現在の閲覧者数: hatti 元気の素 観劇 ミュージカル
2018.07.19.21:28
気になる公演
『NO9 』 再演決定!

出演
稲垣吾郎 / 剛力彩芽
片桐 仁 村川絵梨 鈴木拡樹
岡田義徳 深水元基 橋本 淳 
広澤 草 小川ゲン 野坂 弘

奥貫 薫 羽場裕一 長谷川初範
(敬称略)

会場は 赤坂ACT と KAAT

初演の時 チケットは取れたけれど
赤坂ACT 2Fの端っこ。

前席に アイドル系出演者のオタらしく(爆)
前のめりに悩まされた記憶が残るけれど
取れただけれも 良しとしないと
イケなかったのかも。

再演、再び チケ戦線に加わろう。
チケ 捕れるかな?(笑)

交通費&手数料 捕り易さも
考えて 横浜公演もしっかりチェック。

捕れるかなぁ~~~~~~。

2018.07.18.22:57
@シアタークリエ

休憩なしの1時間45分
16520.jpg


5人 ほぼ出ずっぱり・・
舞台に 車が一台乗っていて
ちょっと驚き(笑)

盆の上でゆっくり回ると
どうやら 走行中・・と言う見せ方

ドアをバタンしめ 降り立つ
駐車場で 不倫中の男女の
言い争いイライラとたばこに
火をつける。

会話は けんかとあって
かなり乱暴

有起哉さんの台詞の言い方
嵌ってる。


走り出そうとする車に
店から出てきた老婦人がぱたりと倒れ
轢かれたぁ~と叫び
笑いが起こる。

麻実さん演じるイヴォンヌ
ちょこちょこ歩きでどこか
可愛いおばあちゃんなのですが
息子の嫁のフランソワーズには
あたりがキツイっ!(笑)

間を取り持つ風で
でも 完全にマザコンのエリックの
3人がここで登場します。
母親 イヴォンヌの誕生日に
食事に来て この事故に遭ってしまう。

不倫がばれないようにとの思惑と
怪我の様子も心配で
成り行きで 食事を共に
することになった 二人

暗転による場面変換
車は 人力で盆の上から
押していったようだった
ダイヘン~~ (笑)

五人の店でのディナー
会話で 5人のそれぞれの
心情を見せながら・・・。


出演
アンドレア・・・・・・・・・・ 鈴木京香
ボリス・アメット・・・・・・・北村有起哉
フランソワーズ・イルト・・板谷由夏
エリック・ブルム・・・・・・・藤井 隆
イヴォンヌ・ブルム・・・・・麻実れい
(敬称略)


キャラが明確に見えて来て
なかなか面白いけど、
暑さのせいか
集中力に欠けている・・・
途中意識が飛び気味だわ。(汗)

現代の不倫中の男女
それに 普通の夫婦と母親の
ただし 3人家族の妻は
不倫男の妻の友人・・(爆)
不倫がばれたら・・ヤバイ

そんな3人家族を絡ませる、
出演者5人だけの舞台


これまでをちょっと振り返ってみたら
キャラメルボックスさんの
『エンジェルボール』からは、
ストプレ続き

今月 ストプレ・・多いなぁ。
メタ・マクは出演者 多いか(笑)


そして配布の束にはなかった
『ヴァイサリオン』
MrPrisonner
『ブラッケン・ムーア』の
チラシを ホワイエの棚から
頂いてきました。

本日の戦利品です。(笑)




2018.07.18.00:02
先日来 『DAY・ZERO』や
成河さん『フリー・コミテッド』と
お邪魔している会場で
上演される作品は、日本初演!


『まさに世界の終わり』

会場 : DDD 青山クロスシアター

東京公演:2018年10月13日(土)
~11月6日(火)

出演
内博貴 大空ゆうひ 島ゆいか 
鍛治直人 那須佐代子 (敬称略)

期間はそこそこありますが
箱が小さいけれど
5人芝居・・・
濃密な芝居空間に
なりそうな予感
出演者のカラーも多彩(笑)

通常キャパ 200席

舞台はフリー形態で
キャパも変化しながら
毎回気になる公演が続きます。

劇団AUNさん の
黒鉄さんの方位磁石もたしか
こちらだったなぁ。

・・・と言いながら申し込み。


なんとか チケ手配完了です。


2018.07.16.22:30
@よみうり大手町ホール

禅さんのソロ・コン以来の
この会場です。
本日は こちら
16503.jpg


『アンナ・クリスティ』
パンフ買って あらすじを見ると
前にどこかで見たことがあるような感覚
デジャブ?
日本初演だし そんな事ないか~。


キャスト

アンナ・クリストファーソン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・篠原涼子
マット・バーク(水夫)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤隆太
クリス・クリストファーソン(アンナの父)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・たかお鷹
マーシー・オウエン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・立石涼子
坊さんジョニー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・原康義
ラリー(バーテンダー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福山康平
港湾労働者 /(汽船乗組員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・俵和也
ジョンソン(荷船の水夫)/ 港湾労働者
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田健悟
(敬称略)




