現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル その他 ミュージカル
またまた来てしまった日生劇城!
今日はあとから見切れ席として
発売になった最前端っこ席

8789.jpg


横から見る感じではあるけれど
前の方の頭が邪魔になる事はない!
これ大事・・・そして当たり前だけど
役者さんが近いので
表情が良くわかる。

身軽なカッキー
下手階段の所で
歌ってくれると目の前状態。
横顔だったけどネ

歌うエマ・フィービーを乗せて
木馬シーソーを押さえるカッキー
背中が良く見えた(笑)

阿部さん 照井さん
小原さん 安福さんも
いろいろ演ってらっしゃる。(笑)
理子ちゃんのツアー・コンダクターも
いい味出してます。

ミス・シングルの動きも
ちょっと角度の違う場所から
観られて新鮮(笑)
春風さん 上手い!

突然 訪ねてきたミス・シングル
モンティがダイスクイス家の血を引いていると
知らされる大事なシーン
とても楽しいシーンに仕上がってます。

お茶をいいかしら?
ついでにビスケットもあると
有り難いんだけど・・・
カップにお茶を持ってくるモンティ

話ながら・・・今日は食べたビスケットを
カッキーの顔めがけて吹き出す
ミス・シングル?(笑)
カッキー顔についたビスケットを
手に取って見て さぁ どうする?!

 口に運んだ。

  ・・すこし素に戻って笑いがらも
お芝居はちゃんと続いてるよ(笑)


モンティの恋人
ミス・ピンク、シベラ
魅力的で色っぽくて
モンティより 
だいぶお姉さまに見える。

ミス・フィービー
こちら お嬢様ですが
ちょっと変わってるキャラ。

伯爵家の人々も
まぁ 変人だらけだし。

曲が特にキャッチ―でもないし。
歌詞も説明調だし・・(笑)

だけど歌うのは難しそう

今回のメンバーで
ストレス・フリー
そして生オケが嬉しい舞台。

8人の爵位継承者が
亡くなって行きますが
モンティの企み通りに
転落事故・スケート中の水死
ピストル自殺 バーベル
蜂に刺されて・・

それは ないデショ?(笑)

ストーリーのバカバカしさ
それをがっちりと作り上げる
キャストの面々。
市村さんの8役!

意外なラストに 
それもないデショ?

結局のところ3回も観ちゃった
『紳士のための愛と殺人の手引き』

楽しゅうございました(笑)




 @日生劇場
 
 マスクケース?の特典付き
チケットケースにも使えます(笑)
早速引き換えてからの入場。

物販は先日 パンフは購入済みと
思ったけど・ カッキーの公演日限定で
カッキー直筆サイン入りの
ポップカードが販売らしい。

物販コーナーで確認すると
幕間からの販売開始だそうで
さらに数量限定 
いち早く並ぶ必要がありそう~

 よし!(笑)
幕間頑張ろう~♪
 (無事GET!)

そいう訳でポップカードの
販売がある今日は
 柿澤モンティ

8725.jpg

どことなく悪戯っ子モンティだった。
爵位継承者を順に殺すという
お話ですが バカバカしい
殺人方法に笑いが絶えません。

爵位継承権がある事を
伝えにくる ミス・シングルが
さらにオーバーリアクション(笑)

市村さん 8役は
みーんな どう見ても
市村さん(笑)

二人のモンティとの
絡みも微妙に違って
カッキーモンティ
アドリプ入れて来た~。(笑)

宮澤エマさん 
シルビアさん
ちょっと天然ぽいお嬢様と
年上の色っぽいお姉さんの図

モンティのお部屋で
あわや鉢合わせ
モンティ アタフタ
ピ~~ンチ!なんて
大人のシーンもあるし(笑)

