輪のイモーテルの花を
捧げるロビンにスポットが
当たり 幕。

秋の日の 晴れやかな日

再演では ベスがメインのお話が
明確になったようだ








2017/10/11(水) | 石川禅さん | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »