現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル
2017.04.29.21:13
 @四季劇場 自由
      13:00開演
休憩なしの 1時間30分
うすぼんやりとした照明の中。

恋人の二人
プリンズリーとキャロルの会話から,


出演
ブリンズリー・ミラー・・・・ 萩原隆匡
キャロル・メルケット・・・・ 三平果歩
ミス・ファーニヴァル・・・ 中野今日子
メルケット大佐・・・・・・・・ 志村 要
ハロルド・ゴリンジ・・・・・ 牧野公昭
シュパンツィッヒ・・・・・・・ 神保幸由
クレア・・・・・・・・・・・・・・ 高倉恵美
ゲオルク・バンベルガー・ 勅使瓦武志
              (敬称略)

今日は、キャロルの父
厳格な軍人メルケット大佐が
この部屋を訪ねて来る。
二人の結婚は認めて
貰えるだろうか。

なにもない部屋を誤魔化そうと
二人は お隣の部屋のハロルドが
留守なのを良い事に
ハロルドの部屋の家具や
装飾品を勝手にこの部屋に
持ち込んでしまった。

美術蒐集が趣味の大富豪
バンベルガ-氏も
プリンズリーの彫刻作品を
見るためにそろそろ
訪ねて来る時間なのだ。

と 突然の停電!
いきなり 薄暗かった部屋が
明るくなる。

停電時の部屋の様子は
観客の目にさらされるという訳だ。
この部屋だけでなく
この建物全体の配電盤故障らしい。

中野・ファーニヴァル
牧野・ハロルド 
神保・電気工事人

出落ちの勅使河原さん(笑)
皆を撒きこんで話は
意外な方向に転がってゆく。

高倉クレアが思いのほか
この役が似合う(笑)

牧野ハロルド
ゲイ風味の隣人
プリンズリーの裏切り?に
ラストシーン・・
怖いですよ~(笑)

どこか 勘違いのまま
芸術について一家言をもつ
神保・電気工事人の台詞にも
クスリと笑いが起こる。


何年ぶりの再演だっけ?
2008年 
その前は 2006年

これ8年ぶりくらいですか?
一回 上演予定リスト(2012年頃)に
上がったのに、立ち消えになった事も
ある演目。

流石にキャスト一新!
かと思ったら、 
メルケット大佐とバンベルガー氏
続投でした。(笑)
プリンズリーを演じた荒川さん
スーパーバイザーにお名前が
ありました。




またまた来てしまった日生劇城!
今日はあとから見切れ席として
発売になった最前端っこ席

8789.jpg


横から見る感じではあるけれど
前の方の頭が邪魔になる事はない!
これ大事・・・そして当たり前だけど
役者さんが近いので
表情が良くわかる。

身軽なカッキー
下手階段の所で
歌ってくれると目の前状態。
横顔だったけどネ

歌うエマ・フィービーを乗せて
木馬シーソーを押さえるカッキー
背中が良く見えた(笑)

阿部さん 照井さん
小原さん 安福さんも
いろいろ演ってらっしゃる。(笑)
理子ちゃんのツアー・コンダクターも
いい味出してます。

ミス・シングルの動きも
ちょっと角度の違う場所から
観られて新鮮(笑)
春風さん 上手い!

突然 訪ねてきたミス・シングル
モンティがダイスクイス家の血を引いていると
知らされる大事なシーン
とても楽しいシーンに仕上がってます。

お茶をいいかしら?
ついでにビスケットもあると
有り難いんだけど・・・
カップにお茶を持ってくるモンティ

話ながら・・・今日は食べたビスケットを
カッキーの顔めがけて吹き出す
ミス・シングル?(笑)
カッキー顔についたビスケットを
手に取って見て さぁ どうする?!

 口に運んだ。

  ・・すこし素に戻って笑いがらも
お芝居はちゃんと続いてるよ(笑)


モンティの恋人
ミス・ピンク、シベラ
魅力的で色っぽくて
モンティより 
だいぶお姉さまに見える。

ミス・フィービー
こちら お嬢様ですが
ちょっと変わってるキャラ。

伯爵家の人々も
まぁ 変人だらけだし。

曲が特にキャッチ―でもないし。
歌詞も説明調だし・・(笑)

だけど歌うのは難しそう

今回のメンバーで
ストレス・フリー
そして生オケが嬉しい舞台。

8人の爵位継承者が
亡くなって行きますが
モンティの企み通りに
転落事故・スケート中の水死
ピストル自殺 バーベル
蜂に刺されて・・

それは ないデショ?(笑)

ストーリーのバカバカしさ
それをがっちりと作り上げる
キャストの面々。
市村さんの8役!