どちらのモンティで見ても
楽しい~。

アンサンブルさんたちも
楽しい~
 
伯爵邸ツアーが今日も
開催されて
ツアーコンダクターは
折井理子ちゃん

皆を引き連れ サイドの扉から
アンサンブルさん もとい 
伯爵城の見学客を引気連れて
登場して来ます。

客席のお客さまを捕まえ
由緒ある岩でございますと説明を
始める・・・
本日捕まったお客様は
自分のすぐ前に座った男性。

何度も 岩!でございますって
言われてた。(笑)

上手サイドで
めぼしいお客さまを探すのかな?
前回は最前席の方
今日は 2列目 優路側の方。

もし 捕まったら
どう 反応しればいいんだ?(笑)

次々と亡くなってしまう
爵位継承者。
自分を受け入れてくれた
銀行家も手に欠けなければと
考え始めた時に
心臓発作で急死

残るは伯爵本人だけ!

毒殺を図るが失敗
けれど 彼は殺人容疑で
逮捕されてしまう。

なぜ?  どうして?

ばかばかしさと
ちょっとした謎解きと
恋の手練&ドタバタ

伯爵家の御先祖さまの
肖像画が顔出しパネル式

アンサンブルさんが
担当 額縁から
顔を出して 歌ったり
踊ったり

この時の衣装が
男性群が白の短パン
子どもみたいで
可愛い~~(笑)

カテコ
市村さん 春風さん
シルビアさん 下手へ

カッキーとエマちゃんが上手へと
捌けるような演出なのですが・・
3度目だったかな

カッキーが  上手に
別れて捌けて行くシルビアさんに
投げキス 
それを見た エマちゃん
腕を組んでいたカッキーから
離れて 上手に行っちゃった。(笑)

シルビアさんたち
呼んでるし~

一人残されたカッキー
え~~~って感じで
俺も~~とそそくさと
上手に移動

仲間に入れてもらって
全員が 仲良く上手に
捌けて行ったのでした。(笑)

もう一回予定があるのが
楽しみだ~♪


 
2017.04.20.23:05
       @日生劇場
タイトルがなが~~~いっ!(笑)
マチネ公演です。
8642.jpg


モンティはW!
今日はこちら、
8641.jpg

出演者
ハイハースト伯爵
(ダイスクイス・ファミリー)
 エゼキエル卿・聖職者
 アスクイス・ジュニア・銀行家 
 アスクイス・シニア・銀行家
 ヘンリー・趣味は養蜂
 レディ・ヒヤシンス・慈善活動家
 バーソロミュー卿・陸軍少佐
 レディ・サロメ・女優
      ・・・・・・・・・・・市村正親8役)

モンティ・ナヴァーロ ・・ウエンツ瑛士 
          Wキャスト(柿澤勇人)
シベラ・ホルワード ・・・・・シルビア・グラブ
フィービー・ダイスクイス ・・宮澤エマ
ミス・シングル・・・・・・・・・・・春風ひとみ

阿部裕 小原和彦 香取新一
神田恭兵 照井裕隆 安福毅

彩橋みゆ 折井理子 可知寛子
伽藍琳 高谷あゆみ RiRiKA
       (敬称略)

なぜか 落ち着くミュージカル
変に冒険していなくて
王道をゆくっ!(笑)

母の死後 伯爵家の血筋をひくと
母の友人 ミス・シングルから 聴かされる
モンティ
しかし その順位は 8番目
伯爵と順番の早い7人が
亡くならないと自分は
伯爵には成れないのだ。

仕事もなく困っていたモンティは
伯爵家の爵位継承者の一人に
事情を明かし援助を求めるが
けんもほろろにあしらわれてしまう。
次の爵位継承権を持つ聖職者にも
相談する。

冷淡な一族に一大決心を
するモンティ

殺人と言うけれど
塔の高い位置から
落ちそうな聖職者に手を貸さずに
見過ごしたり
スケートをするターゲットに
氷の穴に落とす策略

養蜂が趣味のヘンリーには
さぁ どうする!?