*******************
ネタばれ注意!


舞台はちょっと斜めに張り出している部分が
あり 軽い傾斜あるみたい。

一列目は 上手に幾つか残されて
いますが 他は 2列目が最前席でした。

紗のカーテン様の幕がカテーンが
引かれるように上がり 開幕です。

原さん演じるジョニーは
船員のたまり場のマスター

若いバーテンのラリー
二人の客も入って来る。

酔っぱらった男。
老いたクリス登場
ここに入りびたりの常連らしい。

彼に 子供のころ別れた娘から
手紙が この酒場あてに
たまに送られて来る。

クリスは 石炭はしけ船に
マーシーと暮らしていたが
15年ぶりの娘と会えると
手紙を嬉しそうに見るが
娘と暮らすには マーシーとは・・・。
マーシーに別れを切り出せずにいる。

アンナが訪ねて来る
5歳で別れてから 一人
壮絶な人生を生きて来た。
蓮っ葉な物言いをしながら
いきなり強い酒をあおる。

篠原アンナ
衝撃的な登場?!(笑)

佐藤マットも
遭難船から助けられ
九死に一生を得た
そんなシーンで 登場

初めてアンナと出会い
恋をする。
過去に傷つき
男なんか嫌いっ!
大嫌いッ!
マットをも拒絶するアンナだが・・

俺は強い
俺は・・
俺は・・自信の塊。
いつしか 彼に惹かれてゆく。



これまで マーシー
原・ジョニー
若い労働者 二人
いたけど 出番すくなっ!
マーシーは そこそこあったし
インパクトも強かったけど、

俵さんや吉田さん
台詞ほぼなし
気が付いたら出番終わってたし (汗)

父親クリス役の たかおさん
篠原アンナ
佐藤マット ほぼ3人で
舞台は進んで行く。

父が娘の幸せを願う
気持ちは本物
娘が娼婦にまで身を落したのは
誰のせいなのか

アンナを愛する気持ち
アンナの過去を突き付けられ
苦しむマット

傷つき苦しむ三人が
それぞれ自分の道を探し歩き出す
三人が 浮き彫りになる
そんな舞台でした。








2018.07.16.00:31
16497.jpg

@DDD青山クロス・シアター

出演 : 成河 (敬称略)
成河さんの 一人芝居です。

ある有名レストランの地下室
予約電話の受付が仕事

俳優だけど オーディションを
受けてもなかなか決まらず
この仕事を続けているサム

彼が 部屋に入って来ると
次から次と電話が入って来る。
二月先まで 予約はいっぱい。
取材・ 有名人からの
わがまま予約の確認。

ヘッドセットの電話
通常の受話器で受ける電話
こちらは音はなくランプ。

シェフと繋がる電話
支配人たちの仕事場と
繋がる電話。

同僚が 高速で車が故障で
遅刻 彼はすべての電話を
一人で受けなければならない
状況で舞台は進み
この同僚からも電話(笑)

自分の携帯電話でも
大きなストレッチボールに
ノリながら
自分が受けたオーディションの結果を
聞いてみたり

電話 電話 電話・・・電話

賄いの昼食も取れず
電話を受け続けるサム。

予約も申し込んで来る客
同僚にかかって来る
クレーム電話も
全て 成河・サムが
演じ分ける。

電話を受け続けているうちに
同僚のミス が発覚
ビップ客を待たせる羽目になり
支配人からの電話
シェフからの電話も 激しさを増し
窮地に追い込まれるサム

ストレッチ・ボールに当たって
思い切り蹴ったら
ボールは壁に当たり
跳ね返り 勢いよく客席に!

すると付近のお客様
さっと客席にボールを戻す。
いや~
この連携 素晴らしかった(笑)

芝居もキチンと客席と
連携取ってる感じがする。

サムのちょっと嬉しそうな反応も
また良し(笑)

忙しい中 家族からもクリスマスに
帰れないかと電話があったり

追い詰められ キレる直前のサム

お客様の慰められ・・
無理に予約を詰め込んだら
なんとブラックリスト客だったり、

ついには?!


なんと 事態が 急に
好転のきざし。

こんなシチュエーションで
2時間 楽しませていただきました。
ラストはなぜか じんわりと来る終わり方。
こんな形の一人芝居も成り立つんですね。

成河さんだから・・かも。