意外なラストに 
それもないデショ?

結局のところ3回も観ちゃった
『紳士のための愛と殺人の手引き』

楽しゅうございました(笑)





27日と言うと 演劇雑誌の発売

その中の一冊 
『STAGE・SQUARE』
『パレード』関連の記事が
あるらしいとチェックに走る(笑)

カコミ取材は
石丸さん 岡本さん
武田さん 新納さんの
4人でした。

残念! 禅さんいなかったか!

でも~と一応ページを
追ってみると
製作発表の様子が
少しだけ掲載されているじゃ
ありませんか。

ネットなどで 既に見かけた
図ですが・・雑誌に載ってるなら

やはり買っちゃおうか。

この号には グレート・ギャツビーで
井上くん×万里生っち対談も乗ってるし~


2017.04.27.22:25
またまた落選メール!

あのよく見る落選メール!

開かないままごみ箱行きにしたい
あのメール (爆)

宝塚公演 まず一通受信してしまった。
日程をずらして 申し込んだ分は
結果発表が明日。


そしてホリプロさんで落選だった
『デス・ノート』が 
ローチケでも落選メール来ていました。

エプラとぴあにも
申し込みしてあるけどこちらに望みを託す。(笑)

2017.04.27.22:08

      @東京宝塚劇場

後半は スーパー・レヴュー
 『VIVA!・FESTA!』

8763.jpg

ルイ14世のお城
今は高級ホテルだが
経営難!


主な出演
☆光ツアー
北白川右京・・・・・・・・・・・・・ 朝夏 まなと

下田浩治・・・・・・・・・・・・・・ 寿 つかさ
下田ふさ子・・・・・・・・・・・・・ 美風 舞良
早見リツ子・・・・・・・・・・・・・ 純矢 ちとせ
金沢貫一・・・・・・・・・・・・・・・ 愛月 ひかる
ミチル・・・・・・・・・・・・・・・・・ 星風 まどか

☆パン・ワールド・ツアー・エンタープライズ
桜井玲子・・・・・・・・・・・・・・・ 実咲 凜音
戸川光男・・・・・・・・・・・・・・・ 桜木 みなと

☆シャトー・ラ・レーヌ
ルイ14世・・・・・・・・・・・・・・・真風 涼帆
ディアナ・・・・・・・・・・・・・・・・ 伶美 うらら

☆影ツアー
岩波・・・・・・・・・・・・・・・・・・一樹 千尋
岩波正枝・・・・・・・・・・・・・・・ 花音 舞
近藤誠・・・・・・・・・・・・・・・・・ 澄輝 さやと
丹野二八・・・・・・・・・・・・・・・ 凛城 きら
クレヨン[黒岩源太郎]・・・・・・蒼羽 りく
丹野真夜[二八の妻]・・・・・・ 彩花 まり
        他の皆さま (敬称略)

体調不良のため 休演の方が
いる様子です。


高級ホテル シャトー・ラ・レーヌ
この危機を乗り越えるにはと
画期的なツアーを企画、
パン・ワールド・ツアーズ・エンタープライズ
桜井玲子と手を組む 

光ツアーと 影ツアー 
意識的な Wブッキングを企てる
影ツアーの客は 昼間しか部屋を
利用できないのだ
ツアーコンダクターの案内で
夜遊びに連れ回し・・・・
上手く行くのか?!

人気作家の北白川右京は
作品執筆に このホテルに
宿泊したいとこのツアーに参加
もともと 目的があるので
ツアー・コンダクターの
指示なんて 上の空。
部屋に入ると ホテルの最近の
様子を憂いて
ルイ14世の亡霊が現る。(笑)
作家の北白川は 亡霊ルイ14世から
若き日の恋を語ってもらい
作品にしようと躍起になるが
そこはWブッキングの部屋
ドタバタとね。
でも途中で集中力切れた!

ルイ14世と 北白川の
台詞の応酬がかなり面白かったけど。

桜井玲子の ブチ切れ度もかなり高い

そして独特のファッションセンスの
桜井玲子

・・・だけじゃないな
北白川さんもだし・・
ツアー客 全般が独創的かも。


ルイ14世のほうが 違和感ない?(笑)

後半のショー
ソーラン♪ あれ 他の組で
見たようなシーン。
曲が同じだからかなぁ

宝塚のショーというだけで
共通な雰囲気があるし
相変わらず煌びやかで
美しい世界に浸って来ました。

そうそう 指揮は
西野っちでした。