ここで会場には笑いが起こる。

復讐と言っても
ナイフで刺殺したり
絞殺したりの 殺人劇は無くて
ラストだけ 毒殺が
危険なシーン(笑)

早替えにつぐ早替えで
市村さんの8役を
楽しむことが出来ます。

レディ・サロメなんて
ザザを思い出しちゃう。
また再演されますね(笑)

お歌も心配なし(爆)
春風さんのミス・シングルも
39年お家のメイドを務める
彼女も 上品な老婦人に
ご変身・・お見事。

ウエンツくんと市村さんの
コンビも 明るく楽しそう。
モンティってどんな奴なのか
ちょっと観ていて考えて
しまうところもあるけれど
魅力的では・・・ある(笑)

カッキーと入り替わりが
ちょっと想像つかないなぁ~。


シルビアさんのピンク女子には
ちょっとビックリだけど
色っぽいシーンもお任せですね(笑)

宮澤エマちゃん
お隣でも宮澤さんいるから
フルネームで・・(笑)

天ラブ以来の舞台
メイクも衣装も違い
大富豪 伯爵家のお嬢さま
一途にモンティを信じたりして・・(笑)
いいの? 
シベラと二股モンティだよ?(爆)
ちょっと天然入ったお嬢さま役に
良い雰囲気をお持ちです。

アンサンブル男性群
此方にご出演だったのねと
御存じの方ばかり

阿部兄ィ 照さん 安福さん
小原さん 香取さん 神田さん
御屋敷の使用人から始まり
ウエイターになったり
バーの客になったり
葬儀の慰問客もそう
阿部兄ィは モンティを
逮捕する警部も演りま~す。

照井さんの使用人は眼鏡を
かけてちょっと神経質そうに
見える。
バーのシーンでは
阿部兄ィと何を話してるのか
とても 仲良さそうです。
小原さん やはり笑顔がいいな

女性たちは
高谷さん 2幕では
ハイハースト伯爵夫人でした。

Ririkaさんや 折井さん
伽藍さん 彩橋さん
でも メイクとメイド服姿では
なかなかわからんかった。
伯爵邸ツアーがあって
ツア―ガイドは理子ちゃん?
客席いじりもあります。(笑)

市村さんの8役が話題に
されていますが 
とても ミュージカルらしい
ミュージカルで 
楽しかったなぁ

カテコ 
基本 左右に捌けてゆくのは
下手 市村さん 上手がウエンツくん
女性たちと捌けて行く市村さんを
春風さんのカテコも楽しい♪

羨ましそうに振り返りながら捌けた
ウエンツくん。
次のカテコでは市村さんの方に
呼ばれて捌けてゆき 
ハグしてもらってニッコニコ。

それを見ていたシルビアさんたち
お互いの目配せ?(笑)
反対側の上手に
仲良く捌けて行きましたとさ(笑)


舞台上にはオケさんもいる
テープではありません!

開演前に聞こえて来る
チューニングの音が、
期待度を上げてくれる。

ミュージカルらしいミュージカルなんだけど
曲のインパクトは すこし弱いかも。

でも キラキラしてる音楽を
届けてくれたオケさんにも 
 大きな拍手!




2017.04.08.23:38

四季から浅利演出事務所へ。
出演される方も大きく変わる?

それでも大好きなこの作品の
上演は嬉しいなぁ。

浅利演出事務所では
上演日程が短く
チケ発売についても
公演日に近くなってからの
発売で 行けなかったのが
すでに 2公演
アンチゴーヌ&オンディーヌで
見たかった作品だけにとても残念
まぁ 禅さん出演舞台の時と
重なったのが要因なんですが・・(汗)

今度こそは!(笑)
一公演 行けそうな日程あり!

  霊界空港 覗きに行きます。
2017.03.11.22:36
        @銀河劇場

ちょっと久しぶりな感じのする
銀河劇場

運営が変わる4月まで
あとわずかです。
多分 これからは 足を運ぶ回数は
激減すると思われますので
少しだけ感傷めいた気持ちになった。(爆)

初演 博品館劇場で 
終演後 駅までの歩道を
歩きながら 涙を止めるのに
苦労した記憶がよみがえる
2014年にも再演
箱を銀戯劇場へと変えた。
今回は キャスト一新しての
三演となる。

戸井さんは助演から
続投ですね。


出演
チャーリィ・ゴードン・・・・・・・矢田悠祐
フェイ・リルマン・・・・・・・・・・蒼乃夕妃

ノーマ(現在)・・・・・・・・・・・・皆本麻帆
ノーマ(回想)・・・・・・・・・・・・吉田萌
 
ニーマー教授・・・・・・・・・・・小林遼介
バート・セルダン・・・・・・・・・和田泰右
アルジャーノン・・・・・・・・・・長澤風海
 
ストラウス博士・・・・・・・・・・・戸井勝海
 
アリス・キニアン・・・・・・・・・・水夏希
            (敬称略)


今回 一番あっさりした印象。

チャーリー・ゴードン
浦井くんの作り上げたチャーリーを
一部分に見る事が出来るような・・
浦井チャーリーのイメージを壊さず
踏襲してるかのような
矢田チャーリー

水さん演じる アリス
トイさん演じる ストラウス博士
 
蒼乃さん演じる
個性的なキャラ フェイ
ここまでの登場人物で
骨格が組まれてる感じで

他の登場人物や
ネズミのアルジャーノンまでが
とても印象が薄いのは
何故だろう。

前回まで もう少し
ノーマ 父親 妹
研究所の 助手も
パン屋の先輩も 
もっと自己主張していたように
思うけど・・カンパニーの
変わったせいかなぁ?

戸井さんの歌う
見えるのは世界♪は

宮川さんの声で
CDに残っていて 
何度も何度も聞いた事を
思い出した。

ストーリーは、しっかり描いてれたけど
何処とはいえないけど
アッサリ風味なんだなぁ。

それでも ラストの
僕はひとりでヴォレンに行くと言う
チャーリーにちょっとだけ ホロっ!
2017.02.25.21:54

  @光が丘 IMAホール

田辺さん 前回公演の菊池さんから
初めての 高橋さん

ミュージカル座さんの舞台は
メイン・キャストを除いて
二組の座組
本日のマチネは 星組さんで
外に月組さんがあります。


田辺一星・・・・・・・高橋卓士(月/☆)
玉木太郎・・・・・・・谷口浩久(月/☆)
仙石丈二・・・・・・・宮川 浩(月/☆)
大村光代・・・・・・・寿ひずる(月/☆)
青空 葵・・・・・・・・真樹めぐみ(月/☆)
日影のりお・・・・・・奈良坂潤紀(月/☆)
火野 竜・・・・・・・・輝海健太(月/☆)
小松茂雄・・・・・・・岡 智(月/☆)
大熊寿三郎・・・・・森山大輔(月/☆)
リッキー𠮷野・・・・安部誠司(月/☆)
山寺修司・・・・・・今村洋一(月/☆)

鮎川 瞳・・・・・・・・・・
蒔田優香 (月) / 宮地奈々子(☆)

栗原あけみ・・・・・・・
藤澤知佳 (月) / 亜季緒 (☆)

早見よし子・・・・・・・・
川田真由美(月) / 吉川千晶 (☆)

早見木の葉・・・・・・・・・
黒川聖菜 (月) / 髙橋美波 (☆)

安奈・・・・・・・・・・・・・
茜部真弓 (月) / 小林カンナ (☆)

南 マコ・・・・・・・・・・・・・
川端里奈 (月) / 井坂 茜 (☆)

宮本 進・・・・・・・・斧口智彦 (月/☆)
泉 信弥・・・・・・・・高島洋樹 (月/☆)
城 隼人・・・・・・・・練子隼人 (月/☆)

ポピー小池・・・・・・・・・
村上恵子 (月) / 曽我部英理 (☆)

加藤数男・・・・・・・小城祐介(月/☆)
三島辰也・・・・・・・中島 光 (月/☆)
亀山 保・・・・・・・冨丘藝乃介(月/☆)

斉藤菜月・・・・・・・・・・
関根佐和子(月) / 野沢美喜 (☆)

佐藤久美・・・・・・・・・・
杉山さや香(月) / 高木真帆 (☆)

馬場和子・・・・・・・・・・
こんたみのり(月) / 永田若葉 (☆)

川越栗子・・・・・・・・・
新田莉子 (月) / 守田香奈子 (☆)

立野 渚・・・・・・・・・・・・
鎌田彩菜 (月) / 廣瀬知恵 (☆)

乾 果歩・・・・・・・・・・・・
織野友貴 (月) / 榎本瑞穂 (☆)

関口多江・・・・・・・・・・・
山﨑まゆ子(月) / 天野なつ子 (☆)

坂上由香里・・・・・・・・・
SuZAN  (月) / 松本未優 (☆)

前田琴乃・・・・・・・・・・・
小笠原桜子(月) / 内海帆乃夏 (☆)

倉沢ミドリ・・・・・・・・・・
笹本まりな(月) / 下川弓絵 (☆)

相沢早苗・・・・・・・・・・・
竹腰志帆 (月) / 川島 花 (☆)
  
 (敬称略)*月組表記は
     三日月マークが正
 


19歳の時に40歳に見られたと
言う台詞には
疑問がちと残る田辺さんでしたが
頼りない脚本家&演出家(笑)

次から次と降りかかる トラブルにも
どことなく 振り回されるのが
楽しそうに見えました。

先日『スノー・マンゴー』時の
高橋さんと全く

田辺の書いた脚本で
こけら落とし公演の初日!
幕が上がるまでのトラブルの数々

シェークスピア マクベス
ロミジュリ ノートルダムの鐘
マッチ売りの少女まで・・(笑)
なんでもありの
ミックス・ミュージカルですから(笑)

相棒の玉木役も
一和さん→谷口さんに変わりました。
谷口さん 先日まで
『貴婦人の訪問』で、た~~くさん
お目にかかったボディガード役と
打って変わって腰の低い
演出助手。
サングラスないし~
思わずお顔見直しました(笑)


大御所役の宮川さん &
大女優役の寿さん
バッチリの存在感!

途中で お茶目な
ダンス・シーンも
見せてくれる
ベテランのお二人
舞台を締めてくれますね。

今日も 言ってた!
わたしは いいのよ~~(雷鳴!)
でもみんながね~
こわい~~~(笑)

私は歌わないっ♪って
歌で聴かせる大御所
楽屋で、説得されて締めが
 
おせんべいかが?(笑)


シーンの繋ぎか?と思える
アンサンブルさんのダンス
フォッシ-・スタイルを意識
してます?
黒の衣装に白手袋
そして動きもネ


舞台監督 山寺役
前作に続いて 今村さん
イナセで元気
人情に厚い男

2幕になって大活躍です。
2幕は 舞台袖が舞台。
舞台上手奥が 客席前の
舞台という設定。
早着替えをしたり
小道具を手渡したり
大女優様の椅子を用意して
ご挨拶で迎えたり・・
別の舞台が繰り広げられる(笑)

役とはいえ舞台監督さん
大御所にも喰ってかかるシーンも
あったりして
なんか カッコいいよ(笑)


日陰さん役 当初 金すんらさん
急な体調不良のための降板なんて
心配!

7187.jpg

代役は奈良坂さんが務められています。
根暗で 意外とパニくるアングラ俳優。
歌のシーンも多い。

パラッパー女優
前回公演は 木村花代さんだったっけ
かなりのキャス変でした。

休憩20分 3時間の舞台
今回の『トラブル・ショー』
前回より 笑えた気がする。
初めての演目ではない余裕かな?(笑)



2017.01.29.22:34
『手紙』 1・29マチネ

ちょうど一年前
2016年1月29日 
この劇場で『手紙』を観ていました。
偶然な事に 今期も全く同日の
1月29日!

早い 再演が実現しました。
ロングランではない公演で
一年後に見られるなんて
なかなかない事なのです。


『手紙』本日の出演者
武島直貴・・・・・・・・・・・・柳下大
   (太田基裕・Wキャスト)
武島剛志・・・・・・・・・・・・吉原光夫

寺尾祐輔/引越屋/
囚人/新星電気店員/コロス・・藤田玲

コータ/引越屋バイト仲間
店長/囚人/新星電気店員
/保育士/コロス・・・・・・・・・・・加藤良輔

平野/引越屋/裁判官/大家
/新星電気社長/囚人/コロス・・川口竜也

孝文/忠夫/囚人/
新星電気同僚/コロス・・・・・・・染谷洸太

アツシ/引越屋/ 看守
囚人/刑務官/新星電位店員
/前山繁和/主治医/コロス
・・・・・・・・GOH・IRIS・WATANABE

緒方敏江/囚人/新星電気店員
/人事部長/前山の母/コロス・・五十嵐可絵

朝美/囚人/先生電気店員
/同級生/コロス・・・・・・・・・・・・和田清香

由実子/同級生/コロス・・・・・・・小此木まり
検事/担任/囚人/先生電気店員
/主婦/コロス・・・・・・・・・・・・・・山本紗也加
            (敬称略)


再演 直貴役が
 三浦クンから Wキャストの
柳下クン&太田クン

日程が詰まっていて
柳下Verの本日 観に行けた~♪


重いテーマ
兄は犯罪者
弟はたった一人の
その家族

家族が 犯罪者になるかも
しれない
これは誰にも起こりうる事なのです。

学校にいても
普通 転校するよね~
進学には 難しい顔の教師
家主からも出て行ってくれと
なんとか就職した工場でも
片隅で一人過ごす弟
でも僅かな友情の絆は
救いだ。

罪を犯してしまった
家族に罪はない
けれど 犯罪者の家族という烙印が
押され 目に見えない差別
偏見 理不尽な扱い
進学も諦め 音楽も道も絶たれ
希望を持ち 歩き出そうとすると
その思いをくじかれる。
結婚をして幼い我が子が
また 犯罪者の家族と影口され
保育園にも行けない。

ついに兄との縁を切って
新天地で生きる選択を
する弟

新たな職場・新星電気 
売り出し特価の
呼び込み作戦は
客席通路から店員さんが
登場・・売り出しチラシ
配ってます。(笑)
一枚 頂きましたっ!
直貴がデビュー前に
事件の所為でやめたバンド
スぺシウム・トーク&ミニライブの
お知らせまで印刷されてる。
芸が細かい

幼い子が 怪我をさせられ
被害者としての思いが・・
家族の謝罪の言葉にも
許せないという思いが
沸き上がり愕然とする弟

兄と弟の交わす手紙
兄の 被害者の家族への
月に一度の謝罪の手紙
10年の間休むことなかった手紙。

兄に幼い子の 受ける
差別 迫害を伝え
もう手紙は書かないと
決意を伝えます。

手紙を書き続ける事は
何年経っても事件が
目の前に突き付けられると
いう事。
やりきれない思いが
目の前に迫って来ます。

兄弟は、どう生きて行ったら
良いのか?

イマジン 夢見る理想の世界は
直ぐ来る事はない・・
自分はそれでも懸命に
生きてゆこう。

またまた 泣かされました。
直ぐには 動けない。
皆さん同じ様だったのか
静かな幕切れに 
会場からの拍手も
直ぐには起こってこない。

再びのライトに 
キャストさんがこちらを
向いてから
沸き起こる大きな拍手。

前回公演では DVD化され
公演時に予約・・・
つい先日届いたような(笑)

今季VerもWキャスト分 2種
予約受付しておりましたので、
幕間に 予約に走ってしまいました。
現物の到着は、かなり待つだろう事は
予測はつくけど 買わずにいられない。

大劇場のように
歓声が飛んだり
スタンディングは出ないけど
大きな感動を受け取りました。